JR東日本が埼京線車内で痴漢を通報できるシステムを実験!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は4日、列車内で利用者が「痴漢」行為を受けた際にスマートフォン(スマホ)など向け専用アプリによって車掌へ通報するシステムの検討を進めており、その効果などを検証するために列車内で実証実験を行うと発表しています。

実験では列車内で痴漢行為を受けた利用者から車掌への通報を可能にして車内放送で注意喚起を図り、周囲の利用者に痴漢行為に気づいてもらうことで痴漢行為の抑制を図ることを目的として実施されるとのこと。

実際に効果を確かめるために2つのステップで実験が行われ、第1ステップは社員およびモニターが専用アプリのボタンを押し(通報タイミングはあらかじめ設定)、車掌が車内放送(試験)にて注意喚起して利用者によるまアンケートによる調査を行います。

また第2ステップでは第1ステップの結果を踏まえてモニターが専用アプリのボタンを押し(痴漢行為を受けたと認識した時)、車掌が車内放送にて注意喚起および最寄り駅の駅員と連携して対処し、その過程をモニターアンケートによって調査します。

実施時期および路線は第1ステップを2020年2月下旬から3月上旬(土休日は除く)の7:00頃から10:00頃にて痴漢行為が多く発生しているという埼京線車内(大宮駅〜新宿駅)、第2ステップは第1ステップの結果を踏まえて6月以降に同じく埼京線車内で実施予定となっています。

続きを読む