S-MAX

ZenFone3Deluxe

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL・ZS550KL」とタブレット「ZenPad 10 Z300M」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを7月3日15時より順次実施


エイスースのスマホ「ZenFone 3 Deluxe」とタブレット「ZenPad 10」がAndroid 7.0に!

ASUS JAPANは30日、同社が販売しているSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL・ZS550KL)」およびSIMフリータブレット「ZenPad 10(型番:Z300M)」(ともにASUSTeK Computer製)の2機種に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年7月3日(月)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新提供開始時期はZenFone 3 Deluxe ZS570KLが7月3日(月)15時より順次、ZenFone 3 Deluxe ZS550KLが7月5日(水)15時より順次、ZenPad 10 Z300Mが7月6日(木)15時より順次となっています。

更新はスマホ・タブレットの本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または3G/LTE回線でOTAによる方法が用意されており、更新後のビルド番号はZenFone 3 Deluxe ZS570KLが「JP_5.15.44.2469_20170614」、ZenFone 3 Deluxe ZS550KLが「JP_24.40.140.33_20170601」、ZenPad 10 Z300Mが「JP_V5.3.11_20170614」。

更新によってアプリを2つ同時に画面表示することが可能な「マルチウインドウ機能」やモバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能な「データセーバー機能」など、多くの新機能が使えるようになります。主な変更点は以下の通り。

Android 7.0で利用可能となる主な機能:
・マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能※です。
※機能をサポートするアプリのみ有効
・データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
・新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
・画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
・表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
・アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。


続きを読む

ASUS JAPAN、公式Webストアにて旧機種を持っている人限定で最大8千円引きを行う「ずっとZenFoneキャンペーン」を実施中!下取りではなく、旧機種のシリアルナンバーを入力するだけ


ASUS ZenFone Shopにて最大8千円引きになるキャンペーン!

ASUS JAPANは8日、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)が展開するSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズの公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」において対象の旧モデルを利用している人限定で新しいZenFoneへの買い替え時に最大で8,000円引きする「ずっとZenFoneキャンペーン」を実施するとお知らせしています。

キャンペーン期間は2017年6月8日(木)~2017年7月20日(木)購入分までで、在庫状況によって買い替え対象製品が変更になる場合があるとしています。対象の旧モデルは日本で販売された「ZenFone 5(型番:A500KL)」や「ZenFone 2(型番:ZE551ML)」、「ZenFone 2 Laser(型番:ZE500KおよびZE601KL)」、「ZenFone Selfie(型番:ZD551KL)」、「ZenFone Max(型番:ZC550KL)」、「ZenFone Zoom(型番:ZX551ML)」。

新しく購入する対象機種および割引額は「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」および「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」が8,000円引き、「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」および「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS550KL)」が5,000円引き、「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」および「ZenFone 3 Laser(型番:ZC551KL)」が3,000円引きとなっています。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3 ZE520KL」と「ZenFone 3 Deluxe ZS550KL」の価格を改定!それぞれ5千円と1万円値下げされ、税抜で3万4800円と4万5800円に


SIMフリースマホ「ZenFone 3 ZE520KL」と「ZenFone 3 Deluxe ZS550KL」が値下げ!

ASUS JAPANは8日、昨年秋より販売しているSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」と「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS550KL)」の2機種について価格を改定して値下げすると発表しています。

価格はオープンですが、希望小売価格および公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」での価格が改定され、税抜ではZenFone 3 ZE520KLが39,800円から34,800円へ5,000円値下げ、ZenFone 3 Deluxe ZS550KLが55,800円から45,800円へ10,000円値下げされています。

続きを読む

ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra」で注目のau VoLTE+DSDSを試す!ZenFone 3シリーズの対応状況や注意点などもまとめ【レビュー】


SIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra」で話題のDSDS機能を紹介!

日本のSIMフリー市場において人気のあるASUSTeK Computer(以下、エイスース)。その最新モデル「ZenFone 3」シリーズでは、上位の「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」や「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS550KL)」、そして大型の6.8インチスマホ「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」の3製品ではauやau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)におけるLTE対応SIMカードを使える「au VoLTE」と、3Gと4Gの同時待受に対応した「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」に両対応しています。

特にDSDSについては昨年夏に「Moto G4 Plus」が日本初対応として発売されて以降、SIMフリー市場では話題の機能となり、ZTEの「AXON 7」や「AXON 7 mini」、FREETELの「SAMURAI KIWAMI 2」、そしてDSDSに注目して投入されたgooのスマホ第7弾「g07」など、多数の製品が発売されています。

そこで今回はすでにDSDSについてはMoto G4 PlusやAXON 7などで紹介していますが、ZenFone 3シリーズにおけるau VoLTEと両対応した点なども含めて紹介していきたいと思います。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリーの最上位スマホ「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」の受注を再開!ただし、予約しても出荷は1月中旬以降に


ASUS JAPANがSIMフリースマホ「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」の受注再開!

ASUS JAPANは22日、SIMフリーの最上位フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」(ASUSTeK Computer製)の販売を再開するとお知らせしています。ZenFone 3 Deluxe ZS570KLは当初発表時に10月下旬に発売予定とされ、予約受付を実施していましたが、予約数が想定以上だとして10月21日より予約(販売および受注)を一時停止していました。

今回、ようやく製品供給の目途が立ったため、あらためて本日12月22日より公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」などにて予約を再開しています。なお、再開分については2017年1月中旬以降の出荷を予定しているということです。価格は税別89,800円、税込96,984円。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。