S-MAX

富士通

富士通が携帯電話事業を売却する方針を固めたと日経新聞が報道!売却後も一部株式保有で自社ブランドは継続する意向、9月にも1次入札を開始か


富士通が携帯電話事業を売却か?日経新聞が伝える

日本経済新聞は22日、富士通が「携帯電話事業を売却する方針を固めた」と報じ、9月にも1次入札をはじめ、売却額は数百億円と見られると伝えています。

現在、富士通では子会社の富士通コネクテッドテクノロジーズが携帯電話事業を行っていますが、売却後も売却対象の携帯電話事業会社の株式の一部は保有する方針だということです。これにより、現在使っているarrowsブランドなどの自社ブランドは続ける意向だとしています。

なお、売却先としてはポラリス・キャピタル・グループやCVCキャピタル・パートナーズなどの投資ファンドのほか、聯想集団(Lenovo)や華為技術(Huawei)、鴻海精密工業(Foxconn)なども上がっているとのこと。

続きを読む

富士通、ハンドソープでも洗えるSIMフリースマホ「arrows M04」を発表!7月18日発売で、価格は3万円台半ばーーエントリークラスながらおサイフケータイやワンセグなどにも対応


SIMフリースマホ「Fujitsu arrows M04」が発表!

富士通は10日、新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「arrows M04」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。販売拠点は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)からとなっており、発売日は2017年7月18日(火)となっています。

価格はオープンで市場予想価格が34,800円(税別)となっており、すでに取り扱いを発表している「楽天モバイル」では通常価格が一括で税込37,584円(分割1,566円/月×24回)、舗限定 発売記念キャンペーン価格が税込35,424円(分割1,476円/月×24回)です。

また発売に合わせて富士通では「arrows M04 ご購入キャンペーン」を2017年7月20日(木)10時から2017年9月20日(水)10時(応募期間)まで、「@Fポイントキャンペーン」を2017年6月29日(木)9時から2017年8月3日(木)9時まで(応募期間)実施するとお知らせしています。

続きを読む

カラオケ端末がアッ、アッ、アローズ?arrowsスマホ&タブレットも多数展示されていた「富士通フォーラム 2017」で気になった製品・サービスを写真と動画で紹介【レポート】


富士通がビジネス向け製品やサービスの展示会「富士通フォーラム」を開催!

富士通が5月18~19日の2日間に東京国際フォーラムにて「富士通フォーラム2017」を開催し、スマートフォン(スマホ)などの携帯電話の開発で培ったコア技術を活用した商品やサービスを披露した。

会場は製造、小売、金融、都市インフラ、農業、IoT、スポーツ、ワークスタイル変革、AI、セキュリティ、デジタルマーケティング、ハイブリッドITとブース分けされており、わかりやすい展示が行われていた。

なにかと話題のロボットやAIを利用した新サービスの提案だけではなく、同グループが開発・製造を手がけるスマホ&タブレット「arrows」シリーズを利用したサービスなども数多く展示していた。そこで今回は、会場内で見つけた気になる製品やサービスを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

いきなりSIMロック解除も実施!docomo with対応第1弾の安価なエントリースマホ「arrows Be F-05J」を購入したので開封して同梱品などをチェック【レビュー】


NTTドコモ注目の新割引サービス「docomo with」対応初製品となる「arrows Be F-05J」を購入&開封!

NTTドコモから「2017年夏モデル」の新しいスマートフォン(スマホ)として6月1日にに発売された「arrows Be F-05J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)。

月々サポートや端末購入サポートといった購入補助がない代わりに、利用料金から毎月1,500円(税別)をずっと割り引く新しい料金割引「docomo with」が適応される対象製品第1弾となります。なお、docomo with対象製品としてはすでにもう1つ「Galaxy Feel SC-04J」も6月15日から販売開始されています。

arrows Be F-05Jは前機種「arrows SV F-03H」からスペックの変更はないものの、arrows SV F-03HをベースとしてOSをAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)へと刷新するなどのバージョンアップがされています。

NTTドコモから販売されるスマホとしてもdocomo with対応の2機種は比較的安価で、arrows be F-05Jについては本体価格(税込)が28,512円(分割1,188円/月×24回)という安価に購入可能というのもポイントで、これまでの月々サポートと同じ考え方をするならば、2年間で実質0円以下となります。

筆者も利用料が安く抑えられるようになるため、docomo with対応機種はどちらかは買おうと思っていたのですが、購入理由の上位となる「レッドがある」ということで、今回はarrows Be F05Jを全額dポイント支払いにて購入しました。

そこで本記事では恒例の開封レポートとして同梱物などを紹介するほか、arrows Be F-05Jの「購入前後に準備しておくこと」をまとめて紹介したいと思います。


続きを読む

強く、美しく、リーズナブルに!ずっと月額料金が1500円割引になる料金施策「docomo with」対応のNTTドコモ向けタフネススマホ「arrows Be F-05J」を写真と動画で紹介【レポート】


人気のタフネススマホにニューモデル登場!arrows Be F-05Jをチェック

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶や64bit対応クアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「arrows Be F-05J(以下、F-05J)」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しました。

発売日は2017年6月1日(木)ですでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。また同時に発表された毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金施策「docomo with」の対象機種となっており、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)で28,512円(1,188円/月×24回)。

本機は昨年7月に発売されたタフネススマホ「arrows SV F-03H(以下、F-03H)」のリニューアルモデルとなっており、性能や機能では大きな変更はありません。それだけF-03Hが完成度の高い端末であったという証拠でもあり、高耐久や高い耐衝撃性能といった特徴が好評だったのではないでしょうか。

今回発表会に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真や動画とともにご紹介します。詳細なスペックについてはこちらの記事をご覧ください

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。