触れるだけでフレーズが作れるダイナミックフレーズシンセサイザー

KorgのダンスDJギアでも即興性が強烈なKaossilator、Kaoss Pad譲りのタッチパッドを指先でなぞるだけで演奏できる不思議な楽器だ。このKaossilatorがiOS用iKaossilatorとして登場した。対応機種はiPhone3GS、4、4S、iPod touch(第3世代、第4世代)、iPad。
今回はこのiKaossilatorをみてみよう。

■iKaossilatorはどんなアプリ?


iKaossilatorは、実機と同じようにタッチパッド部分を指先でなぞるだけで音階や音色が変化する。音階は様々なスケールが用意されており、曲調に合わせて演奏ができる。これにより、スケールや調を変えるだけで曲の雰囲気を手軽に変えられるのだ。
音源部分は5トラック用意されており、リードやベース、ドラムなど好きな音色を割り当てることができる。各トラックごとにループする小節数が設定できる。
タッチパッドによるリアルタイムでのフレーズ演奏やリズムフレーズの変化の他に、録音したフレーズトラックのミュートやソロなどをフリック操作で行える。

作ったデータは本体に保存するほかに、Wav出力、アプリ間のAudioCopy、SoundCloudでの共有も可能となっている。その他KorgならではのWISTによる対応端末での同期演奏も可能となっている。

k01
四角い枠で囲まれた部分をなぞるだけの簡単操作。

k02
ジャンル別にフレーズもプリセットされている。

k03
リード、ベース、コードなど即戦力になる音色が用意されている。

■iKaossilatorはどうなの?


文字ベースのシンプルなデザインのため、ハードウェア版のKaossilatorのワクワク感や高級感を感じないのが残念だが、タッチした軌跡が光の玉で表現される様はなかなか面白い。

音源部分は音色エディット機能の無いプリセットサンプラーだが、その分フレーズづくりの方に重きをおいてあり実用的であり十分楽しめる作りとなっている。トラックの構成も自由なので、ドラムフレーズを使わずにSE/HIT系の音色でリズムループを作るのも面白い。

慣れないうちは音がぶつかってゴチャゴチャしてしまうが、休符の使い方や複数トラックのシンコペーションなど癖が出せるようになってくると「それ」っぽく聞こえるようになってくる。
トラック数が足りないと思ったらWISTによる同期や、audioのExport機能を使って他のシーケンサーアプリでフレーズを使ってみるのも良いだろう。

ライブパフォーマンス向けのアプリだが、細かい操作が要らないのでじっくり作り込むよりは、電車の中やちょっとした空き時間でも楽しむことができるのでオススメしたい。


記事執筆:mi2_303



[Image] QRコードアプリ名:KORG iKaossilator
価格:¥1700
カテゴリ:ミュージック
開発者:KORG INC.
バージョン:2.0.1
条件:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、およびiPad に対応。iOS 4.1 以降が必要
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/korg-ikaossilator/id452559831?mt=8

btn_itunes




■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter