S-MAX

AQUOS_R

NTTドコモ、新フラッグシップスマホ「AQUOS R SH-03J」を発表!5.3インチハイスピードIGZOやSnapdragon 835、4GB RAMなどを搭載、下り最大788Mbps対応で7月発売


docomoが5.3インチスマホ「AQUOS R SH-03J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、ハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS R SH-03J」(製)を発表しています。

発売時期は2017年7月を予定しており、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。

AQUOS Rはすでにシャープから今年4月に発表されている最新フラッグシップモデルで、新たにシャープではこれまでNTTドコモやauとはシリーズ名を変えていましたが、またキャリア中心から脱却するかのごとく心機一転で今回から統一して「AQUOS R」とするとしています。

SoftBank向け「AQUOS R 604SH」が発表されていましたが、新たにNTTドコモからも発売されます。なお、本体色はマーキュリーブラックとジルコニアホワイトの2色は同じですが、SoftBank向けに

仕様的にも約5.3インチWQHD(1440×2560ドット)ハイスピードIGZO液晶やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ(UFS)などを搭載したまさにハイエンドモデルとなっています。

もちろん防水・防塵やフルセグ・ワンセグ、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応。さらにNTTドコモ版では2017年8月以降に提供されるソフトウェア更新によって国内最速下り最大788Mbpsに対応します。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け「2017年夏モデル」を発表!Xperia XZsやAQUOS Rなど4機種のスマホが投入され、VoLTE(HD+)や3.5GHz帯TD-LTE方式などに対応


SoftBank向け「2017年夏モデル」が発表!

ソフトバンクは11日、同社の携帯電話サービス「SoftBank」向け「2017年夏モデル」を発表し、2017年5月下旬以降順次発売します。発表されたのはスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs(型番:602SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)および「AQUOS R(型番:604SH)」(シャープ製)、「AQUOS ea(型番:605H)」(シャープ製)、「DIGNO G(型番:601KC)」(京セラ製)の4機種。

すでに各機種ごとに製品情報をまとめていますが、特長としては新たにハイエンドモデルのXperia XZsとAQUOS Rの2機種については高音質通話サービス「VoLTE」をさらに高音質化する3GPP標準の音声コーデック技術「EVS(Enhanced Voice Services)」に対応した「VoLTE(HD+)」に対応。

これにより、今までのVoLTEよりもさらに高い音まで聞こえ、よりクリアな音質の通話が利用できます。具体的には3G(W-CDMA方式)の通話が300Hz~3.4kHz、VoLTEによる通話が50Hz~7kHz(AMラジオ相当)なのに対し、VoLTE(HD+)では50Hz~14kHzとなるとのこと。

一般的な人の聞こえる音(可聴域)が20Hz~20kHz程度とされているため、高音域がかなりカバーされたことになり、公式WebサイトにてW-CDMAおよびVoLTE、VoLTE(HD+)の通話品質の違いが確認できるようになっています。なお、EVSによるVoLTE(HD+)はすでにNTTドコモが昨夏より「Xperia X Performance SO-04H」および「Galaxy S7 edge SC-02H」、「AQUOS ZETA SH-04H」の3機種から順次導入しています。

またAQUOS Rについてはさらに3.5GHz帯(Band 42)におけるTD-LTE方式にもスマホとして初対応し、2.5GHz帯(Band 41)におけるAXGP方式(TD-LTE方式互換)とのキャリアアグリゲーションによって下り最大612Mbpsを実現しています。なお、下り最大612MbpsはすでにモバイルWi-Fiルーターで製品化されており、対応エリアは順次拡大予定となっています。

さらに発売に先立ってXperia XZsを明日5月12日(金)より、AQUOS Rを6月16日(金)よりソフトバンクショップなどのSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付を開始し、それぞれ発売日前日までに予約して期日までに購入した際に「Xperia カバーストア」で利用できる5,000円分のショッピングポイントおよび急速充電ACアダプターをプレゼントするということです。

なお、最近の傾向や各種認証情報から考えると、別途、携帯電話サブブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向け2017年夏モデルが別途発表され、その際にSoftBank向けも今回発表されなかったモバイルWi-Fiルーターなどが拡充されるのではないかと見られます。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けにシャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R 604SH」を発表!5.3インチWQHDハイスピードIGZO液晶やSnapdragon 835、4GB RAMなどを搭載


SoftBankから最新スマホ「AQUOS R 604SH」が発表!

ソフトバンクは11日、同社の携帯電話サービス「SoftBank」向け「2017年夏モデル」を4機種発表し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:604SH)」(シャープ製)を発表しています。発売時期は2017年7月上旬以降を予定。

AQUOS Rはすでにシャープから今年4月に発表されている最新フラッグシップモデルで、新たにシャープではこれまでNTTドコモやauとはシリーズ名を変えていましたが、またキャリア中心から脱却するかのごとく心機一転で今回から統一して「AQUOS R」とするとしています。

仕様的にも約5.3インチWQHD(1440×2560ドット)ハイスピードIGZO液晶やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ(UFS)などを搭載したまさにハイエンドモデルとなっています。もちろん防水・防塵やフルセグ・ワンセグ、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応。

SoftBank向けではシャープの発表会では本体色がマーキュリーブラックとジルコニアホワイトの2色でしたが、SoftBank向けでは新たにブレイズオレンジも加えた3色展開となっています。さらに同時に発表された「Xperia XZs(型番:602SO」とともに「VoLTE(HD+)」に対応するほか、AQUOS RはSoftBankスマホ最速の下り最大612Mbpsに対応しています。

また発売に先立って6月16日(金)よりソフトバンクショップなどのSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付を開始し、発売日の前日までにを予約して7月31日(月)までに購入した方全員に急速充電ACアダプターをプレゼントするということです。

続きを読む

シャープの新フラグシップスマホ「AQUOS R」を写真と動画で紹介!滑らかな表示とHDRに対応した5.3インチWQHDハイスピードIGZO液晶やSnapdragon 835、4GB RAMなど【レポート】


シャープのフラグシップスマートフォンの名称をAQUOS Rに統一!

シャープは18日、都内にて「スマートフォンAQUOS 新製品発表会」を開催し、新しいフラグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R」を発表した。

AQUOS Rは、発表会では明らかにはされなかったが、NTTドコモやau、SoftBankの大手3キャリアから発売される見込みだが、シャープがキャリアの発表会前に製品を発表するのは珍しい。

これはグローバル展開を行っている「Xperia」や「Galaxy」のように製品をショーで発表し、キャリアが販売するという流れに近い。いや、シャープはこの流れを作りたいようだ。

というのも、今回のモデルからこれまでキャリアごとにバラバラだった名称をAQUOS Rに統一し、スマホのAQUOSブランドをわかりやすくすることが狙いだ。AQUOS Rを購入後、アクセサリーはキャリアに関係なくAQUOS Rの売り場へ行けば良い。ユーザーのメリットも大きくなる。

今回は、このAQUOS Rとはどんなスマホなのか、じっくりと写真と動画で紹介していく。

続きを読む

シャープ、新フラッグシップスマホ「AQUOS R」を発表!2017年夏モデルよりシリーズ名を統一して投入へ――5.3インチWQHDハイスピードIGZO液晶やSnapdragon 835などを搭載


シャープが新フラッグシップスマホ「AQUOS R」を発表!

シャープは18日、都内にて『「スマートフォンAQUOS」新製品発表会』を開催し、新たにフラッグシップスマートフォン(スマホ)のシリーズ名を「AQUOS R」に統一すると発表しています。これにより、これまでブランド名がばらばらだった同社のハイエンドスマホが「2017年夏モデル」よりAQUOS Rに統一されて投入されることになります。

AQUOS Rは「Reality(臨場感のある映像美)」および「Response(なめらかで俊敏なレスポンス)」、「Robotics(人工知能がかしこくサポート)」、「Reliability(長く使える信頼性)」の4つの“R”を意味し、従来通り、ハイスピードIGZO液晶ディスプレイや人工知能(AI)を使った「エモパー」などを搭載したハイエンドモデルになります。

現時点で開発中ながら本体色は「Mercury Black」と「Zirconia White」の2色があることが明らかにされており、発表会で披露された展示機は約5.3インチWQHD(1440×2560ドット)IGZO液晶やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 835」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したまさにフラッグシップに相応しい製品となっていました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。