S-MAX

OPPOReno5A

オウガ・ジャパン、故障・全損・水没に対応した「OPPO Careプレミアム保証サービス」を提供開始!Find X3 ProやReno5 A、A55s、A54が対象


OPPO Careプレミアム保証サービスが提供開始!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は18日、同社が販売するスマートデバイスブランド「OPPO」においてより多くの利用者が安心して製品を使うために新たに故障・全損・水没にも対応した「OPPO Careプレミアム保証サービス」を2021年11月18日(木)より提供すると発表しています。

対象製品はオープンマーケット市場向けのメーカー版(SIMフリー版)であるスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X3 Pro(型番:CPH2173)」および「OPPO Reno5 A(型番:CPH2199)」、「OPPO A55s 5G(型番:CPH2309)」、「OPPO A54 5G(型番:CPH2303)」の4製品で、料金は1年プランではOPPO Find X3 Proは11,000円、OPPO Reno5 Aは6,800円、OPPO A55s 5GとOPPO A54 5Gは4,800円(金額はすべて税込)「。

またサービス開始を記念して11月18日より対象期間内にメーカー版のOPPO Reno5 A CPH2199を購入した場合限定で「OPPO Careプレミアム保証サービス」が1年プランであれば無料、2年プランであれば半額となる「OPPO Careプレミアム保証サービスお得キャンペーン」( https://www.oppojapan.com/oppocarepremium_campaign/ )を実施しています。期間は2021年12月31日(金)まで、申込期限は2022年1月7日(金)23:59まで。

さらに中古販売業者「イオシス」にてOPPO Reno5 Aを購入した場合を対象に旧機種の買取価格を3,000円アップする「買取金額3,000円UPキャンペーン」( https://k-tai-iosys.com/campaign/oppo/ )を開始しています。期間は12月31日まで、申込期限は2021年12月31日(金)23:59まで。なお、宅配買取限定とのこと。

続きを読む

OPPOがAndroid 12ベースの独自プラットフォーム「ColorOS 12」が発表!Find X3 Pro・Find X2 Pro・Reno5 A・A54 5G・A73などに提供予定


OPPOがAndroid 12ベースの独自プラットフォーム「ColorOS 12」が発表!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)は11日(現地時間)、オンラインにてイベント「OPPO ColorOS 12 | GLOBAL LAUNCH」を開催し、スマートフォン(スマホ)など向けOS「Android」における最新バージョン「Android 12」をベースにした独自プラットフォーム「ColorOS 12」を発表しています。

まずは10月11日よりインドネシアやタイ、マレーシアにおいて最新プレミアムスマホ「OPPO Find X3 Pro」にColorOS 12の一般向けベータ版(Public Beta)が提供され、その後、2021年後半以降に順次、他の国・地域や他の製品に段階的に展開され、最終的に1億5000万人が利用している110以上の製品にてColorOS 12を提供することをめざすとしています。

また大まかなColorOS 12の対応予定と提供時期も案内されており、日本で販売されている機種ではOPPO Find X3 Proをはじめとして「OPPO Find X2 Pro」や「OPPO Reno5 A」、「OPPO A54 5G」、「OPPO A73」が含まれているほか、海外向けOPPO Reno3 Pro 5Gと同等であるため、SoftBank版「OPPO Reno3 5G」も提供される可能性はありそうです。

これらの製品はグローバル版ではOPPO Find X2 Proが2021年12月より、OPPO Reno5 AやOPPO A54 5G、OPPO Reno3 Pro 5Gが2022年前半、OPPO A73が2022年後半に提供予定となっており、日本版については別途、日本法人であるオウガ・ジャパンや販売元である各通信事業者から案内がある予定で、実際に楽天モバイルからはOPPO Reno5 AにAndroid 12が提供されることが案内されています。

さらに同社では初めてAndroidのOSバージョンアップの方針を発表し、2019年以降に発売された製品のうちでフラッグシップモデルであるOPPO Find Xシリーズは3回、Renoシリーズや Aシリーズの一部は2回、性能の低いAシリーズは1回のメジャーバージョンアップが保証され、セキュリティーアップデートもOPPO Find Xシリーズでは4年間、RenoシリーズやAシリーズは3年間は提供されるとしています。

続きを読む

Rakuten Brand Dayの10月30日限定でOPPO製品が最大32倍ポイント還元や35%OFF!5G対応SIMフリースマホ「Reno5 A」が実質3万1244円からなど


OPPO公式楽天市場店でRakuten Brand Dayに合わせて10月30日限定セール!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は26日、楽天が運営する総合Webモール「楽天市場」にて厳選ブランドから24時間限定でセールが2021年10月30日(土)0:00から23:59まで開催される「Rakuten Brand Day(楽天ブランドデー)( https://event.rakuten.co.jp/brand/campaign/ )に参加すると発表しています。

同社では楽天市場において公式Webストア「OPPO公式楽天市場店」を展開しており、同店にて人気スマートフォン(スマホ)「OPPO Reno5 A」や砂ーとバンド「OPPO Band Style」、完全ワイヤレスイヤホン「OPPO Enco Free2」などをRakuten Brand Dayの期間にお得に購入できるとのこと。

特典は対象商品が最大32倍ポイント還元または35%OFFクーポンとなるほか、対象スマホを購入すると急速充電対応の充電器セット&公式店限定オリジナルグッズをプレゼント、対象ウェアラブル製品を購入すると公式店限定オリジナルグッズをプレゼントするということです。

これにより、例えば、OPPO Reno5 AのSIMフリーモデル「CPH2199」であれば、通常価格(金額はすべて税込)は43,800円ですが、1,000円OFFクーポンがもらえ、店舗ポイント15倍およびキャンペーンポイント12倍の最大27倍(11,556ポイント)還元によって実質31,244円となるほか、さらに急速充電器がプレゼントされます。

続きを読む

コスパに優れたOPPOの5G対応スタンダードスマホ「Reno5 A」は前機種「Reno3 A」とどう変わった?写真と動画で比較しながら解説【レビュー】


スタンダードスマホ「OPPO Reno5 A」が「OPPO Reno3 A」からどこが進化したのかをチェック!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が日本市場向けに5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno5 A(オッポ リノファイブ エー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)のメーカーモデル(型番:CPH2199)を今年6月11日に発売した。OPPO Reno5 Aは他にソフトバンクおよびウィルコム沖縄が展開する携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けモデル(型番:A101OP)も6月3日に発売されている。

発売時の価格(金額はすべて税込)はメーカーモデルが43,800円、ワイモバイル向けモデルが公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」で39,600円となっており、こちらは新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)の場合に18,000円割引の21,600円と低価格帯の製品としてラインナップされている。

記事執筆時(10月5日)ではメーカーモデルはOPPO公式PayPayモール店およびOPPO公式楽天市場店での価格は発売時と変わらず43,800円だが、大手Webストア「Amazon.co.jp」では、アイスブルーが34,290円、シルバーブラックが34,260円と1万円弱安く販売されている。一方、ワイモバイルオンラインストアにおいても新規契約および機種変更、MNPを対象に21,000円割引と割引額が増額されており18,000円での販売となっている。

メーカーモデルはOPPO公式PayPayモール店やOPPO公式楽天市場店、Amazon.co.jpのほか、ひかりTVショッピングといったECサイトをはじめ、量販店のエディオンや上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、WonderGOO、仮想移動体通信事業者(MVNO)のIIJmioやイオンモバイル、QT mobile、goo Simseller、NifMo、BIGLOBEモバイル、FiiMo、LinksMateで取り扱われている。

この他、移動体通信事業者(MNO)向けとして楽天モバイルでもメーカーモデルが販売されており、価格は42,980円。同社の携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」にてMNPでの申し込みで一括払いの場合は2万ポイント還元キャンペーンが適用され、実質価格が22,980円となる。なお、楽天モバイル版はメーカーモデルをベースにSIMフリーのままではあるものの、独自アプリがインストールされている。

そんなOPPO Reno5 Aのメーカーモデルをオウガ・ジャパンから借りることができたので、前機種「OPPO Reno3 A(オッポ リノスリー エー)」と比較しながら進化ポイントを紹介する。なお、比較するOPPO Reno 3Aは本来であれば、メーカーモデル(型番:CPH2013)が望ましいが、基本的なスペックは同等の筆者が個人利用しているワイモバイル向けモデル(型番:A002OP)であることをあらかじめ了承いただきたい。

続きを読む

オウガ・ジャパンがSIMフリースマホ向け「OPPO Care 画面割れ保証サービス」を提供開始!まずはFind X3 ProやReno5 A、A54 5Gが対象


SIMフリースマホ向けOPPO Care 画面割れ保証サービスがスタート!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が同社のSIMフリースマートフォン(スマホ)向けに「OPPO Care 画面割れ保証サービス」を2021年6月11日(金)10時より提供開始しています。OPPO公式Webサイト内の「OPPO Care」( https://support.oppo.com/jp/oppocare/ )から申し込めるほか、OPPO公式楽天市場店にて製品購入時にも合わせて加入できるとのこと。

対象製品は6月11日以降に発売される機種となっており、現時点では「OPPO A54 5G(型番:CPH2303)」および「OPPO Reno5 A(型番:CPH2199)」、「OPPO Find X3 Pro(型番:CPH2173)」の3機種。保証期間は180日または365日から選べ、保証期間中1回までは修理時の負担金なしで画面割れの修理が行えます。

加入時に保証料はOPPO A54 5G CPH2303の180日プランが3,000円(金額はすべて税込)、365日プランが5,000円、OPPO Reno5 A CPH2199の180日プランが3,500円、365日プランが6,000円、OPPO Find X3 Pro CPH2173の180日プランが6,000円、365日プランが8,000円。なお、OPPO Care 画面割れ保証サービスにおけるユーザー管理業務は延長保証・製品保証サービスのWarranty technologyに委託されるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。