S-MAX

SHV47

KDDI、軽量141gで6.4型有機EL搭載のau向けフラッグシップスマホ「AQUOS zero2 SHV47」を1月31日に発売!価格は9万7200円で購入キャンペーンも実施


auスマホ「AQUOS zero2 SHV47」が1月31日発売!購入キャンペーンで5千円還元も

KDDIおよび沖縄セルラー電話は28日、携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」のうちの新開発の4倍速の高速表示を実現した約6.4インチFHD+有機ELディスプレイを搭載したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2(型番:SHV47)」(シャープ製)を2020年1月31日(金)に発売すると発表しています。

すでに発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店の店頭や公式Webショップ「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(金額はすべて税込)はau Online Shopなどの直営店では97,200円(分割2,700円/月×36回)です。また36回払いで25ヶ月目以降に返却すると残りの残債が免除される「アップグレードプログラムNX」の対象で、利用すると実質負担額は64,800円から。

さらにシャープではAQUOS zero2 SHV47を購入して応募して専用Webページから応募するとau WALLET残高へ5,000円(不課税)をプレゼントするキャンペーン「AQUOS zero2 デビューキャンペーン」( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/zero2cp/au/ )を実施します。購入期間は3月15日(日)まで、応募期間は3月22日(日)まで。

続きを読む

シャープ、最新フラッグシップスマホ「AQUOS zero2」が世界最軽量141gになると発表!2020年1月下旬に発売予定。Google Play ギフトコード2千円分プレゼントも


シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS zero2」が世界最軽量141gに!

シャープは11日、今年9月に発表した同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2」の詳細な仕様が確定して世界最軽量をさらに更新して約141gを達成したと発表しています。当初は暫定値として約143gと表明していましたが、その後、部品の見直しなどによりさらなる軽量化に成功したとのこと。

これにより、最終数値として世界最軽量の前機種「AQUOS zero」からさらに約5gの軽量化となる約141gを達成したことになります。なお、AQUOS zero2は現時点でNTTドコモから「AQUOS zero2 SH-01M」およびauから「AQUOS zero2 SHV47」、SoftBankから「AQUOS zero2 906SH」として020年1月下旬以降に順次発売予定です。

各社ともにドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップ、量販店などの各取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」にて予約受付を実施する予定。価格は未定ながらNTTドコモでは直営店では本体価格が82,080円程度となる見込みで、スマホおかえしプログラムの対象となる予定だとしています。

なお、シャープでは各社のAQUOS zero2の購入を検討している場合に2020年1月7日(火)までに特設Webページ「買うかも宣言」( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/zero2precp/ )に登録し、後日、AQUOS zero2を購入して「AQUOS zero2デビューキャンペーン」に応募すると、特典としてGoogle Play ギフトコード2,000円分をもれなくプレゼントするキャンペーンを実施しています。

続きを読む

圧倒的な軽さと描画品質のシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS zero2」を写真と動画で紹介!NTTドコモやau、SoftBankから発売【レポート】


今冬発売のシャープ製ハイエンドスマホ「AQUOS zero2」をタッチ&トライ!各キャリアから発売

既報通り、NTTドコモは11日、都内にて「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、毎秒240回の書き換え表示に対応した有機ELディスプレイを搭載するシャープ製ハイエンドスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SH-01M」を今冬に発売すると発表しました。

前機種となる「AQUOS zero」は6.2インチの大画面にも拘らず、重さ146gという超軽量を最大の特徴としたハイエンドスマホでしたが、SoftBankおよびSIMフリー版のみで、NTTドコモやauでの取り扱いがありませんでした。残念な思いをしたシャープファンも多かったと聞き及んでいますが、ついにその後継機種が満を持して登場です。

そんなAQUOS zeroシリーズの最新モデル「AQUOS zero2」がNTTドコモのほか、au向け「AQUOS zero2 SHV47」およびSoftBank向け「AQUOS zero2 906SH」がともに2020年1月下旬以降に発売されます。各社ともに詳細な発売日は後日案内予定で、価格もまだ発売が先となているので未定となっています。

そこで今回は、そんなAQUOS zero2についてNTTドコモの発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてデモ画面のみの試作機でしたが、実機が展示されていましたので細かなデザインや仕様について知ることができたことを中心に写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む

au向けフラッグシップスマホ「AQUOS zero2 SHV47」を発表!4倍速表示の6.4型有機ELやS855、8GB RAM、FeliCa、防水・防塵などで2020年1月下旬発売


auスマホ「AQUOS zero2 SHV47」が登場!2020年1月下旬に発売

KDDIおよび沖縄セルラー電話は10日、今秋冬に発売する携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」として新開発の4倍速の高速表示を実現した約6.4インチFHD+有機ELディスプレイを搭載したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2(型番:SHV47)」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2020年1月下旬以降を予定し、発売に先立って10月11日(金)10時より事前予約受付を実施し、販売はauショップや量販店などのau取扱店の店頭や公式Webショップ「au Online Shop」などにて行われます。なお、価格は後日案内予定。

続きを読む

シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS zero2」を写真と動画で紹介!新開発の倍速表示OLEDで新しいゲーミング体験を開拓する【レポート】


シャープが考えるゲーミングに最適な高性能スマホ「AQUOS zero2」を発表!

既報通り、シャープは25日、都内にて「スマートフォン『AQUOS』の秋冬モデル新製品発表会」を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2」およびスタンダードスマホ「AQUOS sense3」、「AQUOS sense3 plus」を発表した。AQUOS zero2は今冬、AQUOS sense3は今秋以降、AQUOS sense3 plusは今冬以降に発売される。

同社のAQUOSシリーズのスマホには、ビジュアルコミュニケーションに重きを置いたフラグシップモデル「AQUOS R」シリーズと、価格を抑えた使いやすさを追求したスタンダードモデル「AQUOS sense」シリーズがあり、そして昨年、新たにラインナップに追加された「AQUOS zero」シリーズがある。

このAQUOS zeroシリーズには自社開発のOLED(有機EL)ディスプレイを搭載し、初代製品となったAQUOS zeroは約6.2インチの大画面ながら約146gという軽量化を実現した。製品の方向性としては、大画面表示と軽くて持ちやすいハイスペックスマホということで、その後、“ゲーミングスマホ”としても打ち出しており、eスポーツイベントの「RAGE 2019 Spring」に協賛してゲーマーにアピールしていた。

今回発表されたAQUOS zeroシリーズの第2世代となるAQUOS zero2は、そんなゲーミングスマホをシャープらしい目線で定義するモデルとなり、大画面かつ軽量といった製品コンセプトは継承している。そこで本記事では発表会には手に取って試すことができる実機展示はなかったが、製品の特徴であるOLEDディスプレイおよび外観について写真や動画を交えて紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。