S-MAX

新色

NTTドコモ、ディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-01J」に新色ホワイトを追加!背面がシリーズ初のドナルド&デイジーとなり、スワロフスキー・クリスタルが輝くオリジナルカバー同梱


docomoが「Disney Mobile on docomo DM-01J」に新色追加!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶や2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージなどを搭載したディズニースマートフォン(スマホ)「Disney Mobile on docomo DM-01J」(シャープ製)に新色ホワイトを追加すると発表しています。

発売時期は2017年7月を予定しており、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格(税込)は既存色と同様で、本体価格58,320円、機種変更なら月々サポートを割り引いた実質負担額で15,552円(648円/月×24回)、新規契約および他社から乗り換え(MNP)では端末購入サポートを割り引いた支配額で15,552円(648円/月×24回)。

新色ホワイトは本体色のほか、背面のシルエットが他のピンクやブルーのミッキー&ミニーではなく、新たにシリーズ初のドナルド&デイジーになったほか、OSがAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)になっています。また既存色でも付属していたスワロフスキー・クリスタルが輝くオリジナルカバー同梱。

続きを読む

Sony Mobile、世界初4K HDRディスプレイ搭載の最新ハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium」に新色ブロンズピンクを発表!6月下旬より発売で、日本での発売時期も同様か


ソニーの新ハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium」に新色ブロンズピンクが早くも追加!

Sony Mobile Communications(以下、Sony Mobile)は24日(現地時間)、今年2月にスペイン・バルセロナにて開催された展示会「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせて発表された最新ハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium」に新色「Bronze Pink」を発表しています。

当初発表したLuminous ChrmeとDeepsea Blackの2色と合わせてグローバル市場で2017年6月下旬より発売するとしています。これまでXperia XZ Premiumは晩春より発売とされていましたが、より具体的な発売時期が明らかにされました。

日本への投入については明らかにされていませんが、恐らく過去の流れからすると各携帯電話会社から販売されると見られ、夏モデルと考えれば日本でも6月下旬以降に発売されると予想されます。

続きを読む

KDDI、au向けVoLTE対応折りたたみ型4G LTEケータイ「GRATINA 4G」に新色シャンパンホワイト・メタルブラックを4月21日に発売!型番がKYF34に変わって、3Gにも対応


au向けガラホ「GRATINA 4G KYF34」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は7日、au向けVoLTE対応折りたたみ型4G LTEケータイ「GRATINA 4G」(京セラ製)に新色「シャンパンホワイト」および「メタルブラック」の2色を追加すると発表しています。発売日は2017年4月21日(金)を予定。

新色ですが、既存のGRATINA 4G(グリーン・ピンク・ホワイト・ブラック)は「GRATINA 4G KYF31」でしたが、新色は「GRATINA 4G KYF34」となっています。そのため、基本仕様は同じですが、新製品といっても良さそうです。

なお、GRATINA 4Gの新色(KYF34)は3G通信(最大受信速度144kbpsおよび最大送信速度64kbps)にも対応しており、設定を変更することで利用できるとのことで、SIMカードも「au Nano IC Card (LTE)」となっており、終了が予定されている「ボイスパーティー」も非対応です。

続きを読む

3倍目立つのは間違いなし!iPhone 7の新色「(PRODUCT)RED Special Edition」を購入したので開封して外観や同梱物を紹介【レビュー】


iPhone 7の新色レッドを購入!パッケージや外観をチェック

Appleから日本時間の3月21日に発表され、3月25日より各社より販売が開始された「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の新色「(PRODUCT)RED Special Edition」。

昨年9月に発表・発売になったiPhone 7・7 Plusの新しいカラーバリエーションのひとつで、赤だけに“3倍速い”を期待したいところですが、基本仕様・スペックには変更はありません。

カラー以外の違いとして、過去に発売されたApple製品の(PRODUCT)RED Special EditionのiPodなどと同様に、売り上げの一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金へ寄付、貢献するといった取り組みも行われているモデルとなっています。

今回は「ドコモオンラインショップ」にて機種変更でiPhone 7(PRODUCT)RED Special Editonの128GBモデルを購入しました。そこで今回は開封レポートとしてパッケージや同梱物、そして注目の赤い外観について紹介したいと思います。

続きを読む

5400円割引クーポンも適用可能!NTTドコモも人気スマホ「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の新色(PRODUCT)REDの価格は既存色と同じーーオンラインストアでは3月25日10時より販売開始


NTTドコモもiPhone 7・7 Plusの価格を案内!

NTTドコモは24日、Apple製の最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」における新色レッド「(PRODUCT)RED Special Edition」の価格をお知らせしています。すでに案内されているauと同様に既存色と同価格となっており、現在配布中の「エスマックス限定割引クーポン」も適用可能です。

発売日はすでに発表されている通りに2017年3月25日(土)で、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では同日10時より販売が開始され、事前予約はありません。

限定割引クーポンは3月31日までの期間限定でドコモオンラインショップにおけるiPhone 7やiPhone 7 Plusなどの新規契約・他社から乗り換え(MNP)のみで利用でき、購入時に本体価格から5,000円(税別時に割り引くため税込時では5,400円OFF)が引かれてお得に購入できます。

枚数も限定ではありますが、まだ多少余裕がありますのでもしドコモオンラインショップで購入しようという場合には是非上記リンクより応募ください。

なお、NTTドコモのiPhoneシリーズでは今年1月からドコモショップなどの店頭では一部店舗で頭金などが設定されてきているため、頭金のないドコモオンラインショップは店頭で特別なキャンペーン・割引などを実施していない限りは安く購入できるようになっています。

続きを読む

Apple、最新スマホ「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」に新色(PRODUCT)REDを3月25日に発売!128GBと256GBモデルのみで、9万504円から


iPhone 7・7 Plusに新色レッドが登場!

Appleは21日(現地時間)、同社の最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」に新色レッドを追加すると発表しています。発売日は2017年3月25日(土)0時1分から(日本時間)。

価格は公式Webストア「Apple Store」ではiPhone 7の128GBが83,800円、256GBが94,800円、iPhone 7 Plusの128GBが96,800円、256GBが104,700円(すべて税別)。また、他の色と同様にNTTドコモやau、ソフトバンクでも取り扱う予定。

今回追加される新色レッドは、世界エイズ・結核・マラリア対策基金へ寄付する「(PRODUCT)RED Special Edition」のラインナップのひとつとして販売され、他の色と同様にアルミ素材で赤色に仕上げられたボディーを採用しています。

(PRODUCT)REDはiPhone 7・7 Plus以外にもiPhone用ケースやiPad、Apple Watchのスポーツバンドもレッドが用意され、すでに同社では10年前に開始した(PRODUCT)REDを通じて1億3000万ドル以上を拠出してきたということです。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパン、SIMフリーフラッグシップスマホ「HUAWEI Mate 9」の新色ブラックを3月10日に発売!既存色と同じ約6万円で事前予約受付中


SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」の新色ブラックが3月10日に発売!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は21日、都内にて「HUAWEI JAPAN 新商品発表」を開催し、日本では昨年12月に発売したSIMフリーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 9」(Huawei Technologies製)に新色シャンパンブラックを追加すると発表しています。

これにより、既存のムーンライトシルバーやシャンパンゴールドと合わせて3色展開となります。発売日は2017年3月10日(金)で、価格はオープンながら希望小売価格は既存色と同じ60,800円(税抜)ですでに事前予約受付を実施中。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパン、デュアルカメラや4GB RAMなどを搭載した人気SIMフリースマホ「honor 8」に新色「ミッドナイトブラック」と「サクラピンク」を発売


人気SIMフリースマホ「honor 8」に新色が追加!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は15日、同社が現在販売中の人気SIMフリースマートフォン(スマホ)「honor 8」(Huawei Technologies製)に新色「ミッドナイトブラック」と「サクラピンク」を追加発売すると発表しています。これにより、既存のサファイアブルーおよびサンライズゴールド、パールホワイトと合わせて5色展開に。

また既存の色と同様に公式Webストア「ファーウェイ オンラインストア」および仮想移動体通信事業者(MVNO)の「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )で販売され、価格も同じ42,800円(税抜)となっています。またすでに本日2月15日より販売受付を開始しており、ファーウェイオンラインストアでは2017年2月24日より順次発送予定となっています。

続きを読む

モトローラのフラッグシップスマホ「Moto Z」に新色ブラックゴールドが1月下旬に追加!事前予約受付中で、Moto Modsと同時購入で割引されるキャンペーンも――近日中にAndroid 7.0へ


モトローラのSIMフリースマホ「Moto Z」に新色が追加!

シネックスインフォテックは12日、モトローラ・モビリティ・ジャパンから販売されているSIMフリーのハイエンドスマートフォン(スマホ)「Moto Z」(Motorola Mobilities製)に新色ブラックゴールドを発売すると発表しています。

発売に先立って2017年1月12日(木)から事前予約受付を実施しており、発売時期は1月下旬を予定。価格はオープンながら市場予想価格は85,800円(税別)。

また、新色発売を記念してMoto Zシリーズに装着できるアクセサリー「Moto Mods」とMoto Zもしくは「Moto Z Play」を同時購入すると割引が受けられる「Moto Modsバンドルキャンペーン」を1月下旬より実施するとのこと。

さらにMoto Zについては購入時にはOSバージョンがAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用していますが、近日中に最新の「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へアップデートする予定だとしています。

続きを読む

プラスワン・マーケティング、SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI 麗」の新色メタルレッドを発売中止に!期待していた色が量産段階で 基準をクリアしなかったため


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」のメタルレッドが発売中止に!

プラスワン・マーケティングは7日、同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」において販売しているスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI 麗」(以下、REI)に追加予定だった新色メタルレッドを発売中止にすると発表しています。

また、同時にすでに紹介した「SAMURAI KIWAMI 極」(以下、KIWAMI)のAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新の再延期で12月下旬に提供予定あることもお知らせしています。

さらに電話かけ放題アプリ「だれでもカケホ」と「FREETEL でんわ」の新料金プラン「10分かけ放題」のスケジュール変更を行うことも案内。これらは2016年11月下旬の開始を予定していましたが、開発に時間を要しているため、発売時期を延期し、新しい開始時期については詳細な日程が決定次第、改めて告知するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。