S-MAX

マイクロソフト

秋吉 健のArcaic Singularity:石に刻まれた記憶への夢と現実。マイクロソフトのガラスストレージ発表から情報の保存についての現在と未来を考える【コラム】


ガラスストレージの現在と未来について考えてみた!

時は西暦2054年、犯罪予防局の刑事ジョン・アンダートンは優秀な仕事ぶりで人々の信頼を集めていた。しかし犯罪者に家族を奪われた過去があり、彼はその心の闇から薬物中毒に陥っていた。路上で違法薬物を買い、疲れた体で家に帰ると、薬物に溺れながら家族との思い出が記録されたメモリーカードを再生しては、つらい現実から逃げる日々だった……。

これは、2002年に公開された映画「マイノリティ・リポート」の冒頭の一幕です。この映画を観た人であれば、忘れられない1シーンでもあるでしょう。

マイノリティ・リポートは映画としての完成度も然ることながら、テクノロジー的な近未来考証が妙にリアルだったことでも有名です。自動運転車やマニュピレーターデバイスによる空間操作UIと映像編集、3Dホログラフィックス映像等々。当時の技術では不可能でも、荒唐無稽と言うほどは無茶なCG表現でもなく、「あと数十年後なら可能になっているかも知れない」と感じさせる技術が多く登場していました。

その中でも、筆者の印象に残っているのが、上記のメモリーカード(ストレージ)技術です。ガラス製と思われる透明なメモリーカードは近未来感溢れるデザインで、「透明なメモリーカードなんて」と否定的な人もいましたが、筆者は「むしろ透明なほうが積層記録技術に向いているのかもしれない」と、心躍らせたのを覚えています。

あれから17年。11月4日にマイクロソフトは75mm四方の石英ガラスの板に、1978年に公開された映画「Superman」を記録することに成功したと発表しました。まさにマイノリティ・リポートの中でジョンが映像を再生していた、あの透明なストレージが実現してしまったのです。

ガラス板にデータを記録することの意味とは一体何でしょうか。またその実用性はどの程度あるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はガラスストレージの過去や現在、そしてその技術的展望について考察します。

続きを読む

iPhoneでシャッター音を鳴らさずに撮影できるカメラアプリ「Microsoft Pix」がバージョンアップ!フラッシュ機能が追加され、タイマーなどと一緒に簡単に設定できるように


マイクロソフトのiPhoneなど向け無音カメラアプリ「Pix」がバージョンアップ!

Microsoftは6日(現地時間)、iPhoneなどのiOS搭載機種向けカメラアプリ「Microsoft Pix」の最新バージョン(1.0.28)を配信開始し、新たにフラッシュ機能を追加するなどしたとお知らせしています。

合わせてフラッシュはグリッド表示のオン・オフおよびタイマー設定と一緒にワンボタンで簡単に設定を変更でき、フラッシュがオンになっているときにはフラッシュアイコンが表示されるようになっています。

すでに提供されている「iPhone 7 Plus」のデュアルレンスをサポートによる望遠(光学2倍)切り替えボタンとともに簡単で便利に使えるようになっています。

なお、Microsoft Pixは以前からシャッター音を鳴らさずに無音でカメラ撮影ができるとして日本では一部で話題となっていましたが、引き続き、バージョンアップ後も無音で撮影できるようになっています。

続きを読む

Microsoft、Mac OS X向けオフィスアプリ「Office 2016 for Mac」のプレビュー版を無料で公開!ユーザーからのフィードバックを反映し、正式版を今夏に提供予定


マイクロソフトがオフィスアプリ「Office 2016 for Mac」のプレビュー版を公開!

Microsoft(マイクロソフト)は5日(現地時間)、Appleのパソコン(PC)向けプラットフォーム「Mac OS X」向けのオフィスアプリ「Office 2016 for Mac」のプレビュー版を公開したとお知らせしています。

料金はプレビュー版なので無料で、Microsoft WordおよびExcel、PowerPoint、Outlook、OneNoteといったオフィススイートが利用可能です。なお、利用には最新バージョンのMac OS X 10.10 Yosemiteが必要。

正式版はプレビュー版においてユーザーからのフィードバックを反映し、今夏にリリースを予定しているとしています。

続きを読む

Microsoft、次期スマホ向けOSのテクニカルプレビュー版「Windows 10 Technical Preview for Phone」を提供開始


MicrosoftがWindows 10のスマホ向けテクニカルプレビュー版を提供開始!

Microsoft(マイクロソフト)は12日(現地時間)、同社の次期プラットフォーム「Windows 10」のスマートフォン(スマホ)向けテクニカルプレビュー版「Windows 10 Technical Preview for Phone」を提供開始したとお知らせしています。

利用するにはWindow Insider( http://insider.windows.com/ )への登録が必要で、今回提供開始されたのはWindows Phone 8.1を搭載したLumia 630および635、636、638、730、830で、Lumia 930および1520などのようなハイエンドモデルには近々提供されるとのこと。

これはOSパーティションの容量が大きく、調整する"partition stitching"ができていないためで、対象機種は順次拡大していくとしています。日本語を含む25言語に対応。

続きを読む

Microsoft、Androidタブレット向けオフィスアプリの正式版「Office for Tablet」をリリース!無料でWordやExcel、PowerPointが利用可能


Androidタブレット向けMicrosoft Officeアプリが正式版に!

Microsoft(マイクロソフト)は29日(現地時間)、今月6日に招待制からプレビュー版ながら一般公開されていたAndroidを搭載したタブレット(画面サイズが7〜10インチが対象)向けオフィスアプリ「Microsoft Word」および「Microsoft Excel」、「Microsoft PowerPoint」の正式版を公開したと発表しています。

それぞれアプリ配信マーケット「Google Playストア」にてダウンロードでき、無料で閲覧だけではなく、編集も利用可能。ただし、新規作成や編集を行なうにはMicrosoftアカウント(無料)が必要。

なお、プレビュー版と同様に利用できるのはディスプレイサイズが7〜10.1インチでARMベースのプロセッサーを搭載した機種のみで、対応OSもAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以降となっており、10.1インチより大きなディスプレイの機種での利用は「Office 365」のサブスクリプションが必要となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。