S-MAX

開封

NTTドコモ向けシャープ製10.1インチAndroidタブレット「dtab d-41A」を購入!外観や基本機能などを紹介!約2年半ぶりの新モデル【レビュー】


docomoとしては久しぶりの10.1インチタブレットの新機種!シャープ製「dtab d-41A」をじっくりチェック

既報通り、NTTドコモが自社ブランドのタブレットである「dtab」シリーズの新製品「dtab d-41A」(シャープ製)を8月28日に発売しました。価格は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では49,896円(1,386円/月×36回)で、スマホおかえしプログラムは対象外。

dtabシリーズとしては2018年8月に発売された「dtab compact d-02K」以来の10.1インチサイズで、より小型な製品を含めたdtabシリーズ全体としても2018年2月に発売された「dtab d-01K」以来と、約2年半ぶりの新製品となり、より新しいAndroid 10などの仕様となって登場しました。

また大きなポイントとしてこれまでのdtabシリーズはHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)が開発を担当してきましたが、本機はdtabシリーズでは初めてとなるシャープが開発を担当し、それに伴うチップセット(SoC)系統の変更などが気になるところです。一方、NTTドコモ向けのシャープ製タブレットとしては2015年7月に発売された「AQUOS PAD SH-05G」以来の実に4年ぶりとなります。

もちろん、dtab d-41Aはシャープオリジナルの「AQUOS PAD」シリーズではなく、前述通りにNTTドコモの自社ブランドであるdtabシリーズとなるため、開発メーカー、つまり、シャープの特色はかなり抑えられている(はず)でしょうが、この辺りも注目したいところだと思っています。

というわけで、今回、そんなdtab d-41Aを筆者も購入しましたので、前後編にわたってレビューをお送りします。まずは前編の本記事ではdtab d-41Aの外観や、基本機能、プリインストールアプリなどを紹介していきたいと思います。

続きを読む

Googleの新スマホ「Pixel 4a」をファーストインプレッション!外観や同梱品、基本機能、ベンチマークなどを紹介【レビュー】


コスパの良いスタンダードスマホ「Google Pixel 4a」を紹介!外観や同梱品など

既報通り、Googleが価格を抑えた新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「Pixel 4a」を発表しました。日本では公式Webショップ「Google ストア」および携帯電話サービス「SoftBank」から日本向けにおサイフケータイに対応した「Pixel 4a(型番:G025M)」が2020年8月20日(木)に発売されます。

また予約受付をGoogle ストアおよびソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などにて8月14日(金)より開始します。価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアでは42,900円、ソフトバンクオンラインショップでは49,680円で、SoftBankではトクするサポート+も適用可能です。

そこで、本記事ではPixel 4aをグーグル(以下、Google Japan)にお借りできたので、実際に使ってみて外観や同梱品、基本機能、ベンチマークなどのファーストインプレッションを写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

2万円台とは思えない性能を備えた高コスパ!シャオミのSIMフリースマホ「Redmi Note 9S」の外観や基本機能などを紹介【レビュー】


Xiaomiの低価格かつ高性能なSIMフリースマホ「Redmi Note 9S」をチェック!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)が日本市場向け第2弾製品として新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「Redmi Note 9S」(Xiaomi Communications製)を6月9日に発売しました。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格ではRedmi Note 9Sの4GB内蔵メモリー(RAM)+64GB内蔵ストレージが24,800円、6GB RAM+128GB内蔵ストレージが29,800円となっています。

また販路もこれまでのAmazon.co.jpに加えて量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社に広がり、MVNOでは4GB RAM+64GB内蔵ストレージをIIJmioおよびgooSimseller、LINEモバイルが取り扱っています。

なお、販路によってどちらかのモデルのみが販売されており、4GB RAM+64GB内蔵ストレージは上記のMVNOの他にAmazon.co.jpおよびひかりTVショッピング、6GB RAM+128GB内蔵ストレージはビックカメラグループやヨドバシカメラ、ヤマダ電機、エディオン、上新電機、ケーズデンキ、ノジマとなっています。

今回は発売から少し時間が経ちましたが、シャオミからRedmi Note 9Sの6GB RAM+128GB内蔵ストレージモデルをお借りしましたので、まずは外観や同梱品、基本機能などを中心にファーストインプレッションをお届けします。

続きを読む

約4万円で5G対応のSIMフリースマホ「HUAWEI P40 lite 5G」を購入!外観や基本機能などをファーストインプレッション【レビュー】


低価格なSIMフリーの5Gスマホ「HUAWEI P40 lite 5G」を購入しったので紹介!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が5Gに対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P40 lite 5G(型番:CDY-NX9A)」(Huawei Technologies製)を6月19日に発売しました。価格はオープンながら希望小売価格が税抜39,800円(税込43,780円)。

販売拠点はファーウェイ 楽天市場店やファーウェイ PayPayモール店のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)となっており、量販店ではエディオンやケーズホールディングス、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ECサイトではAmazon.co.jpやe-TREND、ムラウチドットコム、MVNOでは「IIJmio」や「イオンモバイル」、「エキサイトモバイル」。

Amazon.co.jpでは予約時から3,980円OFFの39,800円のさらに398ポイント還元の実質39,402円、Y!mobileのSIMカード(携帯電話契約)とセットで28,800円で販売しているほか、ヨドバシカメラなどの量販店でも10%(4,378ポイント)還元で実質39,402円とともに4万円を切っています。

すでに同時に発表された「HUAWEI P40 Pro 5G」や「HUAWEI P40 lite E」についてはファーウェイ・ジャパンにお借りした製品でファーストインプレッションをお届けしましたが、HUAWEI P40 lite 5Gは実際に購入してみましたので何回かに分けてレビューを行いたいと思います。まずは開封して外観や基本機能を紹介します。

続きを読む

アップルの4.7インチスマホ「iPhone SE(第2世代)」をファーストインプレッション!購入したので開封して外観や同梱品を紹介【レビュー】


iPhone SE(第2世代)を写真でチェック!帰ってきたホームボタン&Touch ID

既報通り、Appleから新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone SE(第2世代)」が4月24日に発売されました。日本でもまずは同社の公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)のほか、ヨドバシカメラやビックカメラなどの量販店でSIMフリー版が販売されています。

またNTTドコモやau、SoftBankといった移動体通信事業者(MNO)の各者からも5月11日に発売予定で、現在、事前予約受付を実施中です。なお、価格(金額はすべて税込)はSIMフリー版の64GBで49,280円、128GBで54,780円、256GBで66,880円となっており、その他のMNOでは以前に掲載した記事をご覧ください。

iPhone SE(第2世代)は名称こそ2016年3月に発売された「iPhone SE」を継承していますが、iPhone SEが「iPhone 5s」までの4インチサイズだったのに対し、iPhone SE(第2世代)は「iPhone 6」からの4.7インチサイズとなっており、実質的には「iPhone 8」の後継機となります。

一方でiPhone SEと同様に“Special Edition”を受け継いだことで、現在のメイン路線である「iPhone X」から続く全画面デザインとは別の特別なモデルであることが示されています。今回はそんなiPhone SE(第2世代)について発売から少し遅れましたが、筆者も購入しましたので開封して外観などを写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。