S-MAX

開封

アップルの新型完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」を開封レビュー! 従来のAirPodsと比べながらデザインやサイズ感などを解説【レポート】


Appleの新しい完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」を開封レビュー!

Apple(アップル)が完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」シリーズの新製品「AirPods Pro」を10月28日に発表しました。日本でも10月30日に発売され、同社の直営店および公式Webストア(Apple.com内および専用アプリ「Apple Store」)での価格27,800円(以下すべて税別)です。

販路は他にも量販店やECサイト、auなどから販売されます。なお、従来から販売されている「第2世代AirPods」も引き続き併売され、AirPods with Charging Caseが17,800円、AirPods with Wireless Charging Caseが22,800円となっています。

AirPodsシリーズは現在の完全ワイヤレスイヤホン市場を牽引する重要な製品シリーズですが、ついに上位モデルとしてカナル型の機種が登場しました。第2世代AirPodsで採用されたSoC(チップセット)「H1」を引き続き採用しており、高速な接続性と低遅延を実現しています。また新たに耐汗耐水性能に対応しました。

さらにAirPods Proではアクティブノイズキャンセリングに対応している点も従来機との大きな違いです。外部の音を逆位相の音によって「打ち消す」というもので、遮音性の高いカナル型の特徴をさらに引き上げる技術です。また耳元の1アクションでアクティブノイズキャンセリングをオフにする「外部音取り込みモード」にも切り替えられるなど、UIにもこだわっています。

今回筆者もAirPods Proを購入できましたので、第2世代AirPodsなどとの比較とともに開封レビューを行いたいと思います。

続きを読む

史上最重量226gなヘビー級スマホ「iPhone 11 Pro Max」を購入したので開封して外観や同梱物などを紹介!マットガラスは新鮮かつ高質感【レビュー】


iPhone 11 Pro Maxを開封レビュー!前機種「iPhone XS Max」などとも比較

既報通り、最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」(ともにApple製)が9月20日に発売されました。日本ではAppleからSIMフリー版が販売されるのほか、NTTドコモやau、SoftBankといった携帯電話会社からも販売されています。

iPhone 11シリーズは昨年発売された「iPhone XR」および「iPhone XS」、「iPhone XS Max」のそれぞれ後継機種となり、iPhone 11がiPhone XRと同じ6.1インチ液晶、iPhone 11 ProがiPhone XSと同じ5.8有機EL、iPhone 11 Pro MaxがiPhone XS Maxと同じ6.5インチ有機ELとなっています。

主に新開発されたチップセット(SoC)「Apple A13 Bionic」によって性能が向上しているほか、無線LANの新規格である「Wi-Fi 6」や携帯電話ネットワークにおける6波のキャリアアグリゲーション(6CC CA)、UWBによるより高精細な位置情報、3D音響技術「Dolby Atmos」などが導入されました。

またリアカメラがiPhone 11がiPhone XRのシングルカメラからデュアルカメラに、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro MaxがiPhone XSとiPhone XS Maxのデュアルカメラからトリプルカメラへと強化され、新たに各製品ともに超広角撮影やナイトモード、スローフィーなどの新機能に対応しています。

そんなiPhone 11シリーズですが、今回、筆者もiPhone 11 Pro Maxのシルバー(64GB)をSIMフリー版であるAppleの公式オンラインショップ(公式Webサイト「Apple.com」内および専用iOSアプリ「Apple Store」)にて購入して開封していましたので、ちょっと遅くなりましたが、外観や同梱品を紹介し、さらに既存のiPhone XS Maxなどと比較したいと思います。

続きを読む

iPhone 11を開封レビュー!2019年の「新スタンダード」を徹底チェック。グリーンを含む豊富なカラバリやデュアルカメラで高い満足感に【レポート】


2019年のスタンダードモデル「iPhone 11」を購入!“HATSUNE MIKU”を思い出す鮮やかなグリーン

既報通り、Appleのスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズにおける“2019年モデル”となる「iPhone 11」シリーズが9月20日に発売されました。例年通り、日本ではNTTドコモやau、SoftBankといった大手携帯電話会社のほか、SIMフリー版がAppleから販売されています。

今年のiPhone 11シリーズはラインナップがスタンダードモデル「iPhone 11」を中心に、上位モデルとしてシリーズ初となる3眼カメラを背面に搭載した「iPhone 11 Pro」、その大画面モデル「iPhone 11 Pro Max」の3機種となっています。なお、iPhone 11は背面に2眼カメラを搭載します。

今回、筆者はスタンダードモデルとなるiPhone 11のグリーン(128GB)を購入しましたのでさっそく開封して外観や同梱物を紹介したいと思います。なお、すでにiPhone 11 Proについての開封レポートを公開していますので、そちらと併せて比較しながら見て頂くと今後購入を予定している読者には参考になるかと思います。

続きを読む

iPhone 11 Proを開封レビュー!背面の3眼カメラ周りやマットガラスの質感など、外観の気になる部分をiPhone XSと比較しつつ徹底チェック【レポート】


iPhone 11 ProをiPhone XSと比較しながら開封レビュー!

既報通り、Apple(アップル)の新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」シリーズが9月20日に発売されました。同シリーズは最新の「iOS 13」を搭載し、昨年と同様に6.1インチ液晶の「iPhone 11」と5.8インチ有機ELの「iPhone 11 Pro」、6.5インチ有機ELの「iPhone 11 Pro Max」という3モデルがラインナップされています。

日本国内ではアップルの直営店舗「Apple Store」および公式オンラインショップ(公式Webサイト「Apple.com」内および専用iOSアプリ「Apple Store」)のほか、NTTドコモやau、SoftBankといった移動体通信事業者(MNO)の各社にてそれぞれ販売されています。

今回、筆者もiPhone 11 Proの256GBストレージ・ゴールドモデルを購入し、さっそく開封しましたので、2018年モデルで同じ5.8インチサイズの「iPhone XS」と外観の違いを比較しながらiPhone 11 Proの特徴をご紹介したいと思います。

続きを読む

圧倒的ハイスペックを誇るSIMフリーのゲーミングスマホ「Black Shark 2」を入手!プリインストールアプリや同梱品、オプションアイテムを紹介【レビュー】


Snapdragon 855や12GB RAMなどを搭載した超高性能なゲーミングスマホ「Black Shark 2」をレビュー!

既報通り、TAKUMI JAPANがSnapdragon 855や12GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載した超高性能なゲーミングスマートフォン(スマホ)「Black Shark 2」(Black Shark Technologies製)を6月7日に発売しました。価格はオープンながらメーカー希望小売価格が税別99,880円(税込107,870円)。

本機は本格的にゲームアプリをプレイできるように非常に高いパフォーマンスに加え、より快適にゲームを遊ぶための各種チューニングがなされた“ゲームの極致をめざしたスマホ”と言える1台で、とにかく“尖った”製品が大好物な筆者も「ゲームアプリを遊ぶための突出した高性能さを持ったスマホ」という個性に惚れこんでさっそく入手しました。

そこで今回より数回に分けてBlack Shark 2の魅力や特徴などを紹介していこうと思います。まずは初回ということでプリインストールアプリや内蔵機能のほか、本機の外観や同梱品、ゲームプレイ体験をさらに飛躍させる専用の周辺機器などをまとめて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。