S-MAX

発表会

TSUTAYAのスマホ「トーンモバイル」がさらなるシニア向けサービスを拡充!10大疾患の予防・回復を「お元気ナビ」と「お薬ナビ」でサポート【レポート】


トーンモバイルは10大疾患と増え続ける医療費問題に取り組む!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルがNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」における「シニア向け新サービス発表会」を11月22日に開催した。

新たにライフログ機能を含むシステムアップデートと、TSUTAYA店頭でトーンモバイルのスマートフォンが借りられる「おためしレンタル」の開始を発表した。ライフログ機能では「お元気ナビ」および「お薬ナビ」、「TONE 福利厚生」が追加された。

同社はこれまでTONEモバイルにおいてシニア向けの健康対策として機能として、東京都健康長寿医療センター研究所䛾医学博士の青柳幸利博士監修の「中之条メソッド」を活用した「ライフログ」を提供しており、このサービスの拡充となる。

今回はこれらのシニア向けの健康管理および新たなトーンモバイルの世界感について紹介していく。

続きを読む

片岡鶴太郎さん、若槻千夏さん、井上尚弥さんがnuroモバイルの「Xperia XZ Premium」を体験!ヨガのポーズやスーパースロー動画体験を写真と動画で紹介【レポート】


ソニー系格安SIMのnuroモバイルが 「Premium回線開通式」を開催!

既報通り、ソニーネットワークコミュニケーションズが11月28日に「nuroモバイル新サービスと対応Xperiaの発表会」を開催し、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「nuroモバイル」( http://mobile.nuro.jp )において4Kディスプレイを搭載したプレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の販売開始および同機種向け「Xperia限定プレミアム帯域オプション」を発表した。

Xperia XZ Premiumはすでに日本でもNTTドコモから今年6月に発売されている約5.5インチ4K(2160×3840ドット)HDR対応IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載するソニーらしさを前面に押し出したハイエンドモデルで、日本国内でこのモデルを取り扱うのはNTTドコモとnuroモバイルのみであり、nuroモバイルが取り扱う台数は13000台限定としている。

今回はXperia XZ Premimuと新サービスについてのレポートに続いて発表後に行われた、片岡鶴太郎さん、若槻千夏さん、井上尚弥さんを招いてのゲストトークセッションを紹介していく。

続きを読む

ファーウェイの最新最上級SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」を写真と動画で紹介!日本市場に合わせた防水対応で、デスクトップPCのように使える機能も【レポート】


AIプロセッサーを搭載する最新プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」を写真と動画でチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が11月28日に「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、AI(人工知能)処理に対応した専用プロセッサーを内蔵するチップセット(SoC)搭載の最新最上位スマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10 Pro」(以下、Mate 10 Pro)の日本市場での発売について発表した。

Mate 10 Proは12月1日よりすでに販売が開始されており、販売価格は同社が運営する公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では96,984円(税込)とSIMフリースマホとしては高額な設定となっている。

また販売拠点はその他にも家電量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所となっており、MVNOによってはSIMカード契約と合わせた独自のキャンペーンなどで割引をしている場合もあるので、新規および乗り換えならお得に購入することも可能だ。

今回は発表会に併設された展示会場にてMate 10 Proを実際にタッチ&トライしてきたので、外観および機能について写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ワイモバイル向け最新スマホ「Android One S4」を写真ど動画で紹介!割れにくい「ハイブリッドシールド」を始めとした高い堅牢性をアピールするエントリーモデル【レポート】


高い堅牢性が特徴の京セラ製「Android One S4」を写真で紹介!

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」を披露する「“ワイモバイル” 新商品・新サービス発表会」を11月30日に開催し、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」における新しい「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One S4」(京セラ製)を発表しました。

主に新興国をターゲットとし、シンプルな端末構成による低コスト化と最大2年間のアップデート保証による信頼性を両立させたAndroid Oneシリーズも今やワイモバイルの中心的ブランドとなってきましたが、今回発表された4機種(Android One X2、同X3、同S3、同S4)は、その流れを強く後押しするラインナップです。

特徴的なのはハイスペック志向のXシリーズとベーシックな性能のSシリーズが2機種ずつラインナップされている点です。今回ご紹介するAndroid One S4はシンプル路線をいく、言わばAndroid Oneブランドの基本路線となる製品です。では、写真と動画を交えつつ、詳細に解説していきたいと思います。

続きを読む

なぞってスクロールの「Exlider」が新しい!NTTドコモの“割れない”がコンセプトのタフネススマホ「arrows NX F-01K」を写真と動画で紹介【レポート】


富士通の割れないスマホ「docomo arrows NX F-01K」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモが10月18日に今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」を発表し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶を搭載したスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-01K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を2017年12月8日(金)に発売します。

arrows NX F-01KはOSにAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)を採用し、チップセット(SoC)にQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 660」、内蔵メモリー(RAM)に4GBなどを搭載したミッドハイクラススマホです。

新たに画面のスクロールや拡大などに利用できる物理センサーボタン「Exlider(エクスライダー)」を採用し、米国国防総省の調達基準であるMIL規格の23項目に準拠するタフネスボディーが特長になっており、割れないスマホとしてプロモーションされています。

すでにドコモショップなどの店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて事前予約受付を実施しており、ドコモオンラインショップでも発売に先立って購入手続きが開始されていて、価格(税込)は紹介しているように本体代が88,128円で、実質負担金が他社から乗り換え(MNP)の場合に26,568円、新規契約および機種変更の場合に38,232円となっています。

今回は少し遅くなりましたが、10月18日に実施された発表会会場にてarrows NX F-01Kの実機に触れることができましたので、写真や動画を交えてファーストインプレッションをお送りいたします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。