S-MAX

Pixel

Google、スマホなど向け次期OS「Android 13」のベータ版第3弾を公開!初の安定版で最終API&SDKに。正式版は今秋にリリース予定


GoogleがAndroid 13 Beta 3をリリース!初の安定版に

Googleは8日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 13」における一般向けベータ版第3弾「Android 13 Beta 3」を公開したとお知らせしています。すでに同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズにおける「Pixel 4」シリーズ以降で利用可能なほか、Pixelシリーズ以外の他のメーカーの製品についても順次配信されるようになる見込みです。

Android 13 Beta 3ではAndroid 13における初の安定版(Platform Stability)となっており、動作の安定性が増し、各種不具合も修正されているほか、最終的なAndroid 13におけるAPIとSDKも含まれているため、同社ではアプリなどの開発者に向けにAndroid 13へ対応したアップデートに着手し、正式版のリリースに間に合うように対応するよう促しています。

なお、Pixel製品では一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )にアクセスし、対象製品をAndroid Beta Programに登録すれば、通常のソフトウェア更新と同様にネットワーク経由でアップデート(OTA)ができます。一方、シャープでは6月7日に「AQUOS sense6 SH-M19」向け「Android 13 Developer Preview Program for AQUOS sense6」の第2弾を提供開始しています。

Pixel製品におけるAndroid 13 Beta 3はビルド番号が「TPB3.220513.017」となっており、Pixel製品以外でもAndroidエミュレーターでも試せます。またAndroidセキュリティーパッチレベルは「2022年6月5日」になり、Google Play servicesも「22.18.19」となっているほか、APIレベルは新たに最終APIということでベータが外れて「API 33」となっています。

続きを読む

Googleスマホに新機能「Pixel feature drops」の第9弾が提供!Androidセキュリティーパッチ2022年6月分も。Pixel 4以降ですでに更新可能


Googleスマホ「Pixel」シリーズにおける新機能や2022年6月分のセキュリティーパッチが案内!

Googleは6日(現地時間)、同社が開発・販売するスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズに提供する新機能「Pixel feature drops」( http://g.co/pixel/updates )の第9弾を提供開始したとお知らせしています。おおよそ3ヶ月ごとにリリースおよび案内されるPixel feature dropsですが、今年3月に案内された第8弾に続いてとなります。

第9弾では簡単にミュージックビデオを作れるアプリ「pocket operator for Pixel」を配信開始したほか、ホーム画面から素早く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種証明書を表示できるようになったり、ドアホン「Google Nest Doorbell」の映像を確認できたり、懐中電灯として使えるライト機能がリマインダーに対応したり、空気品質アラートに対応するなどしています。

これらのPixel feature dropsはすでに「Pixel 6」や「Pixel 6 Pro」を含む「Pixel 4」および「Pixel 4 XL」以降のPixelシリーズにて提供が順次開始されており、今後数週間に渡ってソフトウェア更新およびアプリ配信マーケット「Google Play」における各アプリで順次配信される予定とのこと。なお、同社は合わせてAndroidの月次セキュリティーパッチの2022年6月分を提供開始しています。

2022年6月分の月次セキュリティーパッチはAndroidにおいて5個のCriticalおよび35個のHighの合計37個、Pixelにおいて5個のCriticalおよび13個のHigh、61個のModerateの合計79個の脆弱性が修正されています。これに合わせてPixel 6とPixel 6 Proを除くPixelシリーズについては2022年6月5日付けのAndroidセキュリティーパッチレベルを含むソフトウェア更新が提供されています。

すでにファクトリーイメージも配信開始されているほか、ネットワーク経由による更新(OTA)も配信開始されており、更新後のビルド番号はVerizon向け以外のPixel 6およびPixel 6 Proはブランチしていて「SQ3A.220605.009.B1」、それ以外は「SQ3A.220605.009.A1」となっていてセキュリティー修正の他にカーネルのバージョンアップを含むアップデートやかなり多くのさまざまな不具合が修正されています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け「あんしん保証パックネクスト」を5月24日に提供開始!即日修理に対応し、まずはPixelが対象で順次拡大


SoftBankのAndroidスマホ向け「即日修理」と「あんしん保証パックネクスト」が提供!

ソフトバンクは20日、携帯電話サービス「SoftBank」において販売しているAndroidスマートフォン(スマホ)向けアフターサービスとして「即日修理」と「あんしん保証パックネクスト」を提供開始すると発表しています。

まずはGoogleが展開する「Pixel」シリーズ向けに2022年5月24日(火)から提供を開始し、対象機種を順次拡大していく予定だとしています。月額使用料は990円(金額はすべて税込)で、故障や盗難、紛失による同一機種との交換は別途8.250円がかかります。

また同社ではあんしん保証パックネクストの提供開始に伴い、Pixelシリーズにおける「あんしん保証パックプラス」の加入受付を5月23日(月)で終了するとのこと。なお、あんしん保証パックプラスに加入中の場合は5月24日以降も引き続き利用できます。
続きを読む

Google、スマホなど向け次期OS「Android 13」のベータ版第2弾を公開!SHARPやASUS、OPPOなどのメーカーからも提供


GoogleがAndroid 13 Beta 2をリリース!Pixel以外のメーカーも提供開始

Googleは11日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州マウンテンビューのGoogle本社近くにあるショアライン・アンフィシアターにて2022年5月11日(水)から12日(木)までの2日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2022」( https://io.google/2022/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 13」にて導入される新機能について説明しました。

また同日より一般向けベータ版「Android 13 Beta」の第2弾「Android 13 Beta 2」を公開したとお知らせし、すでに同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」における「Pixel 4」シリーズ以降にて一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )からネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)で導入できます。

Android 13 Beta 2はPixel製品ではビルド番号が「TPBB.220414.015」となっており、Pixel製品以外でもAndroidエミュレーターでも試せます。またAndroidセキュリティーパッチレベルは「May 2022」になり、Google Play servicesも「22.14.13」となっているほか、APIレベルも正式版の「T Beta 1」となりました。

なお、Pixelシリーズ以外の他のメーカーの製品についても同日より順次利用できるようになるとしており、対応するメーカーとしてASUSやLenovo、Nokia、OnePlus、OPPO、realme、SHARP、TECMO、vivo、Xiaomi、ZTEが挙げられ、すでに紹介しているようにシャープでは「AQUOS sense6 SH-M19」に導入できる「Android 13 Developer Preview Program for AQUOS sense6 Beta1」を公開ています。

続きを読む

Google、5G対応の新スマホ「Pixel 6a」を発表!7月28日発売、7月21日予約開始でメーカー版は5万3900円。auとSoftBankからも販売


Tensor搭載で高性能ながら価格を抑えた新スマホ「Google Pixel 6a」が登場!

Googleは11日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州マウンテンビューのGoogle本社近くにあるショアライン・アンフィシアターにて2022年5月11日(水)から12日(木)までの2日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2022」( https://io.google/2022/ )の基調講演を行い、独自開発したチップセット(SoC)「Tensor」を搭載した新しい5G対応スマートフォン(スマホ)「Pixel 6a」を発表しています。

日本を含む1次販売国・地域では2022年7月28日(木)に発売され、同社の公式Webショップ「Google ストア」では発売に先立って7月21日(木)より予約注文が開始される予定です。Google ストアにおける価格はアメリカでは449ドル(約58,000円) で、日本では53,900円(税込)となっており、10%OFFになる「学割」の対象になるとのこと。

なお、日本で販売されるモデルは「GB17L」となっており、おサイフケータイ(FeliCa)に対応し、5GのSub6のみに対応しており、ミリ波(mmWave)は非対応です。SIMはnanoSIMカード(4FF)とeSIMのデュアルSIMで、Google ストアで販売されるのはメーカーモデルでSIMフリー製品となります。

本体カラーはChalkおよびCharcoal、Sageの3色で、Pixel 6a専用の半透明な純正ケースも用意され、日本のGoogle ストアでは3,630円で販売されます。なお、日本ではGoogle ストア以外にもau(KDDIおよび沖縄セルラー電話)とSoftBank(ソフトバンク)からも販売され、auやSoftBankにおける価格などについては各社から発表される見込みです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。