バルミューダとソフトバンクがBALMUDA Phoneを販売再開!すでに利用中の場合もソフトウェア更新で対処

バルミューダおよびソフトバンク、京セラは13日、昨年11月に発売した5G対応スマートフォン(スマホ)「BALMUDA Phone」において一部の周波数帯域で干渉ノイズが許容値を超える可能性があることが判明したとして速やかに対処するためにソフトウェア更新を2022年1月14日(金)9時に提供開始すると発表しています。

対象はバルミューダが販売しているメーカー版「BALMUDA Phone(型番:X01A)」および携帯電話サービス「SoftBank」にて販売されている「BALMUDA Phone(型番:A101BM)」となっており、更新後のビルド番号はX01Aが「1.032MI」、A101BMが「1.032PO」となっており、利用する際には必ず最新のソフトウェアへの更新するよう案内しています。

またバルミューダおよびソフトバンクはすでに紹介しているように1月7日より本事象によって「技術基準適合証明の認証に関して確認すべき事項が生じた」として該当端末を一時販売停止していますが、両社ともに修正ソフトウェアを適用した上で2022年1月14日(金)から販売を順次再開するとお知らせしています。

02

BALMUDA Phoneはバルミューダ初のスマホで、新たに立ち上げたIT・AV機器などの技術集積度の高い製品群やそれらに関わるアプリ・サービスの展開を行う新ブランド「BALMUDA Technologies」の第1弾製品となります。メーカー版のほか、ソフトバンクが通信事業者として独占します。なお、開発・製造は京セラが担当し、日本国内での生産となるとのこと。

特徴は毎日使うスマホの自然な大きさを考え、ディスプレイは右上のパン地ホールを配置したアスペクト比9:16の約4.9インチFHD(1080×1920ドット)TFT液晶を搭載したコンパクトなボディーを採用し、5Gスマホでは最小級サイズとなっており、外観は曲線だけで構成された美しいプロポーションで自然と手のひらに収まる形状を考えてデザインされています。

04

05

またコンパクトなボディーながらワイヤレス充電やおサイフケータイ(FeliCa)が利用可能で、生活防水・生活防塵(IPX4・IP4X)に対応しています。また電源キーは背面に配置され、指紋センサーが内蔵されており、リアカメラとのシンメトリーデザインとなっています。サイズは約123×69×13.7mm、質量は約138g、本体カラーはホワイトとブラックの2色展開。

主な仕様はQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 765 5G Mobile Platform」および6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、2500mAhバッテリー、急速充電(PD 3.0)、USB Type-C端子、Wi-Fi 5、Bluetooth 5.2、NFC Type A/B、位置情報取得、Android 11など。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

バルミューダ初のスマホ「BALMUDA Phone」が正式発表!11月17日予約開始、11月26日発売。メーカー版が10万4800円、SoftBank版が14万3280円 - S-MAX
バルミューダ初のスマホ「BALMUDA Phone」を写真と動画で紹介!こだわりのサイズ感やデザイン、独自アプリなどをチェック【レポート】 - S-MAX



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
BALMUDA Phone 関連記事一覧 - S-MAX
BALMUDA Phoneのソフトウェア更新のお願いとお知らせ – BALMUDA Technologies サポート 公式サイト
BALMUDA Phoneをご利用中のお客さまへ(2022年1月13日) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
BALMUDA Phoneのソフトウェア更新に関して | ニュースリリース | ニュースルーム | 京セラ
BALMUDA Phone販売再開のお知らせ | ニュース | バルミューダ テクノロジーズ
BALMUDA Phone 販売再開に関するお知らせ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
BALMUDA Phone | バルミューダ テクノロジーズ
BALMUDA Phone | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク