S-MAX

技適マーク

エイスースの最新フラッグシップスマホ「Zenfone 9」が日本でも発売へ!ASUS_AI2202が技適通過。前機種に続くFeliCa対応に期待


最新フラッグシップスマホ「ASUS Zenfone 9」が日本で発売へ!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにASUSTeK Computer(以下、ASUS)が「ASUS_AI2202」(認証番号:003-220186)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2022年7月22日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

ASUS_AI2202はすでにグローバル向けに発表されている最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Zenfone 9(型番:AI2202)」であることが判明しており、これまでの「Zenfone」シリーズのフラッグシップモデルと同様に日本でも発売されることになりそうです。また前機種「Zenfone 8(型番:ZS590KS)」は同社初のおサイフケータイ(FeliCa)に対応していたため、Zenfone 9も同様にFeliCaに対応することが期待されます。

続きを読む

オウガ・ジャパンが未発表のエントリースマホ「CPH2385」を日本で発売へ!技適を通過。製品名は「OPPO A77」または「OPPO A57s」か


エントリースマホ「OPPO A」シリーズの次期モデルが日本投入準備中!写真は既存のA73

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)が未発表製品「CPH2385」(認証番号:018-220207)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2022年6月24日付けで認証技術支援センターを通じて取得していることが公開されています。

CPH2385は海外を含めて現時点では未発表となっており、Bluetooth SIGでは2022年6月20日付けで「OPPO A77」および「OPPO A57s」として認証(Declaration ID:D058273)とされているため、日本でもOPPO A77またはOPPO A57sとして日本法人のオウガ・ジャパンが発売する準備をしているものと見られます。

なお、日本ではこれまでエントリーからミッドレンジクラスの「OPPO A」シリーズは2019年に「OPPO A5 2020」、2020年に「OPPO A73」、2021年に「OPPO A54 5G」および「OPPO A55s 5G」が発売されており、CPH2385がOPPO A77になるのか、OPPO A57sになるのかは予想がしにくいところです。

なお、未発表製品なので仕様についても不明ですが、Bluetooth SIGでは「OPPO A77 5G」や「OPPO A57 5G」、「OPPO A57」などともに認証を取得しているので近いスペックになるのではないかと思われ、製品名に「5G」が含まれず、工事設計認証でも米連邦通信委員会(FCC)でも5Gでは認証を受けていないため、4G対応の低価格モデルになりそうです。

続きを読む

未発表のモトローラ製「XT2235-3」が技適を取得!エントリースマホ「moto g31」の後継機「moto g32」が日本で発売へ


4G対応エントリースマホ「moto g32」が日本で発売へ!写真は旧機種

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにMotorola Mobility(以下、モトローラ)が未発表製品「XT2235-3」(認証番号:202-SMK039)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2022年6月9日付けでCTC advancedを通じて取得していることが公開されています。

XT2235-3は海外を含めて現時点では未発表となっており、タイの電波関連の認証を管理・運営するNBTC(National Broadcasting and Telecommunications Commission)などでも認証を取得(認証番号:B38328-22)しており、NBTCでは製品名が「moto g32」とされているため、日本でも今年1月に発売された「moto g31」の後継機種となると見られます。

続きを読む

OPPOの未発表スマホ「CPH2353」とそのKDDI・沖縄セルラー電話向け「OPG04」が技適取得!Reno Aシリーズの次機種か


OPPOの未発表スマホ「CPH2353」と「OPG04」が技適通過!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)が未発表製品「CPH2353」および「OPG04」(認証番号:018-220021)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2022年1月31日付けで認証技術支援センターを通じて取得していることが公開されています。

CPH2353およびOPG04ともに現時点では海外も含めて未発表の製品で認証情報から5G NR方式や4G LTE方式、3G W-CDMA方式といった携帯電話ネットワークおよび無線LAN(Wi-Fi)、Bluetoothに対応していることから恐らくスマートフォン(スマホ)だと見られ、型番ルールからOPG04はKDDIおよび沖縄セルラー電話向けだと推測できます。

一方、CPH2353は2022年3月17日付けで米連邦通信委員会(FCC)の認証を取得しており、OSにAndroid 12ベースの独自ユーザーインターフェース(UI)「ColorOS 12.0.1」を搭載し、質量が約175gでバッテリー容量が4500mAh/17.41Wh(電池パック「BLP917」)であることが示されています。なお、中国製とのことです。

続きを読む

HTCが4年ぶりに日本でスマホを投入へ!VoLTEに対応した未発表製品「HTC Phone(2QBK200)」が技適通過


HTCが日本でスマホを発売か!?未発表製品「HTC Phone 2QBK200」が技適通過

HTCが未発表のスマートフォン(スマホ)と見られる製品「HTC Phone(型番:2QBK200)」を日本で発売するために準備中であることが明らかとなりました。詳細は不明ながら日本向けの認証(いわゆる「技適」)をTELEFICATIONを通じて2022年5月12日付で取得しています。

認証番号は電波法に基づく工事設計認証(R)が「201-220238」、電気通信事業法に基づく技術基準適合認定(T)が「ADF22-0090201」となっており、ADFからはじまるため、少なくともVoLTEに対応した音声通話とデータ通信に対応していることがわかるので恐らくスマホなのではないかと思われます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。