S-MAX

GALAXY

NTTドコモがSペン対応6.3型大画面スマホ「Galaxy Note8」を10月26日に発売!価格は12万6360円の実質2万6568円からーー予約中でオンラインストアの購入手続きは10月24日10時から


docomoの新スマホ「Galaxy Note8 SC-01K」の価格をチェック!キャンペーンも

既報通り、NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春モデル」を発表し、ワコムの技術によるペン入力「Sペン」に対応した約6.3インチQHD+(1440×2860ドット)Supre AMOLED(有機EL)ディスプレイ(約521ppi)搭載の最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note8 SC-01K」(サムスン電子製)を2017年10月26日(木)に発売します。

発売に先立って本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格も案内されていたので紹介したいと思います。

またドコモオンラインショップでは2017年10月24日(火)午前10時以降に購入手続きを開始すると案内しています。ドコモオンラインショップでは購入手続きは予約順に在庫が確保されますが、出荷順は購入手続きを完了した順番となるので予約だけでなく、発売日に手に入れるには購入手続きも早く実施したほうが良いでしょう。

さらにNTTドコモ向けGalaxy Note8 SC-01Kの購入者のうちの抽選で888人に4K解像度で迫力のある360度動画や写真を手軽に撮影・共有できる全天球カメラ 「Galaxy Gear 360」をプレゼントするキャンペーン( http://www.galaxymobile.jp/discover/event/docomo360note8/ )を実施します。

続きを読む

NTTドコモ、docomo with対象の4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」に新色「Aurora Green」を追加!Android 8.0 OreoへのOSバージョンアップも予定


docomoがdocomo with対象スマホ「Galaxy Feel SC-04J」に新色Aurora Greenを追加!

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約4.7インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミッドハイレンジクラススマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel SC-04J」(サムスン電子製)に新色「Aurora Green」を追加すると発表しています。

発売時期は2017年11月上旬を予定し、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約開始されおり、月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は既存色と同じで新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が36,288円(1,512円/月×24回)。

また発売時はAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)でしたが、今冬以降に最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へOSバージョンアップを予定しているということです。

続きを読む

NTTドコモ、Sペン対応の最新プレミアムスマホ「Galaxy Note8 SC-01K」を発表!防水対応の6.3インチ縦長ほぼ全画面デザインで、デュアルカメラや6GB RAMなどを搭載


docomoが新スマホ「Galaxy Note8 SC-01K」を発表!10月26日に発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、ワコムの技術によるペン入力「Sペン」に対応した約6.3インチQHD+(1440×2860ドット)Supre AMOLED(有機EL)ディスプレイ(約521ppi)搭載の最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note8 SC-01K」(サムスン電子製)を発表しています。

発売日は2017年10月26日(木)で、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は本体代金が126,360円で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更なら76,464円、他社から乗り換え(MNP)なら26,568円。

Galaxy Note8 SC-01Kは海外で今年8月に発表されたSペンに対応した大画面スマホ「Galaxy Note」シリーズの最新機種「Galaxy Note8」のNTTドコモ版で、日本ではすでにau向け「Galaxy Note8 SCV37」も同じ10月26日に発売されます。

Galaxy Note8は新たに今夏に発売された「Galaxy S8」シリーズと同じく縦横比9:18.5の縦長画面による“ほぼ全画面ディスプレイ”になったほか、「Galaxy」シリーズのハイエンドモデルでは初のデュアルレンズカメラを搭載して光学2倍ズーム相当に対応しています。

また昨年に爆発問題などで販売停止となった「Galaxy Note7」と同様にSペンも含めた防水・防塵(IPX5およびIPX8、IP6X準拠)や虹彩・指紋・顔認証などにも対応しているほか、NTTドコモ版ではさらに日本市場でニーズの高いおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ、フルセグにも対応しています。

さらに最大通信速度はLTE UE Category 15・16による4×4 MIMOや3CC CA、256QAMに対応し、下り最大788Mbpsおよび上り最大50Mbpsで利用可能で、10月末より提供が開始される4波のキャリアアグリゲーション(4CA)にも対応し、下り最大788Mbps以外のエリアでも下り最大644Mbpsで利用できるようになっています。

なお、発売時にはAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)を搭載していますが、今冬以降にOSバージョンアップによって最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップが実施される予定。

その他、購入者のうちの抽選で888人に4K解像度で迫力のある360度動画や写真を手軽に撮影・共有できる全天球カメラ 「Galaxy Gear 360」をプレゼントするキャンペーン( http://www.galaxymobile.jp/discover/event/docomo360note8/ )を実施します。

続きを読む

Sペン入力に対応したau向け最新プレミアムスマホ「Galaxy Note8 SCV37」の気になる価格を紹介!予約購入で3千円分のキャッシュバックやGear 360が抽選で当たるキャンペーンも実施中


au向け「Galaxy Note8」の価格をチェック!

KDDIおよび沖縄セルラー電話からau向け「au 2017 秋モデル」として2017年10月26日(木)に発売される最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note8(型番:SCV37)」(サムスン電子製)。

ペン入力「Sペン」に対応した「Galaxy Note」シリーズの最新モデル「Galaxy Note8」のau版で、日本では2014年の「Galaxy Note Edge」以来3年ぶりのGalaxy Noteシリーズとなり、新たに今夏に発売された「Galaxy S8」シリーズと同じ縦横比9:18.5の縦長画面による“ほぼ全画面ディスプレイ”になったほか、Galaxyシリーズのハイエンドモデルでは初のデュアルレンズカメラを搭載して光学2倍ズーム相当に対応しています。

またGalaxy Note EdgeからならSペンも含めた防水・防塵(IPX5およびIPX8、IP6X準拠)に対応しているほか、虹彩・指紋・顔認証などにも対応し、au版ではさらに日本市場でニーズの高いおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ、フルセグにも対応しています。なお、auでの通信速度はLTE UE Category 15・16による4×4 MIMOや3CC CA、256QAMに対応し、下り最大708Mbpsおよび上り最大50Mbpsで利用可能です。

そんなGalaxy Note8 SCV37ですが、すでに10月12日(木)よりauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格も案内されているので毎月の維持費も含めてまとめておきたいと思います。

なお、auでは10月12日から10月25日までに予約した上で購入した場合にもれなく3,000円相当の「au WALLETポイント」をキャッシュバックするほか、抽選で200人に4K解像度で迫力のある360度動画や写真を手軽に撮影・共有できる全天球カメラ 「Galaxy Gear 360」をプレゼントするキャンペーン( http://www.galaxymobile.jp/discover/event/au360note8/ )を実施しています。キャンペーンの購入期間は11月30日(木)まで。

続きを読む

最新スマホ「Galaxy Note8」がタッチ&トライできる「Galaxy Studio」が10月18日より全国30か所で開催!アミューズメントパーク「Galaxy Studio Tokyo」もリニューアル


日本市場最大規模で「Galaxy Studio」が開催!

サムスン電子ジャパンは13日、同社のスマートフォン(スマホ)などを展開しているモバイル製品のブランド「Galaxy」における世界観を一度に体験できるアミューズメントパーク「Galaxy Studio Tokyo」を2017年10月19日(木)から完全リニューアルし、最新スマホ「Galaxy Note8」のタッチ&トライを中心とした「Galaxy Studio」を日本市場では最大規模の全国30か所で展開すると発表しています。

リニューアル後はGalaxy Note8の特長であるペン入力を活かした「Sペンギャラリー」や新機能を利用した「ポートレイトプール」、「Galaxyフィットネス」といった新しいコンテンツのほか、従来も好評だった「VR アトラクション (パルサー、スケルトン、マウンテンバイク、カヤック)」や「Gear VR 4D Theater」が楽しめます。

またエンターテイメントパーク型のGalaxy Studioが福岡や神戸でも開催予定で、福岡はイオンモール福岡(ウエストコート)にて11月3日(金)~11月28日(火)、神戸はイオンモール神戸南(みなみコート)にて11月25日(土)~12月25日(月)で開催され、Galaxy Note8のタッチ&トライのほか、SペンギャラリーやGalaxyフィットネス、各種VRアトラクションなどが楽しめます。

さらに同社ではGalaxy Note8の発売に合わせて専用ケース「Galaxy Note8 CLEAR VIEW STANDING COVER」および「Galaxy Note8 ALCANTARA COVER」 、Galaxy Note8に対応した新しいVRヘッドセット「Galaxy Gear VR with Controller」をそれぞれ10月26日(木)より販売すると発表しています。

続きを読む

KDDI、au向けSペン対応の最上級スマホ「Galaxy Note8 SCV37」を発表!6.3インチ縦長ほぼ全画面デザインやデュアルカメラ搭載ーー10月26日発売で、本体価格11万8800円の実質5万9400円に


au向け新スマホ「Galaxy Note8 SCV37」が10月26日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今秋以降に発売する新商品「au 2017 秋モデル」としてワコムの技術によるペン入力「Sペン」に対応したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用の最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note8(型番:SCV37)」(サムスン電子製)を発表しています。

発売日は2017年10月26日(木)で、auショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて10月12日(木)より事前予約受付が実施される予定。価格(税込)は本体代金118,800円(分割4,950円/月×24回)で毎月割2,475円/月×24回(総額59,400円)の実質負担額59,400円(分割2,475円/月×24回)から。

Galaxy Note8 SCV37は海外では今年8月に発表されたSペンに対応したサムスン電子の大画面スマホ「Galaxy Note」シリーズの最新機種「Galaxy Note8」のau版で、新たに今夏に発売された「Galaxy S8」シリーズと同様にアスペクト比9:18.5の縦長ディスプレイによる“ほぼ全画面ディスプレイ”になったほか、「Galaxyシリーズのハイエンドモデルでは初のデュアルレンズカメラを搭載して光学2倍ズーム相当に対応しています。

また昨年に爆発問題などで販売停止となった「Galaxy Note7」と同様にSペンも含めた防水・防塵(IPX5およびIPX8、IP6X準拠)に対応しているほか、虹彩・指紋・顔認証などにも対応し、au版ではさらに日本市場でニーズの高いおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ、フルセグにも対応しています。auでの通信速度はLTE UE Category 15・16による4×4 MIMOや3CC CA、256QAMに対応し、下り最大708Mbpsおよび上り最大50Mbpsで利用可能。

また10月12日から10月25日までに予約した上で購入した場合にもれなく3,000円相当の「au WALLETポイント」をキャッシュバックするほか、抽選で200人に4K解像度で迫力のある360度動画や写真を手軽に撮影・共有できる全天球カメラ 「Galaxy Gear 360」をプレゼントするキャンペーン( http://www.galaxymobile.jp/discover/event/au360note8/ )を実施します。キャンペーンの購入期間は11月30日(木)まで。

なお、auではAQUOS senseなどの新製品を2017年10月12日よりau SENDAIやau SHINJUKU、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKAおよび全国のauショップにて先行展示すると案内しています。

続きを読む

Sペン入力に対応した最新ハイエンドスマホ「Galaxy Note8」がNTTドコモとauから発売へ!FCCを「SC-01K」と「SCV37」が通過


Galaxy Note8がdocomoとauから発売へ!FCC認証を通過

米連邦通信委員会(FCC)は12日(現地時間)、サムスン電子製のNTTドコモ向けスマートフォン(スマホ)「SC-01K」(FCC ID:A3LSC01K) およびau向けスマホ「SCV37」(FCC ID:A3LSCV37)が通過したことを公開しています。

それぞれ未発表の製品ですが、NTTドコモとauの型番の付け方(ルール)に沿っており、サムスン電子製の次のNTTドコモ向けはSC-01K、次のau向けはSCV37になることから各々がNTTドコモ向けおよびau向けであることが推測できます。

また資料で公開されている電池パックの型番「EB-BN950ABA」がiFixitによるGalaxy Note8の分解で判明している型番と一致しており、資料ではこの製品の標準的なバッテリーを使用していると記載されていることからともに最新スマホ「Galaxy Note8」であると考えられます。

Galaxy Note8は海外では8月23日に発表され、アメリカや台湾などの最初に発売される1次販売国・地域では9月15日に発売される予定ですが、現時点では日本への投入については明らかにされていません。

ただし、日本法人のサムスン電子ジャパンでは「Galaxy」シリーズの公式WebサイトにてGalaxy Note8の日本語ページを公開しており、掲載した製品は基本的にトラブルがない限りは日本で発売しているだけに日本での発売が期待されています。

そういった中で今夏モデルの「Galaxy S8」や「Galaxy S8+」もNTTドコモとauから発売されましたが、同様にGalaxy Note8についてもNTTドコモとauから発売される方向で準備されていることがFCCを通過したことから推察されます。早く正式発表して欲しいところですね!

続きを読む

約215万円からさらに増額も!サムスン電子がGalaxyシリーズなどの自社製品の脆弱性を発見した人に報奨金を支払うプログラム「Security Rewards Program」を開始


Samsungが自社製品の脆弱性を発見した人へ報奨金を支払う「Rewards Program」を開始!

最近は「脆弱性」という言葉をニュースなどで良く耳にするようになりました。脆弱性とはスマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)などの製品やそれに搭載されているシステム(OS)を含めたソフトウェアなどの不具合や設計上のミスが原因で発生する欠陥のことを指します。

これに対し、多くの企業は自社で脆弱性を特定して修正を行い、利用者へセキュリティーアップデートを配信することによって脆弱性を潰しています。一方で、最近の製品は複雑化しており、GoogleやAppleなどの大手企業でも自社だけではどうしてもカバーできない脆弱性が出てきてしまっています。

そこで、それらの自社でカバーできない脆弱性を第3者に探してもらうように依頼し、報告された脆弱性の深刻度によって報奨金を支払う「Bug Bounty Program」というものをGoogleやAppleなどの各社が展開しています。

今回、そんなBug Bounty ProgramについていよいよSamsung Electronics(以下、サムスン電子)も2017年9月7日より脆弱性を発見して報告した人へ報奨金を支払うプログラム「Reward Program」を提供開始すると発表しました。どうやら同社も時代の流れに乗るようです。

続きを読む

爆発事故は大丈夫?Sペン対応の6.3インチ大画面スマホ「Galaxy Note8」をiFixtが分解――問題があったバッテリー部分はNote7よりも余裕のある設計で接着固定に


Galaxy Note8をさっそく分解!iFixitが気になるバッテリーやカメラ周りをチェック

iFixitは8日(現地時間)、サムスン電子がグローバル市場にて最初に投入される1次販売国・地域では9月15日に発売される独自のペン入力「Sペン」に対応した最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note8」を分解したレビューを掲載しています。分解に用いた製品はの型番はアメリカ向けの「SM-N950U1」で、Snapdragon 835(MSM8998)を搭載した64GB内蔵ストレージモデル。

分解・修理のしやすさは発火や発煙などの爆発事故問題のあった「Galaxy Note7」と同じ“4”(10段階評価で10が最高)で、Galaxy Note7よりも容量が減った3300mAh(3.85V/12.71Wh)バッテリーのためにスペース的に余裕のある設計となっており、粘着剤で固定されていることからiFixitでは「サムスン電子は安全性に自信があるようだ」とまとめています。

続きを読む

発表直後の新スマホ「Galaxy Note8」に沸く韓国各地の店舗を訪問!史上最大級の体験ゾーンなど、現地から熱狂をお伝え――信頼回復に全力を注ぐサムスン電子に明日はあるか【レポート】


起死回生図るサムスン電子の最新スマホ「Galaxy Note 8」で盛り上がる韓国を訪問!

既報通り、Galaxyブランドでスマートフォン(スマホ)などの製品を展開するサムスン電子が2017年8月23日に米国・ニューヨークで新製品発表会「Unpacked 2017」を開催し、本体に内蔵可能なスタイラスペン「S Pen」が売りとなっている大型スマホ(いわゆる「ファブレット」)シリーズ「Galaxy Note」シリーズの最新作「Galaxy Note8」を発表しました。

Galaxy Note 8は日本国内でも今年5月に発売された「Galaxy S8+」の6.2インチをも上回る6.3インチのQuad HD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。また、Galaxy S8+と同様に画面のアスペクト比が18.5対9と、一般的な16対9と比べて縦長な狭額縁ディスプレイ「Infinity Display」も継承されています。

発表前夜から約1週間の期間、偶然にも筆者はサムスン電子にとっての本国である韓国に滞在し、同社としても史上最大規模となるタッチ&トライイベントなど、Galaxyシリーズが強いお膝元ならではの盛り上がりを目の当たりにしてきました。

そこで今回は、発表会後のタッチ&トライによる写真レポートがすでに掲載されていますが、日本での発売も是非期待したい!そんなGalaxy Note8を韓国でひと足先に思う存分体験してきたので、盛り上がるイベント会場の様子も含めてご紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。