S-MAX

GL07S

ソフトバンク、Y!mobile・e-mobile向けスマホ「STREAM X GL07S」を一部に過度な外部衝撃によって発熱や発煙が生じる可能性で無料交換・回収を案内!対象台数は1万6460台


スマホ「STREAM X GL07S」に不具合で無料交換・回収に!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は1日、2013年3月7日にイー・モバイル(EMOBILE)より発売されたスマートフォン(スマホ)「STREAM X GL07S」(Huawei Technologies製)の一部製品について長期間の利用において過度な衝撃が加わると発熱や発煙が生じる可能性があることを確認したため、対象製品を2016年3月1日(火)から無償交換および回収すると発表しています。

発生原因および事象は、内部バッテリーの一部の製造ロットにおいて、バッテリーの固定に不備があり、長期間の利用において過度な外部衝撃が加わった場合にバッテリーが本体内部で移動し変形することにより、バッテリーがショートして発熱や発煙が生じる可能性があるとのこと。現時点で人的被害に関する報告はないとしています。

現在、イー・モバイルを引き継いだ「Y!mobile」で対象製品を利用中の人には同日より、SMSおよびダイレクトメールで案内を送っているということです。なお、対象台数は16,460台(そのうち、発表時点の稼働台数は3,208台)。

続きを読む

イー・アクセス、LTE対応スマートフォン「STREAM X GL07S」のホワイトを7月18日に発売!ソフトウェア更新で7月25日からSoftBank 3Gでも利用可能に


STREAM X GL07Sのホワイトが7月18日に発売開始!

イー・アクセスは5日、同社が提供する携帯電話サービス「イー・モバイル」におけるLTE規格による高速データ通信サービス「EMOBILE LTE」に対応したAndroidスマートフォン「STREAM X GL07S」(ファーウェイ製)の新色ホワイトを2013年7月18日(木)に発売開始すると発表しています。

発売に先立ち、本日7月5日(金)よりイー・モバイル取扱店およびイー・モバイルショップで予約受付を開始したとのこと。

また、すでに販売中のブラックも含み、STREAM X GL07Sに7月25日(木)から提供予定の最新ソフトウェアを適用することによって、ソフトバンクモバイルが構築・運営する3Gネットワーク「SoftBank 3G」エリア(全国人口カバー率*3 99.99%)でも利用可能となるということです。

続きを読む

イー・アクセス、イー・モバイル向けLTE対応Androidスマートフォン「STREAM X GL07S」に新色ホワイトを追加!7月以降に発売予定


STREAM X GL07Sに新色ホワイトを追加!

イー・アクセスは14日、同社が提供する携帯電話サービス「イー・モバイル」におけるLTE規格による高速データ通信サービス「EMOBILE LTE」に対応したAndroidスマートフォン「STREAM X GL07S」(ファーウェイ製)に新色ホワイトを追加すると発表しています。2013年7月以降に発売予定。

STREAM X GL07Sは、今年3月に発売されたLTEの「UE Category4」規格や、イー・モバイル向けスマートフォンとしてはじめておサイフケータイ(Felica)に対応したモデル。これまでは、ボディーカラーがブラックのみの1色展開でしたが、好評なため今回新色を追加するということです。



続きを読む

本日発売開始のイー・モバイル向けスマホ「STREAM X GL07S」が今夏からソフトバンクモバイルの3Gエリアに対応へ!ソフトバンクWi-Fiスポットはすでに利用可能

de748b99.jpg

STREAM X GL07Sがソフトバンク3Gに今夏対応予定!

イー・アクセスは7日、本日発売を開始したイー・モバイル向けスマートフォン「STREAM X(ストリーム エックス)(型番:GL07S)」(ファーウェイ製)を今夏からソフトバンクモバイルの3G携帯電話におけるサービスエリアで利用できるように対応させることを発表しています。

これによって、STREAM X GL07Sは、イー・モバイル(EMOBILE通信サービス)の3GおよびLTE提供エリアに加えて、ソフトバンクモバイル3Gサービスエリア(全国人口カバー率99.99%)でも利用可能になります。

また、STREAM X GL07S)では、本日2013年3月7日(木)からソフトバンクモバイルが展開する公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」に対応し、各スポットでデータ通信が利用可能となります。


続きを読む

イー・モバイルのスマートフォンで「おサイフケータイ」が使える!イー・アクセスとフェリカネットワークス、モバイルFeliCaの導入と普及に関する合意事項を発表


2013年3月7日(木)よりモバイルFelicaに対応

イー・アクセスとフェリカネットワークスは21日、イー・アクセスのAndroidスマートフォンと非接触ICカード技術方式「FeliCa」を融合したモバイルFeliCaの日本国内と導入に関しての合意内容を発表している。

これにより、昨日発表されたファーウェイ製のAndroidスマートフォン「STREAM X(ストリーム エックス)(型番:GL07S)」において、おサイフケータイ機能を使った決済やクーポンの利用をすることが可能になる。

続きを読む

イー・アクセス 3月7日からLTE対応スマートフォン向けに緊急速報メールを提供開始


緊急速報メールを提供開始!

イー・アクセスは、「EMOBILE LTE」対応スマートフォン向けに「緊急速報メール」の提供を2013年3月7日(木)から開始することを発表している。

緊急速報メールは、気象庁から配信される緊急地震速報、津波警報などを対象エリアのEMOBILE LTE対応スマートフォンに対して一斉に通知するサービス。

続きを読む

イー・アクセス、EMOBILE LTE対応スマホ向け料金プラン「LTE電話プラン」およびパケット定額オプション「データ定額5」を発表!LTEスマホ割適用で月額利用料が3,880円に

7bdfaaaf.jpg

EMOBILE LTE対応スマホ向け料金プランが発表!

イー・アクセスは21日、次世代モバイル通信サービス「EMOBILE LTE」に対応したスマートフォン向けに新しく料金プラン「LTE電話プラン」および新しいデータ通信オプション「データ定額5」、さらに、月々の利用料から割り引く「LTEスマホ割」を発表しています。

今回同時に発表されたEMOBILE LTE対応スマートフォン「STREAM X GL07S」の発売に合わせて、2013年3月7日(木)から提供開始予定です。

例えば、料金プランにLTE電話プラン(にねん)をおよびデータ定額5に加入し、LTEスマホ割を適用した場合に、月々の利用料金が3,880円となります。この価格、つまり、追加料金なしで、イー・モバイルが売りにしているテザリング機能も利用可能となります。

また、すでにイー・モバイルのデータ通信を契約しているユーザーにより手軽にEMOBILE LTE対応スマートフォンに乗り換えられるように「EMモバイルブロードバンド」からの契約変更を2013年3月中に受付開始予定とのことです。

続きを読む

イー・アクセス、4.7インチHD液晶やクアッドコアCPUなどを搭載したEMOBILE LTE対応ハイエンドスマホ「STREAM X GL07S」を発表!おサイフケータイにも対応で3月7日に発売予定

e6dadbdc.jpg

STREAM X GL07Sが発表!

イー・アクセスは21日、同社が提供する携帯電話サービス「イー・モバイル」ブランドにおいてLTEサービス「EMOBILE LTE」に対応した初のAndroidスマートフォン「STREAM X(ストリーム エックス)(型番:GL07S)」(ファーウェイ製)を発表しています。発売日は、2013年3月7日(木)です。

価格は、同社が運営する直営オンラインショップ「イー・モバイルオンラインストア」においてLTE電話プラン(ベーシック)で一括72,000円、LTE電話プラン(にねん)で頭金0円+賦払金1,750円×24回、現金販売価格/割賦販売価格42,000円となっています。なお、LTE電話プラン(にねん)では、新規申込のみで、バリュースタイル加入が必須、賦払金1,750円、月額割引1,750円、支払回数24回/25ヵ月、実質年率0.0%となります。

その他、イー・モバイル取扱店およびイー・モバイル ショップ、イー・モバイルオンラインストア、 イー・モバイル カスタマーセンターにおいても販売される予定です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。