S-MAX

iPadAir

Apple、タブレット向け次期プラットフォーム「iPadOS」を発表!初代Airやmini 2・3は対象外に。第5世代・Air 2・mini 4以降やPro全機種で無料アップデートでき、正式版は今秋に


アップルがタブレット向け次期プラットフォーム「iPadOS」を発表!

既報通り、Appleは3日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにて2019年6月3日(月)から6月7日(金)まで開催される開発者向けイベント「WWDC 2019(Worldwide Developers Conference 2019)」の基調講演を実施し、新たに同社のタブレット「iPad」シリーズ向けプラットフォームを「iPadOS」としてリリースすると発表しています。

これまではスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズやポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズとともにプラットフォーム「iOS」を搭載していたiPadシリーズですが、iPhoneなど向けの次期バージョン「iOS 13」に合わせて分離されます。

iPadOSはホームにウィジェットを追加できたり、USBメモリーやSDカードなどの外部ストレージに直接アクセスできたり、Webブラウザー「Safari」にてMacと同等のデスクトップクラスの表示ができたり、カスタムフォントを追加できたり、Apple Pencilの応答速度が20msから9msに短縮されたり、より複雑ながら覚えれば短縮できる操作方法が導入されたりします。

iOS 13と同様にすでに開発者向けベータ版が同日から提供開始されており、一般ユーザー向けベータ版が今月終わり頃から、正式版は今秋に提供予定。アップデート対象機種はiOS 12と比べると「iPad Air」(初代)および「iPad mini 2」、「iPad mini 3」が対象外となり、iPad Air 2以降およびiPad mini 4以降、iPad(第5世代)以降、iPad Pro全機種です。

続きを読む

アップルのペン入力に対応した新タブレット「iPad mini(第5世代)」と「iPad Air(第3世代)」がiFixitによって分解!RAMや電池容量などのスペックが判明


新タブレット「Apple iPad mini 5」が分解でより詳細な仕様が判明!

日本を含む1次販売国・地域で3月末に発売された最新タブレット「iPad mini(第5世代)」および「iPad Air(第3世代)」。発売直後の恒例とも言えるiFixitなどの修理業者を中心に分解が行われており、内蔵メモリー(RAM)や電池パックの容量などの詳細なスペックが明らかにされています。

iPad mini(第5世代)は従来までの「iPad mini」シリーズと同様に7.9インチサイズで、画面の下中央にホームボタンを搭載したクラシックデザインのタブレットとなっており、スペックアップ以外にも新たにペン入力「Apple Pencil」に対応しました。

一方、iPad Air 3は従来までの「iPad Air」シリーズの9.7インチではなく10.5インチサイズですが、ホームボタンを搭載したクラシックデザインは継承しつつ、スペックアップとApple Pencil対応となりました。今回、分解したことによってAppleが公開していないスペックが判明しているので紹介しつつ、過去の製品と比較したいと思います。

続きを読む

Apple、ペン入力に対応した新しいタブレット「iPad mini(第5世代)」と「iPad Air(第3世代)」を発表!3月末に発売され、価格は4万9464円からと5万9184円からに


Appleの新しいタブレット「iPad mini 5」と「iPad Air 3」が登場!

Appleは18日(現地時間)、チップセット(SoC)に「Apple A12 Bionic」を搭載でスペックアップして新たにペン入力「Apple Pencil」にも対応した新しいタブレット「iPad mini(第5世代)」(以下、iPad mini 5)および「iPad Air(第3世代)」(以下、iPad Air 3)を発表しています。

日本を含む各国・地域で販売され、すでに同社の公式Webサイト内およびiOS向けアプリ「Apple Store」によるオンラインストアでは予約販売を開始しており、2019年3月30日(土)より出荷開始となっているほか、Apple直営店の店頭でも来週より販売開始されるということです。

それぞれWi-FiモデルおよびWi-Fi+Cellularモデルの内蔵ストレージの64GBと256GBが用意されており、本体カラーもシルバーおよびスペースグレイ、ゴールドの3色展開。なお、NTTドコモおよびau、SoftBankからも販売されます。

価格(税別)はApple直販ではiPad mini 5のWi-Fiモデルが64GBで45,800円、256GBで62,800円、Wi-Fi+Cellularモデルが64GBで60,800円、256GBで77,800円、iPad Air 3のWi-Fiモデルが64GBで54,800円、256GBで71,800円、Wi-Fi+Cellularモデルが64GBで69,800円、256GBで86,800円。

続きを読む

NTTドコモ、9.7インチタブレット「iPad Air 2」のデビュー割を1万368円に期間限定で増額!64GBモデルも新規なら実質0円に


NTTドコモが「iPad Air 2デビュー割」を増額して64GBモデルも新規で実質0円に!

NTTドコモは22日、同社の直営Webストア「ドコモオンラインショップ」にて9.7インチタブレット「iPad Air 2」を新規契約で購入すると割引される「iPad Air 2デビュー割」を2016年4月22日(金)10時から最大総額10,368円(すべて税込)に増額したとお知らせしています。

これにより、人気の64GBモデルも実質負担額0円になり、普段から実質負担額0円の16GBはもぐる価格、128GBモデルも実質負担額13,824円になっています。なお、同社の公式Webサイトでも増額された割引額となっており、ドコモショップ店頭でも同様の施策が実施されています。

続きを読む

ケイ・オプティコム、MVNOによる携帯電話サービス「mineo」のauプランがiOS 8〜9を搭載したiPhone 6と6 Plus、iPad mini 2以降のiPadシリーズで正式対応!iPhone 5と5s、5cは非対応


mineoのauプランがiOS 8や9以降のiPhone 6などに公式対応!

ケイ・オプティコムは17日、回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )におけるau回線を用いた「auプラン(Aプラン)」においてiOS 8以降に使えなくなっていたiPhneやiPadのiOS 9での動作確認結果を公開し、今年7月よりテスト配布していたCellular Payloadによるアクセスポイント(APN)構成プロファイルによって「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」などの一部機種では使えるとして公式に対応したことを案内しています。

一方で、テスト配布していたCellular Payloadのプロファイルを用いても「iPhone 5s」および「iPhone 5c」では使えないとして非対応となりました。テスト配布中もデータ通信はできるものの、接続が不安定だったりしていたので恐らく動作を保証できないとして非対応になったものと思われ、記載されていませんが「iPhone 5」も同様かと思われます。なお、各機種ともにau版およびSIMフリー版で同様の結果となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。