S-MAX

開封

Googleスマホ「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」をひと足早く開封して同梱物や外観を写真で紹介!SIMフリー版は公式Webストアで4万8600円と6万円で予約販売中【レビュー】


グーグルの高コスパスマホ「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」の外観などをチェック!

既報通り、Googleが開発者向けイベント「Google I/O 2019」の基調講演にてより価格を抑えた新しいスマートフォン(スマホ)「Pixel 3a」および「Pixel 3a XL」を発表しました。

基調講演ではイベントが開催されたアメリカを含む1次販売国・地域も明らかにされ、その中には日本も含まれており、実際に直後より公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com )の日本向けでも予約販売が開始され、最も早いお届け日は5月16日となっていました。

同社では昨年11月に日本でははじめての「Pixel」シリーズのスマホ「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」を発売しましたが、日本だけでなくグローバル市場で販売台数が振るわず、その最大の原因は10万円前後と高い価格にあるとし、価格を抑えた廉価版としてPixel 3aとPixel 3a XLを投入するに至りました。

肝心の価格は基調講演では“Pixel 3の半額”とアピールされていたように日本でもほぼ半額のPixel 3aが48,600円(金額はすべて税込)、Pixel 3a XLが60,000円となっており、SIMフリースマホとしては3万円台が最も販売台数が多いボリュームゾーンとなっているため、ちょっと上乗せしても良いかなと思わせます。

比較が難しいですが、SIMフリー版ではAppleの「iPhone 7」が54,864円、「iPhone 7 Plus」が69,984円(ともに32GB内蔵ストレージモデル)なので価格的には十分に対抗しうる値段ではないでしょうか。また、Pixel 3aおよびPixel 3a XLは日本の携帯電話会社も販売することが案内されており、すでにSoftBankは5月17日に発売すると発表しています。

SoftBankにおける価格はPixel 3aが57,120円、Pixel 3a XLが67,680円となっており、48回払いならPixel 3aが1,190円/月×48回、Pixel 3a XLが1,410/月×48回となり、半額サポートで25ヵ月目に機種変更する場合は残りの24回分の割賦が免除されるため、Pixel 3aが実質28,560円、Pixel 3a XLが実質67,680円となります。

今回はそんなPixel 3シリーズとほぼ同様のAIカメラや最新のAndroidなどを使えるほか、日本向け製品ではおサイフケータイ(FeliCa)にも対応しているなど、手頃な価格帯でしっかりと使えるミッドレンジスマホであるPixel 3aとPixel 3a XLをグーグル(以下、Google Japan)よりお借りできたので、まずは開封して同梱物や外観を写真で紹介したいと思います。

続きを読む

クラウドファンディングから生まれた国内メーカーのシンプルケータイ「un.mode phone01」を入手!まずは開封して外観や基本機能をチェック【レビュー】


一般向けももうすぐ発売!噂のケータイ「un.mode phone 01」をレビュー

テラはSIMフリーのストレート型フィーチャーフォン(従来型携帯電話、以下「ケータイ)「un.mode phone 01」を大手量販店やECサイトなどで2019年4月下旬以降順次、販売開始することを発表しました。

un.mode phone 01は「un.mode」(流行りではない)をコンセプトに振興ながら“日本メーカーが本気で作る”を掲げ、通話とSMSだけに特化したビジネスにもプライベートにも使いやすいシンプルなケータイをめざして開発されたSIMフリーな「シンプルフォン」です。

当初はクラウドファンディングサービス「Makuake」にてプロジェクトが発表され、支援受付開始から注目を集め、目標金額を大きく上回る支援を受けて資金調達を成功させ、開発が進められていました。

そして先日、一般向けの発売に先行してクラウドファウンディング支援者に一足早くun.mode phone 01が発送が開始され、筆者の元にも到着したのでさっそく外観や基本機能などを写真を交えてお送りしたいと思います。なお、一般販売は公式Webストアのほか、Amazon.co.jpやヨドバシカメラ、ビックカメラにて販売され、価格は7,480円(税別)です。

続きを読む

2万円台の高コスパなSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 3」を写真と動画で紹介!水滴型ノッチの縦長フルビューディスプレイやAIデュアルカメラ、DSDV、指紋・顔認証など【レビュー】


ファーウェイの新しい高コスパスマホ「HUAWEI nova lite 3」をレビュー!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が低価格なエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 3(型番:POT-LX2J)」(Huawei Technologies製)を2月1日に発売しました。価格はオープンながら希望小売価格が税抜26,880円(税込29,030円)。

販売拠点は仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社からとなっており、すでに多くのMVNOでは取り扱いおよび価格が案内されており、例えば、OCN モバイル ONEではキャンペーンながら音声SIMとのセットで実質税抜3,800円(税込4,104円)で販売されています。

今回はそんなHUAWEI nova lite 3のオーロラブルーについて外観や同梱品、基本機能、ベンチマークなどを写真やスクリーンショット、動画などを交えて紹介していきたいと思います。

なお、ファーウェイ・ジャパンでは購入者限定特典として「エレメンタルナイツ」をダウンロードすると1,500円相当のギフトコード、「Cut the Rope」をダウンロードすると初回起動後から1日は全ステージが無料で遊べる権利などプレゼントしています。

続きを読む

UQ専売なSIMフリースマホ「OPPO R17 Neo」を購入したので外観や同梱品、プリインアプリ、ベンチマーク、カメラなどをまとめて紹介【レビュー】


画面内指紋認証や水滴型ノッチ採用の大画面など!UQモバイル向けスマホ「OPPO R17 Neo」をレビュー

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄がau回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けのAndroidスマートフォン「OPPO R17 Neo(型番:CPH1893)」(オッポジャパン製)の販売を11月22日に開始しました。

本機は購入時にSIMロックがかかっていないSIMフリー製品ながら日本ではUQ mobileのみが取り扱う専売モデルとなっており、日本初の画面内指紋認証に対応するほか、4万円を切る本体価格でありながら他社が販売している同価格帯のミッドレンジクラススマホを大きく上回る数々のアドバンテージや機能を備える1台となっています。

筆者に後述する“見逃せない理由”から注目していたのですが、今回、かなり良い案件があったので購入しました。そこでこれからOPPO R17 Neoについて外観や同梱品、プリインストールアプリ、使ってみて気が付いたポイントなどを紹介していこうと思います。

続きを読む

画面内指紋認証の使い勝手は?オッポから発売されるSIMフリーの最新フラッグシップスマホ「OPPO R17 Pro」を一足早く開封して同梱物や外観を紹介【レビュー】


オッポのハイスペックSIMフリースマホ「OPPO R17 Pro」を開封!

既報通り、オッポジャパンは11月26日に、日本市場向けのSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R17 Pro(型番:CPH1877)」および「OPPO AX7(型番:CPH1901)」(いずれもOPPO Mobile Telecommunications製)を12月中旬以降に発売すると発表した。

このうちのOPPO R17 Proは発売時の市場想定価格が税抜69,880円(税込75,470円)になる予定。販路はビックカメラグループおよびノジマ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jp、IIJmio、楽天モバイルといった量販店およびECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)での取り扱いとなる。

すでにAmazon.co.jpや楽天モバイルなどでは予約受付を開始している。なお、楽天モバイルではオンラインおよび一部店舗でのみ取り扱う予定で、オンラインにおける機種変更時には価格が62,892円(税抜き)となっている。また一部の量販店では現時点で12月21日の販売開始と案内している。

今回はそんなOPPO R17 Proの評価機をオッポジャパンより借りることができたので、まずは開封して外観や同梱品をチェックしつつ、基本機能の指紋認証や顔認証の設定を中心にレビューする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。