S-MAX

Androidアプリ

Googleアシスタントが利用できるコミュニケーションサービス「Allo」がパソコンなどのWebブラウザーでも利用可能に!ただし、対応するにはChromeのみ


メッセンジャーサービス「Allo」のWeb版がリリース!

Googleは14日(現地時間)、機械学習(ML)や人工知能(AI)などを利用したサポート機能「Google アシスタント」に対応したメッセンジャーサービス「Allo」を新たにパソコン(PC)などにおけるWeb版( http://g.co/alloforweb )を提供開始したとお知らせしています。

これまではAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けアプリが提供されていただけでしたが、Web版がリリースされたことでPCなどでも利用できるようになりました。ただし、対応するWebブラウザーはGoogleの「Chrome」のみ。

続きを読む

データ通信量を削減してくれるAndroid向けアプリ「Opera Max」がサービス終了へ!すでにGoogle Playストアから削除し、当面は利用できるものの、圧縮サーバーも今後提供終了予定


データ通信量を削減してくれるAndroidアプリ「Opera Max」が終了!リリースから3年半

Opera Software ASAは14日(現地時間)、同社が2014年2月にリリースしたAndroid向けデータ通信量削減アプリ「Opera Max」のサービスを終了すると発表しています。

すでにアプリ配信マーケット「Google Playストア」からOpera Maxのアプリを削除しており、今後アップデートが提供されることはないことを明らかにしました。

またこれまでアプリをインストールして利用しているOpera Maxのユーザーはしばらくの間は利用できますが、今後、圧縮機能を提供しているサーバーのサポート終了期間が決まり次第、別途案内するとしています。

続きを読む

スマホなど向けゲーム「Pokémon GO」に伝説のポケモン「ミュウツー」が出現!まず横浜スタジアムのイベントで現れ、数週間後に招待制のEXレイドに登場予定――ルギアなども8月末まで継続


ついにポケモンGOにて伝説のポケモン「ミュウツー」が出現!

Niantic(ナイアンティック)は14日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)においてついに「伝説のポケモン」の「ミュウツー」が横浜スタジアムにて行われたイベント「Pokémon GO STADIUM」にてレイドバトルで出現したとお知らせしています。

Pokémon GO STADIUMは現在、横浜で開催中のポケモン主催による「ピカチュウだけじゃない! ピカチュウ大量発生チュウ!」の一環で、現れたミュウツーに対してたくさんのポケモントレーナーたちがレイドバトルに挑戦し、獲得したということです。

またミュウツーは今後数週間後には新たに実装される特別な招待制のレイドバトル「EXレイド」で世界中の街のジムにも姿を現す予定とのこと。さらにこれまで出現していた伝説のポケモン「ルギア」や「フリーザー」、「サンダー」、「ファイヤー」も8月15日から9月1日までレイドバトルに継続して出現するということです。

続きを読む

Google、iPhoneなどのiOS向けメールアプリ「Gmail」でもフィッシング詐欺対策のセキュリティーチェック機能をAndroidに続いて導入!メールの内容にマッチした広告表示も廃止


Gmailのセキュリティーやプライバシー問題が向上!

Googleは10日(現地時間)、iPhoneなどのiOS向けメールアプリ「Gmail」においてフィッシング詐欺のセキュリティーチェック機能に対応したとお知らせしています。今年5月にすでにAndroid向けのGmailアプリでは導入されていましたが、ようやくiOSでも対応しました。

これにより、iPhoneやiPadなどのGmailアプリでメールを開き、疑わしいリンクをクリックすると警告が表示されるようになります。警告が表示された場合にリンクが安全でない可能性があるため、先に進む場合には注意が必要となり、リスクがないと確信している場合にのみ進めるよう案内しています。

続きを読む

日用雑貨や医薬品の取り扱いも視野に!さらにAIも活用してもっと便利に?!宅配サービス「LINEデリマ」は進化し続ける【レポート】


LINEから簡単に出前ができる「LINEデリマ」の発表会を紹介!

既報通り、LINE Corp.は7月26日、都内にて「LINEデリマ ローンチ記者発表会」を開催し、コミュニケーションサービス「LINE(ライン)」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリから手軽に注文できるデリバリーサービス「LINEデリマ」( https://delima.line.me )のサービス開始を発表した。

LINEデリマの利用方法は、LINE上でLINEデリマアカウントと友だち登録もしくは、スマホなどのWebブラウザー(PCは後日対応予定)からLINEデリマへアクセスし、宅配エリアで利用可能な店舗一覧から注文する。LINEのアカウントがあれば、会員登録などの手続きの必要がなく、さらにLINEのトークから店舗を探す機能も利用可能だ。

デリバリーに対応する店舗は、吉野家やガスト、バーミヤンのほか、ピザーラ、ドミノピザなどの宅配ピザ店や寿司、洋食、カレーなどで、エリアは全国の約1万4000店舗をカバー。サービス開始直後と言うこともあり、対応するエリアが都市部のみで、なおかつ準備中の表示の店舗が多い。今後、こうした店舗のサービス開始と、売上が見込めるデリバリーエリアの選定・追加も行っていくという。

記者発表会には、LINE Corp. 代表取締役社長 CEOの出澤剛氏、執行役員の藤井英雄氏、吉野家 代表取締役社長 河村泰貴氏、宅配ネットワークサービス「出前館」( https://demae-can.com )を運営する夢の街創造委員会 代表取締役社長の中村利江氏が登壇。今回は、LINEデリマのサービスについて紹介していく。


続きを読む

Starbucksアプリのアメリカ向けAndroid版が指紋認証に対応し、iPhone版も機能拡張!日本向け「スターバックスジャパン公式アプリ」にはまだ実装されず


アメリカ向けStarbucksアプリがAndroidでも指紋認証対応!日本向けは現状非対応

Starbucks Coffeeのコーヒーチェーンのアメリカのおける店舗用のスマートフォン(スマホ)など向けアプリ「Starbucks」を8月3日にアップデートし、Android版では新たに指紋認証によるログインと情報の再表示に対応しています。

またiPhoneなどのiOS版でも7月31日にこれまで指紋認証「Touch ID」による情報の再表示に対応していましたが、新たにログインにも対応。最新バージョンはAndroid版が4.4.0.1、iOS版が4.4で、それぞれAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以降およびiOS 9.0以上で利用可能。

アプリではギフトカードなどの管理もできるため、セキュリティー機能の向上が求められていましたが、指紋認証機能を実装することでその課題を解決したということのようです。なお、現時点において日本向けのアプリでは指紋認証などの生体認証には非対応です。

続きを読む

Google、SMS・MMSクライアントアプリ「Android メッセージ」をアップデートして通知エリアで既読にできるように!地味ながらバッジが気になる人はありがたい!?


Androidメッセージアプリがアップデート!通知欄からSMSを既読できるように

Googleは2日(現地時間)、Android向けのSMS&MMSクライアントアプリ「Androidメッセージ」をVersion 2.3.270にアップデートし、次期プラットフォーム「Android O(Android 8.0)」をサポートするなどしています。また新たに通知エリアから届いたSMSやMMSといったメッセージを既読できるようになっています。

これはいわゆるコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」などのような相手に既読を通知する機能ではありませんが、自分自身で通知エリアにて既読とすることで、バッジの未読件数を消費できるのは地味にありがたいという人もいるのではないでしょうか。

続きを読む

NTTドコモのポイントサービス「dポイントカード」がAndroid Payに対応!おサイフケータイ対応機種だけでなく、バーコードでも利用可能


モバイルdポイントカードがAndroid Payに対応!

NTTドコモは3日、同社のポイントサービス「dポイント」が利用できる「dポイントカード」をスマートフォン(スマホ)などで利用できる「モバイルdポイントカード」がAndroid標準の決済サービス「Android Pay」に2017年8月3日(木)より対応したとお知らせしています。

これにより、おサイフケータイ(FeliCa)に対応したスマホなどで読み取り機にかざすことしてdポイントを貯めたり、使ったりできるほか、FeliCaに対応しないスマホなどでも画面に表示したモバイルdポイントカードのバーコードでdポイントを貯める、使うことができるようになりました。

なお、おサイフケータイに対応した機種ならすでに「dポイントクラブアプリ」によって読み取り機にかざすことでdポイントを貯めたり、使ったりすることが可能。一度、おサイフケータイ対応機種でAndroid Payにモバイルdポイントカードを登録しておけば、他のおサイフケータイ非対応機種でバーコード表示で利用可能となります。

続きを読む

スマホがTカードになる「モバイルTカード」がファミリーマートやウエルシア、洋服の青山などで8月15日から利用可能に!最大2000ポイントのTポイントが当たるキャンペーンも実施


モバイルTカードがファミリーマートやサンクス、サークルKなどで使えるように!

Tポイント・ジャパンは3日、スマートフォン(スマホ)などが「Tカード」の代わりになる「モバイルTカード」を新たに全国の「ファミリーマート」および「ウエルシア」、「洋服の青山」などで2017年8月15日(火)より対応開始すると発表しています。

これまでモバイルTカード対応店舗は「TSUTAYA」や「ガスト」などの4949店舗でしたが、ファミリーマートなどで使えるようになることで合計25328店舗となり、従来の約5倍の店舗数へと拡大します。

また、今回のモバイルTカードのサービス拡大を記念して2017年8月22日(火)~9月11日(月)までの間にモバイルTカードを初めて表示するともれなく最大最大1,000ポイントが当たるほか、店頭でモバイルTカードを利用するともれなく最大1,000ポイントの「Tポイント」が当たるキャンペーンも実施されます(それぞれ抽選で1,000または100、10、5、1ポイントのいずれか)。

続きを読む

iPhoneやAndroid向け「Skype」アプリで決済サービス「Paypal」による個人間送金が可能に!まずは22カ国で提供開始され、日本は予定エリアにも含まれず


SkypeアプリからPaypal送金ができるように!22カ国でスタート

MicrosoftのSkype Teamは2日(現地時間)、コミュニケーションサービス「Skype(スカイプ)」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリにユーザー間の決済サービス「Paypal」による送金機能に対応したと発表しています。

利用できる国は、オーストラリア、ベルギー、カナダ、キプロス、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトビア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、スペイン、アメリカ、イギリスの22カ国。

現状では北米および欧州のいくつかの国だけとなっており、日本を含むアジア地域は対象になっていません。また対応OSもiPhoneなどのiOSおよびAndroidで、Windows 10 Mobileは含まれていません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。