S-MAX

ZenFone

ASUS、世界41カ国のデジタルテレビ放送に対応した5.5インチAndroidスマホ「ZenFone Go TV ZB551KL」を発表!日本でも発売へ


ASUSがデジタルテレビ対応スマホ「ZenFone Go TV」を発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は10日(現地時間)、地上デジタルテレビ放送に対応した約5.5インチインチHD(720×1280ドット)TFT液晶搭載Androidスマートフォン(スマホ)「ZenFone Go TV(型番:ZB551KL)」を発表しています。

まずは台湾にて発売され、価格は5,490台湾ドル(約18,000円)。地上デジタルテレビ放送はソニー製チューナー「SMT-EW100」を採用しており、DVB-TおよびDVB-T2、 DVB-T2 Lite、 ISDB-T、ISDB-Tmm方式に対応で世界41カ国で視聴可能だということです。

日本のワンセグやフルセグで利用されているISDB-Tにも対応しているほか、携帯電話ネットワークでも「TW/JP version」があることから日本でも発売される可能性は高いと見られます。

続きを読む

ASUS、プレス向け発表会「Zenvolution」を5月30日に台湾で開催!COMPUTEX TAIPEI 2016に合わせーーフラッグシップスマホ「ZenFone 3」シリーズを発表へ


ASUSが5月30日にZenFone 3シリーズを発表する「Zenvolution」を台湾で開催!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は11日(現地時間)、台湾・台北にて2016年5月31日(火)から6月4日(土)まで開催される展示会「COMPUTEX TAIPEI 2016」に合わせてプレスカンファレンス「Zenvolution」( http://press.asus.com/events/Computex/2016/ )を2016年5月30日(月)14時(日本時間では15時)から開催するとお知らせしています。

また、同日に行われた決算説明会ではCOMPUTEX TAIPEI 2016にて次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3」や「ZenFone 3 Deluxe」を披露することを予告しており、Zenvolutionで発表されると見られます。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone Selfie」や「ZenFone 2」が公式Webストアのアウトレットで大幅割引販売中!1万円相当のプレゼントが付いて2万4800円から


ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Selfie」と「ZenFone 2」のアウトレット品がお買い得!

ASUS JAPANが公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」においてSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Selfie(型番:ZD551KL)」および「ZenFone 2(型番:ZE551ML)」を箱破損品のアウトレットとして割安に販売していることを紹介しましたが、さらに値下げしています。

通常価格および値下げ後の価格は、ZenFone Selfieの通常モデルが35,424円から24,800円に、ダイヤモンドカットモデルが35,424円から26,800円、ZenFone 2の4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージ(eMMC)のモデルが49,464円から38,800円、4GB RAM・128GB eMMCモデルが53,784円から42,800円に割り引かれて販売されています(価格はすべて税別)。

続きを読む

NTTコムストア by goo SimSellerにて最大7500円割引の「2016 ZenFone祭」が4月27日まで開催中!人気のSIMフリースマホがお買い得に


SIMフリースマホ「ZenFone」がセール中!

NTTレゾナントは21日、同社が運営するWebストア「NTTコムストア by goo SimSeller」(楽天市場店やYahoo!ショッピング店を含む)にてASUSTeK Computer製のSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズが割り引かれる「2016 ZenFone祭」を実施するとお知らせしています。

キャンペーン期間は2016年4月21日(木)10時から4月27日(水)9時59分まで。対象機種は「ZenFone Go」や「ZenFone Max」、「ZenFone 2 Laser(型番:ZE500KL)」、「ZenFone Selfie」、「ZenFone Zoom」、「ZenFone 2」といった新旧機種で、最大7,500円(すべて税別)が割り引かれています。

続きを読む

ASUSの次期フラッグシップスマホ「ZenFone 3」の外観デザインがレッド・ドット・デザイン賞の公式Webサイトで公開!正式発表は「COMPUTEX TAIPEI 2016」にて予定


ASUSの次期スマホ「ZenFone 3」と「ZenFone 3 Delux」のデザインが公開!

日本でも人気となったASUSTeK Computer(以下、ASUS)のスマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズですが、初代のZenFone 5が発売されたのはまだ2年前のこと。昨年は第2世代のフラッグシップスマホ「ZenFone 2」だけでなく、多数のモデルが発売されました。

今年はまだ次期フラッグシップモデルが発表されていませんが、今回、ドイツの国際的なプロダクトデザイン賞である「レッド・ドット・デザイン賞」の公式Webサイトにて「ZenFone 3」および「ZenFone 3 Delux」の外観デザイン(レンダリング画像)が公開されました。

該当ページはすでに削除されていますが、Google検索のキャッシュで閲覧することが可能です。なお、ASUSでは2016年5月31日(火)から6月4日(土)に台湾で開催される「COMPUTEX TAIPEI 2016」でZenFone 2を発表するとしており、ZenFone 3 Deluxなどの派生モデルも一挙に発表される可能性も出てきました。

続きを読む

ASUS JAPAN、1万9800円の低価格SIMフリースマホ「ZenFone Go ZB551KL」を4月2日に発売!5.5インチ液晶やSnapdragon 400、2GB RAMなどのミドルレンジ


ASUSの低価格なSIMフリースマホ「ZenFone Go」が4月2日に発売!

ASUS JAPANは30日、約5.5インチHD(720×1280ドット)液晶(10点マルチタッチ対応)や1.4GHzクアッドコアCPU、2GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)などを搭載したSIMフリーなAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone Go(型番:ZB551KL)」(ASUSTeK Computer製)を2016年4月2日(土)に発売すると発表しています。

価格はオープンながらすでに事前予約受付を実施している公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では19,800円(税抜)。カラーバリエーションはブラック(型番:ZB551KL-BK16)とホワイト(型番:ZB551KL-WH16)、ブルー(型番:ZB551KL-BL16)の3色が用意されています。

続きを読む

モバイルバッテリーとしても使える5000mAhバッテリー搭載SIMフリースマホ「ZenFone Max ZC550KL」でいろいろ充電してみた【レビュー】

大容量バッテリーで安心して使えるスマホは幅広く活用できた!

ASUS JAPANが3月18日に発売するタブレット並みの5000mAhのバッテリーを搭載し、1か月以上の連続待受時間を実現したAndroid 5.0.2(開発コード名:Lollipop)を採用したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Max(型番:ZC550KL)」(ASUSTeK Computer製)。

価格はオープンながら事前予約受付を実施している公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では27,800円(税抜)で、ブラック(型番:ZC550KL-BK16)とホワイト(型番:ZC550KL-WH16)の2色が販売される。

大容量バッテリー以外の主な仕様は、約5.5インチHD(720×1280ドット)IPS液晶やQualcomm製64bit対応1.2GHzクアッドコアCPU「Snapdragon 410 MSM8916」、2GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ(eMMC)、microSDXCカードスロット(最大128GB)、約1300万画素リアカメラ、約500万画素フロントカメラなどとミドルレンジクラスとなっている。

そんなZenFone Maxについてこれまでに何回かに分けてレビューを行ってきたが、外観紹介ベンチマークテストカメラに続いて、今回はモバイルバッテリーとしても使える大容量バッテリーについて紹介していく。

続きを読む

ASUS JAPAN、大容量5000mAhバッテリー搭載のSIMフリースマホ「ZenFone Max ZC550KL」を3月18日に発売!5.5インチHD液晶や2GB RAMなどで、価格は2万7800円


ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Max ZC550KL」が3月18日に発売!

ASUS JAPANは16日、タブレット並みの5000mAhのバッテリーを搭載し、1か月以上の連続待受時間を実現した大容量バッテリー搭載のSIMフリーなAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone Max(型番:ZC550KL)」(ASUSTeK Computer製)を2016年3月18日(金)に発売すると発表しています。

価格はオープンながらすでに事前予約受付を実施している公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では27,800円(税抜)。本体色はブラック(型番:ZC550KL-BK16)とホワイト(型番:ZC550KL-WH16)の2モデルがラインナップされています。

続きを読む

5000mAhのスタミナバッテリーでいっぱい撮れる!ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Max ZC550KL」のカメラを「iPhone 6s」と比較してみた【レビュー】

ZenFone Maxのカメラ性能はどうか試してみた!

ASUS JAPANがタブレット並みの5000mAhのバッテリーを搭載し、1か月以上の連続待受時間を実現したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Max(型番:ZC550KL)」(ASUSTeK Computer製)を2016年3月中旬に発売予定だ。

価格はすでに事前予約受付を実施している公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では27,800円(税抜)。カラーバリエーションはブラック(型番:ZC550KL-BK16)とホワイト(型番:ZC550KL-WH16)の2色が用意されている。

ZenFone Maxは約5.5インチHD(720×1280ドット)IPS液晶やQualcomm製64bit対応1.2GHzクアッドコアCPU「Snapdragon 410 MSM8916」、2GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ(eMMC)、microSDXCカードスロット(最大128GB)などのミドルレンジクラスだが、やはり電池持ちが非常に良いのが魅力だろう。

そんなZenFone Maxについてこれまで外観紹介ベンチマークテストといったレビューを行ってきたが、今回はこれらに続いてカメラ機能をチェックし、Apple製「iPhone 6s」との比較も含めて紹介する。

続きを読む

大容量5000mAhのバッテリーを搭載するASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Max ZC550KL」のベンチマーク結果は?!気になる性能をチェック【レビュー】

ZenFone Maxでも恒例のベンチマークテストを行ってみた!

既報通り、ASUS JAPANが2日、タブレット並みの5000mAhのバッテリーを搭載し、1か月以上の連続待受時間を実現したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Max(型番:ZC550KL)」(ASUSTeK Computer製)を3月中旬に発売することを発表した。

価格はオープンながら公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では27,800円(税抜)で、ブラック(型番:ZC550KL-BK16)とホワイト(型番:ZC550KL-WH16)の2色が販売される。

主な仕様としては約5.5インチHD(720×1280ドット)IPS液晶やQualcomm製64bit対応1.2GHzクアッドコアCPU「Snapdragon 410 MSM8916」、2GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ(eMMC)、microSDXCカードスロット(最大128GB)、約1300万画素リアカメラ、約500万画素フロントカメラ、IEEE802.11b/g/n準拠のWi-Fi、Bluetooth 4.0、位置情報取得(A-GPS、GLONASS、BDS)、電子コンパス、光センサー、加速度センサー、近接センサー、磁気センサー、microUSB端子、3.5mmイヤホンマイク端子、Android 5.0.2(開発コード名:Lollipop)など。

そんな大容量バッテリー搭載スマホのZenFone Maxについて発売前にレビューを行っているが、今回は前回の外観紹介に続いて、快適に使えるかどうかを含めてベンチマークテストを行ってみたので紹介する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。