S-MAX

技適マーク

未発表な高性能スマートウォッチ「Galaxy Watch Ultra」が日本で発売へ!型番「SM-L705F」が技適を取得。FeliCa対応にも期待


スマートウォッチ「Galaxy Watch Ultra」が日本で発売へ!写真は既存モデル「Galaxy Watch 6」

電気通信端末機器審査協会(以下、JATE)は1日、日本の電気通信事業法に基づく技術基準適合認定認証(いわゆる「技適」)における端末適合認定機器の「令和6年5月1日~令和6年5月15日」を公開しました。認証された機器の一覧にはSamsung Electronics(以下、Samsung)の未発表な型番「SM-L705F」が2024年5月13日(月)に通過したことが記載されてます。認証番号は「DF24-0055001」。

SM-L705Fは海外でも未発表な製品のため、詳細は不明ですが、一時的にアラブ首長国連邦(UAE)の認証「TDRA Certification」にて製品名が「Galaxy Watch Ultra」であることが示されていたとのことで、Samsungが展開している「Galaxy」ブランドにおけるスマートウォッチ「Galaxy Watch」シリーズとして新たに最上位機となる“Ultra”モデルが投入されると見られています。

今回、このGalaxy Watch UltraとなるSM-L705Fが日本向けの認証を取得したことで、Samsungの日本法人であるサムスン電子ジャパンが日本でGalaxy Watch Ultraを発売する準備を進めていることが明らかとなりました。なお、Galaxy Watch Ultraは次期フォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold6」や「Galaxy Z Flip6」、次期スマートウォッチ「Galaxy Watch 7」シリーズなどとともに今年7月に発表されると噂されています。

続きを読む

シャオミのWear OS搭載な最新スマートウォッチ「Xiaomi Watch 2」が日本で発売へ!型番「M2320W1」が技適を取得。FeliCa対応にも期待


最新スマートウォッチ「Xiaomi Watch 2」が日本で発売へ!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにXiaomi Communications(以下、Xiaomi)が「M2320W1」(認証番号:020-240082)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2024年4月30日(火)付けでTACによって取得しています。

このM2320W1はBluetooth SIGによる認証情報などから最新スマートウォッチ「Xiaomi Watch 2」であることが判明しています。そのため、Xiaomiの日本法人である小米技術日本(以下、シャオミ・ジャパン)が日本でXiaomi Watch 2を発売する準備を進めていると見られます。なお、XiaomiからXiaomi Watch 2について現時点では日本での発売についての案内はされていません。

続きを読む

Snapdragon 8 Gen 2搭載の高性能なAndroidタブレット「Xiaomi Pad 6S Pro 12.4」が日本で発売へ!専用ペン「Xiaomi Focus Pen」が技適通過


高性能タブレット「Xiaomi Pad 6S Pro 12.4」の専用ペンが技適通過!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにXiaomi Communications(以下、Xiaomi)が「23089MP43C」(認証番号:020-240025)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2024年1月17日(水)付けでタコヤキによって取得しており、23089MP43CはBluetooth SIGによる認証情報などからペン「Xiaomi Focus Pen」であることが判明しています。

そのため、少なくとも現時点ではこのXiaomi Focus Penは対応製品が大画面12.4インチディスプレイを搭載したAndroidタブレット「Xiaomi Pad 6S Pro 12.4」のみであることからXiaomiの日本法人である小米技術日本(以下、シャオミ・ジャパン)が日本でXiaomi Pad 6S Pro 12.4を発売する準備を進めていると見られます。なお、XiaomiからXiaomi Pad 6S Pro 12.4やXiaomi Focus Penについて日本での発売については案内されていません。

続きを読む

エイスースの最新フラッグシップスマホ「Zenfone 11 Ultra」が日本でも発売へ!ASUS_AI2401_Hが技適通過。n79に対応で、FeliCa対応も期待


最新フラッグシップスマホ「ASUS Zenfone 10」が日本で発売へ!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにASUSTeK Computer(以下、ASUS)が「ASUS_AI2401_H」(認証番号:020-240001)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2024年3月12日(金)付けでタコヤキによって取得しています。

ASUS_AI2401_Hはすでにグローバル向けに発表されている最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Zenfone 11 Ultra(型番:AI2401)」であることが判明しているほか、Zenfone 11 Ultraのグローバル向け発表時よりASUSの公式Webサイトにて内にあるZenfone 11 Ultraの特設Webページでは各国の販売拠点が掲載されており、その中に「Japan」についても「Coming Soon」と記載されているため、これまでの同社の販売展開を鑑みても従来通りにZenfone 11 Ultraも日本で発売される予定であることがわかっていましたが、改めて日本向けに発売する準備を進められていることが確認できました。

なお、工事設計認証は同じく日本で発売される見込みとなっている最新ゲーミングスマホ「ROG Phone 8(型番:AI2401)」や「ROG Phone 8 Pro(型番:AI2401)」の「ASUS_AI2401_C」や「ASUS_AI2401_D」に追加する形で認証されており、海外を含めてROG Phone 8シリーズとZenfone 11 Ultraはベースが同じとなっているため、日本でも同様に日本向け製品についてはベースが同じで、5G NR方式のn79にも対応しています。

またそういったこともあり、これまでの「Zenfone」シリーズのフラッグシップモデルとして前機種「Zenfone 10(型番:AI2302)」や前々機種「Zenfone 9(型番:AI2202)」などでは日本市場向け製品については日本市場でニーズの高いおサイフケータイ(FeliCa)に対応していましたが、Zenfone 11 UltraがFeliCaに対応しているならROG Phone 8シリーズもROG Phoneシリーズ初のFeliCa対応となる期待が持てます。

続きを読む

Leicaカメラ搭載のプレミアムスマホ「Xiaomi 14 Ultra」は日本でも発売される?香港版は技適の電子式表示が可能で公式保証が日本も対象国に


Leicaカメラ搭載のプレミアムスマホ「Xiaomi 14 Ultra」が日本で発売か?技適マークや公式保証を確認

Xiaomiが最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi 14」シリーズの最上位機種となる「Xiaomi 14 Ultra」を発表しています。新たにチップセット(SoC)としてQualcomm製「Snapdragon 8 Gen 3 Mobile Platform」を搭載しているほか、同社がドイツの光学機器メーカーであるLeica Camera(以下、ライカ)と共同で開発を進めているカメラ機能を搭載した前機種「Xiaomi 13 Ultra」に続く第3世代製品となっています。

そんなXiaomi 14 Ultraの香港版に日本向けの認証(いわゆる「技適」)マークが電子式で表示できることが確認されました。認証番号は電波法に基づく工事設計認証(R)が「020-240051」(認証機関はタコヤキ)、電気通信事業法に基づく技術基準適合認定(T)が「ADF24-0009020」となっています。ただし、現時点でこれらの認証が実際に取得できているのかどうかは総務省や認証機関などのWebサイトでは確認できません。

また同社の公式Webサイト内にある保証サービスページ「Xiaomi 14 Ultra International Warranty Service」( https://www.mi.com/uk/support/policy/xiaomi14ultra-iws/ )において対象国・地域に「Japan」と記載されており、日本でも購入してから24カ月の保証が受けられるとされています。こうしたことからいよいよ最上位のプレミアムモデルであるXiaomi 14 Ultraが日本で発売されるのではないかと期待されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。