S-MAX

一括0円

春商戦ラストチャンス!?復活した一括0円&キャッシュバックで人気スマホ「iPhone 8」などが各社ともにお買い得。あの次世代モデル“X”も実質0円に


各社でiPhone 8の一括0円+還元合戦がさらに加熱!?あの“X”も大幅値引きに

既報通り、スマートフォン(スマホ)などの最大の販売商戦期である“春商戦”において今年、かつての最新機種の“一括0円”が復活し、中でも話題のスマホこと「iPhone」シリーズの最新機種である「iPhone 8」の64GBモデルが他社から乗り換え(MNP)で一括0円販売されているケースが多く見られています。

以前に紹介したようにTwitterで「#一括0円」や「#MNP一括0円」などを検索すれば現在でも多くあり、iPhone 8 64GBの一括0円はSoftBankだけでなく、NTTドコモやauでも行われていることがわかります。むしろ年度末を迎えてさらに加熱している様相もあり、一部店舗ではさらにポイント還元やキャッシュバックが付いたり、毎月の利用料から割り引く「月月割」などが付きつつ一括0円といったところもあるようです。

競争が激化しているのはiPhone 8だけでなく、次世代スマホ「iPhone X」もNTTドコモが3月20日から4月2日までの期間限定ながら新規契約および他社から乗り換え(MNP)で「端末購入サポート」に追加したことからもiPhone Xにも及んでおり、さすがにiPhone Xが一括0円という案件はまだ見ていませんが、実質0円まで値引きされてきています。

また、NTTドコモでは最新の「2017-2018年冬春モデル」や少し古い「2016-2017年冬春夏モデル」、iPad(第5世代)iPhone SEについては機種変更でも端末購入サポートで一括化しており、特にiPad(第5世代)は32GBモデルなら公式Webストア「ドコモオンラインショップ」でも一括0円となっているので人気となって在庫切れになるほどとなっていまし、auやSoftBankでもAndroidスマホやタブレットも含めて1年で最もお買い得な時期となっていると言えそうです。

続きを読む

復活した“一括0円”……最新スマホ「iPhone 8」でNTTドコモやソフトバンクが春商戦の火花を散らす!ガイドラインはどこへやら、総務省の検討会では問題視


各社でiPhone 8の一括0円合戦再び!?

スマートフォン(スマホ)などの最大の販売商戦期である“春商戦”を迎え、各社では学割やキャンペーンなどの割引合戦を開始しており、中でも2016年4月に総務省が定めた「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」(以下、ガイドライン)に沿ってほぼなくなっていた最新機種の“一括0円”がここに来て復活しています。

特に昨年末くらいから量販店やソフトバンクショップなどで店舗独自割引を適用し、話題のスマホこと「iPhone」シリーズの最新機種である「iPhone 8」の64GBモデルが他社から乗り換え(MNP)で一括0円販売されているケースが多く見られ、総務省が開催している「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」でも問題視されています。

しかしながら、現時点ではiPhone 8の一括0円販売は収まるどころか広がっている印象も受け、2月1日からはNTTドコモでもiPhone 8・8 Plusの新規契約およびMNPで値下げしたことに伴ってiPhone 8の64GBモデルについて「下取りプログラム」を利用したケースが多いながらも一括0円を謳っている店舗が多く出ています。

続きを読む

NTTドコモがVoLTE対応折りたたみ型ケータイ「AQUOS ケータイ SH-01J」と「P-smart ケータイ P-01J」を新規・MNPで一括0円、機種変更で一括約2万円に値下げ


docomoのAQUOS ケータイSH-01JとP-smart ケータイ P-01Jが値下げ!

NTTドコモは1日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2016-2017冬春モデル」として発売した高音質通話サービス「VoLTE」に対応した折りたたみ型フィーチャーフォン「AQUOS ケータイ SH-01J」(シャープ製)および「P-smart ケータイ P-01J」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)の2機種における新規契約・機種変更(契約変更含む)・他社から乗り換え(MNP)を「端末購入サポート」に追加したとお知らせしています。

これにより、端末購入サポートの割引後の支払額(すべて税込)が両機種ともに新規・MNPなら0円、機種変更なら19,440円(分割810円/月×24回)となり、2月28日までの月々サポートによる実質負担額と2年間使った場合なら最低価格は変わりませんが、ケースによっては値下げとなる上に購入時に直接値引きされるためかなり購入しやすくなっています。

なお、VoLTEに対応している必要がないならすでに以前に紹介した全オーダーで端末購入サポートによる割引になっている「2015年夏モデル」の「AQUOS ケータイ SH-06G」(シャープ製)および「ARROWS ケータイ F-05G」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)なら新規・MNPだけでなく機種変更でも支払額0円となっており、こちらは在庫が少なくなってきているので購入するなら早めにしたほうが良さそうです。

続きを読む

NTTドコモがモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION L-01G・HW-02G・N-01H」の3機種を全契約で一括0円に!L-01G・HW-02Gは月サポでさらに約1.3万円割引


docomoのモバイルWi-Fiルーターが一括0円に!

NTTドコモは1日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にてモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01H」(NECプラットフォームズ製)および「Wi-Fi STATION L-01G」(LGエレクトロニクス製)の2機種の新規契約および機種変更において12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引く「端末購入サポート」に追加するとお知らせしています。

これらの2機種はすでに他社から乗り換え(MNP)で端末購入サポートの対象でしたので、すべての契約で一括0円となっています。またすでに同様に全契約で一括0円になっている「Wi-Fi STATION HW-02G」(Huawei Technologies製)とWi-Fi STATION L-01Gについては毎月の利用料から割り引かれる「月々サポート」も-540円/月×24回(-12,960円)が付きます。

ドコモオンラインショップなら全品送料無料のキャンペーン中ですし、機種変更も対象なので、機種変更は手数料も無料なので完全無料で手に入ります。なお、ドコモオンラインショップではWi-Fi STATION HW-02Gは販売終了とのこと。

続きを読む

総務省がiPhoneなどのスマホの「実質0円」による販売禁止の取締強化と報道!週末限定なども禁止の方針へ


shimajiro@mobiler

日本放送協会(以下、NHK)は7日、総務省が2016年4月に定めた「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」(以下、ガイドライン)によって禁止されているスマートフォン(スマホ)の実質0円販売について"抜け穴"となっている「週末限定」などでの実質0円販売を禁止する方針であると報道している。

また、SIMロック解除を非対応とする期間についても基本的に「購入から6カ月以内は解除不可」となっている各社のSIMロック解除非対応期間を短縮する方針だという。

なお、SIMロック解除非対応期間についてはすでにソフトバンクがSIMロック解除非対応期間を現在の6カ月から4カ月に短縮する方針であることが明らかにされている。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。