S-MAX

ZenFone

ASUS JAPAN、公式Webストア「ASUS Shop Online」を「ASUS Store」としてリニューアルオープン!URLも変更され、10%OFFクーポンプレゼントなどのキャンペーンも実施中


エイスースの公式オンラインショップが「ASUS Store」としてリニューアル!

ASUS JAPANは23日、同社の公式Webストア「ASUS Shop Online」を新たに名称を「ASUS Store」として2018年10月23日(火)12:00にリニューアルオープンしたと発表しています。

またURLも従来の https://shop.asus.co.jp/ から https://jp.store.asus.com/ に変更されており、既存のASUS Shop Onlineについてはすでに10月22日に閉鎖されています。

さらに合わせてリニューアルオープンキャンペーンを開催しており、お得な製品を多数用意しているほか、ASUS Storeの公式LINE@アカウントを友だち登録すると、ASUS StoreまたはASUS Store Akasakaにおいて対象商品が10%OFFになるクーポンコードがプレゼントされています。

なお、今までのASUS Shop Onlineで登録していた会員情報は、新しいASUS Storeには引き継がれないとし、新しいASUS StoreではASUSTeK Computerのサービス全般で使用しているASUSアカウントを使用するようになっているとのことです。

続きを読む

日本初のAndroid Goとなるか!?エイスースの低価格スマホ「ZenFone Live (L1) ZA550KL」が技適通過。モトローラ「Moto Z3 Play」なども


Android Goスマホ「ASUS ZenFone Live (L1)」などが技適通過!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、2018年5月以降の電波法に基づく技術適合証明および工事設計認証(いわゆる「技適」)を取得した機器を追加しています。

これにより、ASUSTeK Computer(以下、エイスース)の「Android Go」搭載スマートフォン(スマホ)「ZenFone Live (L1)」(型番:ZA550KL)に相当する「ASUS_X00RD」やMotorola Mobility(以下、モトローラ)の拡張機能「Moto Mods」に対応したミッドハイレンジスマホ「Moto Z3 Play」に相当する「XT1929-8」などが新たに技適を取得していることが明らかになりました。

技適を取得したからといって必ずしも日本で発売されるわけではありませんが、認証されるにはそれなりにコストがかかるため、少なくとも日本投入に向けて準備しているものと見られます。その他にもすでに発売が発表されているOPPO Mobile Telecommunications(以下、オッポ)なども通過しているのでそれらもまとめて紹介します。

なお、エイスースについては他にも以前に一部ECサイトにて製品ページが公開されていた「ZenFone Max (M1)」(型番:ZB555KL)も技適を通過しているものの、現時点では日本での正式な販売に関しては案内されていないのは気になりますが、ZenFone Live (L1)が発売されれば日本では初のAndroid Goスマホとなりそうです。

続きを読む

ASUS JAPAN、最新SIMフリースマホ「ZenFone 5Z」や「ZenFone 5」、「ZenFone 5Q」が10%OFFになる買い替えキャンペーンを7月31日まで実施!旧機種のシリアルナンバー入力で割引


エイスースが「GO! UPGRADE 5」ZenFone 5買い替えキャンペーン!

ASUS JAPANは11日、最新スマートフォン(スマホ)「ZenFone 5」シリーズの発売を記念して初代ZenFone 5(A500KL)をはじめとした第一世代ZenFoneラインナップから新世代ZenFone 5シリーズへの買い替えで10%OFFとなる『「GO! UPGRADE 5」ZenFone 5買い替えキャンペーン』を実施するとお知らせしています。

割引対象機種は新しいZenFone 5シリーズの「ZenFone 5Z(型番:ZS620KL)」および「ZenFone 5(型番:ZE620KL)」、「ZenFone 5Q(型番:ZC600KL)」の3機種で、ZenFone 5Zが通常69,800円が62,820円に、ZenFone 5が通常52,800円が47,520円に、ZenFone 5Qが通常39,800円が35,820円になります(価格は税抜)。

期間は2018年6月11日(月)から2018年7月31日(火)まで。キャンペーンWebページ( https://shop.asus.co.jp/zenfone/upgrade5/ )にて対象の旧機種のシリアルナンバー(IMEI)を入力してクーポンを発行し、公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」および直営店「ASUS Store Akasaka」にて割引価格で購入できます。

続きを読む

ASUS JAPAN、最新フラッグシップスマホ「ZenFone 5Z ZS620KL」を6月15日に発売!SIMフリーで価格は7万5384円に。S845や6GB RAM、128GBストレージなど


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 5Z ZS620KL」が6月15日発売!

ASUS JAPANは13日、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 5」シリーズの上位モデル「ZenFone 5Z(型番:ZS620KL)」(ASUSTeK Computer製)を2018年6月15日(金)に発売すると発表しています。価格はすでに案内されているようにオープンながら希望小売価格が69,800円(税抜)。

すでに公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」などにて本日5月15日より予約販売が開始されており、Amazon.co.jpなどのECサイト、ヨドバシカメラなどの量販店のほか、仮想移動体通信事業者(MVNO)などとなっています。

なお、同社では2018年7月31日(火)まで対象の「ZenFone」シリーズの旧機種のシリアルナンバーを入力することで公式Webストアや直営店「ASUS Shop Akasaka」でZenFone 5シリーズ3機種が10%OFFになる『「GO! UPGRADE 5」ZenFone 5買い替えキャンペーン』を実施しており、ZenFone 5Zはクーポン適用で62,820円(税抜)で購入できるようになっています。

続きを読む

Snapdragon 845や6GB RAM、DSDVなどの高性能で7万円台!エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 5Z」と「ZenFone 5」で対応したAI機能を写真と動画で紹介【レポート】


ZenFone 5・5ZのAIがスマホを次の進化をもたらす!写真と動画でチェック

既報通り、ASUS JAPANは15日、新製品発表会「#Back To 5 ~AIで新たなる境地へ~」を都内にて開催し、新たに日本にてASUSTeK Computer(以下、ASUS)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 5Z(型番:ZS620KL)」(以下、ZenFone 5Z)や「ZenFone 5(型番:ZE620KL)」(以下、ZenFone 5)などを発表した。

両機種ともにSIMフリー製品として公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」や直営店「ASUS Shop Akasaka」をはじめ、ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)などで販売され、ZenFone 5はすでに5月18日発売で価格は52,800円、上位モデルのZenFone 5Zは6月下旬発売を予定しており、価格は69,800円(金額はすべて税別)である。

新しいZenFone 5シリーズのうちのこれら上位2モデルは、デザインおよびカメラなどの基本仕様は同じで、特に日本で販売されるものは内蔵メモリー(RAM)が6GBであることも含めて共通する部分は多くなっている。

主な違いはZenFone 5Zにはチップセット(SoC)にQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 845」(2.7GHz×4コア+1.7GHz×4コア)と128GB内蔵ストレージ(UFS 2.1)、ZenFone 5がQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 636」(1.8GHz Kryo 260×8コア)と64GB内蔵ストレージである点だ。

ZenFone 5の性能でも通常利用する場合には十分だが、防水・防塵などに対応しないものの、同じSnapdragon 845や6GB RAMを搭載するハイエンドモデルがNTTドコモなどの大手携帯電話会社では本体価格10万円以上で販売されていることを考えると、今回のZenFone 5Zはお得感があり、これまで以上により価格を抑えたモデルと言えそうだ。

今回はそんなZenFone 5ZとZenFone 5で対応するAI(人工知能)を活用した機能を中心に発表会で紹介された内容を写真と動画を交えて紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。