S-MAX

SCL23

KDDI、au向けスマホ「Galaxy S5 SCL23」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


auスマホ「Galaxy S5 SCL23」がAndroid 6.0に!

KDDIは5日、2014年発売のau向けサムスン電子製スマートフォン(スマホ)「Galaxy S5 SCL23」に対してより新しいプラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年9月7日(水)10時より提供開始するとお知らせしています。

更新は本体のみでネットワーク(Wi-Fiまたは3G、LTE、WiMAX 2+)経由で行う方法とUSBケーブルでパソコンと接続して行う方法が用意されており、更新時間は本体のみのWi-Fiおよび4G(LTEおよびWiMAX 2+)で約45分、3Gで約100分、パソコンを使って約35分。なお、利用する回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとしています。

アップデートファイルサイズは本体のみで約1GB、パソコンを使って約1.5GB。更新によって変更される点は主にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップに伴う内容で、以下の通り。

・Android 6.0による機能・操作性の向上
 詳しくは以下のページをご確認ください。
 OSアップデートにおける主な機能追加について(2.8MB)[PDF資料]

 ・OSアップデート前に指紋認証をご利用の場合、OSアップデート直後はロックスクリーン解除画面でバックアップパスワードが必要になります。
 ※バックアップパスワードは指紋認証登録時に設定したパスワードです。
 ・OSアップデート後は画面デザインや一部の操作方法が変更となります。事前に変更点をご確認下さいますようお願い致します。
 ・OSアップデート後は端末の設定の一部が初期状態にリセットされます。OSアップデート完了後、再度設定を行ってください。初期化される設定については、下記の「OSアップデートによる設定初期化/削除・名称変更項目」をご確認ください。
  OSアップデートによる設定初期化/削除項目(566KB)[PDF資料]
 ・アプリのバージョンが古い状態でOSアップデートを行うと、アップデート後にエラーメッセージが表示されることがあります。その際はアプリのアップデートを行ってください。
 ・「安心セキュリティパック」の位置検索・リモートロックサービスは新しいAndroid OSの更新ファイル(Android 6.0)に対応しておりません。OSアップデートを実施される場合は、「安心セキュリティパック」のオプションサービス廃止をお客さまご自身でお手続きをお願い致します。
  安心セキュリティパック 解約お手続き
  ※auスマートパスにご加入の方は、Lookout for auを設定する事により引き続き位置検索・リモートロックサービスをご利用いただくことができますのでご利用ください。

※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にGalaxy S5 SCL23をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

KDDI、Android 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップ予定機種を案内!au向けXperia Z4・Z5やGalaxy S5・S6、SHV32、HTV31、LGV32、TORQUE G02など合計12機種


auのAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップ予定機種が案内!

KDDIは4日、au向けのAndroidを搭載したスマートフォン(スマホ)およびタブレットにおいて最新バージョン「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧をお知らせしています。

最も古い機種は先行して発表しているNTTドコモと同じ2014年夏モデル「GALAXY S5 SCL23」ですが、それ以外は主に2015年夏モデル以降といったところです。

Galaxy(GALAXY)シリーズが5機種、Xperiaシリーズが3機種、HTC J butterfly HTV31およびisai vivid LGV32、AQUOS SERIE SHV32、TORQUE G02の合計12機種に提供される予定。ただし、NTTドコモと異なり、auでは今回発表した機種以外についてはOSバージョンアップをしないとは明記されていません。

可能性としては低いとは思われますが、実際に先日にAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)へのOSバージョンアップの予定リストには含まれていなかった「HTC J butterfly HTL23」に提供されることが案内されています。

続きを読む

KDDI、au向けサムスン電子製2014年夏スマホ「GALAXY S5 SCL23」にAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを提供開始


GALAXY S5 SCL23がAndroid 5.0 Lollipopに!

KDDIは9日、昨夏に発売したau向けサムスン電子製スマートフォン(スマホ)の「GALAXY S5 SCL23」により新しいプラットフォーム「Android 5.0(開発コード名:Lollipop)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

案内されている主な変更点は以下の通り。更新はGALAXY S5 SCL23の本体のみで3Gおよび4G(LTEおよびWiMAX 2+)、無線LAN(Wi-Fi)にて行なう方法とパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行なう方法が用意されており、更新にかかる時間は単体で4GまたはWi-Fiなら約30分、3Gなら約40分、パソコンでなら約12分、アップデートファイルサイズは単体なら約1GB、パソコンなら約2.4GBとなっています。

・Android 5.0による機能・操作性の向上
1)統一感のある画面デザイン、背景カラーに変更
2)ロックスクリーン画面の通知がポップアップ表示になり視認性が向上

詳しくは以下のページをご確認ください。
 OSアップデートにおける主な機能追加について(403KB) [PDF]
※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にGalaxy S5 SCL23をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

他社人気機種の下取り合戦に!?ソフトバンク、XperiaなどをMNP時に最大43200円で買い取る「のりかえ下取りプログラム」を実施


ソフトバンクがMNP時に他社製品を買い取る「のりかえ下取りプログラム」を実施!

ソフトバンクモバイルは16日、他社からの乗り換え(MNP)で新料金プラン「スマ放題」に加入すると他社の携帯電話を最大43,200円(税込)で下取りするキャンペーン「のりかえ下取りプログラム」を2014年9月19日(金)から期間限定で実施すると発表しています。キャンペーン期間は2014年10月31日(金)まで。

下取りするのはスマートフォン(スマホ)だけでなく、従来の携帯電話機についても24,240円で行い、乗り換え対象機種はソフトバンクモバイルの「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」、SoftBankスマートフォン、シンプルスマホ、SoftBank 3Gケータイとなっています。なお、MNPはディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクおよびワイモバイルからは対象外。

続きを読む

WiMAX 2+接続で速いのはどっち?モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」とスマホ「GALAXY S5 SCL23」のテザリングでスピードテストしてみた【レポート】


shimajiro@mobiler

UQコミュニケーションズの高速通信サービス「WiMAX 2+」に対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」(以下、NAD11)と、同じくWiMAX 2+にも対応しているau向けスマートフォン「GALAXY S5 SCL23」(以下、GALAXY S5)をともにWiMAX 2+に接続した状態で通信速度を測定してみた。

比較のためにGALAXY S5 SCL23もテザリングを有効にし、NTTドコモのスマートフォン「Xperia Z2 SO-03F」からNAD11とGALAXY S5にそれぞれ無線LAN(Wi-Fi)接続してスピードテストを行った。

続きを読む

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11で契約中のSIMカードをau向け「GALAXY S5 SCL23」に装着しても携帯電話ネットワークは接続不可!なぜかau Wi-Fiは利用可能【レポート】


shimajiro@mobiler

UQコミュニケーションズの高速通信サービス「WiMAX 2+」に対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」で契約中のSIMカードをau向けスマートフォン「GALAXY S5 SCL23」に装着して利用できるのか?を試してみた。

結果としては、残念ながら携帯電話ネットワークについてはエントリーに失敗し、接続することができなかった。

続きを読む

特許戦争なんのその!?指紋センサー以外にも地味にiPhoneに歩み寄るーーSamsungの最新スマホ「GALAXY S5」で導入されたダイレクトアクセスを紹介【レビュー】


GALAXY S5のダイレクトアクセスを紹介!

国内でもNTTドコモとauから販売中のSamsungのフラッグシップスマートフォン「GALAXY S5」。同社のAndroidを搭載した主力モデル「GALAXY Sシリーズ」もすでに5世代目となったわけですが、当初は、先行するApple製「iPhoneシリーズ」のデザインやユーザーインターフェース(UI)を模倣し、現在に至るSamsungとAppleの特許戦争につながっていますが、当時はある意味で世界的メーカーの恥も外聞もない本気度を感じたものです。

しかしながら、その後、Samsungがスマートフォンの世界シェアでNo.1になったこともあってか、現在では、一見すればサイズの違いだけではなく、デザイン的にも操作的にもiPhoneとはまったく異なる製品になっています。

一方で、逆にここ最近では昨年リリースされた「iOS 7」や、つい先日発表された「iOS 8」のようにAppleがAndroidの通知エリアやSamsungのS Healthなどを取り入れているのではないかといった議論もあります。

ただし、どちらの製品もスレートタイプのタッチ操作となっていることからより多くの人が利用しやすい操作性は大きく異なることはないでしょうし、健康管理や機器連携などといった現在のIT業界のトレンドもまた大きくズレることはないことを考えれば、どちらが先かというのはあまり意味がないところとなっています。

むしろ大きな技術革新でもない限りは、ユーザーからしてみれば同じような操作性にしておいてくれたほうがありがたいといったシーンもあります。そこで、今回は、最新のGALAXY S5でiPhone(というか、iOS)に歩み寄った(というより、同じにした)操作のひとつ「ダイレクトアクセス」を紹介したいと思います。えぇ、ホームキーに搭載された「指紋センサー」の話ではないのです!

続きを読む

暗い夜道に心強い味方!Samsungの最新スマホ「GALAXY S5」とスマートウォッチ「Gear 2」の緊急メッセージ送信機能を利用してみた【レビュー】


GALAXY S5には防犯機能が!

サムスン電子の最新スマートフォン「GALAXY S5」には、防犯機能として緊急メッセージ送信機能が搭載されています。この機能は電源ボタンを3回押すだけで事前登録した4つまでの連絡先にGPS付きSMSを送信すると同時に、防犯ブザーを鳴らすことができる機能です。

また、GALAXYシリーズと連携できるスマートウォッチ「Gear 2」でも同様にGALAXY S5を通して緊急メッセージ送信機能を利用することができ、危険な時に効果を発揮できます。

この種の機能は、らくらくホンシリーズやキッズケータイには搭載されていましたが、フラグシップモデルに搭載されたことで、若い女性など幅広い世代に嬉しい機能ではないでしょうか。

今回は、この緊急メッセージ送信機能について紹介していきます。なお、本記事ではNTTドコモ向け「GALAXY S5 SC-04F」を使用していますが、au向け「GALAXY S5 SCL23」でも画面など含めほど同様だと思われますので参考になればと思います。

続きを読む

子供も安心してスマホを楽しめる!Samsungの最新スマホ「GALAXY S5」に新しく追加された「キッズモード」を使ってみた【レビュー】


GALAXY S5にキッズモードが!

NTTドコモから「GALAXY S5 SC-04F」、auから「GALAXY S5 SCL23」が発売中のサムスン電子の最新フラッグシップスマートフォン「GALAXY S5」は、日本向けGALAXYシリーズとして初めて防水・防塵に対応し、指紋認証機能も搭載するなど注目のハイスペックモデルなっています。

また、0.3秒高速オートフォーカスカメラ、心拍数モニターなどの先進的な注目機能を搭載していますが、実は子供にスマートフォンを使わせるのに適した「キッズモード」機能も追加されています。

知育系アプリが増え、子供に使わせたいものは数あれど、誤発信などの情報管理が怖くてなかなか導入できないという人も多いのではないでしょうか。そこで、キッズモードを利用すると使わせたいアプリだけを起動できるので存分に遊ばせることができるようになります。

筆者も2歳児の母親ということでさっそくGALAXY S5のキッズモードを使ってみましたのでレビューしたいと思います。

続きを読む

実は使えます!最新スマホ「GALAXY S5」でNoteシリーズプリインストールの「Sノート」と「スクラップブック」を活用しよう【レビュー】


GALAXY S5でもSノートとスクラップブックが使える!

NTTドコモから「GALAXY S5 SC-04F」、auから「GALAXY S5 SCL23」が発売中のサムスン電子の最新フラッグシップスマートフォン「GALAXY S5」は、待望の防水・防塵に対応したほか、0.3秒の高速オートフォーカスカメラや指紋認証機能も搭載したハイスペックスマートフォンです。

筆者は同じサムスン電子製のNTTドコモ向けスマートフォン「GALAXY Note 3 SC-01F」を愛用しているのですが、専用スタイラスペン「Sペン」に最適化されたノートアプリ「Sノート」と「スクラップブック」を使い込んでいました。

そのため、GALAXY S5にするとこれらのSノートなどのデータが無駄になってしまうなと思っていたところ、GALAXY S5でもサムスン電子が提供する独自アプリ配信マーケット「Samsung Apps」からGALAXY S5にダウンロードできる事が分かりましたので、今回はその利用方法を紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。