S-MAX

OCNモバイルONE

goo SimsellerにてSIMフリースマホとOCN モバイル ONEのセットが実質無料で試せる「30日間トライアルキャンペーン」を提供開始


goo Simsellerにて「30日間トライアルキャンペーン」が2021年2月26日11時まで実施!

NTTレゾナントは18日、同社が運営する公式Webストア「goo Simseller」において販売するスマートフォン(スマホ)とNTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html )をセットで実質無料で試せる「30日間トライアルキャンペーン」を提供開始すると発表しています。

goo Simseller本店にて販売する対象商品を購入し、適用条件を満たした場合にOCN モバイル ONEへの申し込み諸経費および1ヵ月分の月額基本料金(音声対応SIMの1GBプラン)に相当する5,033円をキャッシュバックするほか、対象商品端末の30日間返品保証(購入者全員)をすることで実質無料となるということです。

適用条件は5,033円キャッシュバックがキャンペーン期間内にて対象商品を購入し、別途同社から送付されるメールに記載されえたURLからキャッシュバックのエントリーをした場合、30日間返品保証がキャンペーン期間内にて対象商品を購入した購入者で、これらに該当する場合でも過去にgoo Simsellerで商品を購入したことがあるなどの場合には「適用対象外条件」に該当して特典進呈の対象外となります。

キャンペーン期間は2020年11月18日(水)11:00から2021年2月26日(金)11:00まで。対象商品はSIMフリースマホ「OPPO A73(型番:CPH2099)」や「moto g9 play(型番:XT2083)」、「moto g PRO(型番:XT2043)」、「ZenFone 7(型番:ZS670KS)」、「ZenFone 7 Pro(型番:ZS671KS)」、「Xperia 10 II(型番:XQ-AU42)」などの新製品をはじめ、人気の「iPhone 11」や「iPhone SE(第2世代)」などの機種が揃えられています。

続きを読む

OCN モバイル ONEにてフルMVNOによるデータ通信専用SIMが提供開始!即日受渡カウンターはフルMVNOでないデータ通信専用SIMの申込継続


NTT ComがOCN モバイル ONEの個人向けフルMVNOを提供開始!

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は20日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( https://www.ntt.com/personal/lp/af/ocn_mobile_set.html )においてフルMVNO基盤を採用したSIMカードの提供を2020年8月27日(木)11時(予定)より開始すると発表しています。

同社ではこれまでもフルMVNO基盤を採用したSIMカードを日本国外にて2019年4月から、日本国内では法人向けに2020年4月から提供してきましたが、今回、新たに個人向けにも提供開始しました。フルMVNO基盤にて提供される個人向けSIMカードは「データ通信専用SIM」および「SMS対応SIMカード」。

フルMVNO基盤におけるデータ通信専用SIM・SMS対応SIMカードの料金プランやサービス内容は従来と同じとなります。またフルMVNO基盤のデータ通信専用SIM・SMS対応SIMカードはOCN モバイル ONEの公式Webサイトなどから新規申込をした場合が対象で、即日受渡カウンターからの申込は対象外となります。

即日受渡カウンターでは今後もデータ通信専用SIM・SMS対応SIMカードについてもフルMVNO基盤ではないSIMカードの提供が継続される一方、それ以外についてはデータ通信専用SIM・SMS対応SIMカードはフルMVNO基盤でないSIMカードの申込は終了となっています。なお、フルMVNO基盤による「音声対応SIM」は現時点では提供されていません。

続きを読む

goo Simseller限定でSIMフリースマホ「Redmi Note 9S」の新色グレーを8月17日に発売!記念特価でOCNモバイルONEとセットで1980円から


goo SimsellerにてSIMフリースマホ「Redmi Note 9S」の新色グレーが8月17日発売!

NTTレゾナントは14日、同社が運営するWebストア「goo Simseller」にてSIMフリースマートフォン(スマホ)「Redmi Note 9S(型番:M2003J6A1G)」(Xiaomi Communications製)の新色インターステラーグレーを2020年8月17日(月)15時に発売すると発表しています。

NTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」とのセットで販売され、これまでは4GB内蔵メモリー(RAM)+64GB内蔵ストレージのみが販売されてきましたが、新たにインターステラーグレーは6GB RAM+128GB内蔵ストレージも販売されます。

なお、インターステラーグレーはgoo Simseller限定カラーとなるとのこと。価格は既存の本体カラーであるオーロラブルーおよびグレイシャーホワイトも含め、通常は4GB RAM+64GBストレージが税抜15,200円(税込16,720円)、6GB RAM+128GBストレージが税抜19,200円(税込21,120円)。

またgoo Simseller限定カラー記念特価で2020年9月8日(火)11:00までは既存カラーも含めて4GB RAM+64GBストレージが税抜9,800円(税込10,780円)、6GB RAM+128GBストレージが税抜14,800円(税込16,280円)となり、さらに対象オプション(あんしんモバイルパック)同時加入で税抜3,000円割引、他社から乗り換え(MNP)で税抜5,000円割引となります。

続きを読む

MVNOも新型コロナウイルス感染症の影響拡大で学生などの通信環境の確保のためにデータ容量を増量!UQやmineo、IIJ、BIGLOBE、OCNなど


格安SIMも新型コロナウイルス感染症の影響拡大で学生などのデータ容量増量支援策を発表!

既報通り、総務省が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響に伴って電気通信事業者関連4団体(テレコムサービス協会および電気通信事業者協会、日本ケーブルテレビ連盟、日本インターネットプロバイダー協会)に対して学生などの学習に係る通信環境の確保について要請を行いました。

これに対して移動体通信事業者(MNO)のNTTドコモおよびau(KDDI・沖縄セルラー電話)、ソフトバンク(ワイモバイル含む)の3者は25歳以下の個人の利用者を対象に追加データの購入料金を最大50GBまで無償化すると案内しています。NTTドコモは4・5月分、auとソフトバンクでは4月分が対象。

これらに続いてMNOの楽天モバイルでは正式プラン「Rakute UN-LIMIT」を4月8日より提供開始し、au回線のローミングにおける月当たりのデータ容量を5GBに4月22日から増量するほか、超過後の制限時の最大速度も1Mbpsに緩和するアップグレードを行うと発表しています。

さらにいわゆる「格安SIM」を提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)の「UQ mobile」や「mineo」、「BIGLOBEモバイル」、「IIJmio」、「OCN モバイル ONE」、「nuroモバイル」、「LINE MOBILE」、「NifMo」などの各者でも同様に学生などの学習に係る通信環境の確保のためにデータ容量の無償での増量を実施するとお知らせしています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:格安SIM市場はどう変わる!? 2019年の消費者動向やMNOの料金施策からMVNOの現在と未来を考える【コラム】


MVNOの現状から、未来の市場動向を考えてみた!

既報通り、NTTコミュニケーションズおよびNTTレゾナントは20日、NTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」の新料金発表会を開催し、最低利用期間と解約金の縛りがない、月額980円(税別)から契約できる新コースを発表しました。

新コースの詳細などは上記リンク先をご参照いただくとして、今回取材で筆者の目に留まったのは、MVNOの現状についての分析でした。発表会ではモバイル通信業界の動向調査やアンケートなどを行っているMMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所) 所長の吉本 浩司氏が登壇し、現在のMVNOおよび格安SIM市場の動向について解説され、その後OCN側からMVNOの現状を踏まえた戦略が語られたのです。

MVNOのみならず、現在のモバイル通信業界は大きなターニングポイントを迎えています。料金プランの改革、5Gサービスの登場、楽天の移動体通信事業者(MNO)サービス参入。それぞれの動きが密接に絡み合い、関係するすべての企業の経営戦略に大きな影響を及ぼしています。

MVNOはこれからどうなっていくのでしょうか。MVNOの未来に明るい展望はあるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は最新のMVNO事情を読み解き、その未来について考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。