S-MAX

開封

iPhone 11を開封レビュー!2019年の「新スタンダード」を徹底チェック。グリーンを含む豊富なカラバリやデュアルカメラで高い満足感に【レポート】


2019年のスタンダードモデル「iPhone 11」を購入!“HATSUNE MIKU”を思い出す鮮やかなグリーン

既報通り、Appleのスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズにおける“2019年モデル”となる「iPhone 11」シリーズが9月20日に発売されました。例年通り、日本ではNTTドコモやau、SoftBankといった大手携帯電話会社のほか、SIMフリー版がAppleから販売されています。

今年のiPhone 11シリーズはラインナップがスタンダードモデル「iPhone 11」を中心に、上位モデルとしてシリーズ初となる3眼カメラを背面に搭載した「iPhone 11 Pro」、その大画面モデル「iPhone 11 Pro Max」の3機種となっています。なお、iPhone 11は背面に2眼カメラを搭載します。

今回、筆者はスタンダードモデルとなるiPhone 11のグリーン(128GB)を購入しましたのでさっそく開封して外観や同梱物を紹介したいと思います。なお、すでにiPhone 11 Proについての開封レポートを公開していますので、そちらと併せて比較しながら見て頂くと今後購入を予定している読者には参考になるかと思います。

続きを読む

iPhone 11 Proを開封レビュー!背面の3眼カメラ周りやマットガラスの質感など、外観の気になる部分をiPhone XSと比較しつつ徹底チェック【レポート】


iPhone 11 ProをiPhone XSと比較しながら開封レビュー!

既報通り、Apple(アップル)の新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」シリーズが9月20日に発売されました。同シリーズは最新の「iOS 13」を搭載し、昨年と同様に6.1インチ液晶の「iPhone 11」と5.8インチ有機ELの「iPhone 11 Pro」、6.5インチ有機ELの「iPhone 11 Pro Max」という3モデルがラインナップされています。

日本国内ではアップルの直営店舗「Apple Store」および公式オンラインショップ(公式Webサイト「Apple.com」内および専用iOSアプリ「Apple Store」)のほか、NTTドコモやau、SoftBankといった移動体通信事業者(MNO)の各社にてそれぞれ販売されています。

今回、筆者もiPhone 11 Proの256GBストレージ・ゴールドモデルを購入し、さっそく開封しましたので、2018年モデルで同じ5.8インチサイズの「iPhone XS」と外観の違いを比較しながらiPhone 11 Proの特徴をご紹介したいと思います。

続きを読む

圧倒的ハイスペックを誇るSIMフリーのゲーミングスマホ「Black Shark 2」を入手!プリインストールアプリや同梱品、オプションアイテムを紹介【レビュー】


Snapdragon 855や12GB RAMなどを搭載した超高性能なゲーミングスマホ「Black Shark 2」をレビュー!

既報通り、TAKUMI JAPANがSnapdragon 855や12GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載した超高性能なゲーミングスマートフォン(スマホ)「Black Shark 2」(Black Shark Technologies製)を6月7日に発売しました。価格はオープンながらメーカー希望小売価格が税別99,880円(税込107,870円)。

本機は本格的にゲームアプリをプレイできるように非常に高いパフォーマンスに加え、より快適にゲームを遊ぶための各種チューニングがなされた“ゲームの極致をめざしたスマホ”と言える1台で、とにかく“尖った”製品が大好物な筆者も「ゲームアプリを遊ぶための突出した高性能さを持ったスマホ」という個性に惚れこんでさっそく入手しました。

そこで今回より数回に分けてBlack Shark 2の魅力や特徴などを紹介していこうと思います。まずは初回ということでプリインストールアプリや内蔵機能のほか、本機の外観や同梱品、ゲームプレイ体験をさらに飛躍させる専用の周辺機器などをまとめて紹介します。

続きを読む

ソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia 1」を購入したので開封して外観や同梱物を紹介!超縦長画面など、物欲を刺激するワクワクする製品に【レビュー】


ゼロから始めるスマートフォン

日本でもNTTドコモおよびau、SoftBankから6月14日に発売されたソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。

ここ数年ですっかり定着した縦長画面をさらに伸ばした「シネマワイドディスプレイ」や後塵を拝していたカメラ機能でもトリプルカメラを搭載するなど、他社の製品と比べても魅力のある製品に仕上がっています。

そんなXperia 1ですが、筆者もNTTドコモ版となる「Xperia 1 SO-03L」を入手したので、今回は開封から同梱品のチェックまでの様子を感想を添えてお届けします。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10 SC-03L」を購入したので開封して外観や同梱品を紹介!さっそく予約キャンペーン応募やSIMロック解除などを実施【レビュー】


docomoで新高性能スマホ「Galaxy S10」を買ったのでファーストインプレッション!

サムスン電子の最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10」および「Galaxy S10+」が日本では「2019年夏モデル」としてauから5月23日にNTTドコモから6月1日にそれぞれ発売されました。

ドコモショップやauショップ、量販店などの各取扱店および公式Webストア「au Online Shop」や「ドコモオンラインショップ」にて販売されており、価格(すべて税込)はauの「Galaxy S10 SCV41」が102,000円、「Galaxy S10+ SCV42」が114,960円、NTTドコモの「Galaxy S10 SC-02L」が89,424円、「Galaxy S10+ SC-03L」が101,088円です。

またauでは「アップグレードプログラムEX」に加入すれば48回払いのうちの最大24回分の割賦金、NTTドコモでは「スマホおかえしプログラム」に加入すれば36回払いのうちの最大12回分の割賦金が購入した端末を返却すると免除され、それぞれ実質負担額としてGalaxy S10 SCV41が51,000円から、Galaxy S10+ SCV42が57,480円から、Galaxy S10 SC-03Lが59,616円から、Galaxy S10+ SC-04Lが67,392円からとなります。

なお、スマホおかえしプログラムは無料ですが、アップグレードプログラムEXは月額390円(非課税)がかかります。今回はすでに紹介したようにドコモオンラインショップでGalaxy S10 SC-03Lを購入し、実際に商品が届いたので開封して同梱品や外観を紹介しつつ、初期設定や「事前予約キャンペーン」へ応募したり、SIMロック解除などをした模様をファーストインプレッションとともに紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。