S-MAX

ハウツー

auの国内唯一なタフネスガラホ「TORQUE X01」のSIMロック解除!さっそくNTTドコモなどの他社SIMカードで使って試してみた【レビュー】


唯一無二のタフネスガラホ「TORQUE X01」のSIMロックを解除してau以外のSIMカードを試す!

auから2017年2月に発売された米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」準拠の堅牢なボディーとワンランク上の防水機能が自慢のタフネスモデル「TORQUE」シリーズ初のAndroidケータイ(ガラホ)「TORQUE X01(型番:KYF33)」(京セラ製)。

これまではau向けスマートフォン(スマホ)などの携帯電話におけるSIMロック解除のルールでは「購入から180日経過後」となっていましたが、6月に発表されたSIMロック解除の新ルールにて2017年12月以降はau購入サポートを適用せずに一括で端末を購入した場合には即解除(適用した場合や、割賦での購入の場合は100日経過後)ができるようになりました。

それに伴い、8月から11月いっぱいの間は端末購入から100日経過後であれば、一括で購入した端末であれば、SIMロック解除の対象となっています。というわけで、これまでのauにおけるSIMロック解除の条件である購入後から180日に満たないものの、筆者の購入したTORQUE X01がルール変更によって新たにSIMロック解除の対象となったのでSIMロックの解除を行いました。

今回はさっそくSIMロック解除を実施したTORQUE X01にて他社のSIMカードを挿して試してみましたので、その様子などをお送りします。

続きを読む

Amazon.co.jpでトラブルの多い「デリバリープロバイダ」配送を避けて配送してもらう方法は?プライム会員なら追加料金なしの「お届け日時指定便」がオススメ【ハウツー】


shimajiro@mobiler

アマゾン ジャパンが運営する大手Webストア「Amazon.co.jp」では配送業者のヤマト運輸との提携見直しの影響などで注文した商品が「デリバリープロバイダ」による配送となり、多くの利用者でトラブルが相次いでいる。

筆者もすでに紹介したように当日お急ぎ便が当日に配送されなかったり、在宅していたにも関わらず「不在のため持ち帰り」となって受け取れないことが直近1週間で2回発生した。

予定していた期日までに商品が届かないとそれなりに困ることがあるので、デリバリープロバイダを避けて配送してもらう方法をAmazon.co.jpに問合せしてみたところ、有料会員「Amazonプライム」であれば、追加料金なしで利用可能な「お届け日時指定便」の配送を選択することがオススメされた。

続きを読む

SMBv3にも対応したGoogle謹製Sambaクライアントアプリ「Android Samba Client」でスマホからNASにアクセスする方法を紹介!Wi-Fiなど経由で手軽にファイル共有が可能【ハウツー】


SMBv3にも対応した「Android Samba Client」でスマホからNASにアクセスする方法!

以前に紹介したようにGoogleがAndroid用のSambaクライアントアプリ「Android Samba Client」をリリースしました。利用条件はAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)以降で、アプリ配信マーケット「Google Playストア」からインストールが可能です。

そんなGoogle謹製のSambaクライアントアプリが7月19日(現地時間)にVersion 1.1にバージョンアップし、新たにSMBv3に対応しました。

そこで今回は改めてAndroid Samba Clientの使い方と、Sambaを使ったWindowsやmacOS、NASなどとのファイルのやり取りについて説明したいと思います。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」で変わった操作方法をまとめて紹介!スクリーンショット撮影やカメラのクイック起動、ダイレクトアクセスなど【レビュー】


最新スマホ「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」の使い方を紹介!

もうすぐNTTドコモおよびauから発売されるサムスン電子製の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8」(NTTドコモ向け「Galaxy S8 SC-02J」、au向け「Galaxy S8 SCV36」)および「Galaxy S8+」(NTTドコモ向け「Galaxy S8+ SC-03J」、au向け「Galaxy S8+ SCV35」)。auからは6月8日(木)、NTTドコモは6月上旬に発売予定です。

前回は既存機種の「Galaxy S7 edge」(NTTドコモ向け「Galaxy S7 edge SC-02H」およびau向け「Galaxy S7 edge SCV33」)からの変更点や、Galaxy S8とGalaxy S8+のどちらが良いのかあたりを比較しながら紹介ました。

今回は主にGalaxy S7 edgeからGalaxy S8・S8+に乗り換えたときに指紋センサーが背面に移動して、ディスプレイ下中央にあった物理キーのホームキーがなくなったことで、スクリーンショットの撮影方法やカメラのショートカット起動、ダイレクトアクセスなどの方法が変更されているため、これらの方法を中心に紹介していきたいと思います。

続きを読む

NTTドコモの「スマホ認証」が提供開始!パソコンで「dアカウント」にログインする時にiPhoneなどのスマホの生体認証を使って簡単にできる方法を紹介【ハウツー】


ドコモの「dアカウント」にパソコンで生体認証でログイン

NTTドコモは13日、同社のサービスで利用している「dアカウント」にパソコン(PC)のWebブラウザーでログインする際、パスワード入力をしなくてもスマートフォン(スマホ)で生体認証すればPCのログインができる仕組み「スマホ認証」を2017年2月15日(水)15時より提供開始するとお知らせしています。

スマホの対応OSはAndroidおよびiOSで、これらのスマホの指紋認証や虹彩認証といった生体認証でPCのdアカウントログインが可能になります。なお、利用するには各OSにおけるアプリ「dアカウント設定」を最新バージョンにアップデートしておく必要があります。

今回は実際にスマホ認証を試してみましたので、利用方法などを手順を追って紹介したいと思います。

続きを読む

UQ WiMAX 2+で変更になった夜間(18〜26時)の「直近3日間10GB」を超えた際の速度制限を回避する方法を紹介【ハウツー】


shimajiro@mobiler

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)が高速通信サービス「WiMAX 2+」における通信速度制限を従来の「3日3GB越えで終日制限」から「3日10GB越えで夜だけ制限」へと2月2日に変更した。

速度制限対象となる条件(容量・時間帯)は制限が緩和される一方で、制限時の速度は従来の「YouTubeのHD動画が見られる程度」とする4〜6Mbps(実測)から「1Mbps程度」へと制限時の速度は大幅に低速化する。

そこで今回は「通信量を減らす」以外の回避として「ノーリミットモード」対応機種で使う方法を紹介する。

続きを読む

iPhoneを使っているだけで本名がバレちゃう!?iPhoneの名前やAirDropの設定を見直そう【ハウツー】



日本では人気の高い「iPhone」や「iPad」などのiOS搭載機器ですが、これらのiPhoneなどを使っているだけで見ず知らずの他人に自分の本名がバレてしまうことがあるとしてはてな匿名ダイアリーに投稿された「電車で見ず知らずの女性の名前を知る方法」を発端に話題になっています。

iPhoneなどでははじめに設定するApple IDの登録情報した氏名を元に「設定」→「一般」→「情報」の「名前」に「◯◯のiPhone」というように自動的に設定されてしまいます。

Apple IDは登録している氏名は、iTunes StoreやApp Storeの支払い設定なども行うため、多くの人は本名を登録していると思われ、その場合はこの「◯◯(本名)のiPhone」がAirDropなどの機能によって近くにいる人からが確認できてしまうというわけです。

そこで今回は、この情報を元に個人の特定やさらなる個人情報が漏れてしまう可能性があるということで、AirDropや名前の設定などを変更する方法を紹介したいと思います。

続きを読む

iPhoneやiPadでスクショ撮影時の音が消せるように!iOS 10.2にアップデートしてマナーモードにするだけ――ただし、カメラ起動中は常時音が出る仕様【ハウツー】


iPhoneなどにおけるスクショ音がiOS 10.2でサイレントモードにすれば無音化可能に!

既報通り、Appleは12日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 10.2」を提供開始しています。すでに紹介したようにiOS 10.2では表示されている画面を画像で保存する「スクリーンショット(スクショ)」撮影(画面キャプチャー)の仕様が変更されました。

これまでのiPhoneなどのiOS搭載製品ではスクショ撮影時に常に「カシャッ」という音が鳴っていましたが、iOS 10.2にすることでサイレントモード(いわゆる「マナーモード」)にすれば音を消すことができるようになりました。

またサイレントモードにしていない状態でも音量に連動してスクショ音の大きさが大小するようになっています。なお、一方でサイレントモードにしていてもカメラアプリを使っているときには以前と同様に「カシャッ」という音が常時鳴るようになっています。

今回はすでに活用している人には当たり前の機能でもあるスクショ機能ついてあらためて紹介しておこうと思います。

続きを読む

ZTEの最新SIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」でデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)を試す!設定や活用方法を紹介【レビュー】


ZTEのフラッグシップスマホ「AXON 7」で最近話題のDSDSを試した!

ZTE(中興通訊)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AXON 7」とその小型・廉価版「AXON 7 mini」。日本でもZTEジャパンから10月13日に正式に発売されることが案内され、すでに10月21日よりSIMフリーモデルとして販売されています。

デザインにも注力したZTEの主力「AXON」シリーズの最新作として日本市場に投入されましたが、両機種とも先に発売されているミドルレンジスマホ「BLADE V7 MAX」と同じく日本における「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」機能に対応しています。

DSDSに対応することによって、4G(LTE方式)と3G(W-CDMA方式)の2つのSIMカード(回線)を同時に1つの携帯電話で通話・通信の待ち受けが可能になります。

すでにBLADE V7 MAXでもDSDS機能を紹介していますが、今回はあらためてAXON 7とAXON 7 miniにおけるDSDSの設定方法をご紹介します。なお、記事では主にAXON 7を用いてますが、AXON 7 miniにおいても同様に設定することが可能です。

続きを読む

JR東日本エリア以外の人でSuicaカードを持っていなくても大丈夫!iPhoneなどでSuicaを発行する方法を紹介【ハウツー】


iPhoneでSuicaを発行して電子マネーやSuica相互乗り入れの鉄道で使おう!

ついに日本でもiPhoneでSuicaやiD、QUICPayといった電子マネー・ICカード乗車券が使える「Apple Pay」がスタートしました。中でも注目されているのが鉄道などの交通機関でも使えるSuicaでしょう。

また、Suicaは他のPASMOやICOCA、TOICA、SUGOCAなどのICカード乗車券・電子マネーと相互利用が可能となっていますので、Apple PayがPASMOなどに対応していなくても、Apple Payに登録したSuicaでPASMOに対応した交通機関でタッチ&ゴーすることができます。

また、コンビニエンスストアなどでもSuicaは全国展開しているのでSuicaを提供している東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)のエリア以外の人でも便利に使えるサービスです。

ただし、そういった生活圏がJR東日本エリア以外の場合にはそもそもSuicaを持っていないというケースも多いでしょう。

そのような場合でもJR東日本がSuicaのApple Pay対応に合わせて新しくiPhoneやiPadなどのiOS向けに「Suica」アプリを提供開始し、このアプリからSuicaを発行できるようにしています。

そこで今回は、まだSuicaを持っていないけれどもこれからSuicaを「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」、「Apple Watch Series 2」で使ってみようという人に向けてSuicaアプリでSuicaを発行する方向を紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。