S-MAX

技適マーク

Orbicが日本参入へ!日本法人オルビックジャパンを設立。4Gスマホ「Fun+」やタブレット「TAB8 4G」および「TAB10R 4G」などが技適取得


Orbicブランドを展開するアメリカのスマホなどメーカーが日本参入へ!近く発表会を開催予定

スマートフォン(スマホ)やタブレット、データ通信製品、ウェアラブル製品などを「Orbic」ブランドで展開しているアメリカのReliance Communicationsが日本市場に参入することが判明しました。同社はアメリカ・ラスベガスにて2023年1月5日(木)から1月8日(日)まで開催されている世界最大級のテクノロジー見本市「CES 2023」に出展し、日本で2月に発表会を開催することを明らかにしています。

また日本法人として「Orbic Japan合同会社(オルビックジャパン合同会社)」を設立しているほか、日本向けに相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)をいくつかの製品が取得しています。法人番号は「8011103011545」で法人番号指定年月日が2022年3月10日、所在地は当初「東京都新宿区西新宿7丁目4番3」でしたが、2022年11月14日に「東京都新宿区西新宿2丁目3番1号新宿モノリス28階」に移転しています。

現時点で工事設計認証を取得している製品はスマホ「Orbic Fun+(型番:RC609LP)」(認証番号:201-220771)やタブレット「Orbic TAB8 4G(型番:RC8L1T-RW)」(認証番号:201-220673)および「Orbic TAB10R 4G(型番:RC10RLT-RW)」(認証番号:201-220752)、完全ワイヤレスイヤホン「Orbic Buds T5(型番:KH78T)」(認証番号:210-201011)の4機種で、ぞれぞれ関連会社のOrbic North America LLCが申請を行っています。

また一部メディアによると、Nokiaなども採用している「KaiOS」をOSに採用した4G対応の折りたたみ型フィーチャーフォン(ケータイ)「Orbic Journey V」(もしくはその同等製品)も日本に投入予定であると伝えられています。知名度の低い新規参入メーカーはなかなか販売台数を上げられずに数機種を発売してその後に続かないことが多いことが多く、定着するのはなかなか難しいと思われる日本市場ですが、期待したいところです。

続きを読む

シャオミが4G対応エントリースマホ「Redmi 12C」を日本で発売へ!型番「2212ARNC4L」が技適通過。オープン市場向け低価格モデルか


Xiaomi Communications製「Redmi 12C(型番:2212ARNC4L)」が技適を通過!日本で発売へ

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにXiaomi Communications(以下、Xiaomi)が日本において未発表の製品「2212ARNC4L」の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2022年12月16日付けでPhoenix Testlabを通じて取得していることが公開されています。認証番号は「204-B00762」。

2212ARNC4Lは中国向けに発表された4G対応エントリースマートフォン(スマホ)「Redmi 12C」であることが明らかになっており、日本でRedmi 12C(またはそれに相当する製品)が発売されることになりそうです。なお、2212ARNC4Lは「POCO C55」としても展開されていますが、日本における「POCO」ブランドの展開状況を考えると「Redmi」ブランドとなるのではないかと思われます。

また2212ARNC4Lは少なくとも現時点で工事設計認証でも4Gや3G、無線LAN(Wi-Fi)、Bluetoothのみで認証を通過しており、5Gでは認証されていないのでオープン市場向け(いわゆる「SIMフリー」製品)の低価格モデルとして投入されると見られます。

続きを読む

未発表のモトローラ製「XT2331-3」が技適を取得!4G対応の低価格なエントリースマホ「moto g13」が日本のオープン市場で発売へ


モトローラ・モビリティ・ジャパンがmoto g13の日本での発売を準備中!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにMotorola Mobility(以下、Motorola)が未発表製品「XT2331-3」の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2022年11月14日付けでCTC advancedを通じて取得していることが公開されています。認証番号は「202-SMK068」。

XT2331-3は海外を含めて現時点では未発表となっており、タイの電波関連の認証を管理・運営するNBTC(National Broadcasting and Telecommunications Commission)などでも認証を取得(認証番号:B38617-22)しており、NBTCでは製品名が「moto g13」とされているため、エントリースマートフォン(スマホ)「moto g10」シリーズの次期モデルだと見られます。

続きを読む

シャオミがフラッグシップスマホ「Xiaomi 12T Pro」の派生モデルを日本で発売か。未発表製品と見られる型番「22200414R」が技適を通過


Xiaomi 12T Proの派生モデルが日本で発売!?写真はXiaomi 12T Pro

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにXiaomi Communications(以下、Xiaomi)が最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi 12T Pro」の日本向け製品の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2022年11月1日付けでタコヤキを通じて取得していることが公開されています。認証番号「020-220142」。

認証では12月16日に発売されたメーカー版である型番「22081212R」とSoftBank版である型番「A201XM」の他に未発表の製品と見られる型番「22200414R」が記載されており、これまでの認証情報から鑑みると、内蔵メモリー(RAM)や内蔵ストレージの違いくらいであれば同じ型番となるため、何らかの仕様が異なったり、製品名が違ったりする派生モデルではないかと予想されます。

また型番規則からメーカー版に類似するため、少なくとも現時点では22081212Rと同様にオープン市場向けメーカー版として投入されると見られますが、過去の例からすると当初はメーカー型番で認証を取得してその後に移動体通信事業者(MNO)向けの型番に変更されることもあるので最終的にどういった形で発売されるのかは不明です。

また末尾が「R」であるため、日本向けモデルであり、その前の「22200414」を冠した海外向けモデルとなりそうな「22200414UG」や中国向けとなりそうな「22200414C」といった製品が現状は存在しないため、Xiaomi 12T Proをベースにした日本独自モデルとなる可能性もありそうです。

さらにXiaomi 12T Proが日本のMNOではソフトバンクが独占販売することを明らかにしていることもあり、Xiaomi 12T Proと同等製品ながらも製品名などを変えることによって他のMNOが取り扱うといったようなことも考えられそうです。

どういった製品になるのか正式発表が楽しみですね!なお、技適を取得しても必ずしもその製品が発表・発売されるとは限らず、あくまでも販売に向けて準備中であるということなのでその点はご留意ください。

続きを読む

Googleスマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」が日本でも6GHz帯の無線LAN「Wi-Fi 6E」を利用可能に!アップデートで技適の電磁式表示が更新


最新フラッグシップスマホ「Google Pixel 7・7 Pro」の日本向け製品がWi-Fi 6Eに対応!

既報通り、Googleは5日(現地時間)、同社が開発・販売する「Pixel」ブランドのスマートフォン(スマホ)における月次アップデートの2022年12月分を提供開始しています。すでにソフトウェア更新はネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されており、対象となる「Pixel 4a」以降のPixelスマホにて無料でソフトウェア更新が可能となっています。

更新後のビルド番号はカナダ向けのPixel 4aが「TQ1A.221205.011.B1」、イギリスのO2向けのPixel 6aおよびPixel 7、Pixel 7 Proが「TQ1A.221205.012」、それ以外の製品では共通して「TQ1A.221205.011」となっており、今回の2022年12月分のソフトウェア更新では四半期ごとに行われている新機能「Pixel Feature Drop」の第10弾が提供されているほか、毎月実施されているセキュリティーパッチや不具合修正、機能改善が行われています。

特に最新フラッグシップスマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」には無料でVPNサービスが利用できるようになったり、通話時に相手がいる場所の騒音などのバックグラウンドノイズが低減されて相手の声がはっきり聞こえる「クリア コール」機能などが追加されているなど、かなり新機能や機能改善、不具合修正も行われており、さらに日本においては無線LAN(Wi-Fi)の6GHz帯の「Wi-Fi 6E」(IEEE802.11ax)が利用できるようになっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。