S-MAX

MVNO

NTTドコモとau回線における+メッセージで初期設定がしづらい状態に!すでに復旧済み。NTTドコモ回線のMVNOへの対応開始は延期中


docomoとau回線の+メッセージアプリで初期設定がしづらい状況に!

NTTドコモおよびKDDIは12日、携帯電話番号で安心・安全にメッセージを送受信できる「RCS」準拠のメッセージサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」において2021年10月12日(火)2時50分頃より初期設定がしづらい事象が発生していたとお知らせしています。両社ではすでに復旧したと案内しています。なお、復旧時刻はNTTドコモでは同日15時16分頃とのこと。

対象はNTTドコモ(ahamo含む)およびau、UQ mobile、povo、au回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)で利用する場合。なお、+メッセージはNTTドコモ回線のMVNOでも当初は9月下旬より利用可能となる予定でしたが、準備に時間を要しているため、サービス開始時期を延期しています。

続きを読む

設備更新の不手際でMVNOを含んだソフトバンク回線からKDDI回線へのSMS送信の一部が9月23〜29日に届かず!影響数は約86万通/約49万回線


設備更新の不手際でサブブランドやMVNOを含んだソフトバンク回線からKDDI回線へSMSが送信できず!

ソフトバンクは8日、KDDIが設備を更新した影響によって2021年9月23日(木)午前1時47分から9月29日(水)午後5時24分までの間に同社からKDDI宛のSMSの一部が送信できない事象が発生していたと発表しています。

調査の結果、KDDIの一部設備のソフトウェア更新時に通信事業者間でSMSを送受信する際に必要な設定更新に関する日時情報についてKDDIからの説明が不十分であったことから、ソフトバンク側の設備にその更新情報を反映できなかったことが原因と判明しました。

影響範囲は携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」、「LINEMO」、ソフトバンク回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)からKDDIの携帯電話サービス「au」や「UQ mobile」、「povo」、KDDI回線のMVNOへSMSを送信した場合。

影響数はこれらのソフトバンク回線からKDDI回線へ送信したSMSの一部で約86万通(約49万回線)とのこと。なお、ソフトバンクでは本事象を把握した後にKDDIへ対応を要請し、現在は通常通りに送信できていることを確認しているということです。

続きを読む

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」にてiPhone 12を10月6日、iPhone 12 miniを今秋以降より販売!価格は7万9200円から


J:COM MOBILEにてiPhone 12とiPhone 12 miniが販売開始!5G対応料金プランと端末代金と合計でも月額3,938円から

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は6日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れてMVNOとして提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )において新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「iPhone 12」および「iPhone 12 mini」を取り扱うと発表しています。

発売日はiPhone 12が2021年10月6日(水)、iPhone 12 miniが今秋以降となっており、販売されるのは日本向けの正規品で、両機種ともに内蔵ストレージが64GBおよび128GB、256GB、本体カラーがホワイトおよびブラック、ブルー、グリーン、パープル、(PRODUCT) REDが販売されます。

なお、すでに販売が開始されているiPhone 12については現時点では128GBモデルのみが販売されており、64GBおよび256GBは入荷待ちで、256GBについてはホワイト、ブラック、ブルーの3色のみを販売するとのこと。販売拠点はJ:COM MOBILEのオンラインショップおよびジェイコムショップなど。

価格(金額はすべて税込)はiPhone 12の64GBが95,040円、128GBが102,960円、256GBが110,880円、iPhone 12の64GBが79,200円、128GBが87,120円、256GBが95,040円となっており、それぞれ24回と36回の分割払いも行えます。

続きを読む

携帯電話サービス「BIGLOBEモバイル」のカウントフリー「エンタメフリー・オプション」が月1GBのプランS(1ギガ)でも利用可能に


BIGLOBEモバイルのYouTubeなどの20つの対象サービスがカウントフリーになるオプションが月1GBプランも対象に!

KDDIグループのビッグローブは1日、同社がNTTドコモおよびauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「BIGLOBEモバイル」( http://join.biglobe.ne.jp/mobile/ )において「エンタメフリー・オプション」を2021年10月1日(金)より新たに「プランS(1ギガ)」および「プランM(3ギガ)」、「プランM(6ギガ)」も対応すると発表しています。

エンタメフリー・オプションはBIGLOBEモバイルにて対象の20つのサービスがカウントフリーになる有料オプションサービスで、オプション料は音声通話SIMなら1枚ごとに月額308円(金額はすべて税込)、データSIMは1枚ごとに月額1,078円となっており、これまで3GB以上のプランのみに対応していました。

今回、プランS(1ギガ)にも対応することによって月間データ容量1GBのプランでもエンタメフリー・オプションを利用するが可能となり、対象サービスで通信量がカウントされず、プランの月間データ容量の制限を受けずに楽しむことができるようになります。

なお、同社では引き続いてエンタメフリー・オプションを初めて申し込んだ場合に対象となる6カ月無料で利用可能な特典も提供するとのこと。その他、同社ではBIGLOBEモバイル向けの新商品として5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 III Lite(型番:XQ-BT44)」(ソニー製)を2021年10月22日(金)に発売するということです。

価格は44,800円で対象期間中にBIGLOBEモバイルの音声通話SIMとセットで申し込んだ場合にGポイントにて20,000円相当を還元するとのことで、実質22,880円で購入することが可能とのこと。さらに音声通話SIMプランR(3ギガ)が1年間770円(初期費用・通話料別)で利用可能な特典が適用されます。

続きを読む

携帯電話サービス「nuroモバイル」がNTTドコモ回線のオートプレフィックス機能を10月4日に提供開始!専用アプリなしで通話料が半額に値下げ


nuroモバイルにおけるNTTドコモ回線の音声通話料金が専用アプリやプレフィックスなしでも半額に!

ソニーネットワークコミュニケーションズは27日、同社が移動通信体事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「nuroモバイル」( https://mobile.nuro.jp )においてNTTドコモ回線のオートプレフィックス機能の提供を2021年10月4日(月)12時頃(予定)より開始予定だと発表しています。

これに伴ってNTTドコモ回線の音声通話付きSIMでは国内宛(一部の電話番号への発信は除く)の通話料金を現在の22円/30秒から半額となる11円/30秒に改定して値下げするとのこと。なお、対象者は申込不要で、専用アプリを使ったり、プレフィックスを付けて発信することなく、通話料金が従来の半額となります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。