S-MAX

MatePad

ファーウェイ、10インチAndroidタブレット「HUAWEI MatePad T10」と「HUAWEI MatePad T10s」を4月23日に発売!2万3980円から


ファーウェイが低価格な9.7インチタブレット「HUAWEI MatePad T10・T10s」を発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は20日、同社のエントリー向けAndroidタブレット「HUAWEI MatePad T」シリーズから大画面10インチディスプレイ搭載の「HUAWEI MatePad T10」および「HUAWEI MatePad T10s」(ともにHuawei Technologies製)を2021年4月23日(金)に発売すると発表しています。

両機種ともに携帯電話ネットワークには対応せず、無線LAN(Wi-Fi)のみに対応したWi-Fiモデルで、価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webストア「HUAWEI STORE」などではHUAWEI MatePad T10が23,980円、HUAWEI MatePad T10sが27,280円です。

販路はHUAWEI STOREのほか、ファーウェイ楽天市場店やファーウェイ PayPayモール店、Amazon.co.jp、エディオンやケーズホールディングス、上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなどのECサイトや量販店となっています。

続きを読む

ファーウェイの最新タブレット「MatePad Pro」と「MatePad」、「MatePad T 8」を写真で紹介!10.8から8インチまで3モデル【レポート】


ファーウェイの最新タブレット3機種を写真でチェック!

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2日、オンラインで新製品発表会を開催し、日本市場向けのタブレット製品として「HUAWEI MatePad Pro(型番:MRX-W09)」「HUAWEI MatePad(型番:BAH3-W09)」「HUAWEI MatePad T 8(型番:KOB2-W09)」(いずれもHuawei Technologies製)の3モデルを発表した。

このうちMatePad ProとMatePadは2020年6月12日(金)から販売を開始しており、ファーウェイ公式の楽天市場およびPayPayモール店における価格はMatePad Proが65,780円、MatePadのLTEモデルが39,800円、Wi-Fiモデルが32,780円(金額はすべて税込)となっている。

また、MatePad Pro専用のアクセサリー製品として、Bluetoothに対応したワイヤレスキーボード「HUAWEI Smart Magnetic Keyboard」が16,280円、MatePad ProとMatePadに対応したデジタルペン「HUAWEI M-Pencil」が10,890円で販売されている。

HUAWEI MatePad T 8は7月上旬発売予定で、ファーウェイ公式の楽天市場およびPayPayモール店における価格は15,290円となっており、現在は予約販売中だ。発表会はオンラインで開催されたが後日、報道陣向けに今回発表された新製品のタッチアンドトライができる製品体験会を都内で開催した。

同時に発表されたSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P40 Pro 5G(型番:ELS-NX9)」「HUAWEI P40 lite 5G(型番:CDY-NX9A)」「HUAWEI P40 lite E(型番:ART-L29N)」のレポートと同様に、本記事では体験会にて最新のタブレットに触れることができたので、写真を交えながら3製品をまとめて外観や特徴をレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。