S-MAX

発表会

NTTドコモが「今後の料金戦略に関する発表会」を12月3日14時から開催!YouTubeなどでライブ配信。20GBまで月額3千円などの値下げか


docomoが今後の料金戦略に関する発表会を12月3日に実施!

NTTドコモは2日、報道関係者など向けに「今後の料金戦略に関する発表会」を2020年12月3日(木)14:00から開催すると案内しています。発表会の名称から日本政府や総務省が要請している値下げした新しい料金プランを発表すると見られます。

発表会には12月1日より新たに同社 代表取締役社長に就任した井伊 基之氏などが登壇する予定。また発表会の模様は同社の公式WebサイトやYouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/docomoOfficial )、公式Twitterアカウント( @docomo )、公式Facebookページ( docomo.official )にてライブ配信するということです。

続きを読む

ノートンライフロックが個人情報流出モニタリング・被害時電話サポート対応の「ノートン ID アドバイザー Powered by LifeLock」を11月26日に発売【レポート】


ノートンライフロックが新製品発表会を開催

消費者向けインターネットセキュリティーに特化した製品を提供するノートンライフロック(旧:シマンテック)は19日、都内でプレス向けに「新製品発表会」を開催し、ダークWebも監視対象にした個人情報流出のモニタリングと被害に遭った際にスペシャリストによる電話サポートが受けられる「ノートン ID アドバイザー Powered by LifeLock」と「ダークウェブ モニタリング プラス Powered ノートン LifeLock」を発売すると発表した。

ノートン ID アドバイザー Powered by LifeLockはWindowsおよびmacOS、iOS・iPadOS、Androidに対応し、想定売価が1年版で4,158円(金額はすべて税込)、3年版で9,878円となっており、全国の家電量販店やAmazon.co.jpで11月26日(木)に発売予定となっている。

一方のダークウェブ モニタリング プラス Powered by ノートン LifeLockはiOS・iPadOSとAndroidに対応し、2年1アカウント版のみのラインアップで想定売価が6,776円で、販路は全国のau ショップやauオンラインショップ、KDDIおよび沖縄セルラーの直営店となっており、こちらは11月27日(金)発売予定だ。

パソコン(PC)のWebブラウザーやスマートフォン(スマホ)など向けの専用アプリを使って自身の個人情報が流出していないかをチェックでき、検知された場合はメールとアプリに通知される。万一、個人情報が流出して不正利用の被害に遭った場合は「復旧支援スペシャリスト」がトラブル解決に向けて電話でのサポートをしてくれる。電話サポートは365日、10時から19時の間の対応となる。

個人情報流出をモニタリングする機能では、一般に公開されている「サーフェイスウェブ」だけでなく特殊なWebブラウザーなどが必要な「ダークWeb」も監視対象にしている。本記事では、なぜこうした製品が販売されることになったのかといった開発の背景やサイバー犯罪および個人情報流出の現状など、プレゼンテーションの内容を中心にレポートをする。

続きを読む

巻取り式フレキシブルディスプレイをスライドさせて伸縮できる画面を搭載したコンセプトスマホ「OPPO X 2021」が発表!6.7〜7.4インチに可変


OPPO INNO DAY 2020がオンラインで開催!OPPO X 2021やOPPO AR Glass 2021などが発表

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)は17日(現地時間)、オンラインにて未来への飛躍」のテーマの下で中国・深圳市にて発表会「OPPO INNO DAY 2020」を開催し、伸縮ディスプレイ搭載のコンセプトスマートフォン(スマホ)「OPPO X 2021」やARグラス「OPPO AR Glass 2021」および「OPPO CybeReal ARアプリケーション」を発表しています。

またOPPOではインターネット体験を背景に「テクノロジーをすべての人々へ、優しさを世界へ」と「美徳の革新」をスローガンに掲げて「3+N+X」という技術開発戦略を発表し、発表会に登壇した同社の創設者兼CEOであるTony Chen氏はこの考えを通じて「気高い革新」を追い求め、より優れた製品を生み出すことを決意したと説明しました。

このうちの「3」はOPPOが世界中の利用者に統合されたスマートライフをもたらす基盤となるテクノロジー、つまりハードウェアとソフトウェア、サービスを指し、「N」はセキュリティーとプライバシー、AI、マルチメディア、相互接続性などといったOPPOの重要な機能の数を表すとのこと。

最後にX」は時代の先進を牽引し、類をみないテクノロジーユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させる急速充電技術などの最先端の差別化された同社の技術と戦略的資産を意味しています。同じく発表会に登壇した同社副社長 兼 OPPO研究所長のLevin Liu氏は「個々の技術は重要ですが、それらを統合することはさらに重要です。」と説明しています。

なお、OPPO INNODAYは2年連続で開催され、Tony Chen氏は「OPPOは人の生活に寄り添った革新を通じて人に優しい世界を作りたいと望んでいる」ことを強調し、技術革新と人間味を統合してパーソナライズされた価値を提供していくとし、今後も人と世界が近づき、技術の力で人々を幸せにする未来のためにパートナーなどと協力していくということです。

続きを読む

Appleが発表会「One more thing.」を11月10日10時(日本時間11月11日3時)から開催!ライブ中継も。Appleシリコン搭載Macなどが発表か


アップルが9月・10月に続いて11月も発表会を実施!今度はmacOS 11.0 Big Surの正式版リリースや新型Macか

Appleは2日(現地時間)、同社の公式Webサイトにて発表会「Apple Event」( https://www.apple.com/apple-events/ )を現地時間(PST)の2020年11月10日(火)10:00から開催すると案内しています。日本時間(JST)では11月11日(水)3:00から。

場所はこれまで同様に同社の本社キャンパス「Apple Park」で、インターネットによるライブ配信が行われます。同社では今年は9月と10月に発表会を行っていますが、さらに11月にも発表会を行うことになりました。

テーマは以前なら1つの発表会の最後に行っていた「One more thing.」とのことで、まだリリースされていないパソコン「Mac」向けプラットフォーム「macOS 11.0 Big Sur」や今年6月に案内されたAppleシリコン搭載Macなどが発表されるのではないかと見られています。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパンが11月17日11時からオンラインで新製品発表会を開催!公式YouTubeチャンネルにてライブ中継。軽さと美しさがテーマ


ファーウェイが日本向け新製品発表会を11月17日に開催!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は2日、同社の公式Twitterアカウント( @HUAWEI_Japan_PR )にて2020年11月17日(火)11:00から「ファーウェイ新製品発表会」をオンラインで開催するとお知らせしています。発表会の模様は公式YouTubeチャンネル( https://https://youtu.be/Ybm5PgBAxP4 )にてインターネット経由による配信が行われるとのこと。

発表会は「軽さと美しさ」がフィーチャーされた製品となる模様で、スマートフォン(スマホ)やタブレット、パソコン(PC)などといった製品ジャンルは不明となっています。同社では今年9月に開催した新製品発表会ではスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT2 Pro」と「HUAWEI WATCH FIT」を発表しました。

なお、すでにタブレット「HUAWEI MatePad T 10(型番:AGR-L09)」(認証番号:018-200187)や「HUAWEI MatePad T 10s(型番:AGS3-L09)」(認証番号:018-200186)が日本向けの認証(いわゆる「技適」)を取得しており、これらを投入する可能性はあるかもしれません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。