S-MAX

SH-01M

圧倒的な軽さと描画品質のシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS zero2」を写真と動画で紹介!NTTドコモやau、SoftBankから発売【レポート】


今冬発売のシャープ製ハイエンドスマホ「AQUOS zero2」をタッチ&トライ!各キャリアから発売

既報通り、NTTドコモは11日、都内にて「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、毎秒240回の書き換え表示に対応した有機ELディスプレイを搭載するシャープ製ハイエンドスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SH-01M」を今冬に発売すると発表しました。

前機種となる「AQUOS zero」は6.2インチの大画面にも拘らず、重さ146gという超軽量を最大の特徴としたハイエンドスマホでしたが、SoftBankおよびSIMフリー版のみで、NTTドコモやauでの取り扱いがありませんでした。残念な思いをしたシャープファンも多かったと聞き及んでいますが、ついにその後継機種が満を持して登場です。

そんなAQUOS zeroシリーズの最新モデル「AQUOS zero2」がNTTドコモのほか、au向け「AQUOS zero2 SHV47」およびSoftBank向け「AQUOS zero2」がともに2020年1月下旬以降に発売されます。各社ともに詳細な発売日は後日案内予定で、価格もまだ発売が先となているので未定となっています。

そこで今回は、そんなAQUOS zero2についてNTTドコモの発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてデモ画面のみの試作機でしたが、実機が展示されていましたので細かなデザインや仕様について知ることができたことを中心に写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む

NTTドコモ、4倍速表示の6.4型有機EL搭載の最新フラッグシップスマホ「AQUOS zero2 SH-01M」を発表!今冬発売で価格はや8万2080円を見込む


docomoスマホ「AQUOS zero2 SH-01M」が登場!今冬発売で価格は約8万円に

NTTドコモは11日、今冬から来春かけて発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、新開発の4倍速の高速表示を実現した約6.4インチFHD+有機ELディスプレイを搭載したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SH-01M」(シャープ製)を発表しています。

今年9月に発表されたシャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS zero2」のNTTドコモ版で、昨年発売された同社初の有機ELディスプレイ搭載の新しいフラッグシップスマホとなった「AQUOS zero」に続いて大画面な高性能製品ながら超軽量設計で約143gとなっており、独自の放熱設計と2つの充電ICを併用して充電時の発熱を抑える「パラレル充電」によって充電しながらでも長時間のゲームプレイが安心して楽しめるとのこと。

昨年のAQUOS zeroはSoftBankおよびSIMフリーのみで販売されていましたが、今回のAQUOS zero2はすでに先行して発表されているau版に続いてNTTドコモからも発売されることになりました。なお、背面に「docomo」ロゴなどがありますが、本体カラーもau版と同じくアストロブラックおよびミスティホワイトの2色展開となっています。

発売時期は今冬を予定していますが、auでは2020年1月下旬以降に発売予定としているため、恐らく同時期に発売となる見込み。販売はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて行われ、後日事前予約受付が実施される予定。なお、価格(税込)は未定ながら直営店では本体価格が82,080円程度となる見込みで、スマホおかえしプログラムの対象となる予定です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。