S-MAX

gooのスマホ

リアもフロントも両方1300万画素!さらにプロモードを搭載するSIMフリーの「gooのスマホ g05」のカメラ機能をチェック――人気の「iPhone 6s」とも比較してみた【レビュー】

g05のカメラ性能はどうなの?

NTTレゾナントから発売された「gooのスマホ」の第5弾となるZTE製のAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載するスマートフォン(スマホ)「g05(グーマルゴ)」(「Blade S7」ベース)のレビュー3回目となる今回は、カメラ機能についてレビューを行っていく。

g05は約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 615(MSM8939)」、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージを搭載したミドルレンジモデルだ。ボディーは前面と背面のそれぞれエッジを丸くカットして持ちやすくしたガラスを採用し、さらに側面のアルミフレームによって質感・剛性感が高いという特徴を持つ。

前回に行ったベンチマークテストでは、現行のミドルクラスとしての性能は十分であることが分かった。そこで今回は、カメラ機能について紹介しながらアップル製「iPhone 6s」との比較も取り上げていきたいと思う。

続きを読む

約4万円で洗練された外観のZTE製SIMフリースマホ「gooのスマホ g05」の実力をチェック!ベンチマークテストでASUS製「ZenFone 2 Laser ZE601KL」と比較してみた【レポート】

gooのスマホ第5弾「g05」の性能は?!

NTTレゾナントが12月15日に出荷を開始した「gooのスマホ」の第5弾となるZTE製のAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載する「g05(グーマルゴ)」(「Blade S7」ベース)。

約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 615(MSM8939)」、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージを搭載したミドルレンジスマホだ。

また、ボディーは前面・背面それぞれエッジを丸くカットして持ちやすくしたガラスを採用し、さらに側面のアルミフレームによって質感・剛性感が高いという特徴を持つ。

価格は同社の公式Webストア「gooSimseller」において「OCN モバイル ONE」の音声通話対応SIMとの同時契約で39,800円(税抜)で購入可能だ。さらに数量限定で手帳型の専用ケースが付属するお得なキャンペーンも実施されている。

今回はそんなミドルレンジのg05の性能を「AnTuTu Benchmark V6.0」や「3DMark Ice Strom Unlimited」、「Geekbench 3」といったベンチマークアプリを用いて数値で見て行きたいと思う。

続きを読む

両面ガラスとメタルフレームで質感アップ!ZTE製SIMフリースマホ「gooのスマホ g05(グーマルゴ)」を写真と動画で紹介【レポート】

gooのスマホ第5弾を写真と動画でチェック!

NTTレゾナントが12月15日より「gooのスマホ」の第5弾となるZTE製のAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載する「g05(グーマルゴ)」(「Blade S7」ベース)の出荷を開始した。

価格は同社の公式Webストア「gooSimseller」において「OCN モバイル ONE」の音声通話対応SIMとの同時契約で39,800円(税抜)で購入可能だ。さらに数量限定で手帳型の専用ケースが付属するお得なキャンペーンも実施されている。

今回は、タッチ&トライコーナーでg05の実機を触ることができたので写真と動画で紹介していく。

続きを読む

打倒、話題のスマホ?!女性をターゲットにしたSIMフリーの格安スマホ「gooのスマホ g05」の発表会が開催――男性からの紹介特典などを提供する戦略とは?【レポート】

g05で女性ユーザーを獲得!

既報通り、NTTレゾナントは8日、都内にて「下期事業説明会」を開催し、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開する格安スマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新たにZTE製のAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載した新機種「g05(グーマルゴ)」(「Blade S7」ベース)を発売することを発表した。

価格は49,800円(税抜)だが、当初はOCN モバイル ONE音声対応SIMパッケージ付きの特別価格39,800円(税抜)で販売される。すでに予約受付中となっており、同社の公式Webストア「goo Simseller」では12月18日以降の出荷予定とアナウンスしている。

今回は、発表会で行われたg05が狙うターゲットと製品説明を紹介していく。

続きを読む

NTTレゾナント、gooのスマホ第5弾としてSIMフリースマホ「g05(ZTE Blade S7)」を発表!フルHD液晶やオクタコアCPU、3GB RAMなどのミドルハイレンジモデル


SIMフリースマホ「gooスマホ g05(ZTE Blade S7)」が発表!

NTTレゾナントは8日、都内にて「下期事業説明会」を開催し、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開する格安スマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新たにZTE製のAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載した新機種「g05(グーマルゴ)」(「Blade S7」ベース)を発売すると発表しています。

価格(税抜)は49,800円ながら12月8日11時より特別価格のOCN モバイル ONE音声対応SIMパッケージ付で39,800円で予約受付を開始しており、2015年12月18日(金)以降に出荷予定となっています。なお、これまでのgooのスマホと同様にOCN モバイル ONEを契約しなくてもOKとのこと。ビックカメラやソフマップ、コジマ、ヨドバシカメラでも一部店舗にて2015年12月中旬以降に端末単品販売開始予定。

また、g05の発売を記念した「g05ご紹介キャンペーン」( http://simseller.goo.ne.jp/g05invitation )も2016年2月1日(月)9時59分までの期間限定で実施し、gooのスマホを購入した人が家族や知人などの周りの人にg05を紹介し、実際に購入した場合に紹介された人(新規購入者)には「デコシールもしくは保護フィルム」を、紹介者には「gooポイント」を1,000ポイントプレゼントします。

続きを読む

ZTEジャパン、gooのスマホ「g03」と「g02」の標準ホームアプリに意図しない広告配信で特定アプリのインストールを促すと案内!情報の抜き取りなどはなく、今後修正で対応へ


g02とg03で見知らぬアプリのインストール通知にご用心!

ZTEジャパンは18日、NTTレゾナントのSIMフリーブランド「gooのスマホ」として販売されている「g03」(ZTE Blade Sベース)および「g02」(ZTE Blade S Liteベース)の2機種において標準ホームアプリの通知機能の制御ミスによって意図しない広告が配信され、特定のアプリインストールを促すようになっていることをお知らせしています。

なお、同社では問題によって情報の抜き取りなどは行われないとし、今後は問題のあったホームアプリの通知機能の改善および修正を行なうとしています。

続きを読む

2015 Japan IT Week 秋:NTTコミュニケーションズ、gooのスマホやIP電話アプリなどを展示!未発表の新機種「g05」投入も近い!?【レポート】

6c3fcff1.jpg
独自で端末も提供しているNTTコミュニケーションのブースをレポート!

千葉の幕張メッセにて2015年10月28(水)~30日(金)の3日間に渡ってIT技術やサービスなどに関連する8つの展示会が合同で行われるイベント「2015 Japan IT Week 秋」が開催されています。

今回は、NTTコミュニケーションブースにて、IP電話サービス「050 IP電話アプリ」や同じNTTグループのNTTレゾナンスが展開中のスマートフォン(スマホ)シリーズ「gooのスマホ」などの展示がされていたので紹介します。

続きを読む

NTTレゾナント、gooのスマホにてシャープ製SIMフリースマホ「g04」(AQUOS SH-M02ベース)を発表!防水やおサイフケータイ、赤外線対応で約4万円


gooのスマホにシャープ製SIMフリー「g04」が登場!

NTTレゾナントは20日、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開する格安スマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新たにシャープ製のAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)を搭載した新機種「g04(グーマルヨン)」(「AQUOS SH-M02」ベース)を発売すると発表しています。

オリジナルカラーのgooRed(グーレッド)とWhite(ホワイト)の2色展開で、発売時期はgooRedが12月上旬以降、Whiteが11月上旬以降に出荷予定。

価格(税抜)は一括38,800円(分割支払いは用意されていませんが、月額3,481円/月×24回相当)で従来通りにNTTコミュニケーションズの仮想移動体通信事業者(MVNO)によるNTTドコモ回線の携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のSIMカードが付属(契約しなくてもOK)。

予約受付開始は本日10月20日(火)13時から実施されており、数量限定で専用ケース(手帳型やシリコン、TPUなどの各色)がプレゼントされます。また、安心の日本製メーカーということもあり、有料サポートサービス「グーの安心サポート」(通常月額390円)が1ヶ月無料で使えるようになっています。

続きを読む

ZTEジャパン、gooのスマホ向けSIMフリースマホ「g03」に眼の生体認証によるロック解除機能を追加するソフトウェア更新を提供開始


g03が眼の生体認証によるロック解除機能に対応!

ZTEジャパンは30日、NTTレゾナントが「gooのスマホ」ブランドで販売しているSIMフリースマートフォン(スマホ)「g03(ぐーまるさん)」(ZTE製)において眼の生体認証によるロック解除機能を追加するソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

眼セキュリティ認証ではあらかじめユーザーの眼の情報を登録しておくことにより、画面ロック時に端末の画面を見つめて、わずかに眼を動かすだけでロック解除ができます。

従来のパターンやPINコード(暗証番号)でロック解除する方法に比べて、片手しか使えないようなシーンでもスムーズにロック解除できるほか、解除方法を忘れたり、周囲の人に盗み見られるなどの心配がなくなり、セキュリティが高くなる利点があるとしています。

続きを読む

ソニー製イメージセンサーの実力は!?gooのスマホ「g03」および「g02」、「ZenFone 5」、「Xperia Z3」、「iPhone 6」のカメラを比較してみた【レビュー】

01
「gooのスマホ」の気になるカメラの画質は?!

既報通り、NTTレゾナントが「goo」ブランドのスマートフォン(スマホ)シリーズ「gooのスマホ」として3機種を発表した。gooのスマホはエントリー向けの「g01(グーマルイチ)」(「ZTE Blade L3」ベース)およびミドルレンジの「g02(グーマルニ)」(「ZTE Blade S Lite」ベース)、ソニー製カメラを搭載したハイエンドの「g03(グーマルサン)」(「ZTE Blade S」ベース)だ。

今回は、20,000円(税抜)のミドルレンジモデルとなるg02と30,000円(税抜)のハイエンドモデルとなるg03のカメラ機能の紹介と画質比較、さらに価格帯の近いASUSTeK Computer製「ZenFone 5」、そしてカメラ機能が比較的優秀とされるApple製「iPhone 6」、ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia Z3 SOL26」(以下、Xperia Z3)の比較も含めてチェックしていく。

なお、g02とg03のその他の違いについてはすでに「Android 5.0 Lollipop搭載のSIMフリー&LTE対応なgooのスマホ「g02」と「g03」の気になる性能と違いを比較してみた【レビュー】 」にて紹介しているので参考にして欲しい。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。