S-MAX

A101BM

SoftBankとY!mobileでeSIMに対応する物理SIM「eSIMカード」が提供開始!BALMUDA Phoneに対応するソフトウェア更新が開始


ソフトバンクがeSIMカードを提供開始!AQUOS R6やBALMUDA Phone、かんたんスマホ2などが対応

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は16日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」向けにプロファイルをダウンロードして「eSIM」が利用できるようになる専用の物理SIM(USIM)カード「eSIMカード」を2022年3月16日(水)に提供開始したとお知らせしています。

対応機種はSoftBank向け5Gスマートフォン(スマホ)「AQUOS R6(型番:A101SH)」(シャープ製)および「BALMUDA Phone(型番:A101BM)」(バルミューダ製)、Y!mobile向け4Gスマホ「かんたんスマホ2(型番:A001KC)」(京セラ製)となっており、それぞれeSIMカードに対応するためのソフトウェア更新を適用する必要があります。

対応するビルド番号はAQUOS R6が「S0031」以降、BALMUDA Phoneが「1.052PO」以降、かんたんスマホ2が「1.141MI」以降となっており、BALMUDA PhoneについてはeSIMカードが提供される直前の3月14日よりeSIMカードに対応するほか、動作安定性やセキュリティーの向上を行うためのソフトウェア更新が提供されています。

その他、Y!mobileでは3月24日に発売される4Gスマホ「かんたんスマホ2+(型番:A201KC)」もeSIMカード対応機種となっています。またeSIMカード対応機種では eSIMプロファイル追加ダウンロード機能を利用しない場合はこれまでのUSIMカードをそのまま利用可能となっています。

続きを読む

ソフトバンクがeSIMに対応する物理SIM「eSIMカード」を3月中旬に提供!AQUOS R6とBALMUDA Phoneがソフトウェア更新で対応


SoftBankにてeSIMが利用できるようになる物理SIMが提供に!

ソフトバンクは16日、携帯電話サービス「SoftBank」向けにプロファイルをダウンロードして「eSIM」が利用できるようになる専用の物理SIM(USIM)カード「eSIMカード」を2022年3月中旬以降に提供開始するとお知らせしています。

合わせて5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R6(型番:A101SH)」(シャープ製)および「BALMUDA Phone(型番:A101BM)」(バルミューダ製)に対してeSIMカードに対応させるためのソフトウェア更新を提供するとのことで、AQUOS R6 A101SHに対してはすでに2月16日よりすでに順次提供しています。

AQUOS R6 A101SHへのソフトウェア更新はeSIMカードへの対応に加え、セキュリティーの向上となっているほか、それ以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれているとしています。更新後のビルド番号は「S0031」で、更新には最大20分程度がかかるとしています。

続きを読む

SoftBank向け5Gスマホ「BALMUDA Phone」が2月11日より最大7万1616円OFFの7万1664円からに値下げ!バルミューダ製品の20%OFFクーポンも


ソフトバンクが5Gスマホ「BALMUDA Phone」を最大71,616円割引に!単体購入でも49,616円OFF

ソフトバンクは10日、携帯電話サービス「SoftBank」にて昨年11月より販売している5Gスマートフォン(スマホ)「BALMUDA Phone(型番:A101BM)」(バルミューダ製)を購入する場合にバルミューダ公式オンラインストアで使える20%OFFクーポンをプレゼントする「春の新生活応援キャンペーン」を2022年2月11日(金)から3月31日(木)まで実施すると発表しています。

キャンペーンはバルミューダが実施し、SoftBankにおいてBALMUDA Phone A101BMを購入し、4月10日(日)までに専用Webページから応募した場合が対象となるとのこと。また春の新生活応援キャンペーンに合わせてソフトバンクでは2月11日よりSoftBank取扱店においてBALMUDA Phone A101BMを購入しやすい価格で販売するということです。

これにより、ソフトバンクショップ(直営店)では48回分割払いで購入した場合には新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更、単体購入のすべての購入方法で通常価格143,280円から49,616円が割り引かれて93,664円となります。

またMNPもしくはもしくは5歳~30歳の人が新規契約で料金プラン「メリハリ無制限」もしくは「スマホデビュープラン」のいずれかに加入された場合または機種変更の場合にはさらに22,000円が割り引かれて71,664円になるということです。

さらにこれらの割引は「新トクするサポート」を併用可能で、特典を利用した場合には25ヶ月目以降の残債(2,985円/月×24回)が免除され、機種変更などでは実質24円、単体購入などでは実質22,034円となります。

なお、MNPには携帯電話サービス「Y!mobile」や「LINEMO」からの番号移行も含めるとのこと。さらに同社ではBALMUDA Phoneの専用アプリのうちの「時計アプリ」が2月14日(月)に「時間と天気アプリ」にアップデートされる予定だとしています。

続きを読む

ソフトバンクとバルミューダが5Gスマホ「BALMUDA Phone」を1月14日に販売再開!干渉ノイズ超過の可能性。ソフトウェア更新で対処


バルミューダとソフトバンクがBALMUDA Phoneを販売再開!すでに利用中の場合もソフトウェア更新で対処

バルミューダおよびソフトバンク、京セラは13日、昨年11月に発売した5G対応スマートフォン(スマホ)「BALMUDA Phone」において一部の周波数帯域で干渉ノイズが許容値を超える可能性があることが判明したとして速やかに対処するためにソフトウェア更新を2022年1月14日(金)9時に提供開始すると発表しています。

対象はバルミューダが販売しているメーカー版「BALMUDA Phone(型番:X01A)」および携帯電話サービス「SoftBank」にて販売されている「BALMUDA Phone(型番:A101BM)」となっており、更新後のビルド番号はX01Aが「1.032MI」、A101BMが「1.032PO」となっており、利用する際には必ず最新のソフトウェアへの更新するよう案内しています。

またバルミューダおよびソフトバンクはすでに紹介しているように1月7日より本事象によって「技術基準適合証明の認証に関して確認すべき事項が生じた」として該当端末を一時販売停止していますが、両社ともに修正ソフトウェアを適用した上で2022年1月14日(金)から販売を順次再開するとお知らせしています。

続きを読む

ソフトバンクとバルミューダが5Gスマホ「BALMUDA Phone」を一時販売停止!技適に確認すべき事項が生じたため。利用者には影響なし


バルミューダとソフトバンクがBALMUDA Phoneを一時販売停止!技適に確認事項が見つかったため

バルミューダおよびソフトバンクが昨年11月に発売した5G対応スマートフォン(スマホ)「BALMUDA Phone」を一時販売停止していることが明らかになりました。理由は両社ともに開発・製造元である京セラから「技術基準適合証明の認証に関して確認すべき事項が生じた」という連絡があったためとしています。

対象はバルミューダが販売しているメーカー版「BALMUDA Phone(型番:X01A)」および携帯電話サービス「SoftBank」にて販売されている「BALMUDA Phone(型番:A101BM)」となっており、両社の公式Webストア「バルミューダオンラインストア」や「ソフトバンクオンラインショップ」をはじめ、各店頭でも2022年1月7日(金)よりに順次販売停止しているとのこと。

なお、すでに購入して利用している場合においては影響はないとしています。BALMUDA Phoneは両モデルともに京セラが開発・製造を担当し、各種認証も同社が行っており、いわゆる「技適」については認証番号は技術基準適合証明/工事設計認証(電波法)が「005-102869 」、技術基準適合認定(電気通信事業法)が「ADF21-0112001」となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。