S-MAX

Jelly

超小型3インチのFeliCa対応SIMフリースマホ「Unihertz Jelly 2」をファーストインプレッション!外観や同梱品、基本機能を紹介【レビュー】


ついにおサイフケータイに対応!SIMフリースマホ「Unihertz Jelly Pro」が届いた

既報通り、Unihertzが昨年年7月よりクラウドファンディングサイト「Kickstarter」などにて資金募集をしていた超小型スマートフォン(スマホ)「Jelly」シリーズの新モデル「Jelly 2」について日本向け製品の発送を1月6日より順次開始しました。

当初は香港から日本へまとめて運び、日本から一斉に発送することで一気に出荷する予定でしたが、税関などの問題で香港から日本へ何回かに分けて輸送するため、出資者への発送は出資順(バッカー番号順)となり、一部に出資者は少しお届けが遅くなるとしているものの、同社では1月中にすべての配送を終了するよう務めるとしています。

Jelly 2はクラウドファンディングによるリワード(返礼品)のため、現時点ではすでに資金募集を終了しており、これから新たにすぐに手に入れることはできませんが、同社では日本向け製品についても一般販売を予定しており、公式Webサイトに販売ページが掲載され、販売価格は219.99ドル(約23,000円)を予定しているようです。

そんなUnihertzの最新機種となるJelly 2を筆者もクラウドファンディングに出資し、発送の翌日1月7日に届きましたのでまずは開封して外観や同梱品、基本機能などを写真を交えながら紹介したいと思います。

続きを読む

Unihertzの超小型スマホ「Jelly 2」が出荷開始!日本向けはおサイフケータイに対応し、モバイルSuica・PASMO対応機種にも追加済み


SIMフリースマホ「Unihertz Jelly 2」が出荷開始!モバイルSuica・PASMOの動作確認機種にも追加

Unihertz(ユニハーツ)が今年7月よりクラウドファンディングサイト「Kickstarter」などにて資金募集をしていた超小型スマートフォン(スマホ)「Jelly」シリーズの次期モデル「Jelly 2」について2020年11月15日の週より出荷開始したとお知らせしています。順調に出荷作業が進めば、ほとんどの支援者にはクリスマス前に届く予定だとしています。

またJelly 2は日本向け製品についておサイフケータイに対応することが案内されており、10月におサイフケータイの認証を取得し、11月中にすべてのおサイフケータイの評価試験や互換性テストを終了予定だとされていましたが、12月1日付で東日本旅客鉄道(JR東日本)が提供する「モバイルSuica」およびPASMO協議会が運営する「モバイルPASMO」の動作確認機種に追加されました。

おサイフケータイの中で最も認証のハードルが高いとされるモバイルSuicaとモバイルPASMOに対応したことで、多くの非接触IC機能「FeliCa」を利用した多くの電子マネーやキャッシュレス決済などが利用可能になりそうです。なお、モバイルSuicaとモバイルPASMOについては同時に利用できない「TYPE2」に属し、画面が小さいこともあり、購入時の初期状態の設定ではモバイルPASMOアプリの文字が見切れるとのことで、フォントサイズを変更すれば改善される場合があるとしています。

続きを読む

Unihertzの超小型スマホ「Jelly 2」のクラウドファンディングを日本時間7月21日22時に開始!FeliCa搭載も予告。12月出荷予定で約1.4万円から


3インチサイズの超小型スマホ「Unihertz Jelly 2」のクラウドファンディングが日本時間7月21日22時スタート!

Unihertz(ユニハーツ)は20日(現地時間)、以前に予告していた超小型スマートフォン(スマホ)「Jelly」シリーズの次期モデル「Jelly 2」をクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて現地時間(EDT)の2020年7月21日(火)9:00から支援募集開始するとお知らせしています。

日本時間(JST)では同日7月21日22:00から。すでに紹介しているようにガジェットサイト「OGadget」にて支援前のおおまかな情報が掲載されているほか、支援用の「プレビューページ」が公開されており、プレビューページでは日本の支援者向けにおサイフケータイ(FeliCa)に対応することが予告されています。

なお、クラウドファンディングにおける最も早く出資する個数限定のSuper Early Bird(100台限定)では支援額(価格)が129ドル(約14,000円)、Early Bird(300台限定)が139ドル(約15,000円)、Kickstarter Special VIP(500台限定)が149ドル(約16,000円)、Kickstarter Specialが159ドル(約17,000円)。

ともに出荷予定は2020年12月。支援達成後には通常販売も計画しており、通常価格は298ドル(約32,000円)を予定しているとのこと。なお、Kickstarter SpecialではJelly 2が2台で290ドル(145ドル/台)、3台で430ドル(143ドル/台)、5台で710ドル(142ドル/台)、10台で1,420ドル(142ドル/台)の支援も用意されています。

続きを読む

Unihertzの次期超小型スマホ「Jelly 2」が予告!近くクラウドファンディング開始で、129ドルから。サイズはほぼそのままでスペックアップなど


次期超小型スマホ「Unihertz Jelly 2」が予告!近くクラウドファンディングが開始へ

Unihertz(ユニハーツ)の超小型スマートフォン(スマホ)「Jelly」シリーズの次期モデル「Jelly 2」がガジェットサイト「OGadget」にて予告されており、近くクラウドファンディングを開始すると見られます。

OGadgetにて登録するとJelly 2についてのメールマガジンが受け取れ、クラウドファンディングにおける最も早く出資する個数限定のSuper Early Birdでは価格が129ドル(約14,000円)になるとのこと。その他、OGadgetではJelly 2の概要についても紹介されています。

続きを読む

Unihertz、超小型SIMフリースマホ「Jelly Pro」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!Face IDやフリップミュートなどの新機能も追加


超小型スマホ「Unihertz Jelly Pro」がAndroid 8.1 Oreoに!

Unihertz(ユニハーツ)は13日(現地時間)、約2.45インチワイドQVGA(240×432ドット)液晶を搭載したLTE対応の超小型スマートフォン(スマホ)「Jelly Pro」に対して最新プラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新後のビルド番号は「Unihertz_Jelly-Pro_20180712」または「Unihertz_Jelly-Pro_N_20180712」で、更新はネットワーク経由によるOTAで行われ、サーバー負荷を軽減するために順次配信されるとのこと。通知が来るまで数日待つよう案内されています。

なお、1GB内蔵メモリー(RAM)および8GB内蔵ストレージの「Jelly」についてはリソースの制限によってOTAでのソフトウェア更新が行えないため、他の方法で提供できないか検討中だとしています。主な変更点は以下の通り。

[追加]
1)フリップをミュートに追加します(「設定」→「スマートアシスタント」→「フリップミュート」)
2)Face IDを追加します(「設定」→「セキュリティおよび位置」→「Face ID」)
3)Google Keepアプリを追加します

[削除]
1)「設定」→「バックグラウンドタスククリア」を削除します
2)「設定」→「バッテリー節約モード」を削除します
3)「設定」→「ネットワークアクセスコントロール」を削除します
4)「設定」→「ボタン」を削除します
5)バックアップと復元および電子メール、ブラウザ、ギャラリーの各アプリを削除します


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。