S-MAX

EarFunAirPro

待望の上位モデル後継機が登場!強化されたノイキャンや風雑音抑制などに対応の低価格な完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Air Pro 2」を試す【レビュー】


EarFunの上位モデル「EarFun Air Pro 2」を試す(モデル:有里彩さん、撮影:筆者)

EarFunテクノロジーが展開するオーディオブランド「EarFun(イヤーファン)」シリーズにおいて、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Air Pro 2(イヤーファン エアー プロ ツー)」(型番:TW300)が2021年8月23日(月)に発売する予定だ。

大手Webストア「Amazon.co.jp」で取り扱われる予定で、価格(金額はすべて税込)は7,999円。23日まではEarFunの公式サイトで「先行販売限定割引」を実施しており、通常価格の30%オフとなる5,599円で購入できる。

EarFun Air Pro 2 | 先行販売

今回、このEarFun Air Pro 2をメーカーから提供いただき試してみたので、写真や動画を交えながらレビューする。

続きを読む

EarFunのワイヤレスイヤホン「EarFun Air」を試す!最大35時間の長時間再生やワイヤレス充電、自動装着検出機能、防水対応など【レビュー】


EarFunのスタンダードなモデル「EarFun Air」を試す

EarFunテクノロジーが展開するオーディオブランド「EarFun」シリーズにおいて、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Air(イヤーファン エアー)」(型番:TW200)が2020年から販売されている。

大手Webストア「Amazon.co.jp」での取り扱い開始日は2020年11月23日で、価格は現時点で4,999円(税込)。以前レビューしたEarFun Air Pro(イヤーファン エアー プロ)」(型番:TW302)の下位モデルにあたるスタンダードタイプのワイヤレスイヤホン。

ワイヤレスイヤホンではトレンドであり、上位モデルのEarFun Air Proにも搭載されているアクティブノイズキャンセリング(ANC)や外音取り込みといったノイズキャンセリング機能は搭載していないが、6mm径の複合型ドライバー搭載や自動装着検出機能、タップコントロール、IPX7の防水性能、長時間利用、急速充電、ワイヤレス充電に対応している。

様々な機能を搭載しながらも低価格を実現し、コストパフォーマンスに優れたEarFun Airをメーカーから提供いただき試してみたので、写真や動画を交えながらレビューする。

続きを読む

完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Air Pro」を試す!コスパに優れた納得の音質でノイキャンや外音取込、防水、長時間再生など【レビュー】


EarFunの新製品「EarFun Air Pro」を試した!

EarFunテクノロジーが展開するオーディオブランド「EarFun」シリーズにて左右独立の完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Air Pro(イヤーファン エアー プロ)」(型番:TW302)が今年9月に発売された。

ハイブリッド式ノイズキャンセリングに対応したEarFun Air Proは既存の「EarFun Free」や「EarFun Air」などの上位モデルに当たり、アクティブノイズキャンセリング(ANC)や外音取り込みといったノイズキャンセリング機能をはじめ、10mm径のダイナミックドライバー搭載や加速度センサーによるタップコントロールに対応、IPX5の防水性能、長時間利用などが主な特徴となる。

大手Webストア「Amazon.co.jp」での取り扱い開始日は2020年9月17日で、価格は現時点で7,999円(税込)となっている。上位モデルでありながら低価格を実現し、コストパフォーマンスに優れたEarFun Air Proを提供いただいたので、今回実際に試してみた模様を写真や動画を交えながらレビューする。

また今回、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」の読者向けにAmazon.co.jpで購入する場合、2020年12月25日(金)23:59まで20%OFFとなるクーポンコードをEarFunテクノロジーよりご提供いただいたため、購入時の「ギフト券、種類別商品券、またはプロモーションコード」に「AIRPRO10」と入力して「適用」ボタンを押せば1,600円OFFの6,399円で購入できるようになっている。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。