S-MAX

技適マーク

未発表のモトローラ製スマホ「moto g31」が日本で発売へ!XT2173-3が技適取得。低価格な4G対応ミッドレンジモデルか


モトローラ製スマホ「moto g31」が日本向けに準備中!写真はmoto g30

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにMotorola Mobility(以下、モトローラ)が未発表製品「XT2173-3」(認証番号:202-SMJ089)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年9月14日付けでCTC advancedを通じて取得しています。

XT2173-3を含むXT2173-*(*は任意の数字)は現時点ではまだ海外でも発表されていませんが、Bluetooth認証機関のBluetooth SIGではXT2173-1およびXT2173-2がスマートフォン(スマホ)「moto g31」として2021年10月15日付けで認証(Declaration ID;D053701)されています。

そのため、恐らく同様にmoto g31として日本で発売されるのではないかと予想されます。なお、XT2173-3は他にもFCCやWi-Fi Alliance、NCCの認証も取得しており、外観写真が掲載されているほか、Android 11や4850mAhバッテリー、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)となっており、少なくともこれらの認証情報では5Gは対応していません。

続きを読む

日本でシェア4位になったOPPOから未発表のソフトバンク向け5G対応スマホ「A103OP」が今冬以降に投入へ!技適やFCCなどを通過


ソフトバンク向けOPPO製5G対応スマホ「A103OP」が技適などの認証を取得!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにOPPO Mobile Telecommuinications(以下、OPPO)が「A103OP」の工事設計認証(いわゆる「技適」)を認証技術支援センターを通じて2021年9月13日付けで取得しています(認証番号:018-210355)。

A103OPは現時点では未発表の製品で、型番ルールからソフトバンク(携帯電話サービス「SoftBank」または「Y!mobile」)向けと見られ、5GのSub6(既存の4G向け周波数帯のNR化含む)に対応しており、今冬以降に発売されると考えられます。

また他にもFCCやWi-Fi Allianceの認証も通過しており、Androidを搭載したスマートフォン(スマホ)であることがわかり、無線LANはWi-Fi 5(IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠)に対応していることからハイエンドモデルではない可能性が高そうです。

一方、同じくソフトバンク向けとしてエントリーモデル「OPPO A55s 5G(型番:A102OP)」も工事設計認証を取得しており、同じカテゴリーの製品が重複する可能性は低いと思われるため、筆者としてミッドハイレンジモデルあたりになるのではないかと予想しています。

続きを読む

未発表のエントリースマホ「OPPO A55s 5G」が日本で発売へ!メーカー版「CPH2309」とソフトバンク版「A102OP」が技適取得。S480や4GB RAMなど


エントリースマホ「OPPO A55s 5G」が日本で発売へ!写真はOPPO A54 5G

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにOPPO Mobile Telecommuinications(以下、OPPO)が「CPH2309」および「A102OP」の工事設計認証(いわゆる「技適」)を認証技術支援センターを通じて取得しています。認証番号はCPH2309が「018-210200」(2021年7月16日)および「018-210234」(2021年7月9日)、A102OPが「018-210255」(2021年7月21日)。

CPH2309およびA102OPはともに未発表の製品で、グローバル向けにも現時点では発表されていませんが、Bluetooth SIGの認証情報から両機種が「OPPO A55s 5G」であることが示されており、型番ルールからCPH2309がメーカー(SIMフリー)版、A102OPがソフトバンク版(携帯電話サービス「SoftBank」または「Y!mobile」向け)となると見られます。

また認証情報から5Gに対応していることが判明しているほか、CPH2309はベンチマークアプリ「Geekbench」の測定結果に掲載されており、チップセット(SoC)にQualcomm製「Snapdragon 480 5G Mobile Plarform」を採用し、4GB内蔵メモリー(RAM)やAndroid 11を搭載することが明らかとなっています。

続きを読む

総務省、iPhone 13・12・11・XSシリーズやSE(第2世代)などを技適不適合製品に追加!デュアルSIM(eSIM)で緊急通報ができない不具合で


総務省がiPhoneシリーズ15機種を技適不適合製品に追加!

総務省は29日、Apple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 13」シリーズおよび「iPhone 12」シリーズ、「iPhone 11」シリーズ、「iPhone XS」シリーズ、「iPhone XR」、「iPhone SE(第2世代)」の合計15機種を電気通信機器の基準認証制度における技術基準(いわゆる「技適」)への不適合などに当たる製品であるとお知らせしています。

これらの15機種はともに日本向けに販売されている製品で、すでに紹介しているように「eSIM」を用いてデュアルSIMで利用した場合に音声通話が利用できないデータ通信専用SIMを「モバイルデータ通信」として設定すると緊急機関(110・118・119)への発信(以下、緊急通報)ができない不具合が発生しています。

技適のうちの電気通信事業法に基づく技術基準適合証明ではVoLTE/Vo5G-NRなどに対応したスマホなどの移動電話機においてデータ伝送回線の試験9種類と音声通話や緊急通報などの機能の試験を行ってクリアする必要があり、今回、一部条件で緊急通報が行えないことから総務省では技適不適合などに当たる製品リストへ追加しています。

続きを読む

モトローラの1億800万画素カメラ搭載で低価格な5G対応スマホ「motorola edge 20 lite(またはfusion)」が日本で発売へ!XT2139-2が技適通過


5Gスマホ「motorola edge 20」シリーズの廉価版「XT2139-2」が技適通過!日本で発売へ

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにMotorola Mobility(以下、モトローラ)が「XT2139-2」(認証番号:202-SMJ079)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年7月20日付けでCTC advancedを通じて取得しています。

XT2139-2を含むXT2139-*(*は任意の数字)はすでにグローバル向けに発表されているな5G対応ミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「motorola edge 20 lite」の型番であることが判明しており、グローバル向けに展開がはじまったmotorola edgeシリーズがすでに同様に技適を取得している「motorola edge 20」と合わせて日本でも発売されることになりそうです。

なお、XT2139-*はmotorola edge 20 lite以外にもチップセット(SoC)の異なる「motorola edge 20 fusion」としても展開しており、日本に投入される製品がmotorola edge 20 liteになるのか、motorola edge 20 fusionになるのかは技適の認証情報からは判断できません。SoCはmotorola edge 20 liteがMediaTek製「Dimensity 720」、motorola edge 20 fusionがMediaTek製「Dimensity 800U」となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。