S-MAX

ハウツー

Googleのスマホなど向け次期OS「Android P」をSIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」で試してみた!技適マークも表示され、日本でも安心して実機確認が可能【レポート】


SIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」でAndroid Pを試す!

既報通り、Googleは8日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにて開発者向けイベント「Google I/O 2018」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向け「Android」の次期メジャーバージョン「Android P」についての詳細を説明し、新たにGoogle製スマホ「Pixel」シリーズ以外の一部メーカー製品でAndroid Pを試せる「Android P Beta Devices」が発表されました。

Android P Beta DevicesはSony Xperia XZ2(型番:H8216・H8266・H8296)」および「Xiaomi Mi Mix 2S」、「Nokia 7 Plus」、「OPPO R15 Pro」、「vivo X21」、「vivo X21UD」、「OnePlus 6」、「Essential Phone PH-1」の8機種で、これらの機種でAndroid Pが利用できるとのこと。

すでにこれまで提供されてきた「Pixel 2」や「「Pixel 2 XL」、「Pixel」、「Pixel XL」と同様に同日より開発者向けプレビュー版「Android P Developer Preview」のベータ版となる「Android P Developer Preview 2(incremental update)」が提供開始されています。

この中では日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)を取得しているのは「Essential Phone PH-1」のみということで、ようやく日本でも安心してAndroid Pが実機で試せる環境が整いました。

そこで今回は手持ちのEssential Phone PH-1に実際にAndroid Pを導入してみましたので、やり方とざっくりと現状のベータ版におけるAndroid Pの紹介をしたいと思います。なお、導入にはWindowsやMac、Linuxといったパソコン(PC)が必要となりますのでご注意ください。

続きを読む

Twitterがパスワードを暗号化せずに内部ログに保存してしまう不具合を報告!すでに修正済みながら変更を推奨。変更方法や2段階認証のやり方を紹介【ハウツー】


ツイッターにパスワードを平文で保存してしまう不具合!変更を推奨

Twitterは3日(現地時間)、同社が提供・運営する短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter(ツイッター)」( https://twitter.com )においてパスワードを暗号化などせずにそのまま内部ログに保存してしまう不具合を発見したと発表しています。

同社ではすでに不具合は修正しており、自社による調査ではこの不具合によってパスワードが漏洩したり、他人に利用されてアカウントを乗っ取られたりしているような結果は得られていないとのこと。

ただし、同社では念のためパスワードを変更することを推奨しており、同じパスワードを他のサービスでも使っている場合にはそれらを含めて変更し、さらにツイッターにおいては2段階認証/2要素認証「ログイン認証」をオンにするよう案内しています。

そこで今回はツイッターのパスワードの変更方法とログイン認証のやり方を紹介します。なお、同社では不具合の対象となったのは日本の利用者を含む全ユーザーで約3.3億人だとしています。

続きを読む

Android 8.x Oreoの通知エリアに表示されている「バックグラウンドで実行中です」を消す方法を紹介!はじめは完全に消去できなかったものの、現在は標準で可能【ハウツー】


Android 8.x Oreoの通知エリアから「バックグラウンドで実行中です」を消去する方法!

Googleより昨年8月から提供されているスマートフォン(スマホ)やタブレットなど向け最新プラットフォーム「Android 8.x(開発コード名:Oreo)」ですが、日本国内でもようやくかなり多くの携帯電話会社やメーカーからOSバージョンアップが提供開始されています。

そんなAndroid 8.x Oreoですが、提供が開始された当初は通知エリアに表示される「バックグラウンドで実行中です」という表示が一時的には消せるものの、アプリを使わずに標準機能として完全に消せない仕様となっていました。

一方で具体的にいつからかは確認していませんが、この仕様が現在では変更されており、多くのAndroid 8.x Oreoにした機種で特にアプリをインストールしたりせず、標準で「バックグラウンドで実行中です」という表示を完全に消せるようになっています。

そこで今回は、すでに次期バージョン「Android P」の開発者向けプレビュー版が提供開始されている状況ではありますが、いまさらながらAndroid 8.x Oreoにおいて通知エリアに表示されている「バックグラウンドで実行中です」を消す方法を紹介したいと思います。

続きを読む

iPhoneの電池劣化時に性能が落とされているかどうかを確認する方法を紹介!iOS 11.3で導入された「バッテリーの状態(ベータ)」機能の内容を説明【ハウツー】


iPhoneのバッテリー劣化状態を確認してみよう!

Appleから日本時間3月30日2時頃より提供が開始されたiPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 11.3」。AR機能やアニ文字の強化、ビジネスチャットやヘルスケアアプリの健康記録機能の追加など、さまざまな改善や機能追加、不具合修正が行われています。

そんな中でもやはり最も注目したいのは昨年末から話題となっていた使っているうちにバッテリーが劣化したときにピーク性能を落とす機能が「iPhone 6」シリーズ以降の「iPhone」で導入されている問題に対し、iOS 11.3ではこの機能をオフにできるようになったことでしょう。

また合わせてiPhone 6シリーズ以降ではバッテリーの劣化状況も最大容量のパーセントとして確認できるようになっています。今回はそんな新たに追加された「バッテリーの状態(ベータ)」機能について紹介したいと思います。

続きを読む

Visual Studio 2017を利用してWindows 10でAndroid 8.x Oreoを試す環境を構築してみた!マルチプラットフォーム対応だけでなく、日本語環境で操作も簡単【ハウツー】


Visual Studio 2017を使ってWindows 10でAndroid 8.x Oreoを試す環境を構築!

以前にGoogleが提供するAndroidアプリの統合開発環境「Android Studio」を利用して、Windows 10へ「Android 8.x(開発コード名:Oreo)」のテスト環境を構築する手順を紹介しました。

また前回はMicrosoftが提供する統合開発環境「Visual Studio 2017」でも同様にAndroidアプリの開発ができるようにAndroid SDKを導入し、Android Debug Bridge(ADB)が使えるようにするやり方をお伝えしましたが、Visual Studio 2017でもAndroid 8.x Oreoのテスト環境を構築することができます。

Visual Studio 2017は、Android Studioを利用した方法と比べてインストールファイルサイズが大きくなってしまうのですが、その分ほとんどの操作を日本語で利用することができ、さらにAndroid Studioと比べると、Visual Studio 2017の方が操作も比較的簡単です。

また、Visual Studio 2017ならWindowsアプリやiOSアプリも含めたマルチプラットフォームに対応した開発が行えるため、Windowsでアプリ開発をするならオススメと言えるでしょう。そこで今回は、Visual Studio 2017でAndroid 8.x Oreoのテスト環境を構築する方法を紹介していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。