S-MAX

OCNモバイルONE

iPhone 14シリーズの動作確認がMVNOでも実施!IIJmioやmineo、OCN モバイル ONE、LinksMate、イオンモバイル、NifMoなどて利用可能


iPhone 14シリーズはMNOのサブブランドやMVNOでも利用可能!各社が動作確認結果を公開

アップルの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 14」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」が9月16日に発売されました。日本ではアップルのほか、ヨドバシカメラやビックカメラなどの一部店舗におけるApple Premium Reseller、そしてNTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルといった移動体通信事業者(MNO)にて販売されています。

日本で販売されているiPhone 14シリーズのモデル(型番)はiPhone 14が「A2881」、iPhone 14 Plusが「A2885」、iPhone 14 Proが「A2889」、iPhone 14 Pro Maxが「A2893」となっており、日本のNTTドコモおよびau、SoftBank、楽天モバイルの各MNOの携帯電話ネットワークに対応します。なお、このうちの「iPhone 14 Plus」は10月7日(金)に発売予定です。

そのため、販売元であるNTTドコモやau、SoftBank、Rakuten UN-LIMIT VIIにてそれぞれ利用できるのは当然ですが、各社の新料金プランやサブブランド、そして各社の回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)で利用できるかどうかについてはアップルからは案内されていませんでした。

今回、すでに紹介している「ahamo」や「povo」、「LINEMO」、「UQ mobile」、Y!mobile」といったMNOの新料金プランやサブブランドに続いて「IIJmio」や「mineo」などのMVNOでも動作確認を実施していたのでまとめて紹介します。

結果としては特に各サービスともに既存のiPhone 13シリーズなどと同様に利用できるとのこと。なお、iPhone 14シリーズについてはSIMフリー製品であるアップルや楽天モバイルなどに加え、新たにNTTドコモやau、SoftBankで購入した製品も購入時からSIMロックはかかっていません。

続きを読む

モトローラ、4Gスマホ「moto g32」を日本で発表!9月30日発売で価格は2万8800円。90Hz液晶や5000mAhバッテリー、Snapdragon 680など


モトローラから約2万円の低価格スマホ「moto g32」が登場!

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は15日、オールラウンドな機能を追求する「moto g」ファミリーにおける新商品として4G対応ミッドレンジスマートフォン(スマホ)「moto g32(型番:XT2235-3)」(Motorola Mobility製)を日本市場にて発売すると発表しています。

発売日は2022年9月30日(金)で、発売に先立って9月15日(木)より予約受付を実施しています。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「MOTO STORE」では28,800円となっています。なお、オープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリー版」)となります。

日本で販売されるモデルは4GB内蔵メモリー(RAM)および128GB内蔵ストレージで、本体色はミネラルグレイ(SKU:PAUV0002JP)とサテンシルバー(SKU:PAUV0003JP)の2色展開となります。また同社ではmoto g32の発売を記念して期間中にmoto g32を購入された人を対象に「moto care」の期間限定無料キャンペーンを実施するということです。

販路はMOTO STORE以外にもヨドバシカメラやビックカメラなどの量販店やAmazon.co.jpなどのECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱い、ヨドバシカメラやビックカメラなどでは28,800円の10%(2,880ポイント)還元で実質25,920円となっています。

一方、MVNOではすでにNTTレゾナントが取り扱いを発表しており、同社が提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」とのセットで21,505円となっているほか、他社から乗り換え(MNP)の場合には14,300円が割り引かれて7,205円となるとのこと。

なお、OCN モバイル ONEは「エコノミーMVNO」としてドコモショップなどのドコモ取扱店でも契約できるようになっていますが、moto g32はこれらの拠点では購入できず、公式Webストア「OCNモバイル オンラインショップ」( https://onlineshop.ocn.ne.jp/ )での販売となるのでご注意ください。

続きを読む

エコノミーMVNOのOCN モバイル ONEでも「ドコモでんき」のdポイント還元率がNTTドコモの携帯電話回線契約者と同じ最大10%に


NTTレゾナントが提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」でもドコモでんきの還元率が最大10%に!

NTTドコモは13日、同社が提供する電力サービス「ドコモでんき」において提携する仮想移動体通信事業者(MVNO)が提供する携帯電話サービス「エコノミーMVNO」の契約者に対するdポイント還元率を2022年9月14日(水)より変更するとお知らせしています。

これにより、エコノミーMVNOの契約者もNTTドコモの携帯電話回線の契約者と同等の還元率となり、ドコモでんきの料金プラン「ドコモでんきGreen」とクレジットカードサービス「dカードGOLD」を契約すると、ドコモでんきの利用料金の最大10%のdポイントが還元されます。

この変更はまず第1弾として9月14日よりNTTレゾナントが提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」の利用者に対して適用され、現在はドコモでんきGreen」で利用料金100円(税抜)にごとに金額の3%還元、ドコモでんきBasicで利用料金100円(税抜)ごとに金額の2%還元ですが、最大で利用料金100円(税抜)ごとに金額の10%還元となります。

なお、最大10%還元はOCN モバイル ONEとdカードGOLDを契約している人が専用Webページ( https://service.ocn.ne.jp/mobile/member/docomo-denki/index.html )で登録かつ所定の条件を満たした上で、ドコモでんきGreenを利用する場合となります。またドコモでんきGreenのdカードGOLD特典の対象にもなります。専用Webページにて登録後、翌月以降のドコモでんきの請求に対するdポイントの還元率がアップします。

続きを読む

総務省、スマホなどの割引条件を制限するなどの電気通信事業法第27条の3の規定の適用を受ける事象者にNTTレゾナントを追加して全32者に


電気通信事業法第27条の3の規定の適用を受ける事業者にNTTレゾナントが追加!

総務省は26日、情報通信行政・郵政行政審議会にて今年6月にまとめられた「電気通信事業法第27条の3の規定の適用を受ける電気通信事業者の指定」(諮問第3152号)について2022年6月25日(土)から7月25日(月)までに実施した意見募集の結果などを踏まえて答申を受けたと発表しています。

これにより、同省ではこの答申などを踏まえて現行の告示(総務省告示第344号)を廃止して新たな告示の制定を速やかに行う予定とし、新たにNTTレゾナントが追加され、合併吸収などによって消滅しているウィルコム沖縄およびLINEモバイル、SBパートナーズを除いた32社を指定するとしています。

続きを読む

Nothing Technology、初スマホ「Nothing Phone (1)」を日本で8月19日に発売!8月10日予約開始で店頭展示も実施。12GB RAMモデルなども販売


独創的な光るバックパネル搭載スマホ「Nothing Phone (1)」が日本で8月19日に正式発売!

Nothing Technologyは8日(現地時間)、同社が展開する「Nothing」ブランド初のスマートフォン(スマホ)「Nothing Phone (1)」(型番:A063)を日本で2022年8月19日(金)に一般販売を開始すると発表しています。同社では東京・渋谷にある「KITH TOKYO」にて数量限定の先行販売を行っていましたが、いよいよ一般販売が開始されます。また発売に先立って8月10日(水)より予約受付を開始するとのこと。

販路はKITH TOKYOや蔦屋家電+といった店舗のほか、エディオンやビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラといった量販店(とそのECサイト)、Amazon.co.jpやひかりTVショッピング、Nothing公式WebサイトといったECサイト、
IIJmio(インターネットイニシアティブ)やOCN モバイル ONE(NTTレゾナント)といった仮想移動体通信事業者(MVNO)などとなっています。

さらに先行販売や公式Webサイトでは内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが8GB RAM+256GBストレージモデルのみでしたが、一般販売に合わせて8GB RAM+128GBストレージモデルと12GB RAM+256GBストレージモデルも追加され、価格(金額はすべて税込)は8GB+128GBが63,800円、8GB+256GBが69,800円、12GB+256GBが79,800円です。

本体色はそれぞれホワイトとブラックの2色がラインナップされ、純正アクセサリーとして45W PD対応アダプター(ホワイト)が4,980円、Phone (1) ケース(ブラック/クリア)が2,980円、hone (1) プロテクターが2,980円で販売されます。ただし、45W PD対応アダプターは公式WebサイトとKITH TOKYOの限定となっています。

さらに8月10日よりKITH TOKYOや蔦屋家電+のほか、取扱量販店の主要店舗にて実機展示を行い、実際にハンズオンでき、今後、展示店舗はさらに順次拡大していく予定だとしています。加えて日本での発売に向けて日本にコールセンターを設立し、電話やメール、ライブチャットによるサポートを提供しており、購入前・購入後の問い合わせ、技術的な問題、その他の問い合わせに対応しています。

保証についてはnothing.tech( https://support.nothing.tech/hc/ja/categories/7455117774481-FAQ )にて確認可能となっています。なお、日本でもオープン市場向けメーカー版として販売され、日本向けの認証(いわゆる「技適」)は取得していますが、日本で販売されるモデルも含めておサイフケータイ(FeliCa)には対応していません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。