S-MAX

ベンチマーク

新タブレット「9.7インチiPad Pro」と「iPad Air 2」をベンチマークテストで比較!数字で見る実力の差と体感速度は違う?【レビュー】

9.7インチiPad ProとiPad Air 2をベンチマークテストで比較!

新しいタブレット「9.7インチiPad Pro」。日本でもWi-Fi+CellularモデルがNTTドコモおよびau by KDDI、SoftBank、Apple、Wi-FiモデルがSoftBankやApple、各家電量販店にて3月31日から販売されている。

9.7インチiPad Proは既存の9.7インチタブレット「iPad Air」シリーズと同じ約9.7インチ2048×1536ドットディスプレイを搭載し、昨年10月に発売された12.9インチのiPad Proと同じく64ビットA9Xチップやステレオサウンドが楽しめる4スピーカーを搭載。

さらにiPad Proシリーズとしては新たに4K動画撮影可能な12メガピクセルiSightカメラやRetina Flash対応5メガピクセルFaceTime HDカメラに強化されている。内蔵ストレージも256GBが追加され、32GBと128GBの3モデルがラインナップ。カラーバリエーションも従来までのシルバーやゴールド、スペースグレイに加え、iPadシリーズ初のローズゴールドが追加された。

そんな9.7インチiPad Proだが、すでに紹介しているようにWi-Fiモデルを購入したので、開封して同梱物や外観の紹介し、既存モデル「iPad Air 2」(2014年発売)との外観比較およびiPad Air 2用のケースが使えるのかの検証を行った。今回はこれに続き、この2機種でのベンチマークをチェックしていく。

続きを読む

新4インチスマホ「iPhone SE」の実力をベンチマークでチェック!Apple A9チップセットや2GB RAMなど搭載で、画素当たりの性能はシリーズ最高に!?【レビュー】


iPhone SEの性能をベンチマークで確認してみた!

Appleの新しい小型スマートフォン(スマホ)「iPhone SE」が日本でも3月31日にNTTドコモやau by KDDI、SoftBank、Appleの直営店「Apple Store」および直営Webストア「Apple Online Store」にて発売されました。

iPhone SEは、iPhoneシリーズにおいて「iPhone 5s」以来のおよそ2年半ぶりの約4インチ640×1136ドットRetina液晶(326ppi、コントラスト比800:1)を搭載したコンパクトなボディーに、昨年9月に発売された「iPhone 6s」シリーズと同じ最新チップセット「Apple A9」や約1200万画素リアカメラなどを搭載しています。

また、iFixitの分解によって内蔵メモリー(RAM)もiPhone 6sシリーズと同じ2GB LPDDR4と判明し、画素当たりの性能はiPhoneシリーズで最高といって過言はないでしょう。

そんなiPhone SEについてSIMフリー版のローズゴールドを購入したので外観レビューiPhone 5sとの外観比較などを紹介してきましたが、今回はベンチマークを測定してその実力をチェックしてみたので紹介したいと思います。

続きを読む

2刀流に込められた性能は?SIMフリーの折りたたみ型2画面スマホ「FREETEL MUSASHI」の実力をベンチマークで確認してみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
結構頑張ってる!?FREETEL MUSASHIの性能をベンチマークでチェック!

SIMフリーの携帯電話ブランド「FREETEL」を展開しているプラスワン・マーケティングから販売中の折りたたみ型2画面スマートフォン(スマホ)「MUSASHI」。

同じ折りたたみ型スマホでも大手携帯電話会社から販売されているいわゆる「ガラホ」とは違い、MUSASHIはGoogle Playストアや各種Googleのサービスを一通り利用できる普通のスマホでもあるため、ベンチマークアプリをダウンロードして利用することもできます。

そこで今回は、他のスマホのようにベンチマークアプリを使ってMUSASHIの性能を見てみたいと思います。


続きを読む

au向け4.7インチコンパクトスマホ「AQUOS SERIE mini SHV33」のソフトウェアをチェック!Snapdragon 808搭載ながらベンチマークスコアは抑えめ?【レビュー】


au向けスマホ「AQUOS SERIE mini SHV33」のソフトウェアを紹介!

auから1月23日に発売された約4.7インチフルHD(1080×1920ドット)液晶を搭載したコンパクトモデルのスマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE mini SHV33」(シャープ製)。

前回に購入して開封&外観を紹介してから少し時間が空いてしまいましたが、今回は基本操作やベントマークなどのソフトウェア面についてチェックしてみることにします。

続きを読む

大容量5000mAhのバッテリーを搭載するASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Max ZC550KL」のベンチマーク結果は?!気になる性能をチェック【レビュー】

ZenFone Maxでも恒例のベンチマークテストを行ってみた!

既報通り、ASUS JAPANが2日、タブレット並みの5000mAhのバッテリーを搭載し、1か月以上の連続待受時間を実現したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Max(型番:ZC550KL)」(ASUSTeK Computer製)を3月中旬に発売することを発表した。

価格はオープンながら公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では27,800円(税抜)で、ブラック(型番:ZC550KL-BK16)とホワイト(型番:ZC550KL-WH16)の2色が販売される。

主な仕様としては約5.5インチHD(720×1280ドット)IPS液晶やQualcomm製64bit対応1.2GHzクアッドコアCPU「Snapdragon 410 MSM8916」、2GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ(eMMC)、microSDXCカードスロット(最大128GB)、約1300万画素リアカメラ、約500万画素フロントカメラ、IEEE802.11b/g/n準拠のWi-Fi、Bluetooth 4.0、位置情報取得(A-GPS、GLONASS、BDS)、電子コンパス、光センサー、加速度センサー、近接センサー、磁気センサー、microUSB端子、3.5mmイヤホンマイク端子、Android 5.0.2(開発コード名:Lollipop)など。

そんな大容量バッテリー搭載スマホのZenFone Maxについて発売前にレビューを行っているが、今回は前回の外観紹介に続いて、快適に使えるかどうかを含めてベンチマークテストを行ってみたので紹介する。

続きを読む

注目の3万円台で買えるオクタコアCPU搭載SIMフリースマホ「HUAWEI GR5」の実力をベンチマークでチェック!性能が近い「ZenFone 2 Laser ZE601KL」とも比較【レビュー】

コスパの高いSIMフリースマホ「HUAWEI GR5」をベンチマーク!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が2月12日より販売開始したAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)搭載スマートフォン(スマホ)「HUAWEI GR5」(以下、GR5)は、実売価格34,800円(税別)ながら5.5インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶を搭載し、背面には指紋認証センサーとアルミニウムマグネシウム合金を採用したコストパフォーマンスの高いモデルだ。

主なスペックはオクタコアCPU(1.5GHzクアッドコアCPU+1.2GHzクアッドコアCPU)のQualcomm製チップセット「Snapdragon 616(MSM8939)」や2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大128GBまで)、1300万画素リアカメラ、500万画素フロントカメラ、3000mAhの大容量バッテリーなどとなる。

そのコストパフォーマンスの高さから発売直後には価格.comにて人気No.1スマホになっているともいう。前回の外観レビューに続いて今回は、GR5の機能紹介とベンチマークテストの結果を紹介したいと思う。

続きを読む

新チップセットの性能は?トリニティのWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」の実力をベンチマークでチェック【レビュー】


Windows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」をベンチマーク!

トリニティ初のスマートフォン(スマホ)として1月下旬に初期生産分が出荷された「NuAns NEO」。OSにWindows 10 Mobileを採用していることに加え、注目機能のContinuum for Phoneに日本国内でははじめて対応したこと、さらに背面カバーが木や革などのさまざまな素材を組み合わせることができて外観の良いことなどで注目を集めています。

一方で、Continuum for Phoneに対応するにはこれまでは「Snapdragon 810」と「Snapdragon 808」というハイエンドチップセットである必要があるというようにある程度の高い性能が求められており、NuAns NEOではその1つ下の新しい「Snapdragon 617」が搭載されています。

そこでまだAndroidでは採用機種がないSnapdragon 617を搭載したNuAns NEOがどの程度の性能があるのか、ベンチマークを行ってチェックしてみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

光学3倍ズームにも対応したASUSのハイスペックスマホ「ZenFone Zoom ZX551ML」の実力をベンチマークでチェック!最上位モデルを「ZenFone 2」と比較【レビュー】


ハイスペックスマホ「ASUS ZenFone Zoom」をベンチマーク!

明日2月5日より順次発売されるASUSTeK Computer(以下、ASUS)製の光学3倍ズームを搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone Zoom(型番:ZX551ML)」。なんといっても光学3倍ズームに対応したカメラ機能が注目されており、すでに「iPhone 6s」と比べつつ、そのメリットとデメリットを紹介してきました。

端的に言えば、iPhone 6sなどの単焦点レンズと比べると明るさなどの面でデメリットがあるものの、ズームの便利さや楽しさといったメリットのほうが大きいという人も多いかと思います。

一方、ZenFone Zoomはあくまで"スマホ"という立ち位置なので、普段使っていく上で操作の快適性なども重要でしょう。そこで今回は、ZenFone Zoomの最上位製品であるプレミアムレザーケースモデルの128GB内蔵ストレージ(eMMC)と既存スマホ「ZenFone 2」の上位モデルをベンチマークで比較していみました。

続きを読む

約4万円で洗練された外観のZTE製SIMフリースマホ「gooのスマホ g05」の実力をチェック!ベンチマークテストでASUS製「ZenFone 2 Laser ZE601KL」と比較してみた【レポート】

gooのスマホ第5弾「g05」の性能は?!

NTTレゾナントが12月15日に出荷を開始した「gooのスマホ」の第5弾となるZTE製のAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載する「g05(グーマルゴ)」(「Blade S7」ベース)。

約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 615(MSM8939)」、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージを搭載したミドルレンジスマホだ。

また、ボディーは前面・背面それぞれエッジを丸くカットして持ちやすくしたガラスを採用し、さらに側面のアルミフレームによって質感・剛性感が高いという特徴を持つ。

価格は同社の公式Webストア「gooSimseller」において「OCN モバイル ONE」の音声通話対応SIMとの同時契約で39,800円(税抜)で購入可能だ。さらに数量限定で手帳型の専用ケースが付属するお得なキャンペーンも実施されている。

今回はそんなミドルレンジのg05の性能を「AnTuTu Benchmark V6.0」や「3DMark Ice Strom Unlimited」、「Geekbench 3」といったベンチマークアプリを用いて数値で見て行きたいと思う。

続きを読む

ファーウェイの新フラグシップの実力は?!SIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」のベンチマークテストをしてみた【レビュー】

HUAWEI Mate Sの実力は?!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から12月4日に発売されたSIMフリーのフラグシップスマートフォン「HUAWEI Mate S」(以下、Mate S)。

今年9月に発表されたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)のフラッグシップモデルで、特徴的な機能としてこれまでにない革新的なタッチ機能やタッチパッド操作を可能とする指紋センサーを搭載している。

また、ディスプレイは約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLED(有機ELディスプレイ)、CPUにはオクタコア(A53X 2.2GHz 4コア+A53 1.5GHz 4コア)のHisilicon製「Kirin 935」を搭載する。

そこで、今回はオクタコアCPUの実力を知るべく「AnTuTu Benchmark V5.7.1」や「3DMark Ice Strom Unlimited」、「Geekbench 3」といったベンチマークアプリを用いてその性能を数値で見てみたいと思う。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。