10.9インチタブレット「Apple iPad Air(第5世代)」が登場!

Appleは8日(現地時間)、オンラインにて新製品発表会「Apple Event - Peek performance.(最高峰を解禁。)」を開催し、新たに5G対応や独自開発のチップセット(SoC)「Apple M1」を搭載した全画面デザインの10.9インチタブレット「iPad Air(第5世代)」を発表しています。

発売時期は日本を含む1次販売国・地域では2022年3月18日を予定し、これらの国・地域では同社の公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)では事前予約受付を2022年3月11日(金)22時に開始するとしています。またWi-Fi+Cellular版はNTTドコモやau、SoftBankからも販売され、Wi-Fi版はSoftBankや量販店などでも販売されます。

価格は日本におけるAppleにおけるSIMフリーでは64GBのWi-Fiモデルが74,800円(金額はすべて税込)、Wi-Fi+Cellularモデルが92,800円、256GBのWi-Fiモデルが92,800円、Wi-Fi+Cellularモデルが110,800円。保証サービス「AppleCare+」は2年間9,800円(分割では480円/月)。

02

iPad Air(第5世代)は初の全画面デザインの「iPad Air」シリーズとして2020年10月に発売された「iPad Air(第4世代)」の後継機種で、同じく「iPad Pro」シリーズのようにディスプレイの回りの縁(ベゼル)が狭くなっており、本体側面の電源キー(トップボタン)部分に指紋認証「Touch ID」を搭載し、充電・外部接続端子はUSB Type-Cを採用しています。新しいSoCが「Apple A14 Bionic」から「Apple M1」に変更され、より高性能になったほか、Wi-Fi+Cellularモデルは5Gにも対応しました。

ディスプレイは約10.9インチ2360×1640ドットIPS液晶「Liquid Retinaディスプレイ」(約264ppi)を搭載し、広色域ディスプレイ(P3)やTrue Toneディスプレイ、耐指紋性撥油コーティング、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング、1.8%の反射率、500nitの輝度に対応。またペン入力「Apple Pencil(第2世代)」に対応しています。

03

04

05

また専用キーボード端子「Smart Connector」にも対応。サイズは約247.6×178.5×6.1mmとiPad Air(第4世代)と同じで、質量はWi-Fiモデルが約461g、Wi-Fi+Cellularモデルが約462gと、2〜3g重くなっています。本体カラーはスペースグレイおよびスターライト、ピンク、パープル、ブルーの5色展開。

Apple M1(8コアCPU+8コアGPU)になったことでCPU処理性能は60%高速化、グラフィックス性能は100%高速化しており、同社では同じ価格帯のWindows搭載ノートパソコン(PC)より2倍速いと説明しています。またUSB Type-C端子によるデータ転送も2倍速くなっており、USB 3.1 Gen2(最大10Gb/s)やDisplayPortをサポート。また内蔵メモリー(RAM)は8GBを搭載。

06

08

カメラは前面が約1200万画素CMOS/超広角フロントカメラ「FaceTime HDカメラ」(F2.4、画角122°)、背面が約1200万画素CMOS/広角レンズ(F1.8、5P)を搭載し、Focus PixelsやLive Photos、スマートHDR 3、センターフレーム、Retina Flash、バーストモード、4K・60fpsムービーなどに対応。

外部スピーカーはステレオに対応し、音響面では「Dolby Digital」および「Dolby Digital Plus」、「Dolby Atmos」をサポート。マイクも2つ搭載し、通話やビデオ撮影、オーディオ録音のために周囲のノイズを消しつつ、高音質でFaceTimeオーディオを利用可能。同梱品はUSB-C充電ケーブル(1m)と20W USB-C電源アダプター。

07

10

11

その他の仕様では、Wi-Fi 6やMIMO、HT80に対応したIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠(同時デュアルバンド2.4GHz/5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、電子コンパス、iBeacon、3軸ジャイロセンサー、加速度センサー、気圧センサー、環境光センサーに対応。またWi-Fi+Cellularモデルでは位置情報取得(A-GPS・GLONASS・Galileo・QZSS・BDS)に対応。

Wi-Fi+CellularモデルではnanoSIM(4FF)カードスロット(Apple SIMに対応)を1つに加えて「eSIM」に対応しており、日本向け製品「A2589」の対応周波数帯は以下の通り。バッテリー容量は28.6WhとiPad Air(第4世代)と同じで、最大10時間のバッテリー駆動時間となっています。iPadOS 15をプリインストール。

5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)


12

09










記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
iPad Air(第5世代) 関連記事一覧 - S-MAX
Apple introduces the most powerful and versatile iPad Air ever - Apple
iPad Air - Apple(日本)