S-MAX

ニコン

CP+2016:ニコン、4K動画撮影に対応したフラグシップ一眼レフカメラ「D5」や「D500」、直前発表の「DL」を展示――実際に触って試せる【レポート】

発売前のニコンD500とD5に触れる!

神奈川県にあるパシフィコ横浜/大さん橋ホールにて2016年2月25日(木)から28日(日)まで開催されているカメラと写真の総合展示会「CP+2016」(主催:一般社団法人カメラ映像機器工業会)が開催されています。

ニコンでは今年、リオデジャネイロで開催されるオリンピックに合わせて発売するフルサイズイメージセンサーを搭載するフラグシップカメラ「D5」と、ひと回り小さいAPS-Cサイズのイメージセンサーを搭載する兄弟機とも言うべき「D500」を中心に体験スペースを設けている。

さらに、先日発表されたばかりの1インチセンサーを搭載したハイエンドコンパクトデジタルカメラ「DL」シリーズ3機種のタッチ&トライコーナーも人気だ。今回はこのニコンブースの最新機種を紹介していく。

続きを読む

結構サクサク動いちゃうその訳は?ソニー製のAndroid搭載WALKMAN「ウォークマン F」の実力をベンチマークでチェック【レビュー】

1f4c60bb.jpg

ベンチマークで「ウォークマン F」の実力を検証!

先月20日にソニーからAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用したポータブルミュージックプレイヤー「WALKMAN(ウォークマン)」の最新モデル「WALKMAN F(F800)シリーズ」(以下、ウォークマン F)が発売された。

Androidを搭載することで、スマートフォンライクに使えるウォークマン Fだが、その性能はどの程度ものか、スマートフォン性能の一つの目安ともなるベンチマークを計測し、数値上の実力検証をしてみたのでレポートする。

続きを読む

【Android搭載デジカメを徹底紹介!ニコン「COOLPIX S800c」特集】

8de36051.jpg

COOLPIX S800c特集!

ニコンイメージングジャパン(以下、ニコン)から9月27日に発売されたAndroidを搭載したデジタルカメラ「COOLPIX S800c」。Android 2.3(開発コード名:Gingerbread)を搭載し、無線LAN(Wi-Fi)経由でTwitterやFacebookといったSNSなどに撮影した画像を直接投稿ができるなど、デジカメの新しい使い方を模索する上で、注目のモデルとなっている。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも、このCOOLPIX S800cの魅力を伝えるべく、いくつかのレビューを掲載してきた。

今回は、そんなCOOLPIX S800cの紹介記事をまとめて紹介する。見逃した方も是非チェックして欲しいが、すでに読んだ方ももう一度記事を読んでいただき、デジタルカメラのスマートOSの搭載について一考してもらい、今後のデジカメのあり方を見出せたら良いなと思う。

続きを読む

まさかデジカメでATOKやGoogleマップが使える日が来るとは!ニコンのAndroid搭載デジカメ「COOLPIX S800c」をAndroid端末として使ってみた【レビュー】

カスタマイズはAndroid端末の楽しみの一つ!

9月27日発売のAndroid搭載デジタルカメラ ニコン「COOLPIX S800c」。有効画素数1602万画素、25-250mmの手ブレ補正機能付き光学10倍ズームレンズを搭載したスタイリッシュなデジタルカメラである。

今回は、COOLPIX S800cをAndroid端末としての使い勝手をチェックしてみたいと思う。

続きを読む

とうとうデジカメのベンチマークも計測することに!Android搭載デジカメ・ニコン「COOLPIX S800c」の性能は?【レビュー】

コンパクトデジカメ ニコン COOLPIX S800cのベンチマークテスト!

9月27日発売のAndroid搭載デジタルカメラ ニコン「COOLPIX S800c」。有効画素数1602万画素、25-250mmの手ブレ補正機能付き光学10倍ズームレンズを搭載したスタイリッシュなデジタルカメラである。

今回は、Android搭載ということでCOOLPIX S800cのベンチマークテストを行ってみたいと思う。はたして、性能はどれ位のものなのだろうか?!

続きを読む

本日発売!Androidなデジカメはどうなの!?ニコン「COOLPIX S800c」を写真でチェック【レビュー】

Android版のCOOLPIXが登場!

本日、2012年9月27日発売のニコンのデジタルカメラ「COOLPIX S800c」は、ニコン初となるAndroid OSを搭載した新しいコンセプトのカメラとなっている。

有効画素数1602万画素のCMOSセンサー、そして光学10倍ズーム、Wi-Fi、GPSを搭載している。ハードウェア的には2012年2月発売の「COOLPIX S6300」に近い。

今回は、この発売したばかりのCOOLPIX S800cを簡単に紹介してみたいと思う。

続きを読む

ニコン、Android 2.3搭載のコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S800c」を9月下旬に発売

3053746e.jpg

ニコンがコンデジにAndroidを搭載しました!

ニコンイメージングジャパン(以下、ニコン)は22日、コンシューマ向けのコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX(クールピクス)」シリーズの新製品4モデルを発表した。

このうち「COOLPIX S800c」(以下、S800c)は、Android 2.3(開発コード名:Gingerbread)を搭載したモデルで、Wi-Fi経由でSNSなどに撮影した画像の投稿ができる。発売は9月下旬予定で市場販売価格は47,800円程度になるもよう。

続きを読む

Nikon 1 J1/V1の購入を検討しているなら要チェック「Nikon 1 公式カタログ」【iPadアプリ】

iPadならでのは見やすいカタログアプリ

量販店のデジカメ売り場に行くと、レンズ交換式のミラーレス一眼(ノンレフレックスカメラ)コーナーが設けられオリンパス、パナソニック、ソニー、ペンタックス、そしてニコンのカメラが並んでいる。

今回紹介するのは昨年発売となったニコンのアドバンストカメラ「Nikon 1」のiPad向け公式カタログアプリだ。写真やテキストだけではなく、アニメーションや動画で機能を説明するアプリとなっている。

続きを読む

ニコンのデジタル一眼レフカメラの電子マニュアルをiPhone、iPadで!電子マニュアルアプリ「Manual Viewer」【iPhoneアプリ】【iPadアプリ】

デジカメのマニュアルを持ち歩いて活用しよう!

今回紹介するiOS向けアプリ「Manual Viewer」は、ニコン製のデジタル一眼レフカメラ、アドバンストカメラのマニュアルをiPhoneやiPadでいつでも読めるアプリだ。買ったばかりのカメラの機能を外出先でも確認できる。これならマニュアルをなくすこともなくなるかも!?

それでは、早速Manual Viewerをみてみよう。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。