S-MAX

NifMo

モトローラ、低価格なSIMフリースマホ「moto g10」と「moto g30」を発表!日本で3月26日に発売し、価格は2万1800円と2万7800円


モトローラ・モビリティ・ジャパンからSIMフリースマホ「moto g10」と「moto g30」が登場!

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は11日、購入しやすい価格帯におけるエントリー向けの新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g10(型番:XT2127-2)」および「moto g30(型番:XT2129-2)」(ともにMotorola Mobility製)を日本市場にて発売すると発表しています。

発売日は両機種ともに2021年3月26日(金)で、発売に先立って3月11日(木)より予約受付を実施しています。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「Moto ストア」ではmoto g10が21,800円、moto g30(イヤバッズセット)が27,800円となっています。

販路はMoto ストア以外にも量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱い、MVNOではすでにNifMoが取り扱いを発表しており、NifMoでは新規契約・MNPでmoto g10が21,780円、moto g30が25,740円、機種変更でmoto g10が18,480円、moto g30が22,440円となっています。

なお、moto g10とmoto g30は楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」には対応しておらず、日本では楽天モバイルを除くNTTドコモやau、ソフトバンク、それらの仮想移動体通信事業者(MVNO)で利用できるとしています。

続きを読む

シャープ、新スマホ「AQUOS sense4 plus」のSIMフリー版「SH-M16」を発表!nanoSIMのデュアルSIM対応で12月25日発売。価格は5万円前後


SIMフリースマホ「AQUOS sense4 plus SH-M16」が登場!

シャープは15日、同社の最新スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense4 plus」におけるSIMフリーモデル「AQUOS sense4 plus SH-M16」を発表しています。2020年12月25日(金)より順次発売され、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、市場想定価格は税抜4万円台半ばになるということです。

価格はすでに予約注文を受け付けているヨドバシ.comなどの量販店では税抜46,000円(税込50,600円)の10%(5,060イント)還元で実質45,540円相当となっているほか、MVNOでは「NifMo」(ニフティ)では新規契約および他社から乗り換え(MNP)では税抜44,800円(税込49,280円)、機種変更では税抜41,800円(税込45,980円)となっています。

また「OCN モバイル ONE」(NTTコミュニケーションズ)とセットで販売している「goo Simseller」(NTTレゾナント)では通常価格が税抜32,800円(税込36,080円)で、2021年1月12日(火)11:00までは発売記念のセール価格で税抜25,800円(税込28,380円)となっているほか、対象オプション同時加入で税抜1,000円OFF、他社から乗り換え(MNP)で税抜5,000円OFFとなります。

AQUOS sense4 plus SH-M16はすでに楽天モバイルからSIMフリーモデルとして販売されていますが、新たに量販店やECサイト、MVNOから投入されることになり、楽天モバイルが販売する製品と同様にnanoSIMカード(4FF)サイズのスロットが2つ搭載されたデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しているいます。ただし、SIMカードスロットの1つはmicroSDXCカードスロットと共有とのこと。

なお、NifMoではブラックのみを取り扱い、goo Simsellerではブラックのみ12月25日販売開始で、パープルとホワイトは2021年1月下旬頃販売開始予定とのこと。またAQUOS sense4シリーズはベースモデルの「AQUOS sense4」やその廉価版「AQUOS sense4 lite」および「AQUOS sense4 bacis」などの派生モデルも存在し、それぞれNTTドコモや楽天モバイル、Y!mobileなどからすでに発売されています。

続きを読む

携帯電話サービス「NifMo」が大容量プランを9月1日より提供開始!月30GBで月額3960円から、月50GBで月額5280円から。容量追加料金も刷新


格安SIMのニフモに月30GB・50GBの大容量プランが追加!

ニフティは25日、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「NifMo」( http://nifmo.nifty.com )において月当たりの高速データ通信容量を30GBと50GBにした新たな料金プランの提供を2020年9月1日(火)から提供開始すると発表しています(特に記載がない限り金額はすべて税抜)。

月額利用料は30GBプランがデータ専用SIMで3,600円(税込では3,960円)、SMS対応SIMで3,750円、音声通話対応SIMで4,300円、50プランがデータ専用SIMで4,800円(税込では5,280円)、SMS対応SIMで4,950円、音声通話対応SIMで5,500円で、提供開始に先立って既存の利用者は8月25日(火)よりプラン変更受付を開始しています。

また高速データ通信容量を追加チャージする際の「データおかわり」について料金体系を刷新し、0.5GB追加が従来の900円から350円に値下げされ、さらに1.0GB追加も新たに加わり、1.0GB追加なら500円となるということです。なお、合わせて3GBプランで設けていた1日の高速データ通信量制限を撤廃するとのこと。

なお、50GBプランの利用者は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に伴う支援措置によって上限50GB/月まで無償で追加可能で、合計100GB/月まで利用可能となっています(2020 年12月末日までに申し込みの場合が対象。受付期日は状況によって前後する可能性があり)。

続きを読む

携帯電話サービス「NifMo」が新型コロナウイルス感染症の影響による追加支援措置を実施!年齢制限撤廃で5〜8月に各月50GBまで無償化


ニフモが新型コロナウイルス感染症の影響による支援措置を個人利用者全員に拡大!

ニフティは1日、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「NifMo」( http://nifmo.nifty.com )において新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で長期化する教育機関の休校措置や医療機関のオンライン診療などといったリモート環境の需要拡大を踏まえて追加支援措置を実施するとお知らせしています。

NifMoではすでに紹介しているように4月10日に25歳以下(4月1日時点)の利用者を対象に2020年4月・5月分(各月20GB)のデータ追加機能「データおかわり」の料金を最大40GB分まで無償化することを発表していましたが、新たな追加支援措置では年齢制限を撤廃してNifMoの法人契約を除く個人契約すべてが対象となります。

また無償化される追加のデータ容量も各月50GBまで拡大され、対象期間も2020年5〜8月分までと4ヶ月間となっており、最大200GBまでとなります。適用条件はデータおかわりを申し込んだ翌月、同一プランでの利用となっており、安価な料金プランへ変更したた場合は対象外となるのでご注意ください。

続きを読む

携帯電話サービス「NifMo」にてSIMフリースマホ7機種が最大60%OFFの「大決算セール」を実施中!人気のHUAWEI nova lite 2やZenFone Max Plus (M1)、AQUOS sense lite SH-M05など


格安SIM「NifMo」とセットで人気SIMフリースマホがセール!

ニフティは20日、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「NifMo」( http://nifmo.nifty.com )においてSIMフリースマートフォン(スマホ)が最大60%OFFになる「大決算セール」( https://nifmo.nifty.com/smp_set/eofy_sale/ )を実施しています。

期間は2018年3月20日(火)から3月26日(月)までで、対象機種は「ZenFone Max Plus (M1)」および「HUAWEI nova lite 2」、「AQUOS sense lite SH-M05」、「ZenFone 4 Max」、「ZenFone 4 Selfie」、「ZenFone 4」の7機種。

なお、当初はNifMoの既存利用者向けに機種変更でもセールがありましたが、現在はすでに好評につき完売したということで、NifMoの音声通話対応SIMカード(最低利用期間6ヶ月)とのセット販売となります。支払いは一括払いのみ。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。