モトローラから約2万円の低価格スマホ「moto g32」が登場!

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は15日、オールラウンドな機能を追求する「moto g」ファミリーにおける新商品として4G対応ミッドレンジスマートフォン(スマホ)「moto g32(型番:XT2235-3)」(Motorola Mobility製)を日本市場にて発売すると発表しています。

発売日は2022年9月30日(金)で、発売に先立って9月15日(木)より予約受付を実施しています。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「MOTO STORE」では28,800円となっています。なお、オープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリー版」)となります。

日本で販売されるモデルは4GB内蔵メモリー(RAM)および128GB内蔵ストレージで、本体色はミネラルグレイ(SKU:PAUV0002JP)とサテンシルバー(SKU:PAUV0003JP)の2色展開となります。また同社ではmoto g32の発売を記念して期間中にmoto g32を購入された人を対象に「moto care」の期間限定無料キャンペーンを実施するということです。

販路はMOTO STORE以外にもヨドバシカメラやビックカメラなどの量販店やAmazon.co.jpなどのECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱い、ヨドバシカメラやビックカメラなどでは28,800円の10%(2,880ポイント)還元で実質25,920円となっています。

一方、MVNOではすでにNTTレゾナントが取り扱いを発表しており、同社が提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」とのセットで21,505円となっているほか、他社から乗り換え(MNP)の場合には14,300円が割り引かれて7,205円となるとのこと。

なお、OCN モバイル ONEは「エコノミーMVNO」としてドコモショップなどのドコモ取扱店でも契約できるようになっていますが、moto g32はこれらの拠点では購入できず、公式Webストア「OCNモバイル オンラインショップ」( https://onlineshop.ocn.ne.jp/ )での販売となるのでご注意ください。

02

moto g32はモトローラのミッドレンジモデル「moto g」ファミリーの最新機種として海外でも今年8月に発表されたばかりで、日本でも今年1月に発売された「moto g31」の後継機種となり、チップセット(SoC)には新たにQualcomm製「Snapdragon 680 4G Mobile Platform(型番:SM6225)」(オクタコアCPU「2.4GHz×4+1.9GHz×4」)を搭載しています。

ディスプレイは上部中央にパンチホール(切り欠き)が配置されたアスペクト比9:20の縦長な約6.5インチFHD+(1080×2400ドット)液晶(約405ppi)を搭載し、パンチホール部分には約1600万画素CMOS(1画素1.0μm、4in1)/広角レンズ(F2.4)を内蔵し、顔認証に対応するほか、生体認証としては本体右側面に指紋センサーを備えています。

03

04


05

指紋センサーは触れるだけで画面ロック解除ができるほか、ダブルタップすると設定したアプリを素早く起動できるショートカット機能に対応しています。また画面占有率(Active Area-Touch Panel:AA-TP)は89.8%に達し、画面の周りのベゼル(縁)は狭いデザインとなっており、背面パネルはプラスチックで生活防水・防塵(IP52)に対応しています。

リアカメラは以下の構成のトリプルカメラで、リアカメラのメインセンサーとフロントカメラは4つの画素を1つにまとめて暗所でも鮮明な写真を撮影することができるクアッドピクセルテクノロジーによって光量が少ない環境でも被写体を明るく写すナイトビジョンに対応しています。またマイクロカメラを搭載してマクロビッションに対応するほか、ポートレートモードやプロモード、デュアルキャプチャーなども利用できます。

・約5000万画素CMOS(1画素0.64μm、4in1、PDAF)/広角レンズ(F1.8)
・約800万画素CMOS(1画素1.12μm)/超広角レンズ(F2.2、画角118°)
・約200万画素CMOS(1画素1.75μm)/マクロレンズ(F2.4)

06

07

主な仕様はmicroSDXCカードスロット(最大1TB)および5000mAhバッテリー、急速充電「TurboPower 30」(最大30W)、USB Type-C端子(USB 2.0)、3.5mmイヤホンマイク端子、NFC Type A/B、位置情報取得(A-GPS、GPS、Glonass、Galileo、LTEPP、SUPL)、デュアルステレオスピーカー、マイク×2、Dolby Atmosなど。サイズは約161.78×73.84×8.49mm(最薄部)、質量は約184g。

機種moto g32moto g31moto g30
大きさ161.78×73.84×8.49mm161.9×73.9×8.55mm165.22×75.73×9.19mm
重さ184g181g200g
画面6.5型FHD+液晶
中央パンチホール
90Hz
6.4型FHD+有機EL
中央パンチホール
60Hz
6.5型HD+液晶
中央U字ノッチ
SoCSnapdragon 680Helio G85Snapdragon 460
CPU2.4GHz×4+1.9GHz×42.0GHz×2+1.8GHz×61.8GHz×8
GPUAdreno 610Mali-G52Adreno 610
電池容量5000mAh5000mAh5000mAh
充電最大30W最大10W最大10W
背面カメラ50MP(広角)
8MP(超広角)
2MP(マクロ)
50MP(広角)
8MP(超広角)
2MP(マクロ)
48MP(広角)
8MP(超広角)
2MP(マクロ)
2MP(深度)
前面カメラ16MP(広角)13MP(広角)8MP(広角)

通信面ではIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4GHzおよび5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)およびBluetooth 5.2、携帯電話ネットワークは4G(LTE方式)および3G(W-CDMA方式)、2G(GSM方式)をサポートし、対応周波数帯はグローバル向け以下の通り。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)のスロットが2つあり、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応していますが、片方のスロットはmicroSDカードと共有となっています。

4G LTE: Band 1, 2, 3, 5, 7, 8, 18, 19, 20, 26, 28, 38, 40, 41
3G W-CDMA: Band I, II, V, VIII
2G GSM: 850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz

その他、加速度センサーおよび近接センサー、環境照度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパス。OSはAndroid 12をプリインストール。同梱物は保護ケースおよびSIM取り出しピン、ガイド類などの紙類となっており、ACアダプターやUSB Type-C ケーブルは非同梱となっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

moto g32 サテンシルバー
価格:28800円(税込、送料無料) (2022/9/23時点)






記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
moto g32 関連記事一覧 - S-MAX
様々なエンターテインメントコンテンツを気軽に楽しめる スマートフォン「moto g32」発表
「moto g32」発売日のお知らせ | モトローラ公式オンラインストア
moto g32販売開始について | OCN モバイル ONE オンラインショップ | OCN
エンターテインメントをストレスフリーで楽しめる性能が充実!「moto g32」を9月30日(金)より21,505円(税込)で販売開始 | gooプレスリリース
moto g32 | motorola JP