S-MAX

ハウツー

楽天モバイルの「eSIM」がiPhoneで使えた!独自スマホ「Rakuten Mini」からeSIMを移行する方法を紹介【ハウツー】


shimajiro@mobiler

既報通り、いよいよ楽天モバイルが自社回線を構築して移動体通信事業者(MNO)として提供する携帯電話サービス(以下、携帯キャリアサービス)を正式に2020年4月8日(水)より開始する。

現在、そんな楽天モバイルの携帯キャリアサービスを「無料サポータープログラム」にて利用しているのだが、無料サポータープログラムで提供されている楽天モバイルのeSIMを「iPhone」シリーズで利用できたのでその方法を紹介する。

なお、楽天モバイルのeSIMは独自スマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini」のみに提供されており、購入時に店舗で発行されたもののみとなっているが、正式サービスでは申込時に物理カードのnanoSIMカード(4FF)のほか、eSIMも選べるようになっている。

また楽天モバイルのeSIMは対応製品がRakuten Miniのみとされているため、当然ながら公式にiPhoneで使えるとアナウンスがされているわけではないので、動作保証の対象外になる点は注意して欲しい。

続きを読む

ワイモバイル向け定番スマホ「iPhone 7」をSIMロック解除してみたので手順を紹介!オンラインなら手数料無料、受付時間は9〜21時のみ【ハウツー】


Y!mobileで購入したスマホ「iPhone 7」をSIMロック解除!

すっかり忘れていましたが、今年4月に携帯電話サービス「Y!mobile」の公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」にて分割払いで購入したスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」がSIMロック解除ができる購入日から100日をとっくに過ぎていたので、実際にSIMロック解除をしてみたのでその模様を紹介します。

なお、ワイモバイルでは「iPhone」シリーズなどでは購入時にSIMロックがかかっており、一括払いで購入した場合や同一回線契約で前回の解除申込みから101日以上経過している場合などは購入後即日でSIMロック解除ができますが、分割払いや一括払いで購入した場合でも一部のキャンペーンでの割引が適用されている場合などでは購入日より101日目以降にSIMロック解除ができるようになっています。

SIMロック解除はワイモバイルの回線契約を維持している場合は手続きを店舗「ワイモバイルショップ」またはWebサポート「My Y!mobile」で行なえ、ワイモバイル ショップでは手数料3,000円(税別)がかかりますが、My Y!mobileなら0円(無料)で行えます。今回はMy Y!mobileを利用しました。その他、詳細な条件などは公式Webサイトをご確認ください。

続きを読む

iPhone同士でデータ移行して新機種に切替完了!iOS 12.4から実装されたデータ移行機能を最新のiPhone 11 Proで実際に試してみた【ハウツー】


iOS 12.4以降に実装された端末間データ移行機能を試してみた!

既報の通り、Apple(アップル)の新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」シリーズが9月20日に発売され、すでに多くの人が購入されたのではないでしょうか。

スマホの買い替えといえば、面倒で若干の不安も付きまとうのがデータの移行作業です。iPhoneであれば、パソコン(PC)やiCloudへデータをバックアップし、新しい端末で復元作業を行う必要があり、時間も手間もかかるものでした。

しかし、そんな煩雑で面倒なデータ移行作業を非常に簡単に終わらせてくれる機能がiOS 12.4から実装されました。端末間で直接データを移動できるという機能で、PCやインターネットとの接続を必要としない点が大きな特徴です。

今回筆者はiPhone 11 Proを購入し、実際にこれまで使っていた「iPhone XS」からのデータ移行を行ってみましたので、データ移行をする際の注意点などとともに解説します。

続きを読む

iOS 13新機能:Webブラウザー「Safari」で文字サイズ変更が可能に!PDFでページ全体保存やデスクトップ表示、リーダー表示、共有などのやり方が変更【ハウツー】


iOS 13のWebブラウザー「Safari」の変更点を紹介!

既報通り、Appleが日本時間9月20日にスマートフォン「iPhone」シリーズやポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズ向けのプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 13(17A577)」の正式版を提供開始しています。

さまざまな新機能や操作方法の変更、動作速度や安定性の向上、プライバシーやセキュリティーの強化などが行われているiOS 13ですが、その中からまずはWebブラウザー「Safari」の文字サイズ変更などの新機能、パソコン(PC)向けと同じレイアウトで表示する「デスクトップ表示」(デスクトップ用Webサイトを表示)や「共有」などの一部機能の使い方が変わっているので紹介したいと思います。

続きを読む

ドコモオンラインショップでdocomo withのまま2019年夏スマホ「Galaxy S10」を購入してみた!旧料金プランでもスマホおかえしプログラムは利用可能【ハウツー】


旧料金プラン+docomo withのままでもスマホおかえしプログラムは利用可能!購入手続きを紹介

既報通り、NTTドコモは1日、新料金プラン「ギガホ」および「ギガライト」などを提供開始し、合わせてこれまでの旧料金プランやそれに付随した「月々サポート」および「端末購入サポート」、「docomo with」などの割引やオプションなどは新規申込受付を終了しました。

すでに紹介しているように新料金プランは総務省が推進する通信料金と製品代金を分ける“分離プラン”となっているため、同時にスマートフォン(スマホ)などの製品についても各種割引がなくなり、機種によっては価格が改定され、新たに36回払いが導入されるなどしています。

また36回払いで購入した場合に対象機種なら24回目を支払った後に製品を返却すると残りの残債が免除される「スマホおかえしプログラム」も提供。これは加入しても返却しなくても良く、返却しないと単に残債の免除がなくなるだけとなっています。

このように通信料金や製品代金の仕組みが大きく変わりましたが、NTTドコモでは既存利用者が旧料金プランや月々サポート、docomo withなどを継続して利用できるようにしています。特にdocomo withについては永年1,500円(税抜)が割り引かれるため、旧料金プランのまま継続したほうが安いという人が多いかと思います。

そこで今回はさっそく公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2019年夏モデル」の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10 SC-03L」をdocomo withを継続したまま購入してみたので流れや注意点などを紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。