S-MAX

MotoG

未発表のモトローラ製スマホ「moto g31」が日本で発売へ!XT2173-3が技適取得。低価格な4G対応ミッドレンジモデルか


モトローラ製スマホ「moto g31」が日本向けに準備中!写真はmoto g30

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにMotorola Mobility(以下、モトローラ)が未発表製品「XT2173-3」(認証番号:202-SMJ089)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年9月14日付けでCTC advancedを通じて取得しています。

XT2173-3を含むXT2173-*(*は任意の数字)は現時点ではまだ海外でも発表されていませんが、Bluetooth認証機関のBluetooth SIGではXT2173-1およびXT2173-2がスマートフォン(スマホ)「moto g31」として2021年10月15日付けで認証(Declaration ID;D053701)されています。

そのため、恐らく同様にmoto g31として日本で発売されるのではないかと予想されます。なお、XT2173-3は他にもFCCやWi-Fi Alliance、NCCの認証も取得しており、外観写真が掲載されているほか、Android 11や4850mAhバッテリー、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)となっており、少なくともこれらの認証情報では5Gは対応していません。

続きを読む

モトローラの2万円台のSIMフリースマホ「moto g9 play」のカメラ機能を試す!AI最適化や夜景・ポートレートなどに対応【レビュー】


「moto g9 play」のカメラ機能をチェック!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパンがエントリー向けの超低価格SIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g9 play(型番:XT2083)」(Motorola Mobility製)を10月30日に発売した。

前回のレビューでも伝えた通り、価格(金額はすべて税込)はモトローラ公式Webストア「moto store」で24,800円、大手Webストア「Amazon.co.jp」では22,545円で販売されている超低価格のAndroidスマホだ。

また仮想移動体通信事業者(MVNO)でも取り扱われており、IIJmioやNifMoなどでは2万円台前半で、LINEモバイルでは2021年1月27日(水)10:59まではセール価格の14,800円で、OCN モバイル ONEは音声対応SIMでの申し込みとのセット限定で7,150円のセール価格で販売されており、いずれも安価で購入可能となっている。

moto g9 playはコストパフォーマンスの高い低価格機であり、アップルの「iPhone 12」シリーズなどのハイエンドモデルに代表されるように10万円を超えるスマホもたくさん販売されている中、エントリー向けとはいえ2万円台で購入できるのはありがたいという人も多いだろう。

一方で、あまりに低価格なモデルの場合には“安かろう悪かろう”のイメージが付きやすのも事実だ。そこで今回は、モトローラ・モビリティ・ジャパンからお借りしたmoto g9 playでカメラ機能をチェックしてみた。

続きを読む

モトローラの2万円台のSIMフリースマホ「moto g9 play」の外観や同梱品、基本機能などを紹介!3眼カメラや5000mAhバッテリーを搭載【レビュー】


2万円台でサクッと買えちゃう「moto g9 play」をチェック!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパンがエントリー向けの超低価格SIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g9 play(型番:XT2083)」(Motorola Mobility製)を10月30日に発売した。

価格(金額はすべて税込)はモトローラ公式Webストア「moto store」では24,800円で、大手Webストア「Amazon.co.jp」では22,545円で販売されている。またIIJmioやNifMoなどでは2万円台前半、LINEモバイルでは2021年1月27日(水)10:59まではセール価格の14,800円で、OCN モバイル ONEは音声対応SIMでの申し込みとのセット限定で7,150円のセール価格で販売されるなど、仮想移動体通信事業者(MVNO)でも取り扱われている。

そんなmoto g9 playをモトローラ・モビリティ・ジャパンからお借りしたので、今回は外観や同梱品、基本的な仕様や機能を中心にレビューしていく。

続きを読む

モトローラの低価格なAndroid Oneスマホ「moto g PRO」のカメラ機能を試す!AI最適化や夜景・ポートレートモードなど。自然に近い画質【レビュー】


「moto g PRO」のカメラ機能を試した!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパンがプラットフォームに「Android One」を採用したスタイラスペンに対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g PRO(型番:XT2043)」(Motorola Mobility製)を10月30日に発売した。

最低2年間のOSアップグレードが受けられるAndroid Oneに加え、Googleが法人向けに認定している「Android Enterprise Recommended」モデルで、普段使いはもちろんビジネスシーンにおいても安心して利用できるセキュアなスマホとなっている。

価格(金額はすべて税込)はモトローラ公式Webストア「moto store」では35,800円で、大手Webストア「Amazon.co.jp」では32,545円で販売されている。またBIGLOBEモバイルやIIJmio、OCN モバイル ONE、NifMo、LINEモバイルなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)でも取り扱われており、それぞれ3万円前後の価格帯だ。

そんなmoto g PROをモトローラ・モビリティ・ジャパンからお借りしたので、前回のレビューに引き続いて、今回はカメラ機能を中心にレビューしていく。

続きを読む

モトローラの低価格なAndroid Oneスマホ「moto g PRO」の外観や同梱品、基本機能などを紹介!SIMフリーでスタイラスペンも搭載【レビュー】


知れば知るほど欲しくなる?個性的な仕様の「moto g PRO」をチェック!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパンがプラットフォームに「Android One」を採用したスタイラスペン対応のSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g PRO(型番:XT2043)」(Motorola Mobility製)を10月30日に発売した。

価格(金額はすべて税込)はモトローラ公式Webストア「moto store」では35,800円で、大手Webストア「Amazon.co.jp」では32,545円で販売されている。またBIGLOBEモバイルやIIJmio、OCN モバイル ONE、NifMo、LINEモバイルなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)でも取り扱われており、それぞれ3万円前後の価格帯となっている。

そんなmoto g PROをモトローラ・モビリティ・ジャパンからお借りしたので、今回は外観や同梱品、基本的な仕様や機能を中心にレビューしていく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。