S-MAX

AndroidSDK

Visual Studio 2017を利用してWindows 10でAndroid 8.x Oreoを試す環境を構築してみた!マルチプラットフォーム対応だけでなく、日本語環境で操作も簡単【ハウツー】


Visual Studio 2017を使ってWindows 10でAndroid 8.x Oreoを試す環境を構築!

以前にGoogleが提供するAndroidアプリの統合開発環境「Android Studio」を利用して、Windows 10へ「Android 8.x(開発コード名:Oreo)」のテスト環境を構築する手順を紹介しました。

また前回はMicrosoftが提供する統合開発環境「Visual Studio 2017」でも同様にAndroidアプリの開発ができるようにAndroid SDKを導入し、Android Debug Bridge(ADB)が使えるようにするやり方をお伝えしましたが、Visual Studio 2017でもAndroid 8.x Oreoのテスト環境を構築することができます。

Visual Studio 2017は、Android Studioを利用した方法と比べてインストールファイルサイズが大きくなってしまうのですが、その分ほとんどの操作を日本語で利用することができ、さらにAndroid Studioと比べると、Visual Studio 2017の方が操作も比較的簡単です。

また、Visual Studio 2017ならWindowsアプリやiOSアプリも含めたマルチプラットフォームに対応した開発が行えるため、Windowsでアプリ開発をするならオススメと言えるでしょう。そこで今回は、Visual Studio 2017でAndroid 8.x Oreoのテスト環境を構築する方法を紹介していきたいと思います。

続きを読む

Visual Studio 2017をインストールしてAndroid SDKをWindows 10にインストールする方法を紹介!Windows・iOSアプリも並行して開発するのにオススメ【ハウツー】


Visual Studio 2017でAndroid SDKを利用できるようにする方法!

以前はAndroid向けアプリを開発するには「Eclipse」や「Android Studio」などの統合開発環境を利用して、Javaを使うのがセオリーでした。しかしながら、今ではJava以外にも「Kotlin」や、「Xamarin(C#.Net)」と「Visual Studio」などを使って開発できるようになりました。

特にXamarinについては非常に画期的でAndroidアプリだけでなく、WindowsアプリやiOSアプリも含めたマルチプラットフォームに対応できるようになっています。そこで前回はAndroid StudioをWindows 10に導入する方法を紹介しましたが、今回はVisual Studioを使ってAndroid SDKをインストールする方法をご紹介します。

続きを読む

Android SDKコマンドラインツールをWindows 10にインストールする方法を紹介!adb(Android Debug Bridge)が簡単に使えるように【ハウツー】


Android SDKコマンドラインツールをWindows 10にインストールする方法を紹介!

Android向けアプリの開発やパソコン(PC)などからAndroidを制御できるコマンドラインツール「Andrid Debug Bridge(ADB)」を利用する際に必要となる「Android SDK」は、いくつかの導入方法が存在しています。

基本的には、統合開発環境とセットでインストールするようになっているのですが、統合開発環境とは分けてインストールする方法もあります。

そこで今回は、この統合開発環境をインストールせずにAndroid SDKを導入する「Android SDKコマンドラインツール」をWindows 10搭載PCにインストール方法をご紹介します。

続きを読む

スマートウォッチでも画面を保存したい!Googleの「Android Wear」でスクリーンショットを撮る方法【ハウツー】

Android Wearレビュアー必携のノウハウ!?

Googleから発表され、LG ElectronicsとSamsung Electronicsから対応機種が販売中のスマートウォッチ「Android Wear」。Android搭載のスマートフォン(スマホ)やタブレットでは本体だけでスクリーンショットを撮影することが一般的となりましたが、このAndroid Wear搭載スマートウォッチでは現時点では単体でスクリーンショットを取得する機能が提供されていません。

そこで本記事では前回、開封レビューを紹介した「LG G Watch」を用いて、Android Wear搭載スマートウォッチの開発者向けオプションと、パソコンの開発者ツールを組み合わせてスクリーンショットを取得する方法を紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。