S-MAX

AndroidO

NTTドコモ、2画面スマホ「M Z-01K」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!プレビューモードやベビーモードなどの新機能も追加


docomoの2画面スマホ「M Z-01K」がAndroid 8.1 Oreoに!

NTTドコモは5日、今年2月に発売した「2017-2018冬春モデル」の約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶デュアルディスプレイを搭載した折りたたみ型スマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間は約19分。なお、更新にかかる時間は利用のインターネット回線環境やバックアップするデータ量により異なる場合があるとのこと。

主な変更点は以下の通り。その他、ベビーモードおよびプレビューモードのより詳細な内容はメーカーによる案内にてご確認ください。なお、同社ではより快適に利用するためにOSバージョンアップに合わせて各アプリのアップデートも実施するよう案内しています。

○主なアップデート内容
OSバージョンアップで変更・追加される機能の一部
1)スマートなテキスト選択の追加
2)ログイン情報の入力が容易になる「AutoFill」機能が追加

Android 8.1以外で変更・追加される機能の一部
3)カメラ機能にベビーモードが追加
4)カメラ機能にプレビューモードが追加

○改善される事象
5)より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
6)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年10月になります。)


続きを読む

トリニティ、SIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!カメラ機能も大幅に性能向上に


SIMフリースマホ「Trinity NuAns NEO [Reloaded]」がAndroid 8.1 Oreoに!

トリニティは15日、昨年6月に発売したおサイフケータイ(FeliCa)や防滴などに対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded](型番:NA-CORE2-JP)」に対してより新しいプラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは携帯電話回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、ビルド番号は更新後が「NuAns-NEO2-V31(V31-06)」。

主な変更点は以下の通りで、合わせて組み込み用デジタル画像処理分野の技術を持ったアキュートロジックの協力によってカメラ機能の調整が行われているということで、性能が大幅に向上したとしています。

・OSバージョンを Android 8.1.0 にアップデートしました
・Googleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化をしました
・特定環境で充電中にタッチパネル操作時の反応が悪いという問題を改善しました
・NEO [Reloaded] とノートパソコンを接続した際、充電するか給電するかを選択できるようになりました
・Picture in Picture 機能に対応しました
・Smart Text Selection 機能に対応しました
・アキュートロジックによるカメラアプリのAWB/彩度調整を行ないました
 ▶ホワイトバランスの改善
  ・白熱電球を光源とするシーンの撮影において赤みを軽減させました
  ・屋外撮影において赤みを軽減させました
 ▶彩度の改善
  ・全体的に彩度を上げました
 ▶赤みの改善
  ・晴天や曇天の空が広く映り込むシーンで発生していた赤みを軽減させました
  ・屋外で植物などのグリーンを撮影したシーンで発生していた赤みを軽減させました
 ▶顔の色相改善
  ・肌色の黄色みを補正し赤みを出しました
・カメラアプリで直接QRコードが読み込めるようになりました
・APNリストを一部追加しました。アップデート後、APNリストを初期化することで追加したAPNが反映されます。
・その他細かいバグを修正しました

Android Oでの主な機能追加や変更点につきましてはこちらをご参照ください。


続きを読む

NTTドコモ、ZTE製のdocomo withスマホ「MONO MO-01K」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomo向けスマホ「MONO MO-01K」がAndroid 8.0 Oreoに!

NTTドコモは9日、同社が「2017-2018冬春モデル」として昨年11月に発売した割引施策「docomo with」対象スマートフォン(スマホ)「MONO MO-01K」(ZTE製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間は約27分。なお、更新にかかる時間は利用のインターネット回線環境やバックアップするデータ量により異なる場合があるとのこと。

主な変更点は以下の通り。なお、同社ではより快適に利用するためにOSバージョンアップに合わせて各アプリのアップデートも実施するよう案内しています。

○主なアップデート内容
1)スマートなテキスト選択が可能に
2)AutoFil機能でログイン情報の入力が容易に
3)タッチブロックモードの追加

○改善される事象
4)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが 2018年9月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

NTTドコモ、富士通製フラッグシップスマホ「arrows NX F-01J」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomo向けスマホ「arrows NX F-01J」がAndroid 8.1 Oreoに!

NTTドコモは21日、同社が「2016-2017冬春モデル」として2016年12月に発売したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-01J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間は約35分。なお、更新にかかる時間は利用のインターネット回線環境やバックアップするデータ量により異なる場合があるとのこと。

主な変更点は以下の通り。更新による詳細な変更点はメーカー公式Webページ「arrows NX F-01J Android™ 8.1 OSバージョンアップトップ - FMWORLD.NET(個人) : 富士通」をご参照ください。同社ではより快適に利用するためにOSバージョンアップに合わせて各アプリのアップデートも実施するよう案内しています。

○主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー(PiP)機能の追加
2)スマートなテキスト選択機能の追加
3)ログイン情報の入力が容易になる「AutoFill」機能の追加
4)設定メニューの変更
5)マナーモード設定
 ボリュームキー下長押し時の動作を、以下の2通りから選択可能になります。
 ・マナーモード設定/解除
 ・音量を下げる
 なお、アップデート後は「マナーモード設定/解除」の設定となっており、アップデート後に初期化を行った場合は「音量を下げる」設定が選択されております。

○改善される事象
6)ビデオコール終話後、まれにカメラが起動できなくなる場合があります。
7)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年7月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

KDDI、au向けタブレット「Qua tab QZ8」および「Qua tab QZ10」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を8月22日より順次提供開始


auタブレット「Qua tab QZ8」および「Qua tab QZ10」がAndroid 8.1 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は20日、au向け「2018年春モデル」のうちのAndroidタブレット「Qua tab QZ8(型番:KYT32)」および「Qua tab QZ10(型番:KYT33)」(ともに京セラ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年8月22日(水)より順次提供開始するとお知らせしています。

ソフトウェア更新はタブレット本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線による方法(OTA)が用意されており、更新にかかる時間は両機種ともに約30分。なお、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのこと。

更新ファイルも両機種ともに約1.1GBとなっており、更新するには本体ストレージに約1.1GB以上の空き容量が必要。OSバージョンアップを実施するには事前にビルド番号をQua tab QZ8で「1.020SI」、Qua tab QZ10で「1.002VE」にしておく必要があります。主な更新方法は以下の通り。

○主な機能追加・変更内容
1)ピクチャーインピクチャーモード」が搭載されます
2)アップデート後、auベーシックホームを初めて利用する際に、電話アイコンおよびアプリアイコンに通知バッチを表示するためのガイダンスが表示されます
3)標準ホームご利用時、または、表示拡大モードご利用時は、ホーム画面に配置されているアプリの通知の方法が変更となります
4)プロフィール詳細画面に以下の情報が追加されます

○主な機能削除
5)「Google音声検索アプリ」が削除されます
6)ホーム画面の「Google検索ウィジェット」が削除されることがあります
7)電源メニューで表示される項目から「機内モード」が削除されます
8)「Wi-Fiの設定」の「Wi-Fiスリープ設定」項目が削除されます

○主な初期化項目
9)「テレビ」アプリの「予約のお知らせ設定」の再設定が必要になります

そのほかOSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
Qua tab QZ8のOSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(3.6MB)[PDF]
Qua tab QZ10のOSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(3.3MB)[PDF]


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。