S-MAX

通話

NTTドコモ、携帯電話回線を使った固定電話サービス「homeでんわ」を3月29日に提供開始!3300ポイントプレゼントキャンペーンも実施


工事することなく現在の固定電話番号も引き継げる!docomoが固定電話サービス「homeでんわ」を3月29日に提供開始

NTTドコモは24日、現在利用中の固定電話機と市外局番から始まる固定電話番号をそのまま使えるモバイルネットワークを利用した固定電話サービス「homeでんわ」を2022年3月29日(火)に提供開始すると発表しています。同社は合わせて専用機種「homeでんわ HP01」(シャープ製)を発売します。

料金(金額はすべて税込)は初期費用として契約事務手数料2,200円と番号継続登録料2,200円がかかり、利用料として料金プラン「homeでんわ ライト(月額基本料金:1,078円)」および通話中着信や転送でんわなどがセットになった「homeでんわ ベーシック (月額基本料金:2,178円)」の2つから選べます。

また同社のスマートフォン(スマホ)またはホームルーター「home 5G」を契約している場合には「homeでんわ セット割」が適用され、homeでんわの月額基本料金が528円割引となるため、homeでんわ ライトなら月額550円から、homeでんわ ベーシックなら月額1,650円から利用可能となります。なお、homeでんわは契約期間の設定がなく、解約金などの費用も発生しません。

homeでんわのサービスは全国のドコモショップおよび量販店などで申し込みでき、申し込んだ即日からサービスを使えます。ただし、番号ポータビリティーで申し込む場合は即日利用開始はできないということです。また公式Webストア「ドコモオンラインショップ」ではhomeでんわ HP01は取り扱われず、homeでんわの申し込みもできないとのこと。

homeでんわ HP01の価格は各店舗によって決められ、NTTドコモとしては案内していないとしています。なお、homeでんわの提供開始に先立って同社では3月25日(金)から事前予約受付を開始します。さらにキャンペーンを実施し、homeでんわ HP01を購入してhomeでんわ ベーシックを新規契約し、継続して3ヶ月間利用した場合にdポイント(期間・用途限定)を3,300ポイントプレゼントするということです。

続きを読む

NTTドコモ、携帯電話ネットワークを利用した固定電話サービス「homeでんわ」を3月下旬より提供!月額550円から。専用機器HP01をつなぐだけ


工事することなく現在の固定電話番号も引き継げる!docomoが固定電話サービス「homeでんわ」を発表

NTTドコモは4日、現在利用中の固定電話機と市外局番から始まる固定電話番号をそのまま使えるモバイルネットワークを利用した固定電話サービス「homeでんわ」を2022年3月下旬から提供開始すると発表しています。また同社は合わせて専用機種「homeでんわ HP01」(シャープ製)を発売します。

料金(金額はすべて税込)は初期費用として契約事務手数料2,200円と番号継続登録料2,200円がかかり、利用料として料金プラン「homeでんわ ライト(月額基本料金:1,078円)」および通話中着信や転送でんわなどがセットになった「homeでんわ ベーシック (月額基本料金:2,178円)」の2つから選べます。

また同社のスマートフォン(スマホ)またはホームルーター「home 5G」を契約している場合には「homeでんわ セット割」が適用され、homeでんわの月額基本料金が528円割引となるため、homeでんわ ライトなら月額550円から、homeでんわ ベーシックなら月額1,650円から利用可能となります。なお、homeでんわは契約期間の設定がなく、解約金などの費用も発生しません。

homeでんわのサービスは全国のドコモショップおよび量販店などで申し込みでき、申し込んだ即日からサービスを使えます。ただし、番号ポータビリティーで申し込む場合は即日利用開始はできないということです。提供エリアは同社が指定する地域となっており、詳細は同社の公式Webサイトにて別途案内するとしています。

続きを読む

携帯電話サービス「NUROモバイル」にて5分かけ放題オプションを提供開始!利用料は月額490円。Instagramのライブ動画もカウントフリーに


NUROモバイルにてNEOプランと5分かけ放題オプションを同時申込で割引キャンペーン!

ソニーネットワークコミュニケーションズは19日、同社が移動通信体事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「NUROモバイル」( https://mobile.nuro.jp )において「5分かけ放題オプション」を2022年1月19日(水)20時に提供開始すると発表しています。

5分かけ放題オプションは1回当たり5分以内の国内通話を回数に制限なく利用することができるオプションサービスで、オプション料は月額490円(金額はすべて税込)となっており、料金プラン「NEOプラン」(20GB)および「バリュープラス(VS・VM・VL)」(3GB・5GB・10GB)のほか、旧プランも対象となります。

合わせて5分かけ放題オプションの提供開始を記念してキャンペーン「5分かけ放題オプション同時申込特典」が実施され、NEOプラン(20GB)と5分かけ放題オプションを新規または他社からの乗り換え(MNP)で同時に申し込んだ場合に5分かけ放題オプションの利用開始月を含めた12か月間はオプション料が月額490円から月額220円に割り引かれます。終了日時は未定。

またNEOプランにおいて対象のSNSサービスの通信量を消費せずに使える「NEOデータフリー」機能の対象を拡充し、新たに「Instagram」のライブ動画の視聴・配信も対象に2022年1月19日より追加され、より一層SNSの利用を楽しむことができるようになっています。

続きを読む

携帯電話サービス「y.u mobile」にてかけ放題オプションが2022年1月分より値下げ!10分/回が月額550円、無制限が月額1400円に


y.u mobileのかけ放題オプションが2022年1月分より値下げ!専用アプリも「0035でんわ」へ変更

Y.U-mobileは15日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「y.u mobile」( https://www.yumobile.jp/ )において「10分かけ放題」オプションを月額550円(金額はすべて税込)へ、「無制限かけ放題」オプションを月額1,400円へにおいて2022年1月より値下げするとお知らせしています。

これにより、月額1,070円の料金プラン「シングルプラン(5GB)」と10分かけ放題を組み合わせて月額1,620円で利用できるようになります。シングルプランではギガが永久繰り越し可能なほか、年間最大3万円までスマホの修理費用を補償するお客さま負担0円の「修理費用保険」が付属します。

またこれらのかけ放題オプションを利用するためのスマートフォン(スマホ)など向け専用アプリ「y.uでんわ」を「0035でんわ」へ2022年1月14日(金)より変更するとのこと。なお、移行期間としてy.uでんわアプリは2022年1月24日(月)まで利用可能で、0035でんわアプリはHMS(HUAWEI AppGallery)には対応していないとのこと。

従来通り、専用アプリを使って発信しなかった場合または相手先電話番号の先頭に「003545」を入力して発信しなかった場合には国内通話料(11円/30秒)や10分かけ放題、無制限かけ放題は適用されず、国内通話料22円/30秒がかかるのでご注意ください。

続きを読む

KDDIとトビラシステムズ、国内初の固定電話への着信を専用機器不要で自動遮断する「迷惑電話自動ブロック」を2022年2月16日に提供開始


国内初!固定電話への着信を専用機器不要で自動遮断する「迷惑電話自動ブロック」が登場

KDDIおよびトビラシステムズは9日、国内で初めて特殊詐欺や悪質セールスなどの「迷惑電話」の固定電話への着信を専用機器不要で自動遮断する「迷惑電話自動ブロック」の提供を2022年2月16日(水)から開始すると発表しています。またサービス開始に先立って2021年12月10日(金)より事前予約受付を実施するとのこと。

迷惑電話自動ブロックはKDDIが全国のケーブルテレビ各社と提携している固定電話サービス「ケーブルプラス電話」のオプションサービスとして提供され、利用料は月額330円(金額はすべて税込)で、事前予約で最大3カ月間利用料を無料とする「迷惑電話自動ブロック3カ月無料キャンペーン」が実施されます。

またケーブルプラス電話で迷惑電話自動ブロックを含む5種類のオプションをまとめてお得に利用できる「オプションお得パック」(月額759円)も提供され、別々に申し込んだ場合には合計1,430円がかかるため、月額671円安くなります。なお、迷惑電話自動ブロックは全国防犯協会連合会の「優良防犯電話」として登録申請中だとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。