S-MAX

gooのスマホ

NTTレゾナント、gooのスマホにAndroid 7.0&LTE対応で税抜7800円と業界最安値のSIMフリースマホ「g06+」を発表!4インチ小型モデルが2GB RAMや16GBストレージとスペックアップ


gooのスマホ「g06+」が発表!7月31日に発売

NTTレゾナントは31日、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新たにAndroid 7.0(開発コード名:Nouat)を搭載した新機種「g06+(グーマルロクプラス)」(クロスリンクマーケティング製)を発売すると発表しています。

価格はNTTコミュニケーションズの仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のSIMパッケージ付きで7,800円(税抜)で販売されます。分割払いの場合は380円(税抜)/月×24回。なお、これまでのgooのスマホと同様にOCN モバイル ONEを契約しなくてもOKだと思われます。すでに2017年7月31日(月)より販売開始しています。

販売拠点はまずは公式Webストア「NTTコムストア by gooSimseller」(楽天市場店およびYahoo!ショッピング店含む)のみですが、その後、8月中旬以降にビックカメラやソフマップ、コジマ、ヨドバシカメラでも一部店舗にて端末単品販売開始予定。

また、g06+の発売を記念した「g06+発売記念キャンペーン①」および「gooメール利用者様限定!g06+発売記念キャンペーン②」( https://simseller.goo.ne.jp/ext/lp/g06pluscp.html )も2017年9月20日(水)9時59分までの期間限定で実施し、g06+を購入した人のうち先着906人に1,000円相当のgooポイントが付与されるほか、gooメールを利用中かつg06+を購入した先着906人にgooポイント1,500ポイントをプレゼントします。キャンペーンは本店以外は対象外。

続きを読む

DSDSブームはgooスマホが牽引する!IGZO液晶を採用した「g07+」やAIによる行動支援サービスなどが発表された「NTTレゾナント・メディアカンファレンス」を写真とともに解説【レポート】


「goo」20周年を記念したスマホ「g07+」も発表されたNTTレゾナントのメディアカンファレンスを紹介!

NTTレゾナントは27日、インターネット検索サービス「goo」の20周年を記念した報道向け説明会『NTTレゾナント「goo」20周年メディアカンファレンス』を開催しました。

カンファレンスではgooが取り組んできた検索サービスの振り返りや現在研究と検証試験を行っている「AIによる行動支援サービス」の概要などが発表されたほか、gooのスマホブランドのDSDS対応SIMフリースマートフォン(スマホ)「g07+」などが発表されました。

g07+は2016年12月より発売が開始されているSIMフリースマホ「g07」のバージョンアップ版という位置付けで、NTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」とセットで3月27日より予約が開始されています。

セット販売時の価格は19,800円。カラーはホワイトパネルとブラックパネルの2種類でホワイトパネルが4月中旬以降、ブラックパネルが5月上旬以降にそれぞれ出荷予定となっています。今回はこのメディアカンファレンスの模様を写真を交えて解説していきます。

続きを読む

NTTレゾナント、SIMフリーなgooのスマホ「g07+」を発表!au回線(CDMA2000)対応で3キャリアで使え、IGZO液晶パネルでタッチ精度も向上――キャンペーンで2千円引きの約2万円


gooのスマホ第7弾のマイナーチェンジモデル「g07+」が発売!

NTTレゾナントは27日、都内にて発表会『「goo」20周年メディアカンファレンス』を開催し、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新機種「g07+(グーマルナナプラス)」を発表しています。

g07+は昨年12月に発表・発売した3Gと4Gの「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応した「g07(グーマルナナ)」を改良したマイナーチェンジモデルです。

新たにau回線(CDMA2000)に対応したほか、より省電力かつ高精細なIGZO液晶パネル採用やカメラにIRカットフィルター追加、精度の高い電子コンパス、より高品質なアルミ加工を施すなどの改良が行われています。g07と同じCovia製で型番は「CP-J55aW」。

価格はNTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のエントリーパッケージとセットで19,800円(すべて税別)。発売はホワイトパネルが4月中旬以降、ブラックパネルが5月上旬以降にそれぞれ出荷予定。なお、発売に先立って本日3月27日11時より予約販売を開始しています。

また発売を記念してg07+を先着907人に2,000円分のgooポイント割引クーポン利用で購入できる「g07+新発売キャンペーン」を2017年4月20日(木)9時59分までの期間限定で実施し、17,800円で販売しています。

さらに既存機種のg07を公式Webストア「goo SimSeller」ではOCN モバイル ONEとのセットで従来から2,000円値下げした17,800円を通常販売価格として提供するということです。

続きを読む

gooのスマホから約2万円でDSDS対応の高コスパモデルが発売!NTTレゾナントの新スマホ「g07」を写真と動画で紹介【レポート】

DSDS対応の高コスパなSIMフリースマホ「gooのスマホ g07」を紹介!

NTTレゾナントが2016年12月14日に発売したWebポータルサービス「goo」ブランドのSIMフリースマートフォン(スマホ)「g07(グーマルナナ)」(Covia製)。gooのスマホはこれまでに「ちょうど良いサイズの低価格スマホ」や「女性向け」、「日本製の全部入り」など、それぞれ尖った特徴を持たせた製品を投入してきたのだが、新製品のg07は「DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)」がそれに当たる。

販売価格は19,800円(税抜)、OCNモバイルがセットとなった「らくらくセット」であれば850円(税抜)×24回の分割払いで購入することも可能だ。今回は都内で開催された発表会でg07に触ることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

NTTレゾナント、gooのスマホ第7弾としてDSDS対応やアルミボディーで約2万円のSIMフリースマホ「g07」を発表!すでに販売開始され、キャンペーンで先着3千円引きに


gooのスマホ第7弾としてSIMフリースマホ「g07」が発売!

NTTレゾナントは14日、都内にて発表会を開催し、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新たに3GとLTEの「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用の新機種「g07(グーマルナナ)」(Covia製)を2016年12月14日(水)に発売すると発表しています。

価格(税抜)はNTTコミュニケーションズの仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のSIMパッケージ付きでメーカー希望小売価格19,800円(分割850円×24回)。なお、これまでのgooのスマホと同様にOCN モバイル ONEを契約しなくてもOKだと思われます。

また発売に合わせて「g07新発売キャンペーン」( https://point.goo.ne.jp/j/ssc/staticContents/show/cp_124 )を2016年12月14日13時~2017年1月31日13時59分まで実施し、公式Webストア「gooSimseller」本店限定で実質3,000円引きで販売しています。

キャンペーンはg07の購入に使える「3,000円割引クーポン」をgooポイント会員限定で先着907人、g07と音声対応SIMが同時に届く「らくらくセット」に申し込んだ場合にも先着907人にgooポイント3,000円相当がポイントバックされます。一括払いも分割払いも対象。

販売拠点はまずは公式Webストア「NTTコムストア by gooSimseller」(楽天市場店およびYahoo!ショッピング店含む)のみですが、gooSimsellerとして2016年12月中旬以降にAmazonにも出品予定、ビックカメラやコジマ、ソフマップ、ヨドバシカメラでも一部店舗(約70店舗)にて2016年12月中旬以降より単品販売開始するということです。

続きを読む

4インチにこだわった7800円のSIMフリーAndroid 6.0スマホ「g06」を写真と動画で紹介!フィーチャーフォンからの乗り換えもターゲットに【レポート】

大画面が必要ではないユーザーをターゲットにしたSIMフリースマホ「g06」を発表!

既報通り、NTTレゾナントは6日、都内にて「メディアカンファレンス」を開催し、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新たにAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を搭載した新機種「g06(グーマルロク)」(クロスリンクマーケティング製)の発売を発表した。

価格(税抜)はメーカー希望小売価格9,800円ながらNTTコミュニケーションズの仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のSIMパッケージ付きで7,800円としている。また、OCN モバイル ONEのプランと合わせて24回の分割購入も可能で、この場合端末代込み月々1,980円で利用できる。

g06は、7,800円という低価格が目に付くが本当の狙いは別のところにある。今回は発表会で語られたg06のターゲット戦略と実際にタッチ&トライしてみたg06の外観を写真と動画で紹介していく。



続きを読む

NTTレゾナント、gooのスマホ第6弾として7800円のSIMフリースマホ「g06」を発表!LTEに対応した4インチWVGA液晶などのローエンドモデルーーすでに予約受付中で9月下旬に発売予定


SIMフリースマホ「gooのスマホ g06」が発表!

NTTレゾナントは6日、都内にて「メディアカンファレンス」を開催し、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新たにAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を搭載した新機種「g06(グーマルロク)」(クロスリンクマーケティング製)を発売すると発表しています。

価格(税抜)はメーカー希望小売価格9,800円ながらNTTコミュニケーションズの仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のSIMパッケージ付きで7,800円で販売されます。なお、これまでのgooのスマホと同様にOCN モバイル ONEを契約しなくてもOKだと思われます。すでに2016年9月6日(火)13時より事前予約受付を実施しており、2016年9月21日(水)以降の出荷を予定。

販売拠点はまずは公式Webストア「NTTコムストア by gooSimseller」(楽天市場店およびYahoo!ショッピング店含む)のみですが、その後、9月中旬以降にビックカメラやソフマップ、コジマ、ヨドバシカメラでも一部店舗にて端末単品販売開始予定。

また、g06の発売を記念した「gooポイント高還元キャンペーン」( https://simseller.goo.ne.jp/ext/lp/g06cp.html )も2016年9月30日(金)14時00分までの期間限定で実施し、g06を購入した人のうち先着906人に1,560円相当のgooポイントが付与されます。キャンペーンは楽天市場店およびYahoo!ショッピング店は対象外。

続きを読む

リアもフロントも両方1300万画素!さらにプロモードを搭載するSIMフリーの「gooのスマホ g05」のカメラ機能をチェック――人気の「iPhone 6s」とも比較してみた【レビュー】

g05のカメラ性能はどうなの?

NTTレゾナントから発売された「gooのスマホ」の第5弾となるZTE製のAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載するスマートフォン(スマホ)「g05(グーマルゴ)」(「Blade S7」ベース)のレビュー3回目となる今回は、カメラ機能についてレビューを行っていく。

g05は約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 615(MSM8939)」、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージを搭載したミドルレンジモデルだ。ボディーは前面と背面のそれぞれエッジを丸くカットして持ちやすくしたガラスを採用し、さらに側面のアルミフレームによって質感・剛性感が高いという特徴を持つ。

前回に行ったベンチマークテストでは、現行のミドルクラスとしての性能は十分であることが分かった。そこで今回は、カメラ機能について紹介しながらアップル製「iPhone 6s」との比較も取り上げていきたいと思う。

続きを読む

約4万円で洗練された外観のZTE製SIMフリースマホ「gooのスマホ g05」の実力をチェック!ベンチマークテストでASUS製「ZenFone 2 Laser ZE601KL」と比較してみた【レポート】

gooのスマホ第5弾「g05」の性能は?!

NTTレゾナントが12月15日に出荷を開始した「gooのスマホ」の第5弾となるZTE製のAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載する「g05(グーマルゴ)」(「Blade S7」ベース)。

約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 615(MSM8939)」、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージを搭載したミドルレンジスマホだ。

また、ボディーは前面・背面それぞれエッジを丸くカットして持ちやすくしたガラスを採用し、さらに側面のアルミフレームによって質感・剛性感が高いという特徴を持つ。

価格は同社の公式Webストア「gooSimseller」において「OCN モバイル ONE」の音声通話対応SIMとの同時契約で39,800円(税抜)で購入可能だ。さらに数量限定で手帳型の専用ケースが付属するお得なキャンペーンも実施されている。

今回はそんなミドルレンジのg05の性能を「AnTuTu Benchmark V6.0」や「3DMark Ice Strom Unlimited」、「Geekbench 3」といったベンチマークアプリを用いて数値で見て行きたいと思う。

続きを読む

両面ガラスとメタルフレームで質感アップ!ZTE製SIMフリースマホ「gooのスマホ g05(グーマルゴ)」を写真と動画で紹介【レポート】

gooのスマホ第5弾を写真と動画でチェック!

NTTレゾナントが12月15日より「gooのスマホ」の第5弾となるZTE製のAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載する「g05(グーマルゴ)」(「Blade S7」ベース)の出荷を開始した。

価格は同社の公式Webストア「gooSimseller」において「OCN モバイル ONE」の音声通話対応SIMとの同時契約で39,800円(税抜)で購入可能だ。さらに数量限定で手帳型の専用ケースが付属するお得なキャンペーンも実施されている。

今回は、タッチ&トライコーナーでg05の実機を触ることができたので写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。