S-MAX

技適マーク

Microsoftの折りたたみ型2画面Androidスマホ「Surface Duo」となる型番「1930」が技適通過!日本でも今秋以降に発売へ


折りたたみ型2画面Androidスマホ「Microsoft Surface Duo」が日本でも発売へ!技適を取得

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにMicrosoftが「1930」(認証番号:003-200082)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年6月15日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

このMicrosoftの1930はモデル名で、これまでに米連邦通信委員会(FCC)やBluetooth SIGなどの複数の認証機関を通過しており、Bluetooth SIGが公開している認証情報によって同社が昨年発表した折りたたみ型2画面Androidスマートフォン(スマホ)「Surface Duo」であることが判明しています。

これにより、MicrosoftがSurface Duoを日本で発売する準備をしていることが明らかとなりました。なお、Surface Duoは2020年末までに発売する計画で、FCCの非公開資料の公開期限が2020年10月29日となっているため、海外ではこの時期までに発売されるのではないかと予想されています。

また最近では同社のデバイスグループCPOのPanos Panay氏が実際に生活の中でSurface Duoを利用しているところを自身のTwitterアカウントに投稿しており、Surface Duoの正式発表や発売が近いと思わせる様子も伺えます。正式発表が楽しみですね!

続きを読む

最新ゲーミングスマホ「Black Shark 3」となる「KLE-H0」が技適取得!5Gにも対応し、日本で発売へ


最新ゲーミングスマホ「Black Shark 3」が技適通過!日本でも販売へ

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにBlack Shark Technologies(以下、Black Shark)が「KLE-H0」(認証番号:205-200008)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年7月10日付けでElement Materials Technologyによって取得しています。

KLE-H0はすでに海外にて発表されているBlack Sharkの最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「Black Shark 3」で、前機種「Black Shark 2」はTAKUMI JAPANがBlack Shark 2(JAPANモデル)を販売していたこともあり、同様にTAKUMI JAPANがSIMフリー製品として取り扱うのではないかと思われます。

続きを読む

攻めるオッポジャパン!スマートウォッチ「OPPO Watch」と完全ワイヤレスイヤホンを8月に発売。未発表スマホ「CPH2099」も技適通過


オッポジャパンが新製品&新CM発表会を開催!OPPO WatchとOPPO Encoを発売

オッポジャパン(以下、OPPO Japan)は21日、オンライン発表会を開催してOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)製のスマートウォッチ「OPPO Watch(41mm)」と完全ワイヤレスイヤホン「OPPO Enco W51」および「OPPO Enco W11」を発売すると発表しています。また合わせて新CMも披露しました。

発売時期と価格(メーカー小売希望価格)はOPPO Watchが8月下旬発売予定の25,800円(金額はすべて税込)、OPPO Enco W51が15,800円、OPPO Enco W11が5,800円でともに8月上旬発売予定。なお、OPPO Watchは発売に先立って8月7日(金)15時から予約を開始します。

発表会では今後の方針も示され、OPPOの設立時から掲げてい企業理念「本分を尽くす」ことモットーに「体験の心地よさを重視した商品設計」や「体験の心地よさを拡張させる商品展開」、「体験の心地よさを訴求するコミュニケーション」の3つのアクションを行って「お客様満足度100%の実現」をめざしていくことが紹介されました。

一方、OPPOは新たに未発表のスマートフォン(スマホ)「CPH2099」を日本向けの認証(いわゆる「技適」)をTeleficationを通じて2020年7月24日付で取得していることが明らかとなりました。認証番号は技術基準適合証明/工事設計認証(電波法)が「201-200520 / 00」、技術基準適合認定(電気通信事業法)が「ADF 20 0129 201 / 00」。

現時点ではどういった製品かまったくわかりませんが、ADFなのでVoLTEに対応したスマホだと思われます。なお、オッポジャパンではオンライン発表会後に実施したオンラインラウンドテーブルにてより低価格帯のAシリーズについて「今後の新機種にご期待いただければと思います」と回答しており、今年後半も新製品の投入が期待されます。

その他、オッポジャパンでは7月28日(火)23時59分まで新製品のOPPO WatchやOPPO Enco W51、OPPO Enco W11を抽選で各1人にプレゼントする「OPPO新製品発売記念キャンペーン」を同社の公式Instagramアカウント( @OPPOJapan )にて実施しています。

続きを読む

総務省が楽天モバイルのオリジナルスマホ「Rakuten Mini」の周波数帯変更問題で厳重注意&指導を実施!年内は取組状況を毎月報告を求める


総務省が楽天モバイルを指導!Rakuten Miniの周波数帯変更問題で

総務省は10日、楽天モバイルが販売するオリジナルスマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini(型番:C330)」において携帯電話ネットワークの対応周波数帯を変更した問題に対して電波法令の遵守および利用者利益の保護の徹底に関して文書によって指導を行ったとお知らせしています。

これに対し、楽天モバイル( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )は同日に総務省から指導を受けたとし、利用者および関係者には心配と迷惑を掛けたとして謝罪した上で事業体制を見直して再発防止を徹底するとともに利用者へより良いサービスを提供できるよう努めていくと発表しています。

続きを読む

最新ゲーミングスマホ「nubia RedMagic 5G(型番:NX659J)」が技適を通過!日本でも販売予定で、近く日本向けWebページも掲載へ


nubiaが最新ゲーミングスマホ「RedMagic 5G」の技適を取得!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにNubia Technology(以下、nubia)が「NX659J」(認証番号:211-200333)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年5月25日付けでBay Area Compliance Laboratoriesによって取得しています。

NX659Jはすでに海外にて発表されているnubiaの最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「RedMagic 5G」であることがわかっており、同社のマーケティングチームによれば、公式Webストアで販売されているグルーバル版では技適マークの表示が行えるようになるとのこと。

なお、nubiaの公式Webストアでは以前より日本へ発送することが可能で、RedMagic 5Gは8GB内蔵メモリー(RAM)+128GB内蔵ストレージモデルが本体カラーのEclipse BlackおよびHot Rod Redともに579ドル(約62,000円)、12GB RAM+256GB内蔵ストレージのEclipse Blackが599ドル(約64,000円)、Pulseが649ドル(約70,000円)で販売されています。

一方、同社の日本総代理店であるワイエスティー(YST)ではnubiaの製品をこれまでにAmazon.co.jpなどで販売しており、RedMagic 5Gについても2020年に発売予定で、技適を取得していることを案内しているものの、4月17日時点で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で日本での発売時期は未定だとしています。

ただし、nubiaのマーケティングチームでは「近日中に日本語の製品ページを公開予定」だと説明しており、これが同社の公式Webサイト内なのか、YSTによる日本向けWebサイト( https://nubiamobile.jp/ )内なのかわかりませんが、日本での発売も近いのではないかと思われます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。