S-MAX

SC-04J

NTTドコモ、利用料からずっと1500円を割り引く施策「docomo with」の対象機種の販売台数が70万台を突破したことを明らかに!新たに3機種と新色1機種を追加


docomo withの対象機種が販売台数70万台突破!対象機種も3機種追加

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、今年6月1日に提供を開始したずっと月額料金が毎月1,500円(税別)割引される施策「docomo with」の対象機種が70万台を突破したことを明らかにしています。

同社代表取締役社長の吉澤和弘氏は「docomo withは好評」だとし、新たに「MONO M-01K」および「AQUOS sense SH-01K」、「らくらくスマートフォン me F-03K」の3機種を追加するほか、既存の「Galaxy Feel SC-04J」も新色「Aurora Green」を追加し、対象機種が「arrows Be F-05J」も含めて全5機種になることを紹介しました。

続きを読む

NTTドコモ、docomo with対象の4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」に新色「Aurora Green」を追加!Android 8.0 OreoへのOSバージョンアップも予定


docomoがdocomo with対象スマホ「Galaxy Feel SC-04J」に新色Aurora Greenを追加!

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約4.7インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミッドハイレンジクラススマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel SC-04J」(サムスン電子製)に新色「Aurora Green」を追加すると発表しています。

発売時期は2017年11月上旬を予定し、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約開始されおり、月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は既存色と同じで新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が36,288円(1,512円/月×24回)。

また発売時はAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)でしたが、今冬以降に最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へOSバージョンアップを予定しているということです。

続きを読む

NTTドコモ、ずっと毎月1500円割引のdocomo with対象の高コスパスマホ「Galaxy Feel SC-04J」を6月15日に発売!オンラインショップでは6月13日10時より購入手続き開始


NTTドコモがdocomo withスマホ「Galaxy Feel SC-04J」を6月15日に発売!

NTTドコモは12日、今夏以降に発売する「2017年夏モデル」のうちの約4.7インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルハイレンジクラスのAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel SC-04J」(サムスン電子製)を2017年6月15日(木)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されており、ドコモオンラインショップでは6月13日(火)10時より購入手続きが開始され、お届け日は6月15日からとなっています。

続きを読む

毎月ずっと1500円割引の新料金施策「docomo with」に対応しつつも一切の妥協なしな4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を写真と動画で紹介【レポート】


コストパフォーマンスの高いdocomoのミッドハイレンジスマホ「Galaxy Feel SC-04J」を写真と動画でチェック!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約4.7インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルハイレンジクラスのAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel SC-04J(以下、SC-04J)」(サムスン電子製)を発表しました。

発売時期は2017年6月中旬を予定しており、すでにらドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されています。毎月の利用料からずっと1,500円が割り引かれる新料金施策「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が36,288円(1,512円/月×24回)。

今回、発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてSC-04Jを触る機会がありましたので、写真と動画でレポートをお送りいたします。なお、詳細な製品情報については「NTTドコモ、4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を発表!防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグ、指紋認証、VoLTEに対応したバランスの良いモデルで、6月中旬発売 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

NTTドコモが「2017年夏モデル」の事前予約受付を実施中!Xperia XZs SO-03Jを含めた各機種の価格をまとめて紹介ーーGalaxy S8+ SC-03Jは本体代10万円超えに


docomo 2017 Summer Collectionの各スマホ・タブレットの価格をチェック!

既報通り、NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、新たにスマートフォン(スマホ)7機種およびタブレット1機種を発表しました。

発表されたのは、スマートフォン(スマホ)が「Xperia XZ Premium SO-04J」および「Xperia XZ SO-03J」、「Galaxy S8+ SC-03J」、「Galaxy S8 SC-02J」、「Galaxy Feel SC-04J」、「AQUOS R SH-03J」、「arrows Be F-05J」の7機種、タブレットが「dtab Compact d-01J」の1機種。

すでにこれらの機種については全国ドコモショップおよび公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのオンライン予約にて事前予約受付が開始されており、発売日が近いdtab Compact d-01JやXperia XZs SO-03Jについてはドコモオンラインショップの購入手続きも開始しています。

今回はこれらの8機種に加えて新色ホワイトが7月に発売予定のディズニースマホ「Disney mobile on docomo DM-01J」も加えた9機種の価格をまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、ずっと月額料金が1500円割引になる新料金施策「docomo with」を発表!対象機種を購入すると加入でき、SIMフリー端末で使っても割引可能、子回線なら月額280円からに


NTTドコモが新割引施策「docomo with」を発表!毎月1,500円引きに

既報通り、NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、新たに対象製品を購入した場合に月々の利用料金から毎月1,500円を割り引く料金プラン「docomo with」を2017年6月1日(木曜)より提供開始すると発表しています。

docomo withはスマートフォン(スマホ)などの1つの製品を長く使う場合にお得になる料金プランで、対象製品を購入することで加入でき、月々の利用料金から毎月1,500円が割引されます。ただし、対象製品はこれまで実施されてきた「月々サポート」や「端末購入サポート」といった端末への割引が付かないため、本体価格をそのまま支払わなければなりません。なお、本体価格は一括払いだけでなく、分割払いでもOKです。

対象の基本料金プランはカケホーダイプラン(スマホ/タブ)およびカケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)、シンプルプラン(スマホ)で、これにspモードとパケットパックの契約が必要で、例えば、家族3人でスマホを利用している場合、基本プランとspモード、パケットパックの合計金額が1人当たり毎月平均2,013円から利用できます。1台/1契約のみなら月額3,400円から利用可能。

対象機種は同時に発表された「arrwos Be F-05J」および「Galaxy Feel SC-04J」の2機種のみ。既存機種は現時点では対象にする予定はないようで、今後発表・発売する製品についてはこれらの対象製品の販売状況やdocomo withの契約状況を見て検討していくとのこと。

また発表会のプレゼンテーションでは同社代表取締役社長の吉澤和弘氏から「(対象製品を購入後に)SIMフリーに乗り換えたりして、SIMカードをSIMフリーに差し替えても割引は継続する」と紹介し、特に購入したdocomo with対象製品だけでしか使えないというものではないということです。

なお、すでに対象のarrwos Be F-05JとGalaxy Feel SC-04Jについては本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格(税込)が案内されていて、arrows Be F-05Jが28,512円(1,188円/月×24回)、Galaxy Feel SC-04Jが36,288円(1,512円/月×24回)となっています。

その他、2017年7月31日(月)までにdocomo withに契約した場合に抽選でdポイントが最大77,777ポイント(1等:100人)や7,777ポイント(2等:1000人)、777ポイント(3等:10000人)が当たる「docomo withスタートキャンペーン」も実施されます。arrows Be F-01Jは6月1日発売、Galaxy Feel SC-04Jは6月中旬発売予定。金額は特に記載がない場合は税別。

続きを読む

NTTドコモ、2017夏モデルを発表!スマホ7機種やタブレット1機種の合計8機種+新色1機種――新料金プラン「docomo with」や4K・HDR、みえる留守電、進化版スグ電、下り最大788Mbpsなど


NTTドコモが8機種・新色1機種の2017夏モデルを発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する「2017年夏モデル」を発表しています。また、本日12:00から都内でこれらの新商品および新サービスを披露する発表会を開催し、発表会の模様は「YouTube」や「ニコニコ生放送」といった各動画配信サイトにてライブ配信およびオンデマンド配信が行われ、また公式Twitterアカウント「@docomo」や公式Facebookページ「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿しています。

発表されたのは、スマートフォン(スマホ)が「Xperia XZ Premium SO-04J」および「Xperia XZ SO-03J」、「Galaxy S8+ SC-03J」、「Galaxy S8 SC-02J」、「Galaxy Feel SC-04J」、「AQUOS R SH-03J」、「arrows Be F-05J」の7機種、タブレットが「dtab Compact d-01J」の1機種と合計8機種を投入します。また今年2月に発売されたディズニースマホ「Disney mobile on docomo DM-01J」の新色ホワイトも発売されることが発表されました。

すでにこれらの機種については全国ドコモショップおよび公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのオンライン予約にて事前予約受付が開始されています。さらに、旗艦店「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋では順次展示も実施しています。

さらに以前に発表していた家族間のみの通話定額が利用できる月額980円(税別)の新料金プラン「シンプルプラン」の申込が本日5月24日に開始されたほか、新たに月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」も発表され、対象機種はGalaxy Feel SC-04Jとarrows Be F-05Jの2機種でそれぞれ価格(税込)は36,288円(1,512円/月×24回)および28,512円(1,188円/月×24回)と購入しやすくなっています。

一方、サービス面ではLTE-Advancedの技術要素のひとつである「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」が変調方式「256QAM」やマルチアンテナ「4x4 MIMO」に加えて、新たに伝送モードを変更して制御チャンネルの情報量を減らすことによって国内最速の下り最大788Mbpsを2017年8月以降に対応するXperia XZ Premium SO-04JやGalaxy S8+ SC-03J、AQUOS R SH-03J、すでに販売しているモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」にて利用可能となるとのこと。

また昨年夏に導入された「スグ電」がさらに進化し、話した「バイバイ」や「じゃーね」、「ほな、さいなら」などといった内容で終話することでできるようになります。その他、新サービスとしても「dジョブ」や「dエンジョイパス」も導入され、ホームコミュニケーションデバイス「petoco(ペトコ)」も共同開発で提供されます。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

NTTドコモ、4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を発表!防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグ、指紋認証、VoLTEに対応したバランスの良いモデルで、6月中旬発売


docomoが4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約4.7インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルハイレンジクラスのAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel SC-04J」(サムスン電子製)を発表しています。

発売時期は2017年6月中旬を予定しており、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。なお、月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が36,288円(1,512円/月×24回)です。

NTTドコモだけのオリジナルモデルで、新しくGalaxy Feelというペットネームで投入され、既存の「Galaxy」シリーズのディスプレイの下中央に指紋センサーを兼ねたホームキーなどのナビゲーションキーを搭載するスタイルを継承し、昨夏モデル「Galaxy S7 edge」(NTTドコモ向けは「Galaxy S7 edge SC-02H」)のエッジスクリーンではなく、2.5Dラウンドガラスとメタルボディーで高級感かつ手に収まるちょうど良いサイズの製品になっています。

続きを読む

NTTドコモ向けと見られるサムスン電子製スマホ「SC-04J」がFCC通過!Galaxy A3ベースの4.76インチ小型ハイスペックモデルとして2017年夏モデルへ


GalaxyシリーズのNTTドコモ向け「SC-04J」がFCC通過!

米連邦通信委員会(FCC)は19日(現地時間)、NTTドコモ向けスマートフォン(スマホ)と見られるサムスン電子製「SC-04J」(FCC ID「A3LSC04J」)が通過したことを公開しています。

公開された資料からNTTドコモ向けであることを示す内容はないものの、過去のサムスン電子製品のFCC IDおよびNTTドコモの型番ルールから考えると、NTTドコモ向けである可能性が高いと見られます。

また資料より「Galaxy A3 2016(型番:SM-A310)」に近いものの、サイズや電池容量などが異なるため、Galaxy A3 2016をベースにした派生モデルと予想されます。どちらにしても画面サイズが4.76インチ(121mm)の小型の比較的ハイスペックな機種になるようです。

なお、NTTドコモ向けにすでに最新フラッグシップスマホ「Galaxy S8 SC-02J」および「Galaxy S8+ SC-03J」も投入すると見られており、これらが縦横比18.5:9の縦長画面ながら約5.8インチと約6.2インチと大型なため、これらに対して小さな機種を合わせて揃えてくるという可能性はありそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。