S-MAX

技適マーク

Snapdragon 665搭載のミッドレンジスマホ「TCL 10 Plus」が日本で発売へ!T782Pが技適を取得。SIMフリーで販売か


ミッドレンジスマホ「TCL 10 Plus」が日本で発売へ!技適取得

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにTCL Communication(以下、TCL)が「T782P」(認証番号:018-200396)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年12月24日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

T782Pはすでにグローバル向けに発表されているミッドレンジスマートフォン(スマホ)「TCL 10 Plus」の型番のため、すでに日本でも販売されている「TCL 10 5G」や「TCL 10 Pro」、「TCL 10 Lite」に続く「TCL 10」シリーズとして日本で発売されることになりそうです。

また従来通りであれば、これらの機種と同様に日本ではTCLの正規代理店だるFOXからSIMフリーモデルとして販売される可能性が高そうです。TCLではすでに次の「TCL 20」シリーズを発表していますが、日本ではその前にTCL 10 Plusが登場するようです。

続きを読む

DTIの携帯電話サービス「トーンモバイル」向け次期スマホと見られる未発表の「TONE e21」が技適やBluetooth認証を取得


トーンモバイルの次期スマホと見られる「TONE e21」が各種認証取得!写真は旧機種のe19

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにCPSpeedがスマートフォン(スマホ)「TONE_e21」(認証番号:018-200380)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年12月30日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

型式または名称として登録されているTONE_e21からフリービット傘下のドリーム・トレイン・インターネット(以下、DTI)が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「トーンモバイル」向け次期スマホ「TONE e21」になると予想されます。

なお、工事設計認証からはスマホかどうかといった製品カテゴリーはわかりませんが、Bluetooth認証機関のBluetooth SIGにて2021年1月20日(現地時間)付けで同じくCPSpeedによって「TONE_e21」の認証が取得されており、こちらに「Smart Phone」であることが示されています。

続きを読む

ファーウェイ、最新プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 40 Pro 5G」を日本で発売へ!NOH-NX9が技適通過し、Sub6のみに対応


最新プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 40 Pro 5G」が技適取得!日本で発売へ

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たに華為技術日本(以下、ファーウェイ)が「NOH-NX9」(認証番号:003-200293)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年12月11日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

NOH-NX9はすでに海外で発表されているプレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 40 Pro 5G」で、同社では昨年発売した「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」や「HUAWEI P40 Pro 5G」などと同様に同製品の日本での発売へ向けて準備をしているものと見られます。

続きを読む

楽天モバイルがオリジナルスマホ「Rakuten BIG s」を投入へ!未発表の「3917JR」が各種認証を通過。開発はCoolpadを展開するYulongが担当


楽天モバイルオリジナルスマホ「Rakuten BIG s」が開発中!写真はRakuten BIG

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにYulong Computer Telecommunication Scientific(宇龍計算機通信科技、以下、Yulong)が「3917JR」(認証番号:003-200256)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年10月9日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

3917JRはどういった製品なのか不明でしたが、Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは23日(現地時間)、Yulongの3917JRが2020年11月23日付で認証を通過したとして情報を公開しており、製品カテゴリー「Phone」やデザイン名「Rakuten BIG s」であるとしていることから楽天モバイル向けスマートフォン(スマホ)「Rakuten BIG s(型番:3917JR)」となると予想されます。

楽天モバイルでは現在、5Gに対応したオリジナルスマホ「Rakuten BIG(型番:ZR01)」(ZTE製)を販売しており、同様に大画面を搭載した後継モデルもしくは派生モデルとしてRakuten BIG sを投入する可能性が高そうです。なお、Yulongはグローバル市場にて「Coolpad(酷派)」ブランドで展開している大手メーカーで、Rakuten BIG sを販売することになれば日本市場参入となります。

続きを読む

楽天モバイル、オリジナルスマホ「Rakuten Mini」の認証番号と対応周波数帯の変更における交換対応を12月末まで延長


楽天モバイルスマホ「Rakuten Mini」の交換対応期限が12月末まで延長!

楽天モバイルは12日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応したオリジナルスマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini(型番:C330)」において対応周波数帯を変更したことに伴って一部製品にて日本で利用するために必要な認証(いわゆる「技適マーク」)が正しく表示できていなかった問題における交換対応の期限を延長したとお知らせしています。

同社では交換対応期限は当初、2020年9月末としていましたが、2020年12月31日(木)20時に延長されています。交換対応は最初に販売されていた製造番号(IMEI)が「351676110356708」以前の製品および最後に販売しているIMEIが「351676110682491」以降の製品が対象です。

これらの製品を購入した人は別のRakuten Miniへの交換を希望する場合、交換対応期限までに楽天モバイルのコミュニケーションセンターまで申し出ることで交換してもらえるとのこと。正しい認証番号は351676110356708以前なら「201-190492」、351676110682491以降なら「201-200399」で、認証番号はRakuten Miniの「設定」→「端末情報」→「規制ラベル」から確認可能です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。