S-MAX

技適マーク

楽天モバイル、オリジナルスマホ「Rakuten Mini」の認証番号と対応周波数帯の変更における交換対応を12月末まで延長


楽天モバイルスマホ「Rakuten Mini」の交換対応期限が12月末まで延長!

楽天モバイルは12日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応したオリジナルスマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini(型番:C330)」において対応周波数帯を変更したことに伴って一部製品にて日本で利用するために必要な認証(いわゆる「技適マーク」)が正しく表示できていなかった問題における交換対応の期限を延長したとお知らせしています。

同社では交換対応期限は当初、2020年9月末としていましたが、2020年12月31日(木)20時に延長されています。交換対応は最初に販売されていた製造番号(IMEI)が「351676110356708」以前の製品および最後に販売しているIMEIが「351676110682491」以降の製品が対象です。

これらの製品を購入した人は別のRakuten Miniへの交換を希望する場合、交換対応期限までに楽天モバイルのコミュニケーションセンターまで申し出ることで交換してもらえるとのこと。正しい認証番号は351676110356708以前なら「201-190492」、351676110682491以降なら「201-200399」で、認証番号はRakuten Miniの「設定」→「端末情報」→「規制ラベル」から確認可能です。

続きを読む

モトローラの低価格な大容量5000mAhバッテリー搭載エントリースマホ「moto e7 plus」が日本で発売へ!「XT2081-3」が技適通過


5000mAhバッテリー搭載のエントリースマホ「moto e7 plus XT2081」が技適通過!日本で発売へ

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにMotorola Mobility(以下、モトローラ)が「XT2081-3」(認証番号:006-000905)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年9月10日付けでSGSジャパンによって取得しています。

XT2081-3を含むXT2081-*(*は任意の数字)はすでにグローバル向けに発表されている最新エントリースマートフォン(スマホ)「moto e7 plus」の型番であることが判明しており、これまでの「moto」シリーズと同様に日本でも発売されることになりそうです。

続きを読む

5G対応の最新フラッグシップスマホ「ZenFone 7 ZS670KS」や「ZenFone 7 Pro ZS671KS」が日本でも発売へ!ASUS_I002Dが技適通過


最新フラッグシップスマホ「ZenFone 7 ZS670KS」や「ZenFone 7 Pro ZS671KS」が日本で発売へ!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにASUSTeK Computer(以下、ASUS)が「ASUS_I002D」(認証番号:003-200126)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年9月11日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

ASUS_I002Dはすでにグローバル向けに発表されている最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 7(型番:ZS670KS)」および「ZenFone 7 Pro(型番:ZS671KS)」のメーカー型番であることが判明しており、これまでの「ZenFone」シリーズと同様に日本でもこれらの機種の両方またはどちらかが発売されることになりそうです。

また従来通りであれば、日本ではSIMフリーモデルとして販売されると考えられます。なお、公開されている技適の認証情報では日本向け製品も5Gに対応しており、5Gの対応周波数帯はn77およびn78に対応し、周波数的にはNTTドコモ(n78)やau(n77・n78)、ソフトバンク(n77)、楽天モバイル(n77)の各5Gサービスをサポートしています。

続きを読む

シャープの新スマホ「AQUOS zero5G basic」と見られるソフトバンク向け「A002SH」が技適通過!au向けも同時に取得し、型番は「SHG02」か


SHARP AQUOS zero5G basicがソフトバンクとauから発売へ!技適を取得

既報通り、シャープは11日、オンラインで「スマートフォンAQUOS新製品発表会」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero5G basic」や「AQUOS sense5G」、「AQUOS sense4」、「AQUOS sense4 plus」を2020年秋冬モデルとして発表しました。

発売時期はAQUOS zero5G basicおよびAQUOS sense4、AQUOS sense4 plusが2020年秋以降、AQUOS sense5Gが2020年冬以降となっており、現時点で各製品ともに販路は明らかにされておらず、詳細な発売日や価格は各販路から発表される予定となっています。

一方、総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにシャープが「A002SH」および「DD2874B」(認証番号:201-200496)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年7月23日付けでTeleficationによって取得しています。

A002SHおよびDD2874Bは同じハードウェアとなると見られ、型番ルールや携帯電話ネットワークの対応周波数帯からA002SHがソフトバンク向け、DD2874Bがau向けと推定され、A002SHは製品型番ですが、DD2874Bは開発コード名となっており、A002SHおよびDD2874Bは5Gに対応していることから恐らく「SHG02」となると予想されます。

また「A001SH」はすでにSoftBank向け「シンプルスマホ5」であることがわかっており、発売時期からシャープの5G対応製品ではAQUOS sense5Gの方がAQUOS zero5G basicよりも後であるため、A001SHの次のA002SHはAQUOS zero5G basicである可能性が高いと推測されます。

なお、NTTドコモ向けは多くの製品でハードウェアが別となっているため、現時点では販売されるとも販売されないとも判断できません。販売されるとすれば、NTTドコモ向けは「AQUOS zero5G SH-53A」となりそうで、販売されずにAQUOS sense5Gは取り扱われるなら「AQUOS sense5G SH-53A」となりそうです。

続きを読む

サムスン電子製Androidタブレット「Galaxy Tab A (2019, 8.0)」のWi-Fiモデルが日本で発売へ!SM-T290が技適取得。J:COMから販売か


Androidタブレット「Samsung Galaxy Tab A (2019, 8.0) Wi-Fi SM-T290」が技適取得!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が新たにタブレット「SM-T290」の日本向けの認証(いわゆる「技適」)をTeleficationにて2020年9月4日付で取得していることが明らかとなりました。認証番号は技術基準適合証明/工事設計認証(電波法)が「201-200649 / 00」。

SM-T290はすでに海外では2019年8月より販売されている8インチサイズのAndroidタブレット「Galaxy Tab A (2019, 8.0)」のWi-Fiモデルです。これにより、Galaxy Tab A (2019, 8.0)のWi-Fiモデル(型番:SM-T290)が日本で発売されることになりそうです。

なお、これまでに日本では「Galaxy Tab A」シリーズを唯一昨年11月にジュピターテレコム(以下、J:COM)が「Galaxy Tab A (2019, 10.1)」のWi-Fiモデル(型番:SM-T510)を販売しているため、その流れで行けば、同様にJ:COMから販売される可能性は高そうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。