S-MAX

技適マーク

5Gスマホと見られるシャオミの未発表製品「22031119KR」が技適を取得!じっくり開発された日本独自モデルか?


シャオミの未発表な日本向け5G対応製品「22031119KR」が技適通過!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにXiaomi Communications(以下、シャオミ)が未発表製品「22031119KR」(認証番号:020-210148)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年9月16日付けでタコヤキを通じて取得していることが公開されています。

22031119KRはグローバル向けにも未発表の製品で、詳細は不明ですが、5Gに対応しており、これまでの同社の日本向け製品からすると、恐らくスマートフォン(スマホ)なのではないかと予想されます。また工事設計認証の取得時期がかなり前なものの、メーカー型番となる22031119KRはおおよその投入時期を示しており、昨年9月時点で2022年3月以降に投入を計画していたことになります。

そのため、現段階では開発が中止されたのではなく、日本市場に向けてかなりカスタマイズされた製品をじっくりと開発しているのだと考えられ、現状ではメーカー型番で取得しているため、オープン市場向けメーカー版(SIMフリーモデル)として販売されると推測されますが、過去には「Mi 10 Lite 5G」がメーカー型番で取得後にau向け型番で再取得しており、必ずしもオープン市場向けになるとも言い切れません。

一方で、最近では同社を含めて移動体通信事業者(MNO)向けに開発されていても「Redmi Note 10T」などのように販売されることも多くなっているため、どういった販路で販売されるかも現時点で予想することは難しくなっています。すでに紹介しているように「Redmi Note 11 Pro 5G」も発売するようですし、今年もシャオミが日本でも多くのラインナップを展開しそうです。

続きを読む

Unihertzがチラ見せした次期スマホはQWERTYキーボード搭載ストレート型「Titan Slim」に!技適を取得して日本でも発売へ


次期スマホ「Unihertz Titan Slim」が技適を取得!QWERTYキーボード搭載機が登場へ

既報通り、Unihertz(ユニハーツ)は8日(現地時間)、同社の公式YouTubeチャンネル「Unihertz Official」にて「What's the next? Stay Tuned!」( https://youtu.be/38TYztL8ik8 )というタイトルのティザームービーを公開し、次期スマートフォン(スマホ)の投入を示唆しています。

次期スマホはムービーにてQWERTYキーボードを搭載しているように見えるため、同社が展開しているQWERTYキーボード搭載のストレート型スマートフォン(スマホ)「Unihertz Titan」シリーズの次期モデルかと思われており、これまでの初代「Unihertz Titan」や「Unihertz Pocket」よりもスッキリしたデザインとなりそうです。

一方、総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにUnihertzが未発表スマホ「Titan Slim」(認証番号:210-181232)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2022年3月21日付けMiCOM Labs通じて取得していることが明らかとなりました。

続きを読む

横浜DeNAベイスターズ公式ファンクラブの特典グッズ「スマートウォッチ」が技適未取得で回収・交換に!電波法違反で利用停止を案内


横浜DeNAベイスターズ公式ファンクラブ「B☆SPIRIT友の会」の特典グッズで技適問題が発生!

横浜DeNAベイスターズは4日、同社が運営する日本のプロ野球球団「横浜DeNAベイスターズ」の公式ファンクラブ「B☆SPIRIT友の会」における2022年シーズンスペシャル会員特典グッズのひとつであるオリジナル「スマートウォッチ」について日本国内で使用する無線機器に必要な認証(いわゆる「技適」)がなされていないことが判明したとお知らせしています。

同社では安全上の問題はないものの、電波法に基づく技術基準適合証明・工事設計認証が得られておらず、認証マーク並びに認証番号が表示されていない商品を日本国内で利用することは禁止されているため、該当製品の回収および認証品の提供による交換を行うということです。

また対象製品を受け取った場合には使用を控えるよう案内しています。合わせて横浜スタジアム公式戦開催日の場外ファンクラブブースで実施している特典グッズの引換えについてはスマートウォッチの引き換えを一時停止するとのこと。

なお、引き換え再開目安や交換については後日、公式Webサイトおよび登録しているメールアドレス宛に回収方法や認証品の提供などに関する連絡をする予定だとし、今回の事態を厳粛に受け止め、今後とも安心して商品を利用できるようにより一層の品質管理に努めていく所存だとしています。

続きを読む

Nubia、Snapdragon 8 Gen 1搭載の5Gゲーミングスマホ「REDMAGIC 7 NX679J」を日本で4月18日に発売!4月11日12時に予約開始


5Gゲーミングスマホ「REDMAGIC 7」が日本上陸決定!4月18日に発売

ZTE傘下のNubia Technology(以下、Nubia)は24日、同社が展開するゲーミングスマートフォン(スマホ)「REDMAGIC」シリーズの最新モデル「REDMAGIC 7(型番:NX679J)」を日本向けに発売することが決定したとお知らせしています。

同社では日本向け製品について2022年4月6日(水)に詳細を案内し、4月11日(月)12時より特別価格にて予約受付を開始し、4月18日(月)に正式発売されるとしています。そのため、現時点ではどういった仕様で発売されるのか詳細は不明ですが、本体カラーはObsidianとSupernovaが掲載されており、価格も後日案内される予定となっています。

なお、すでに紹介しているようにREDMAGIC 7は日本向けの認証(いわゆる「技適」)を取得していましたが、その後、総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新して日本で利用できる携帯電話ネットワークにおける対応周波数帯についても明らかになっています。

続きを読む

未発表の京セラ製5G対応Androidスマホ「DIGNO SX2 KC-S302」が技適やBluetooth認証を通過!エントリー向けメーカーモデルに


未発表の京セラ製5G対応スマホ「DIGNO SX2 KC-S302」が投入へ!写真はあんしんスマホ

京セラが未発表の5G対応スマートフォン(スマホ)「KC-S302」を開発中であることが明らかになりました。同製品はすでに工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年9月27日付けでテュフズードジャパンを通じて取得していることが総務省の「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」にて掲載されています。認証番号は「011-210043」。

型番規則から「KC-S***」はオープン市場向けのメーカーモデル(SIMフリー製品)となり、すでに「DIGNO SANGA edition(型番:KC-S304)」が発表されているため、KC-S302と「KC-S303」が存在すると見られていましたが、まずはKC-S302は抜けではなく開発中であることがわかりました。

またBluetooth SIGによるBluetooth認証も2022年1月20日付けで取得しており、製品名が「DIGNO SX2」であることやOSがAndroidであることが記載されているほか、NTTドコモ向け「あんしんスマホ(型番:KY-51B)」やSoftBank向け「DIGNO BX2(型番:A101KC)」とともに取得しているため、エントリーモデルになるのではないかと予想されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。