次期フラッグシップスマホ「Xiaomi 14T Pro」が日本で発売へ!写真は現行機種のXiaomi 13T Pro

IEC(国際電気標準会議)が電気機器安全規格適合試験制度による認証情報を公開しているIECEEにおいてXiami Communications(以下、Xiaomi)製「2407FPN8EG」および「2407FPN8ER」、「A402XM」が2023年6月30日付でTÜV SÜD PSBによってCB証明書を取得したことが公開されていました。認証番号は「SG PSB-IV-11348」。

これらの製品はグローバル向けでも現時点では未発表ですが、Xiaomiが公開しているソースコードから次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi 14T Pro」となることが判明しており、Xiaomiの型番規則から末尾「R」は日本向けとなるため、2407FPN8ERはオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)となり、一方でA402XMは型番規則からソフトバンク向けであることが推測できます。

これにより、昨年に発売されたXiaomi 14T Proの前機種「Xiaomi 13T Pro」や前々機種「Xiaomi 12T Pro」に続く「神ジューデン」対応製品として投入されるのではないかと推測され、ともにXiaomiの日本法人である小米技術日本(以下、シャオミ)からメーカー版、ソフトバンクからキャリア版として発売されることになりそうです。

続きを読む