S-MAX

L-01F

NTTドコモ、今冬スマホ「LG G2 L-01F」にソフトウェア更新を提供開始!docomo ID本格導入や遠隔初期化、新しいドコモバックアップアプリなどの機能改善


NTTドコモが「LG G2 L-01F」に機能改善を行うソフトウェア更新を提供開始!

NTTドコモは16日、今冬および来春に発売する「2013-2014冬春モデル」の中で一番早く発売されたスマートフォン「LG G2 L-01F」(LGエレクトロニクス製)に機能改善や不具合修正を行うソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみでWi-Fiもしくは携帯電話ネットワーク(FOMAまたはXi)を用いて行う方法が用意されており、更新にかかる時間は約15分。更新期間は2016年12月31日まで。更新によって変更される点は以下の通りとなっています。
※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

◯主なアップデート内容
1)「docomo ID」認証の本格導入対応
端末にdocomo IDを設定することが可能になります。docomo IDを端末に設定することで、対応するサービスアプリ(2013年11月時点でdocomo ID設定に対応するサービスアプリ)でのdocomo ID入力が不要になります。
 ・機能バージョンアップと同時に更新されるアプリ
  「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager」
 ・お客様ご自身での更新が必要なアプリ(バージョンアップ後、最新版にアップデートをしてください)
  「ドコモメール」「iチャネル」「フォトコレクション」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」「ビジネスmopera あんしんマネージャー」「ショッぷらっと」
Wi-Fiオプションパスワードがdocomo IDに統合されます。バージョンアップ後は上記対応サービスアプリ(Wi-Fiオプションパスワードを利用するアプリ)をWi-Fi経由でご利用いただくためにdocomo IDを設定していただく必要があります。また、Wi-Fiオプションパスワードを利用されていた方もdocomo IDを改めて設定していただく必要があります。
 ・機能バージョンアップと同時に更新されるアプリ
  「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ドコモバックアップ」「docomo Application Manager」
 ・お客様ご自身での更新が必要なアプリ(バージョンアップ後、最新版にアップデートをしてください)
  「ドコモメール」「iチャネル」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」

2)遠隔初期化に対応
端末を紛失した際などに、パソコン(My docomo)から回線を指定して、遠隔操作で端末初期化およびSDカードのデータを消去できるサービスです。

3)新「ドコモバックアップアプリ」の提供開始
SDカードバックアップ対応項目のうち、音楽、ブックマーク、通話履歴、ユーザ辞書についてデータ保管BOXへのアップロードが可能となります。

4)機能の変更
「伝言メモ」機能について、再生時の出力をスピーカーから受話口(レシーバー)に変更します。

◯改善される事象
5)パターンロック画面にて素早くパターン入力を実施すると、miniUIMカードを認識しない場合がある。
 ※miniUIMカードにPIN1ロックがかかっている場合のみ発生


続きを読む

NTTドコモ、直営Webストア「ドコモオンラインショップ」にて最新スマホ「LG G2 L-01F」をMNPキャッシュバックキャンペーンを12月1日まで延長!増額で最大4万円に


G2 L-01F 他社からのりかえキャンペーンが延長&増額!

NTTドコモは1日、同社が運営するWebショップ「ドコモオンラインショップ」にて「2013-2014冬春モデル」の最新スマートフォン「G2 L-01F」(LGエレクトロニクス製)を携帯電話番号ポータビリティー(MNP)を利用した他社からの乗り換えで購入すると毎月の利用料から減額する形で一定額をキャッシュバックする「期間限定!G2 L-01F 他社からのりかえキャンペーン」を2013年12月1日(日)まで延長するとお知らせしています。

また、これまではキャッシュバックが10.000円でしたが、20,000円に増額されています。これにより、同じく延長されたMNPでXiスマートフォンを購入した場合に適用される「Xiスマートフォン他社からのりかえキャンペーン」との併用で最大40,000円がキャッシュバックされます。

続きを読む

NTTドコモ、直営Webストア「ドコモオンラインショップ」にて最新スマホ「LG G2 L-01F」をMNPで最大3万円キャッシュバックするキャンペーンを実施


NTTドコモが「期間限定!G2 L-01F 他社からのりかえキャンペーン」を実施!

NTTドコモは18日、同社が運営するWebショップ「ドコモオンラインショップ」にて2013-2014冬春モデルの最新スマートフォン「G2 L-01F」(LGエレクトロニクス製)を携帯電話番号ポータビリティー(MNP)を利用した他社からの乗り換えで購入すると10,000円をキャッシュバックする「期間限定!G2 L-01F 他社からのりかえキャンペーン」を2013年10月19日(土)から11月10日(日)まで実施するとお知らせしています。

キャッシュバックは月々の利用料金から減額することで実施されます。なお、MNPでXiスマートフォンを購入した場合に適用される「Xiスマートフォン他社からのりかえキャンペーン」との併用も可能とのことなので最大30,000円がキャッシュバックされることになります。

続きを読む

動画で見るNTTドコモ2013-2014冬春モデル!Androidスマートフォン&タブレット11機種12モデルなどをまとめて紹介


NTTドコモの2013-2014冬春モデルをムービーで一気にチェック!

NTTドコモは10日、2013年冬から2014年春にかけて発売および開始する予定の新機種・新サービスを発表する「2013-2014冬春モデル新商品発表会」を開催し、下り最大150Mbpsに対応したAndroidスマートフォンおよびタブレットを11機種12モデルを含む全16機種17モデルを発表しました。すでに10月11日から発売開始されており、今後も順次発売される予定となっています。

発表されたのは、Androidスマートフォンが「Xperia Z1 SO-01F」および「Xperia Z1 f SO-02F」、「GALAXY Note 3 SC-01F」、「GALAXY J SC-02F」、「LG G2 L-01F」、「ARROWS NX F-01F」、「Disney Mobile on docomo F-03F」、「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」、「SH-01F DRAGON QUEST」、「AQUOS PHONE EX SH-02F」の9機種10モデル、子供向けスマートフォン「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」の1機種、Androidタブレットが「ARROWS Tab F-02F」の1機種と、Androidを搭載した機種は11機種12モデルとなります。

これまで、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でもAndroid搭載機を中心に速報や詳細レポートを掲載してきました。そこで、今回はそれらのレポートにも掲載していた動画や協力ブログ「ゼロから始めるスマートフォン」が撮影した動画をまとめて紹介したいと思います。

動画紹介するのは、上記のAndroid搭載機種に加え、「フォトパネル 06」およびモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION L-02F」と「Wi-Fi STATION HW-01F」の2機種の総勢14機種15モデルとなります。

続きを読む

本日発売!ハイスペックで狭額縁、背面にカメラボタンとして使えるキーも配置するNTTドコモ向けLGエレクトロニクス製スマートフォン「G2 L-01F」を写真と動画でチェック【レポート】


LGの「G2 L-01F」は買いでしょ!

既報の通り、NTTドコモは10日、2013年冬から2014年春にかけて発売および開始する予定の新機種、新サービスを発表する「2013-2014冬春モデル新商品発表会」を開催し、LGエレクトロニクス製のAndroidスマートフォン「G2 L-01F(ジーツー・エルゼロイチエフ)」(以下、L-01F)を発表した。

発売日は本日10月11日(金)で、今回発表されたモデルの中で最も早く発売が開始された。発表会における展示会場でL-01Fを試すことができたので写真と動画で紹介する。なお、価格についてもすでに紹介してるので参照して欲しい。

続きを読む

ドコモスマートフォンラウンジで2013-2014冬春モデルを先行展示開始!まずはXperia Z1やG2、GALAXY Note 3、GALAXY J、最新AQUOS PHONE ZETA&ARROWS NXの6機種


ドコモスマートフォンラウンジで2013-2014冬春モデルが本日から先行展示開始!

NTTドコモは10日、今冬および来春に発売・開始するの新モデルや新サービスを披露する「2013-2014冬春モデル新商品発表会」を開催し、スマートフォンを10機種11モデル、タブレットを1機種、ケータイ2機種、モバイルWi-Fiルーター2機種、フォトパネル1機種の合計16機種17モデルの新機種を発表しました。

今回の2013-2014冬春モデルの発表を受けて、NTTドコモのショールーム「ドコモスマートフォンラウンジ」では、本日10月10日正午より全国のドコモスマートフォンラウンジにおいて新機種の展示を行っているとお知らせしています。

なお、展示されている機種は、発表された一部で今後順次増やしていくとしています。

続きを読む

NTTドコモ、2013-2014冬春モデルのうちXperia Z1/Z1 fやG2、GALAXY Note 3、GALAXY Jなど11機種を本日正午から事前予約開始!各機種の気になる価格をまとめてチェック


NTTドコモが2013-2014冬春モデル11機種を本日正午から事前予約開始!

NTTドコモは10日、今年10月11日(金)以降に発売する新商品「2013-2014冬春モデル」を発表しました。このうち年内に発売開始予定の11機種を本日10月10日(木)正午(午後12時)から発売開始日まで事前予約の受付を開始しています。

事前予約が開始されたのは、ドコモスマートフォンでは「G2 L-01F」および「GALAXY Note 3 SC-01F」、「Xperia Z1 SO-01F」、「ARROWS NX F-01F」、「GALAXY J SC-02F」、「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」、「Disney Mobile on docomo F-03F」、「Xperia Z1 f SO-02F」の8機種、ドコモタブレットでは「ARROWS Tab F-02F」の1機種、ドコモケータイでは「P-01F」および「N-01F」の2機種と「SH-03E」の新色Light Blue、さらに「フォトパネル 06」の13機種となっています。

合わせて、直営Webストア「ドコモオンラインショップ」でも事前予約が開始されており、一部機種の価格が掲載されていますので、本記事でまとめて紹介したいと思います。なお、Disney Mobile on docomo F-03FおよびXperia Z1 f SO-02F、ARROWS Tab F-02F、P-01F、N-01F、フォトパネル06の価格は未定となっています。

続きを読む

NTTドコモ、5.2インチで電池3日持ちを実現したスマホ「LG G2 L-01F」を発表!背面キー&新感覚の操作性をグローバルモデルそのままに使いやすく


NTTドコモが「LG G2 L-01F」を発表!

NTTドコモは10日、今冬および来春に発売・開始するの新モデルや新サービスを披露する「2013-2014冬春モデル新商品発表会」を開催し、5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶や2.3GHzクアッドコアCPU、2GBメモリーなどを搭載したハイスペックなAndroid 4.2(開発コード名:Jelly Bean)採用スマートフォン「G2 L-01F」(LGエレクトロニクス製)を発表しています。2013年10月11日(金)に発売開始で、本日10月10日(木)正午12時から事前予約が開始されます。

G2 L-01Fは、今年8月に発表されたLGのフラッグシップグローバルモデル「LG G2」をベースに、ワンセグやおサイフケータイ(Felica)などを追加しつつもほぼそのままにしたモデルです。

従来機種のユーザーからの要望を徹底的に分析し、それらに答える形で考えぬかれた、背面キーやノックオン(KnockON)機能と呼ばれる画面オン機能など、新感覚のユーザーエクスペリエンス(UX)を採用したユーザーフレンドリーな使いやすさを実現しています。

続きを読む

日本初披露された192kHz/24bitハイレゾ音源対応のフラグシップスマホ「LG G2」を写真と動画でチェック【レポート】

ユーザー目線に立って開発されたG2

LGエレクトロニクス・ジャパンは12日、グローバル向けのフラッグシップスマートフォン「LG G2」(以下、G2)を国内で初披露する製品説明会を開催した。G2はこれまで使用してきた「Optimus」というスマートフォンおよびタブレットのブランド名を廃止し、主力製品であるGシリーズを「G」ブランドとした後の最初のモデルとなる。気になるG2の日本での発売は、説明会では未定とのことだった。

今回は、本説明会で展示されていたグローバルモデルのG2を実機で写真を中心に各種機能を紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。