NTTドコモが開発者向けAPI提供サイト「docomo Developer support」を開設!

NTTドコモは18日、スマートフォンやタブレットなど向けにサービス開発者が同社の保有するAPI(Application Programming Interface)をより便利に利用できるAPI提供サイト「docomo Developer support」を2013年11月11日(月)より開設すると発表しています。

API提供サイトでは、APIの提供だけではなく、SDK(Software Development Kit)などの開発支援ツールを提供していくほか、技術的な問い合わせ窓口を設けることで、開発者の皆様を幅広く支援する仕組みを順次提供していくとしています。

docomo Developer supportは、スマートフォンなど向けサービスやアプリケーションの開発者が、NTTドコモの保有するAPIを便利に利用できるAPIの提供サイトです。SDKなどの開発支援ツールを提供していくほか、技術的な問い合わせ窓口を設けることで、開発者の皆様を幅広く支援する仕組みを順次提供していきます。

API提供サイトでは、NTTドコモのスマートフォンなど向け音声エージェントサービス「しゃべってコンシェル」で利用されている「音声認識」「知識Q&A」のAPIに加えて、新たに開発した「雑談対話」のAPIを初めて提供するとのことです。

雑談対話APIを利用することにより、自然でバリエーション豊かな雑談応答を楽しめる対話型のサービスやアプリケーションの開発が可能となるとしています。その他、提供するAPIは以下の通り。

音声認識:電話機に向かって発声した音声を認識し、内容をテキスト化するAPI
文字認識:画像に書かれている単語とその位置を認識するAPI
雑談対話:会話文のテキストをもとに、自然でバリエーション豊かな雑談エージェントによる応答をテキストで返すことができるAPI
知識Q&A:質問文のテキストをもとに、質問の意図を解釈し、データベースやWebサイトを検索して用意された回答をテキストで返すことができるAPI
環境センサー:ドコモ環境センサーネットワークにて観測した全国の環境情報(気温・降水量)の実況値を取得できるAPI

利用方法は、以下のフローに沿ってAPI提供となります。
1)「docomo Developer support」にて開発者アカウントを登録
2)登録したアカウントで「docomo Developer support」へログイン
3)希望するAPIを選択して利用申請を実施
4)NTTドコモにて申請内容を確認後、開発用APIキーを発行

なお、NTTドコモは、API提供サイトを通じて、保有するAPIを積極的に開放することにより、サービス開発者の皆様とのさらなるパートナーシップを形成し、スマートフォン向けサービスやアプリケーションの充実に向けて開発支援を進めていくということです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
開発者向けAPI提供サイト「docomo Developer support」を開設 | NTTドコモ