Qualcommが発表会を開催!未発表スマホ「arrows 5G」や「ZenFone 7」、「ROG Phone 3」の存在も明らかに

Qualcomm子会社のQualcomm Technologiesは25日(現地時間)、同社の公式YouTubeチャンネル( http://youtube.com/qualcomm )にてオンライン発表会「What’s next in 5G」を開催し、新たに同社のハイエンド向けチップセット(SoC)「Snapdragon 865 5G mobile platform」(以下、S865)を採用するメーカーを明らかにしています。

昨年12月にXiaomiおよびOPPOなどが挙げられていましたが、さらにASUSTeK Computer(以下、ASUS)やBlack Shark、Fujitsu Connected Technologies(以下、FCNT)、iQOO、Lenovo、Nubia、realme、Redmi、Samsung Electronics、Sharp、Sony、vivo、ZTEが採用するとのこと。

すでにSamsung Electronics製「Galaxy S20」シリーズやSharp製「AQUOS R5G」、Sony製「Xperia 1 II」などのS865を搭載したスマートフォン(スマホ)が発表されていますが、同社では未発表の「arrows 5G」や「ZenFone 7」、「ROG Phone 3」、「OPPO Find X2」といった製品も挙げています。

また現行の5G対応モデムチップ「Snapdragon X55 modem」に続く第3世代の「Snapdragon X60 modem」や6GHz帯を利用した「Wi-Fi 6E」、xRヘッドセット「Snapdragon XR2 5G Reference Design」、5G対応パソコン(PC)のサポート、5G RANプラットフォームなどを発表しています。

中でも5G RANプラットフォームを採用するという楽天モバイルでは代表取締役会長兼CEOの三木谷浩史氏が登壇し、楽天モバイルだけでなく楽天の事業を紹介しました。また5G PCのサポートでは日本では楽天モバイルに加え、KDDIやソフトバンクも含まれており、各通信事業者は2020年に5G PCに対応するとしています。

続きを読む