S-MAX

開封

4GB RAMや指紋センサー搭載で約3万円とコスパ高の本命SIMフリースマホ「ZenFone 3 Laser ZC551KL」を購入!開封して同梱物や外観を写真で紹介【レポート】


SIMフリースマホ「ZenFone 3 Laser ZC551KL」の外観や同梱物を開封レビュー!

SIMフリーのスマートフォン(スマホ)では人気のASUSTeK Computer(以下、エイスース)の「ZenFone」シリーズの最新モデル「ZenFone 3 Laser(型番:ZC551KL)」が2016年11月26日(土)に販売開始されました。

昨年人気となった「ZenFone 2 Laser(型番:ZE500KL)」と同じ"Laser"モデルということで、低価格ながら約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶や4GB内蔵メモリー(RAM)、指紋センサーなどを搭載し、強化ガラス「Gorilla Glass 3」とメタルボディーによる質感の良いコストパフォーマンス(コスパ)の高い製品ということで、ZenFone 3やZenFone 3 Deluxeでは高い印象を持たれてしまったエイスースの本命機種と言っても過言ではないでしょう。

価格はメーカー希望小売価格が27,800円(税別)で、ASUS JAPANの公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」ではその価格で販売されているほか、家電量販店や他のWebストアではほぼ同額となっていますが、すでに紹介したように「NTTコムストア by goo SimSeller」では発売記念で3,000円OFFの24,800円(税別)で台数限定販売しています。一方、仮想移動体通信事業者(MVNO)でも取り扱われており、例えば、au回線のMVNOである「UQ mobile」ではSIMカード(携帯電話回線契約)とセットで本体価格19,800円(税別)ととなっています。

今回はそんなZenFone 3 Laser ZC551KLを購入したので、まずは開封して同梱物や外観を写真を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

NTTドコモ向け最新エクスペリアスマホ「Xperia XZ SO-01J」を購入!開封して付属品や本体デザインなどをチェック――Xperia Z5とも比較【レビュー】


ゼロから始めるスマートフォン

ソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ」が日本では11月2日にNTTドコモおよびau、SoftBankといった大手携帯電話会社(以下、キャリア)から一斉に発売されました。

これまでは年に2回のペースでフラッグシップモデルが発売されてきた「Xperia」シリーズですが、キャリアの販売方針やソニーのモバイル市場への戦略などによって今夏は新しい「Xperia X」シリーズの上位モデルとして5インチサイズの「Xperia X Performance」が投入されました。

そのため、昨冬モデル「Xperia Z5」の真の後継機種は今回の同じ5.2インチサイズのXperia XZと言えるでしょう。今回、そんなXperia XZのNTTドコモ向け「Xperia XZ SO-01J」を購入したので開封して外観や付属品、さらにXperia Z5 SO-01Hと比較していきたいと思います。

続きを読む

SIMフリースマホ「alcatel IDOL 4」を一足早く開封して外観などをじっくりチェック!注目の箱がそのままVRゴーグルになる仕組みも紹介【レビュー】


世界初のVR標準搭載スマホ「Alcatel IDOL4」を紹介!

TCLコミュニケーションから日本でも発売されることが発表されたフランス発の「Alcatel」ブランドのSIMフリースマートフォン(スマホ)「IDOL4」。発売は11月下旬の予定で、価格はオープンながらメーカー希望小売価格が34,800円(税別)。

購入したときに入っている箱がVR(仮想現実)用のゴーグルになるというユニークなアイデアでによって世界初のVR標準搭載とも言えるこのIDOL 4を一足早くTCLコミュニケーションよりお借りすることができました。

そこで、今回から数回に分けてレビューしていきたいと思います。まずは注目のVRゴーグルになる箱を含めて開封して付属品や外観などをじっくし紹介します。すでに発表会時に公開したIDOL 4の写真および動画によるレポート記事も合わせてご参照ください。

なお、貸出機はまだ発売準備中のもので、確認できた点として付属品に欠品がある状態です。そのため、実際に日本で販売される製品版とは多少の異なる場合もあるとのことですのでご了承ください。

続きを読む

アップルの新スマホ「iPhone 7 Plus」のSIMフリー版を購入したので開封してみた!話題の"総務省指定"刻印は気になる!?【レビュー】


iPhone 7 Plusのシルバー(32GBモデル)のSIMフリー版を購入!

Appleの新しいインチスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」がNTTドコモやau by KDDI、SoftBankといった携帯電話会社のほか、Apple直営ショップ「Apple Store」や直営Webストア「Apple Online Store」にて9月16日に発売されました。

価格(すべて税込)はすでにまとめて紹介していますが、Apple Storeなどで販売されているSIMフリー版ではiPhone 7で78,624円から、iPhone 7 Plusで92,664円から(ともに32GBモデル)、補償サービス「Apple Care+ for iPhone」を付けるならプラス15,984円となっています。

iPhone 7シリーズは昨年のiPhone 6sシリーズや一昨年のiPhone 6シリーズと同様に4.7インチと5.5インチの2つのモデルがあり、それぞれ外観やサイズはほぼ同じで、メジャーなモデルチェンジというよりもマイナーなバージョンアップになっています。

とはいえ、その変更点は防水・防塵やステレオスピーカー、そして、日本向けモデルではFeliCaによる決済サービス「Apple Pay」(いわゆる「おサイフケータイ」のApple版)への対応と、従来のiPhoneシリーズが他のAndroidなどと比べてなかった部分を補完する嬉しい内容に。

また、カラーバリエーションもシルバーおよびゴールド、ローズゴールドの3色は変わらないものの、定番だったスペースグレイが新たにブラックとジェットブラックという2つの黒系を加え、合計5色展開となりました。続きを読む

アップルの新スマホ「iPhone 7」を購入したので即開封!外観や同梱品を写真で紹介ーー注目は本体より付属品のヘッドホン!?【レビュー】

注目スマホ「iPhone 7」のパッケージ内容を紹介

スマートフォン(スマホ)の新製品「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」(アップル製)。日本でも2016年9月9日に予約が開始され、ついに本日9月16日に販売が開始されました。

筆者もiPhone 7(32GB・ブラック)をソフトバンクから発売日に入手できたので、さっそくパッケージの内容や製品外観などを紹介していきます。

続きを読む

日本での発売にも期待!Samsungのペン入力に対応した5.7インチスマホ「Galaxy Note7 SM-N930FD」の外観や同梱品を写真で紹介【レビュー】


新しいペン入力対応大型スマホ「Galaxy Note7」の外観や同梱品をレビュー!

サムスン電子が今月2日に新たに発表したペン入力に対応した約5.7インチWQHD(1440×2560ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ搭載の大型スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note7」。発表通り、アメリカや台湾などにて8月19日より販売されており、アメリカでの価格は849.99ドル(約86,000円)となっている。

これまでの「Galaxy Note」シリーズと同様にワコムと技術協力して開発しているSペンによるペン入力に対応し、新たに防水・防塵(IP68準拠)に対応したことで、水に濡れた状態だけでなく水中でもペン入力が可能だという。また、セキュリティーも強化され、指紋認証に加えて虹彩認証にも対応し、USB Type-Cなどの最新仕様や最高性能に対応している。

日本での発売は明らかにされていないものの、すでに日本語ページが用意されていることからなんらかの形での投入が期待されているが、今回は一足先に海外版にて外観や同梱品を写真で紹介したいと思う。

続きを読む

日本初のデュアルSIMデュアルスタンバイ対応!モトローラの指紋センサー搭載SIMフリースマホ「Moto G4 Plus」を購入したので外観や同梱品を紹介【レビュー】


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」をレビュー!

モトローラ・モビリティ・ジャパンから7月22日に発売されたSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「Moto G4 Plus(型番:XT1642)」(Motorola Mobility製)。日本初のデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)に対応した機種ということで人気となり、発売当初は在庫がまったくない状態でした。筆者も発売前に「Amazon.co.jp」にて事前予約をしていたものの、予約時期が遅かったのもあって届いたのは8月に入ってからでした。

その後もNTTレゾナントが公式Webストア「SIMフリースマホ Moto G4 Plus + 選べるOCNモバイルONEセット 【送料無料】goo SimSeller」で販売開始するなど、販売拠点は増えているものの、goo SimSellerでも現時点ではホワイトは在庫切れとなっており、Amazon.co.jpでもブラックが1〜3週間以内、ホワイトが3〜5週間以内に配送と在庫薄となっているようです。

また、価格.comの「スマートフォン 人気ランキング」でもXperia X Performanceやarrows M03、HUAWEI P9 liteなどを抑えて1位になっており、購入後の満足度などの評価が高い製品となっています。

今回は少し紹介が遅くなりましたが、そんなMoto G4 Plusを購入したので何回かに分けてレビューしていきたいと思います。まず最初は開封して外観や同梱品を写真で紹介していきます。

続きを読む

待望のWindows 10 Mobileハイエンド!SIMフリースマホ「Acer Liquid Jade Primo JPS58」の発売に先駆けて同梱品や外観を写真で紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
もうすぐ発売のWindows 10 Mobileスマホ「Acer Liquid Jade Primo」を発売に先駆けて開封!

いよいよ日本でも8月25日に発売されることが発表されたOSにWindows 10 Mobileを採用したハイエンドモデルスマートフォン(スマホ)「Liquid Jade Primo(型番:JPS58)」(Acer製)。

CPUにQualcomm製CPU「Snapdragon 808 MSM8992」(2.0GHz×2コア+1.4GHz×4コアのヘキサコア)を搭載し、約2,100万画素のアウトカメラに有線接続によるContinuum(HDMI接続のみ)対応など、かなりの高スペックマシンで、心待ちにしていたユーザーも少なくないのではないでしょうか。

今回は発売日前ではありますが、日本エイサーのご厚意で、貸出機をお借りすることができましたので、開封レポートとして本体の同梱品などをチェックしていきたいと思います。

続きを読む

3万円台で買える液晶ペンタブレット「Parblo Coast10」を購入!まずは同梱物や外観を確認し、PCとの接続までを紹介【レビュー】


3万円台と安価な液タブ「Parblo Coast10」をレビュー!

液晶ペンタブレット(以下、液タブ)といえば、液晶画面にペンで直接描き込むように操作できるパソコン(PC)とつないで使うペンタブレットです。

別途モニターに表示が必要な板ペンタブレット(以下、板タブ)と違って、液晶画面にそのまま表示されるため、直感的に操作できて絵を描く人に人気のデバイスです。

そんな液タブでやはり有名なのはワコム(WACOM)の「Cintiq Companion」でしょう。しかし、価格がかなり高いのでなかなか手が出しにくいという人も多いかと思います。

そこで今回は、Amazon.co.jpで3万円台で購入できる液タブ「Parblo Coast10」を見つけたので、数回に分けて設定方法から使い心地などを紹介していきたいと思います。

続きを読む

技適マークありで日本でワンセグ視聴可能なSIMフリースマホ「ASUS ZenFone Go TV ZB551KL」を購入!まずは外観や同梱物を写真でじっくりと紹介【レビュー】


テレビの見れるSIMフリースマホ「ZenFone Go TV(型番:ZB551KL)」を購入!

今年5月末~6月初旬にかけて台湾で開催されたイベント「COMPUTEX TAIPEI 2016」において新たなフラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3」シリーズを発表したASUSTeK Computer(以下、ASUS)。日本国内においてもSIMフリースマホ市場で強さを発揮し、多彩な特徴を持つモデルを次々とリリースしています。

そんなASUSが海外で展開するモデルとして以前、TVチューナーを搭載するSIMフリースマホ 「ZenFone Go TV(型番:ZB551KL)」を台湾で実際にタッチ&トライした模様をさらりと紹介しましたが、先日、筆者は再度、台湾に行く機会があり、その際にZenFone Go TVを購入して持ち帰ってきました。

そこで今回から数回に分けて、このZenFone Go TVの購入レビューをお届けしたいと思います。初回となる今回はその外観デザインを改めてじっくりと紹介していきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。