S-MAX

技適マーク

ファーウェイが高コスパスマホ「HUAWEI P30 lite(MAR-LX2J)」を日本で発売へ!技適取得し、中国などでは「HUAWEI nova 4e」として展開


人気スマホ「HUAWEI P20 lite」の後継機種が技適通過!今春以降に発売へ

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は14日(現地時間)、中国向けにエントリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova 4e」を発表しています。同社が公開した「User Guide」には「MAR-LX1A」および「MAR-LX1M」、「MAR-LX2」、「MAR-LX2J」、「MAR-LX3A」が存在し、販売する国・地域によっては「HUAWEI P30 lite」となることが示されています。

一方、総務省では「技術基準適合証明等を受けた機器」において華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が2019年1月25日にこのうちの「MAR-LX2J」の工事設計認証(いわゆる「技適」)を認証技術支援センターを通じて取得したことを公開しています(認証番号は「018-180475」)。

これにより、日本ではここ数年、SIMフリースマホ市場で同社の「P」シリーズの「lite」モデルが人気となっていますが、今年もHUAWEI P30 liteが発売されることになりそうです。なお、グローバル向け「HUAWEI P30」シリーズはフランス・パリにて2019年3月26日(火)に発表される予定です。

続きを読む

Googleスマホ「Pixel 3」シリーズの廉価版「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3 XL Lite」がFCC通過!日本向けと見られる「G020D」と「G020H」も存在し、FeliCaにも対応か


Googleスマホの廉価版「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3 XL Lite」がFCCの認証取得!画像はPixel 3

米連邦通信委員会(FCC)は25日(現地時間)、Google製スマートフォン(スマホ)として「G020A」(FCC ID:A4RG020A)および「G020B」(FCC ID:A4RG020B)、「G020C」(FCC ID:A4RG020C)、「G020D」(FCC ID:A4RG020D)、「G020E」(FCC ID:A4RG020E)、「G020F」(FCC ID:A4RG020F)、「G020G」(FCC ID:A4RG020G)、「G020H」(FCC ID:A4RG020H)という8つの型番が認証取得していることを公開しています。

Googleでは現在販売しているフラッグシップスマホ「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」の廉価版として「Pixel 3 Lite」および「Pixel 3 XL Lite」(ともに仮称)を準備していると噂されており、 これらはG020A・G020B・G020C・G020DがPixel 3 Lite、G020E・G020F・G020G・G020HがPixel 3 XL Liteの各国・地域ごとに用意されているモデルだと見られます。

特にG020DとG020Hは日本国内で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)が記載されていることから日本で発売される可能性が高いと思われ、さらに「総務省指定」のマークもあることからPixel 3シリーズと同様に日本向けモデルとして恐らくおサイフケータイ(FeliCa)に対応しているものと予想されます。

なお、日本経済新聞ではPixel 3の廉価版は現行のPixel 3の799ドル(約89,000円)よりも安くし、iPhoneを中心に高価格帯スマホの販売数が減少していることに対して品揃えを拡充していくとしているほか、同社初のスマートウォッチも投入予定でハードウェア事業を強化すると伝えています。

続きを読む

オッポジャパンが画面内指紋センサー搭載スマホ「OPPO R17lite」を日本市場で発売へ!年内にさらなる新機種も投入示唆。上位モデル含めてOPPO R17シリーズとして発表か


OPPO Japanが年内にさらに複数機種を投入へ!画面内指紋センサー搭載スマホが技適通過

既報通り、オッポジャパンは19日、都内にて「OPPO Japan Find X記者発表会」を開催し、スライド式カメラを搭載した全画面デザインの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X(型番:CPH1875)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本にて2018年11月上旬以降より順次発売すると発表しました。

同社はこれまで今年8月に開催した「OPPO R15 Pro(型番:CPH1833)」および「OPPO R15 Neo(型番:CPH1851)」の発表会において「日本市場において年内に少なくとも2機種を投入する計画」であることを明らかにしていましたが、その1機種がOPPO Find Xになりました。

一方で10月19日に発表会ではさらに「年内に後1機種だけではないかもしれない」とし、少なくとも2機種としていた残りの1機種に加えて、さらに年内に追加投入できる可能性が高まったことを示唆しました。

そうした中で総務省が公開する「技術基準適合証明等を受けた機器」においてオッポジャパンが日本では未発表の「CPH1893」を電波法に基づく工事設計認証(018-180317)に通していることが判明しており、この製品がOPPO Find Xと同時期の9月11日に通過していることから日本で発売される可能性が高くなっています。

CPH1893は海外では「OPPO K1」や「OPPO R15x」として展開している製品と同等であり、Bluetoothの認証機関であるBluetooth SIGでは「OPPO R17lite」として登録(Declaration ID:D041486)されています。

仮に日本ではOPPO R17liteとして発売されるのであれば、同時に「OPPO R17」や「OPPO R17 Pro」といった上位モデルも一緒に発表されそうで、それが年内にさらに追加される機種と予想することもでき、海外ではアジア1位、世界でも4位まで上り詰めた勢いを日本でも少なくとも製品投入ペースでは見せつけるのかもしれません。

続きを読む

日本初のAndroid Goとなるか!?エイスースの低価格スマホ「ZenFone Live (L1) ZA550KL」が技適通過。モトローラ「Moto Z3 Play」なども


Android Goスマホ「ASUS ZenFone Live (L1)」などが技適通過!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、2018年5月以降の電波法に基づく技術適合証明および工事設計認証(いわゆる「技適」)を取得した機器を追加しています。

これにより、ASUSTeK Computer(以下、エイスース)の「Android Go」搭載スマートフォン(スマホ)「ZenFone Live (L1)」(型番:ZA550KL)に相当する「ASUS_X00RD」やMotorola Mobility(以下、モトローラ)の拡張機能「Moto Mods」に対応したミッドハイレンジスマホ「Moto Z3 Play」に相当する「XT1929-8」などが新たに技適を取得していることが明らかになりました。

技適を取得したからといって必ずしも日本で発売されるわけではありませんが、認証されるにはそれなりにコストがかかるため、少なくとも日本投入に向けて準備しているものと見られます。その他にもすでに発売が発表されているOPPO Mobile Telecommunications(以下、オッポ)なども通過しているのでそれらもまとめて紹介します。

なお、エイスースについては他にも以前に一部ECサイトにて製品ページが公開されていた「ZenFone Max (M1)」(型番:ZB555KL)も技適を通過しているものの、現時点では日本での正式な販売に関しては案内されていないのは気になりますが、ZenFone Live (L1)が発売されれば日本では初のAndroid Goスマホとなりそうです。

続きを読む

HTCが5月23日に新製品を発表!次期フラッグシップスマホ「U12」または「U12+」か?同機種と見られる未発表の端末が技適を取得。auやSIMフリーなどにて販売か


HTC U12もしくはU12+と言われる次期フラッグシップスマホが5月23日に発表へ!

HTCは3日(現地時間)、携帯電話の新製品を2018年5月23日(水)に発表すると同社の公式Twitterアカウントにて告知しています。次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U12」もしくは「HTC U12+」(ともに仮称)だと見られます。

一方、総務省が「技術基準適合証明等の公示」における2018年2月後半分を公開し、HTC製端末「2Q55500」(認証番号「022-180075」)が2018年2月23日にビューローベリタスジャパンにおいて工事設計認証を取得していることが明らかになっています。

2Q55500の同製品として海外における各認証認証にて「2Q55300」が認証を通過しており、これがHTC U12・U12+ではないかと言われていることから日本でも発売される可能性は高そうです。なお、同じく2Q55ではじまるメーカー型番では「2Q55100」や「2Q55200」、「2Q55400」といったSKUも存在しているとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。