S-MAX

技適マーク

ピュアAndroid採用の「motorola one」がついに日本で発売へ!Motorola Mobility製スマホ「motorola one hyper」や「moto g8 plus」が技適通過


motorola one hyperとmoto g8 plusが技適通過!日本で登場予定

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにLenovo傘下のMotorola Mobilityが「XT2027-3」(認証番号:018-190375)および「XT2019-1」(認証番号:018-190390)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2019年11月14日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

XT2027-3およびXT2019-1はすでに海外で発表されているスマートフォン(スマホ)「motorola one hyper」および「moto g8 plus」であることが判明しており、これらの製品が日本でも投入される計画であることが明らかになりました。早ければ今冬、通例通りなら来春頃に発売されるのではないかと予想されます。

なお、これまで日本では携帯電話サービス「Y!mobile」にてメーカー製やサードパーティー製のプリインストールアプリをなくしたピュアAndroidの「Android One」シリーズが販売されていることもあり、同社ではAndroid Oneとして展開している「motorola one」シリーズを日本では発売してきませんでしたが、Y!mobileからか他のmotoシリーズと同様にSIMフリーか不明なものの、日本でも販売することになりそうです。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパンが11月14日に新スマホ発表をティザーで予告!パンチホールディスプレイやKirin 980を搭載したHUAWEI nova 5Tを発売へ


ファーウェイ・ジャパンが11月14日に新スマホを発表!HUAWEI nova 5Tに相当する製品が技適取得済み

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は1日、同社の公式Twitterアカウント( @HUAWEI_Japan_PR )にてティザー画像を公開し、新しいスマートフォン(スマホ)を2019年11月14日(木)に発表すると予告しています。

投稿には「さぁ、新たなディスプレイ体験を。2019.11.14 New Smartphone Debut」とともにパンチホールのあるディスプレイを搭載した製品の一部が示されている画像が添付されており、製品名やスペックなどの具体的な情報は他に何も明かされていません。

一方、同社は8月30日付けでメーカー型番「YAL-L21」を認証技術支援センターを通して工事設計認証(いわゆる「技適」)を取得していることが総務省によって公開されており、YAL-L21は海外では「HUAWEI nova 5T」もしくは「HONOR 20」として展開しているため、これらの製品が発売される可能性が高そうです。

続きを読む

日帰りで台湾版の技適マークあり&シャッター音なしの「iPhone 11 Pro」を購入してきた!SIMカードはnanoSIM+eSIMでハードウェアは同じ【レポート】


shimajiro@mobiler

日本でも9月20日に発売されたAppleの最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」シリーズ。これまで日本向けの専用モデルが用意されてきた「iPhone」シリーズだが、発表当初からこのiPhone 11シリーズでは日本専用モデルがなくなり、日本で販売される製品も一部の台湾などで販売される海外モデルと共通となったことが話題となった。

例えば、Appleの公式WebサイトにおけるiPhone 11シリーズや昨年発売の「iPhone XR」の仕様を日本向けページと台湾向けページを見比べてみると、iPhone XRは日本向けがA2106だが、台湾向けはA2105と異なっているのだが、iPhone 11はA2221、iPhone 11 ProはA2215、iPhone 11 Pro MaxはA2218と同じとなっている。

実際にこれまでに台湾で販売されているiPhone 11シリーズには日本国内で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)が表示できることが確認されている。そこで今回は日帰りで台湾に行ってiPhone 11 Proを購入してきたのでその模様を紹介する。

なお、購入したのは「iPhone 11 Pro」のミッドナイトグリーンで、台湾のApple Storeでの販売価格は41,400台湾ドル(約147,000円)だったが、日本では約135,000円(税込)のため、日本で購入したほうが約12,000円割安なので最初に断っておくと“積極的に購入する意味は薄い”と思われる。

続きを読む

大容量5000mAhバッテリー搭載スタミナスマホ「OPPO A5 2020」が日本で発売へ!CPH1943が技適通過。SIMフリーで量販店やMVNOなどにて販売か


スタミナスマホ「OPPO A5 2020」と見られるCPH1943が技適通過!日本で発売へ

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにOPPO Mobile Telecommunications(欧珀移动通信)が「CPH1943」(認証番号:018-190280)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2019年9月6日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

CPH1943は他の認証情報からスマートフォン(スマホ)「OPPO A5 2020」であることが判明しており、グローバル向けと同じ型番であるため、恐らく日本ではSIMフリー製品として量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などから販売されることになると予想されます。なお、日本での製品名は変更される可能性もあります。

続きを読む

SoftBank向けと見られる未発表の富士通コネクテッドテクノロジーズ製スマホ「901FJ」が技適通過!2019年秋以降にarrows Uの後継機種として発売か


富士通ブランド製品「901FJ」が技適通過!写真はソフトバンク向けスマホ「arrows U」

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たに富士通コネクテッドテクノロジーズが「901FJ」(認証番号:005-102166)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2019年7月12日付けでテュフ・ラインランド・ジャパンによって取得しています。

901FJは未発表の製品で、型番規則から携帯電話サービス「SoftBank」または「Y!mobile」向けであると予想され、過去にSoftBank向け「arrows U(型番:801FJ)」が販売されていることを考えると同様にSoftBank向けスマホになるのではないかと思われ、2019年10月以降に投入されると見られます。

なお、無線LAN(Wi-Fi)の5.xGHz帯には対応しているものの、ソフトバンクの携帯電話ネットワークにおけるBand 11(1.5GHz帯)などに対応していないこともあり、全部入りのハイエンドよりもスペックの低いarrows Uと同じエントリー〜ミッドレンジクラスになるのではないかと推測されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。