S-MAX

OPPOA73

オウガ・ジャパン、SIMフリースマホ「OPPO A73 CPH2099」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SIMフリースマホ「OPPO A73 CPH2099」がAndroid 11に!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は27日、昨年11月に発売したSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO A73(型番:CPH2099)」(OPPO Mobile Telecommunications製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2021年7月27日(火)午前中より順次提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線(4G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新にかかる時間は約50分で、更新ファイルサイズに約3.12GBとのこと。なお、更新ファイルサイズが大きく、携帯電話回線による通信は有料となるため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されています。

更新後のビルド番号は「CPH2099_11_C.11」となり、ビルド番号の確認方法は「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」。主な更新内容は以下の通りで、Android 11へのOSバージョンアップ以外にも独自ユーザーインターフェース(UI)「ColorOS」が「ColorOS 11」になるということです。

・Android 10 → Android 11へのアップデート
・ColorOS 7.2 → ColorOS 11へのアップデート


続きを読む

楽天モバイルがSIMフリースマホ「AQUOS sense4 lite」と「OPPO A73」を2万5001円に値下げ!Rakuten UN-LIMIT VIとセットで実質1円に


楽天モバイルがSIMフリースマホ「AQUOS sense4 lite」と「OPPO A73」を値下げ!

楽天モバイルは22日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において販売しているSIMフリースマートフォン(スマホ)「AQUOS sense4 lite(型番:SH-RM15)」および「OPPO A73(型番:CPH2099)」を値下げしたとお知らせしています。

これにより、これまで同社ではAQUOS sense4 liteは32,800円(金額はすべて税込)、OPPO A73は30,800円でしたが、ともに25,001円となり、開催中のキャンペーン「【Rakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典】だれでも5,000ポイントプレゼント」および「Rakuten UN-LIMIT VI+製品購入でポイント還元キャンペーン」にて最大25,000ポイント還元されて実質1円となっています。

どちらのキャンペーンも各製品の購入とセットで初めてRakuten UN-LIMIT VIを契約し、開通後に専用アプリ「Rakuten Link」の利用(発信して10秒以上の通話)をする必要があります。なお、同社では「楽天モバイル公式 楽天市場店」( https://www.rakuten.ne.jp/gold/rakutenmobile-store/ )でも両機種を25,001円に値下げしていますが、Rakuten UN-LIMIT VIとのセット購入の場合は公式Webサイトや楽天モバイルショップの方がポイント還元が多いのでお得となっています。

続きを読む

SIMフリースマホ「OPPO A73」が2万4800円に値下げ!ヨドバシカメラやAmazonなどではポイント還元で実質2万2320円に


SIMフリースマホ「OPPO A73」が値下げ!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が昨年11月に発売したSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO A73(型番:CPH2099)」(OPPO Mobile Telecommunications製)が量販店やECサイトなどにて値下げされています。

これまで価格は(金額はすべて税込)オープンながら希望小売価格30,800円となっており、ヨドバシカメラやビックカメラなどの量販店では同じ価格となっていましたが、これが24,800円と6,000円値下げされており、ヨドバシカメラやビックカメラでは10%(2,480ポイント)還元となっているため、実質22,320円となっています。

また大手Webストア「Amazon.co.jp」でもこれに合わせて22,545円に値下げされており、1%(225ポイント)還元で同様に実質22,320円となっています。なお、現時点では同社の公式Webストアである「OPPO公式楽天市場店」および「OPPO公式PayPayモール店」では30,800円のままです。

続きを読む

実売2万円台の低価格なSIMフリースマホ「OPPO A73」のカメラ機能を紹介!4眼で多様なシーンにて手軽に綺麗な写真が撮影可能【レビュー】


高コスパなエントリースマホ「OPPO A73」のカメラ機能をチェック!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)はOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)製の最新スマートフォン(スマホ)「OPPO A73(オッポ・エーナナサン)」(型番:CPH2099)を日本でSIMフリーにて2020年11月20日(金)から順次販売している。そんなOPPO A73をオウガ・ジャパンからお借りし、前回のレビューに続いて今回はカメラ機能のレビューをしていく。

なお、価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびOPPO公式の楽天市場店やPayPayモール店では30,800円となっている。一方、記事を執筆している2021年1月3日時点では大手Webストア「Amazon.co.jp」においてネービー ブルーが25,910円、ダイナミック オレンジが25,989円と2万円台半ばで販売されている。

取扱店としては上記のほか、ECサイトではひかりTVショッピング、量販店ではエディオンや上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、WonderGOO、通信事業者では移動体通信事業者(MNO)の楽天モバイルをはじめ、仮想移動体通信事業者(MVNO)のIIJmioやイオンモバイル、エキサイトモバイル、X-mobile、QTmobile、goo Simseller、NifMo、BIGLOBEモバイル、Fiimo、LINEモバイル、LinksMateで取り扱われている。

続きを読む

2万円台半ばと低価格なSIMフリースマホ「OPPO A73」の外観や同梱品、基本機能など紹介!6.44インチのスタイリッシュモデル【レビュー】


実売2万円半ばの高コスパなエントリースマホ「OPPO A73」をチェック!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は日本市場向けにOPPO Mobile Telecommunications製の低価格なSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO A73(オッポ・エーナナサン)」(型番:CPH2099)を2020年11月20日(金)から順次発売した。

メーカー希望小売価格(金額はすべて税込)は30,800円で、2021年1月2日時点ではOPPOの公式楽天市場店やPayPayモール店ではこの価格で販売されており、大手Webストア「Amazon.co.jp」においてはネービー ブルーが25,910円、ダイナミック オレンジが25,989円と2万円台中盤の価格で販売されている。

なお、取扱店としてはエディオンおよび上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、WonderGOOといった量販店のほか、ECサイトのAmazon、ひかりTVショッピング、OPPO公式楽天市場店、OPPO公式PayPayモール店でも販売している。

また通信事業者では移動体通信事業者(MNO)の楽天モバイルをはじめ、仮想移動体通信事業者(MVNO)のIIJmioやイオンモバイル、エキサイトモバイル、X-mobile、QTmobile、goo Simseller、NifMo、BIGLOBEモバイル、Fiimo、LINEモバイル、LinksMateでも取り扱われている。

今回、そんなOPPO A73をオウガ・ジャパンからお借りしたので、まずは外観や同梱品、基本的な仕様や特徴的な機能を中心にレビューしていく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。