S-MAX

JR東日本

交通チケット・決済サービス「Suica」と「PASMO」が記名式カードも8月2日より当面の間は新規販売を停止!無記名に続いて。再発行は可能


SuicaとPASMOが8月2日より無記名カードに続いて記名式カードも新規販売を一時停止!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)およびPASMO評議会、東京モノレール、東京臨海鉄道は31日、世界的な半導体不足の影響により「Suica」および「PASMO」において今後の定期乗車券等の新規発売や紛失時等の再発行サービス継続に必要な在庫を確保する必要があることから記名式のカードについても2023年8月2日(水)より当面の間は販売を中止すると発表しています。

各社ではすでに紹介しているようにSuicaやPASMOのカード製造メーカーにおいて必要なICチップの入手が困難となっていることから当面の必要数量のカードの製造が難しい状況となっているため、今年6月8日(木)より無記名のSuicaおよびPASMOの販売を中止していましたが、記名式についても販売中止となりました。

なお、カード製造メーカーと今後のカードの製造計画について協議を継続しているとのことですが、現時点においても不透明な状況であり、再開の目処は立っていないとのこと。そのため、記名式のSuicaカード(「モノレールSuica」および「りんかいSuica」含む)およびPASMOカードを購入希望する人には不便・迷惑を掛けることになりますが、理解を賜るように案内しています。

なお、定期乗車券の新規発売や小児用カードおよび障がい者用カードの発売、カード障害や紛失時の再発行サービスは継続するとしています。またすでにSuicaカードやPASMOカードを持っている場合には通常通り鉄道・バスの乗車や電子マネー加盟店での買い物に利用可能となっています。

さらにSuicaカードやPASMOカードは券売機などでチャージをすることで繰り返し何度でも利用できるため、手持ちのSuicaカードおよびPASMOカードの継続利用に協力するよう案内しています。その他、スマートフォン(スマホ)などで便利に使える「モバイルSuica」および「モバイルのPASMO」(ともに「Apple Pay」を含む)は通常通り新規発行や利用が可能です。

続きを読む

決済サービス「楽天ペイ」にてiPhoneでもSuica連携が提供開始に!楽天ポイントなどからチャージが可能。100ポイントプレゼントも


楽天ペイアプリにおけるSuica連携がiPhoneでも可能に!Androidに続いて

楽天ペイメントと東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は26日、楽天ペイメントが運営するスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」(以下、楽天ペイアプリ)においてiPhoneで「モバイルSuica」の連携・チャージが2023年6月26日(月)から可能になったとお知らせします。

またこのサービス開始に合わせて2023年6月26日(月)から8月1日(火)まで「iPhone限定 はじめて楽天ペイにSuicaを連携すると100ポイント」キャンペーン( https://r10.to/hNhmvP )を実施し、期間中にエントリーの上ではじめてiPhoneで楽天ペイアプリにモバイルSuicaを連携した人を対象に楽天ポイントが100ポイントプレゼントされています。

さらに毎月開催しているキャンペーン「はじめて楽天ペイアプリからSuicaにチャージすると最大200ポイントプレゼント」( https://r10.to/hN9TaA )にエントリーの上で合わせて参加して条件達成すると楽天ポイントを最大300ポイント進呈するということです。なお、6月開催分は2023年7月3日(月)9:59まで、7月開催分は2023年7月3日(月)10:00から2023年8月1日(火)9:59まで。

続きを読む

JR東日本がインフラシェアリングによる5G設備整備を加速!今夏以降に山手線駅間の5Gエリアを拡大して各MNOに提供。他路線にも推進


JR東日本がインフラシェアリングによる5Gエリア化を加速!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は6日、総務省が策定する「移動通信分野におけるインフラシェアリングに係る電気通信事業法及び電波法の適用関係に関するガイドライン」に基づくインフラシェアリング事業によって同社の鉄道沿線において携帯電話サービスの5G(第5世代移動通信システム)対応を加速すると発表しています。

具体的には2023年夏以降にすでに対応している高輪ゲートウェイ駅〜品川駅間以外の山手線の駅間において走行中の車内にいる携帯電話サービスの利用者にターゲットを絞った5Gエリア化をJR東日本がインフラシェアリング事業にて行い、山手線のさらなる価値向上をめざすとのこと。

また同社では今後も山手線を以外の路線における首都圏主要駅や新幹線駅、駅間における5Gインフラ設備の整備を推進し、JR東日本グループ経営ビジョン「変革2027」の数値目標である「5G整備エリア累計100箇所」をめざしていくとしています。

続きを読む

交通チケット・決済サービス「Suica」と「PASMO」が無記名カードを6月8日より原則一時販売停止!世界的な半導体不足の影響で


SuicaとPASMOが6月8日より無記名カードの新規発売を一時停止!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)およびPASMO評議会、東京モノレール、東京臨海鉄道は2日、世界的な半導体不足の影響により「Suica」および「PASMO」のカードの製造メーカーにおいて必要なICチップの入手が困難となっていることから当面の必要数量のカードの製造が難しい状況となっていると発表しています。

そのため、各社では2023年6月8日(木)より無記名のSuica(「モノレールSuica」および「りんかいSuica」含む)カードおよびPASMOカードの新規発売を一時中止するとのことで、無記名のSuicaおよびPASMOカードの購入を希望する人には不便および迷惑を掛けるものの、理解して欲しいとお願いしています。

なお、記名式カードや定期乗車券の新規発売およびカード障害や紛失時の再発行サービスは継続するとしています。またすでにSuicaカードやPASMOカードを持っている場合には通常通り鉄道・バスの乗車や電子マネー加盟店での買い物に利用可能となっています。

さらにSuicaカードやPASMOカードは券売機などでチャージをすることで繰り返し何度でも利用できるため、手持ちのSuicaカードおよびPASMOカードの継続利用に協力するよう案内しています。その他、スマートフォン(スマホ)などで便利に使える「モバイルSuica」および「モバイルのPASMO」(ともに「Apple Pay」を含む)は通常通り新規発行や利用が可能です。

続きを読む

JR東日本、ついに青森・盛岡・秋田の北東北3エリアでもSuicaによる駅の出改札サービスを5月27日始発より提供開始!各種キャンペーンも


Suicaが青森・盛岡・秋田の北東北3エリアの合計45駅の改札で利用可能に!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)が青森エリアおよび盛岡エリア、秋田エリアの北東北3エリアにおいて非接触IC機能「FeliCa」を用いた交通系ICチケット・電子マネーサービス「Suica」を2023年5月27日(土)始発より提供開始します。

これにより、同社ではグループ経営ビジョン「変革2027」として2021年4月にこれまで首都圏エリアや仙台エリア、新潟エリアで展開してきたSuicaを使った出改札サービスをこれらの北東北3エリアで2023年春以降に開始予定としていましたが、いよいよ北東北3エリアでSuicaがデビューします。

またすでに2023年2月16日(木)から提供開始されるまでSuicaを広く認知してもらえるように各エリア内にカウントダウンボードが設置されていたほか、北東北3エリアでのSuicaデビューを記念して式典を5月27日8時30分から9時00分まで「秋田駅東西自由通路(ぽぽろーど)」にて実施されるとのこと。さらにさまざまなキャンペーンが実施されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。