S-MAX

東北

フラガールも登場!東日本大震災から7年経ち、復興の「支援」から「協創」へのフェーズ移行が強調された「NTTドコモ東北復興・協創の会2018」が開催【レポート】


震災後全国各地を巡ったフラガールも登場!

NTTドコモは8日、2011年3月11日に起きた「東日本大震災」以降に毎年開催し、今年で7回目となる「NTTドコモ東北復興・協創の会2018」を同社東北ビル14階大会議室にて開催しました。

NTTドコモは同震災以降、2011年12月に東北復興新生支援室を立ち上げ、自治体などと連係し、同社のICT技術を利用した街づくりの支援活動を行っており、毎年その報告会を震災が起きた3月11日の前に行っています。当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも昨年の東北復興支援の会2017を紹介しましたが、今年から会の名称が「東北復興・協創の会」に変更になりました。

震災から7年を経過し、震災を振り返り、復興の支援をしていくフェーズから、NTTドコモとともに新しい東北を創り出す「協創」のフェーズに入ったということが強調され、防災対策の話よりも、被災地を舞台にした新しいまちづくりの試みの紹介に時間が割かれ、今後は東北をモデルケースとしたICT技術を生かしたまちづくり事例を全国展開していきたいとのことでした。

また会の後半では、東日本大震災後フラガールの全国キャラバンを展開するなど、震災復興に尽力したスパリゾートハワイアンズの運営会社の方による講演や、フラガールのフラダンスで盛り上がりました。そんなイベントの様子を紹介します。

続きを読む

関東甲信越・東北の鉄道事業者37社・局、優先席付近の携帯電話マナーを10月1日より変更!総務省の指針改正で関西に続いて「混雑時」のみ電源オフに


関東甲信越・東北でも混雑時のみに!画像は新京成電鉄のポスター

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)などの関東甲信越・東北の鉄道事業者37社・局は17日、各社が運行する鉄道車内の優先席付近での携帯電話の利用におけるマナーを2015年10月1日(木)以降見直し、現在の「優先席付近では電源をお切りください」から「優先席付近では、混雑時には電源をお切りください」に変更すると発表しています。

総務省の指針改正を受けてすでに関西では昨年変更していましたが、ようやく関東甲信越および東北でも変更されます。

続きを読む

NTTドコモ、東北限定でiモードケータイから対象スマホへの機種変更時に5千円をキャッシュバックする「ありがとう10年おとりかえキャンペーン」を12月31日まで実施


NTTドコモが東北限定で「ありがとう10年おとりかえキャンペーン」を実施!

NTTドコモは6日、東北地域限定で同社を10年以上利用している人でiモードケータイから対象のスマートフォンへの機種変更時に5,000円をキャッシュバックする「ありがとう10年おとりかえキャンペーン」を実施するとお知らせしています。キャンペーン期間は2013年12月6日(金)から12月31日(火)まで。

さらに、全国で実施しているキャンペーン「はじめてスマホ割」(月々サポートで24か月合計最大 10,080円キャッシュバック)および「ありがとう10年スマホ割」(月々サポートで24か月合計最大10,080円キャッシュバック)と合わせると最大25,160円を還元するとしています。

続きを読む

東北地区のdocomo LTE Xiが100万契約突破!NTTドコモの記念ノベルティープレゼントでオリジナル「うまい棒」をもらってきた【レポート】

umaibo_top
ドコモショップで「うまい棒」をもらおう

NTTドコモの東北支社は5日、FDD-LTE方式によるデータ通信サービス「Xi(クロッシィ)」の東北地区での契約数が2013年11月2日(土)に100万契約を突破したと発表しました。

そして、100万契約突破を記念して11月8日(金)より「docomo LTE Xi 東北100万契約突破記念ノベルティプレゼント」を実施すると発表しました。

今回のプレゼントキャンペーンでは、東北地区のドコモショップに来店すると、オリジナルパッケージデザインの「うまい棒」がもらえるプレゼントと、人気スマートフォン「iPhone 5s」および「iPhone 5c」を含むXi対応機種を東北地区のドコモショップまたはドコモ取扱店で購入すると、「コンパクトモバイルスタンド」または「クリーナー付携帯スタンド」がもらえるプレゼントの2種類が実施されます。

今回、筆者はキャンペーン初日に、うまい棒を仙台市内のドコモショップでもらってきたので、その模様をレポートしたいと思います。

続きを読む

NTTドコモがさらなる東北でのXiエリア拡大に着手!東北6県のXiエリアはここまで広がる

c93c025b.jpg

さらに広がりを見せる東北のXiエリア

NTTドコモの高速通信サービス「Xi」はさらなるエリア拡大に力を入れています。当ブログメディア「エスマックス」では、昨年12月24日東北6県でのXiサービススタートに伴い、昨年冬時点でのXiエリアを紹介しました。

NTTドコモは東北向けのXiエリアパンフレットを改定し、1月末時点でのサービスエリア、4月末までの拡大予定エリア、6月末までの拡大予定エリアを発表しました。この春には各県県庁所在地の他、周辺市町にも広がりを見せることが明らかになりました。

今回はパンフレットのXiエリア地図を見ながら、東北のどのエリアでXiが使えるのかを見てみましょう。東北でXiスマートフォン・タブレットやデータ通信機器をお持ちの方はぜひ参考になさって下さい。なお、地図でのエリアには若干変動があるようです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。