S-MAX

AQUOSR6

1型センサーLeicaカメラ搭載のフラッグシップスマホ「AQUOS R6」が6月25日に発売!価格はNTTドコモが11万5632円、SoftBankが13万3920円


docomoとSoftBankからフラッグシップスマホ「AQUOS R6」が6月25日発売!

NTTドコモは17日、今夏以降に投入予定の「2021年夏モデル」のうちの5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R6 SH-51B」(シャープ製)を2021年6月25日(金)に発売すると発表しています。またソフトバンクは17日、携帯電話サービス「SoftBank」向け5G対応フラッグシップスマホ「AQUOS R6(型番:A101SH)」(シャープ製)を6月25日に発売すると発表しています。

販路はドコモショップやソフトバンクショップ、量販店などの店舗および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「ソフトバンクオンラインショップ」などで、NTTドコモではすでに予約受付を実施していますが、SoftBankでも2021年6月18日(金)に予約受付を開始するとのこと。なお、ドコモオンラインショップにおける購入手続きは2021年6月22日(火)10時からで、お届けは発売日から順次。

価格(金額はすべて税込)はともに直営店ではAQUOS R6 SH-51Bが115,632円で、他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」によって22,000円OFFとなるほか、36回払いで購入した場合には最大12回分の残債が免除される「スマホおかえしプログラム」の対象で特典を利用すると実質3,212円/月×24回(総額77,088円)からとなります。

また『「AQUOS R6 SH-51B」デビューキャンペーン』( https://k-tai.sharp.co.jp/campaign/r6cp/docomo/index.html )が実施され、すべての販売拠点で2021年7月18日(日)までに購入し、2021年8月1日(日)までに応募した人にもれなくdポイント5,000ポイントをプレゼントするとのこと。dポイントの進呈は時期は2021年8月中を予定。

一方、SoftBank向けAQUOS R6 A101SHは133,920円で、MNPの場合には「【オンライン限定】web割」の対象となる見込みで21,600円OFFとなるほか、こちらも48回払いで購入する場合に最大24回分の残債が免除される「トクするサポート+」の対象で特典を利用すると実質2,790円/月×24回(総額66,960円)からに。

同様にSoftBank向けAQUOS R6 A101SHでも『「SoftBank AQUOS R6」デビューキャンペーン』( https://k-tai.sharp.co.jp/campaign/r6cp/softbank/index.html )が実施され、すべての販売拠点で2021年8月31日(火)までに購入し、2021年9月7日(火)までに応募した人にもれなくPayPayボーナス5,000円相当をプレゼントするとのこと。進呈は2021年9月下旬以降にメールで案内が届き、付与登録手続きを実施後に行われます。

続きを読む

NTTドコモが5Gスマホ3機種の価格を案内!AQUOS R6 SH-51Bが11万5632円、Xperia 1 III SO-51Bが15万4440円、Xperia 10 III SO-52Bが5万1480円


docomo 5Gスマホ「AQUOS R6」や「Xperia 1 III」、「Xperia 10 III」の価格が判明!

NTTドコモは31日、今夏以降に投入予定の「2021年夏モデル」のうちの5Gに対応したスマートフォン(スマホ)「AQUOS R6 SH-51B」および「Xperia 1 III SO-51B」、「Xperia 10 III SO-52B」の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」における価格(金額はすべて税込)をお知らせしています。

各機種ともにすでに事前予約受付を実施していますが、ようやく価格が案内されました。本体価格はAQUOS R6 SH-51Bが115,632円、Xperia 1 III SO-51Bが154,440円、Xperia 10 III SO-52Bが51,480円となっており、各機種ともに他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」によって22,000円OFFとなるとのこと。

またAQUOS R6 SH-51BとXperia 1 III SO-51Bは「スマホおかえしプログラム」の対象で、利用時の実質負担額はAQUOS R6 SH-51Bが3,212円/月×24回(総額77,088円)、Xperia 1 III SO-51Bが4,290円/月×24回(総額102,960円)となっています。なお、Xperia 10 III SO-52Bはスマホおかえしプログラムの対象外。

続きを読む

NTTドコモの5G対応高性能スマホ「AQUOS R6 SH-51B」を写真と動画で紹介!ライカ監修の1型センサーカメラやPro IGZO OLEDなど【レポート】


シャープのフラッグシップモデル「AQUOS R6 SH-51B」をチェック!

既報通り、NTTドコモは19日、オンラインにて「2021 夏 新サービス・新商品発表会」を開催し、5Gに対応したハイエンドなスマートフォン(スマホ)として「AQUOS R6 SH-51B」(シャープ製)を2021年6月中旬以降に発売すると発表した。

発売に先立ち、ドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて5月19日11時から事前予約が実施されている。現時点での販売価格は未定だが、スマホおかえしプログラムには対応する。

また同社は発表会に合わせて同日にメディア向け新製品体験会を実施し、そのタッチ&トライ会場にてAQUOS R6 SH-51Bの実機を試すことができたので、写真や動画を交えながらレポートする。

続きを読む

写真で見る「AQUOS R6」。1インチセンサーのライカ監修カメラと高輝度&省電力の6.6インチOLEDが魅力【レポート】


シャープの新フラッグシップスマホ「AQUOS R6」を写真でチェック!

既報通り、シャープは「2021年夏モデル」として発売予定の5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R6」を発表した。すでにNTTドコモから「AQUOS R6 SH-51B」として6月中旬以降に発売、ソフトバンクも「AQUOS R6」を6月中旬以降に発売する。

最大の特徴はやはりドイツのカメラメーカーである「Leica Camera」(以下、ライカ)監修の1インチセンサー採用の約2020万画素CMOSリアカメラだ。スマホが搭載するカメラセンサー中では最大サイズで、カメラの機能や画質、高感度撮影性能を一新した。

またシャープが自社開発する約6.6インチで1〜240Hz可変駆動のWUXGA+(1260×2730ドット)OLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」も搭載。画面の動作に応じた滑らかかつ省電力な動作に加え、スマホでは最大となるピーク輝度2000nitによってHDRコンテンツを明るく立体的に表示できる。

本記事ではシャープが発表会当日に実施した体験会にて実際にAQUOS R6の実機に触れることができたので外観を中心に写真や動画を交えて紹介していく。なお、NTTドコモではすでにドコモショップや量販店などの店頭および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付を実施中だ。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け5Gフラッグシップスマホ「AQUOS R6」を発表!1型センサーLeicaカメラ搭載。6月中旬発売


SoftBank 5Gスマホ「AQUOS R6」が登場!

ソフトバンクは17日、携帯電話サービス「SoftBank」向けの新商品として5Gに対応したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R6(型番:A101SH)」(シャープ製)を発表しています。発売時期は2021年6月中旬以降を予定し、販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などで、価格は現時点では未定。

シャープから同日に発表されたばかりのフラッグシップスマホ「AQUOS R6」のSoftBank版で、シャープが自社開発した有機ELパネルと大判の1型センサーを採用したリアカメラを搭載し、カメラ機能はセンサー選定からレンズ設計、画質調整までをドイツの光学機器メーカー「Leica(以下、ライカ)」が監修しています。

またSoftBank版では同様に取り扱いを発表しているNTTドコモ版と同様に日本市場向けにおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、携帯電話ネットワークでは5G(NR方式)のSub6に対応し、ミリ波には非対応で、最大通信速度は測定中とのこと。なお、ワンセグやフルセグにも非対応となりました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。