S-MAX

AndroidO

NTTドコモ、富士通製フラッグシップスマホ「arrows NX F-01J」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomo向けスマホ「arrows NX F-01J」がAndroid 8.1 Oreoに!

NTTドコモは21日、同社が「2016-2017冬春モデル」として2016年12月に発売したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-01J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間は約35分。なお、更新にかかる時間は利用のインターネット回線環境やバックアップするデータ量により異なる場合があるとのこと。

主な変更点は以下の通り。更新による詳細な変更点はメーカー公式Webページ「arrows NX F-01J Android™ 8.1 OSバージョンアップトップ - FMWORLD.NET(個人) : 富士通」をご参照ください。同社ではより快適に利用するためにOSバージョンアップに合わせて各アプリのアップデートも実施するよう案内しています。

○主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー(PiP)機能の追加
2)スマートなテキスト選択機能の追加
3)ログイン情報の入力が容易になる「AutoFill」機能の追加
4)設定メニューの変更
5)マナーモード設定
 ボリュームキー下長押し時の動作を、以下の2通りから選択可能になります。
 ・マナーモード設定/解除
 ・音量を下げる
 なお、アップデート後は「マナーモード設定/解除」の設定となっており、アップデート後に初期化を行った場合は「音量を下げる」設定が選択されております。

○改善される事象
6)ビデオコール終話後、まれにカメラが起動できなくなる場合があります。
7)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年7月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

KDDI、au向けタブレット「Qua tab QZ8」および「Qua tab QZ10」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を8月22日より順次提供開始


auタブレット「Qua tab QZ8」および「Qua tab QZ10」がAndroid 8.1 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は20日、au向け「2018年春モデル」のうちのAndroidタブレット「Qua tab QZ8(型番:KYT32)」および「Qua tab QZ10(型番:KYT33)」(ともに京セラ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年8月22日(水)より順次提供開始するとお知らせしています。

ソフトウェア更新はタブレット本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線による方法(OTA)が用意されており、更新にかかる時間は両機種ともに約30分。なお、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのこと。

更新ファイルも両機種ともに約1.1GBとなっており、更新するには本体ストレージに約1.1GB以上の空き容量が必要。OSバージョンアップを実施するには事前にビルド番号をQua tab QZ8で「1.020SI」、Qua tab QZ10で「1.002VE」にしておく必要があります。主な更新方法は以下の通り。

○主な機能追加・変更内容
1)ピクチャーインピクチャーモード」が搭載されます
2)アップデート後、auベーシックホームを初めて利用する際に、電話アイコンおよびアプリアイコンに通知バッチを表示するためのガイダンスが表示されます
3)標準ホームご利用時、または、表示拡大モードご利用時は、ホーム画面に配置されているアプリの通知の方法が変更となります
4)プロフィール詳細画面に以下の情報が追加されます

○主な機能削除
5)「Google音声検索アプリ」が削除されます
6)ホーム画面の「Google検索ウィジェット」が削除されることがあります
7)電源メニューで表示される項目から「機内モード」が削除されます
8)「Wi-Fiの設定」の「Wi-Fiスリープ設定」項目が削除されます

○主な初期化項目
9)「テレビ」アプリの「予約のお知らせ設定」の再設定が必要になります

そのほかOSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
Qua tab QZ8のOSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(3.6MB)[PDF]
Qua tab QZ10のOSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(3.3MB)[PDF]


続きを読む

KDDI、au向け2016年夏スマホ「Galaxy S7 edge SCV33」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を8月16日10時から提供開始


au向けスマホ「Galaxy S7 edge SCV33」がAndroid 8.0 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、au向け「2016年夏モデル」のうちのサムスン電子製フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SCV33」(Injustice/Olympic Games Edition含む)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年8月16日(木)10時に提供開始するとお知らせしています。

ソフトウェア更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線による方法(OTA)およびパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行う方法が用意されており、更新にかかる時間は本体のみのWi-Fi利用時で約45分、4G利用時で約55分、PCを使う方法で約40分。

更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのことで、更新ファイルは本体のみが約1.6GB、PCを使う方法で約3.0GBとなっており、更新するには本体ストレージに約1.6GB以上の空き容量が必要。

続きを読む

トリニティ、おサイフケータイ対応のSIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップに向けたクローズドベータテストを実施!参加者募集中


いよいよNuAns NEO [Reloaded]がAndroid 8.1 Oreoになるのか!?

トリニティは6日、昨年6月に発売したおサイフケータイ(FeliCa)や防滴などに対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded](型番:NA-CORE2-JP)」におけるより新しいプラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップのためにクローズドベータテストを実施するとお知らせしています。

現在、テストに参加するための募集が行われており、応募条件はNuAns NEO [Reloaded]を持っていて利用中で、各利用規約に同意し、積極的に報告やフィードバックを日本語で提出でき、無線LAN(Wi-Fi)や通話・通信ができる携帯電話契約(SIMカード)を持っている日本在住の人などとなっています。

また条件として要に応じてパソコン(PC)を利用して指定のログを取得できるといった条件もあり、募集人数はNTTドコモ・au・ソフトバンクの各回線ごとに若干名で抽選となるため、なかなか敷居は高そうです。

なお、テストは同社が用意したAndroid 8.1 Oreoが導入されているNuAns NEO [Reloaded]が貸し出されて実施され、テストは1ヶ月を予定しているとのこと。応募は専用フォーム( https://goo.gl/CcAQX9 )から行えます。

続きを読む

NTTドコモ、富士通製10インチタブレット「arrows Tab F-02K」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomo向けタブレット「arrows Tab F-02K」がAndroid 8.1 Oreoに!

NTTドコモは6日、同社が「2017-2018冬春モデル」として今年2月に発売した約10.1インチWQXGA(2560×1600ドット)IPS液晶搭載タブレット「arrows Tab F-02K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間は約33分。なお、更新にかかる時間は利用のインターネット回線環境やバックアップするデータ量により異なる場合があるとのこと。

主な変更点は以下の通り。更新による詳細な変更点はメーカー公式Webページ「arrows Tab F-02K Android 8.1 OSバージョンアップトップ - FMWORLD.NET(個人) : 富士通」をご参照ください。同社ではより快適に利用するためにOSバージョンアップに合わせて各アプリのアップデートも実施するよう案内しています。

主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー(PiP)機能の追加
2)スマートなテキスト選択機能の追加
3)ログイン情報の入力が容易になる「AutoFill」機能の追加
4)テレビアプリがPiP機能に対応
5)ジェスチャー操作設定アプリの機能が拡張

改善される事象
6)Bluetoothを使用する際、まれに端末が再起動する場合があります。
7)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年6月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。