76464bb7.png

Zune Softwareの日本語版が登場!

米Microsoftは、23日、音楽や写真、動画などのファイルを管理し、Windows Phone 7.xを搭載したスマートフォンなどの端末とパソコンのデータを同期できるメディア管理ソフト「Zune Software 4.8」を公開しています。対応OSは、Windows 7/Vista/XPとなっています。

本日発売が開始されるau向け「Windows Phone IS12T」でのパソコン上でのメディア管理や同期なども行えるので、購入予定の人は、事前にインストールしておくと良いかと思います。

Zune Softwareは、音楽や写真、動画ファイルなどの閲覧・管理がを行い、Windows Phone 7搭載デバイスとパソコンをUSBケーブルなどで接続して同期が行えるソフトウェアです。

また、Windows Phone向けアプリ配信サービス「Marketplace」からWindows Phone向けのビデオやアプリの購入もできます。すべての機能を利用するには、Windows Live IDが必要となります。

これまでは、日本語版が用意されていませんでしたが、今回のVersion 4.8によって、日本語を含む22言語に対応しています。

Zune Software 4.8は、以下のWebサイトからインストーラーをダウンロードして、インストールを行います。

Zune ソフトウェア | Zune.net

a0ff224a.png



「今すぐダウンロードする」をクリックして、「ZuneSetupPkg.exe」ファイルをダウンロードし、完了したら実行します。後は、指示に従って操作するだけ。まずは、「同意する」をクリックします。

34bf50c1.png



その後、「インストール」をクリックします。

2a53aa6e.png



少し待つと、インストールが完了します。起動するなら「起動」をクリックします。

2f9fc630.png



はじめて起動するときには、設定を変更するかどうかなどを選択できますが、ひとまず「起動」をクリックすれば、利用できます。

bffc5b42.png



動画なども、Windows Phoneで再生できる形式に自動的に変換して転送(同期)できるので、便利ですね!Windows Phone IS12Tは、防水対応ですので、動画を同期して、お風呂で好きな動画を見るなんてことも可能です。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
ホームページ | Zune.net
Zune ソフトウェア | Zune.net