S-MAX

技適マーク

NTTドコモ、5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 III SO-52B」の技適マーク表示誤りを案内!ごく一部のみが対象で、ソフトウェア更新が提供


docomo 5Gスマホ「Xperia 10 III SO-52B」のごく一部製品に技適マーク表示誤り!ソフトウェア更新で対応

NTTドコモは6日、今年6月18日に「2021年夏モデル」として発売した5G対応のスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 III SO-52B」(ソニー製)に対してソフトウェア更新を2021年7月6日(火)より提供開始したとお知らせしています。改善される事象は一部の製品にて設定から確認できる「技適マーク」の記載内容に誤りを修正したとのこと。

同社では対象製品が数十台とごく少量だったため、当初は購入者に直接電話にて案内を行い、ドコモショップへの来店による正常品との交換で対処していたものの、一部の対象者が来店が難しいことから該当製品向けにソフトウェア更新を提供することになったとのこと。なお、誤った技適マークが表示される製品ではY!mobile向け「Xperia 10 III(型番:A102SO)」のものが表示されているという。

更新は本体のみで本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは携帯電話(Xi・FOMA)の回線によるネットワーク経由(OTA)で行う方法およびパソコンに接続して行う方法が用意されており、更新にかかる時間は本体のみの方法で約9分、パソコンを使った方法で約8分。更新後のビルド番号は「62.0.B.1.30 release-keys」で、ビルド番号は「設定」→「デバイス情報」にて確認可能となっています。

続きを読む

エイスースのフリップカメラ搭載の最新フラッグシップスマホ「Zenfone 8 Flip ZS672KS」も日本で発売へ!ASUS_I004Dが技適通過


最新フラッグシップスマホ「ASUS Zenfone 8 Flip」がZenfone 8とともに日本で発売へ!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにASUSTeK Computer(以下、ASUS)が「ASUS_I004D」(認証番号:003-210092)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年5月17日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

ASUS_I004Dはすでにグローバル向けに発表されているフリップカメラ搭載の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Zenfone 8 Flip(型番:ZS672KS)」のメーカー型番であることが判明しており、これまでの「ZenFone」シリーズのフラッグシップモデルと同様に日本でも発売されることになりそうです。

なお、Zenfone 8 Flipと同時に発表されたベースモデル「Zenfone 8 Flip(型番:ZS672KS)」については以前に紹介したようにすでに同様に技適を取得しており、恐らく日本でも同時に発売が発表されるのではないかと思われます。両機種ともに過去の製品からすると、SIMフリーモデルで今夏の7〜8月頃に発売されるのではないかと予想されます。

続きを読む

エントリースマホ「Redmi Note 10S」が日本で発売へ!M2101K7BRが技適取得。6.4型FHD+有機ELや6400万画素カメラを搭載の低価格モデル


シャオミの低価格スマホ「Redmi Note 10S」が日本で発売へ!技適通過

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにXiaomi Communications(以下、Xiaomi)が「M2101K7BR」の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年3月22日付け(認証番号:020-210025)でタコヤキによって取得しています。

M2101K7BRはすでにグローバル向けに発表されている「Redmi Note 10S」の型番のひとつであることが判明しているため、日本にてRedmi Note 10Sを販売する準備をしていることが明らかになりました。

Redmi Note 10Sは北米では229ドル(約25,000円)からという価格で販売されており、すでに日本で販売されている「Redmi Note 10 Pro」よりもさらに安いモデルとなっています。なお、販路は現時点では不明ですが、4Gモデルなので恐らくSIMフリーモデルとして販売されるのではないかと予想されます。

続きを読む

エイスースの最新フラッグシップスマホ「Zenfone 8 ZS590KS」が日本でも発売へ!ASUS_I006Dが技適通過。SIMフリーで販売に


最新フラッグシップスマホ「ASUS Zenfone 8」が日本で発売へ!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにASUSTeK Computer(以下、ASUS)が「ASUS_I006D」(認証番号:003-210096)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年5月7日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

ASUS_I006Dはすでにグローバル向けに発表されている最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Zenfone 8(型番:ZS590KS)」のメーカー型番であることが判明しており、これまでの「ZenFone」シリーズのフラッグシップモデルと同様に日本でも発売されることになりそうです。

なお、Zenfone 8と同時に発表されたフリップカメラ搭載モデル「Zenfone 8 Flip(型番:ZS672KS)」については現時点では工事設計認証を取得していませんが、Zenfone 8とZenfone 8 Flipはともにすでに公式Webサイトの製品ページにて携帯電話ネットワークの対応周波数帯に日本向けがあることが示されています。

そのため、Zenfone 8だけでなくZenfone 8 Flipも日本で発売される可能性はあると思われますが、まずはZenfone 8については着々と日本での販売に向けて準備が進められていることが明らかになりました。過去の製品からすると、SIMフリーモデルで今夏の7〜8月頃に発売されるのではないかと予想されます。

続きを読む

レノボの最新ゲーミングスマホ「Lenovo Legion Phone Duel 2」が日本でも発売へ!技適を「L70081」が通過。5Gでも認証済み


最新ゲーミングスマホ「Lenovo Legion Phone Duel 2 L70081」が日本で発売へ向けて準備中!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにLenovo(以下、レノボ)が「Lenovo L70081」(認証番号:202-SMJ035)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年4月1日付けでCTC advancedによって取得しています。

L70081はすでにグローバル向けに発表されている最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「Lenovo Legion Phone Duel 2」のメーカー型番であることが判明しており、新たにレノボからゲーミングスマホが発売されることになりそうです。なお、総務省が公開している認証情報では5Gでも通過しています。

これまでレノボでは日本市場において移動体通信事業者(MNO)ではNTTドコモやソフトバンクといったキャリア向けにタブレットやパソコンを中心に提供しており、スマホはSIMフリー市場にて「Lenovo Phab 2 Pro」といったやや特殊な製品のみを販売してきており、キャリアモデル向けとなるのかSIMフリーモデルとなるのか不明です。

現時点ではメーカー型番での技適の取得となっているため、SIMフリーモデルでの販売が可能性としては高そうですが、認証情報は後から変更することも可能ですし、レノボ傘下のMotorola Mobilityでは直近でソフトバンク向けフォルダブルスマホ「motorola razr 5G」も納入していることを含め、認証情報の内容を鑑みてソフトバンクからの販売の可能性も十分ありそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。